FC2ブログ

GS1000と日々の日記

ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。

Entries

Z900RSのパワーチェック

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをワンクリック願います。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
日々、新しいチャレンジを続けるファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。



ファクトリーまめしばオリジナルパーツのウェブショップを開設いたしました。
どのような商品ラインナップがあるのか、どうぞこちらにてご確認ください。
もちろん、ウェブショップからでもご購入いただけますが、従来どおりにメールやお電話でのご注文でもかまいません。



ファクトリーまめしば:WEB SHOP




シャーシダイナモ利用による各種サービスの開始について




FCR用ロングファンネル&50mm延長アダプターの予約受付開始について




CR、FCR、TMRという3種のレーシングキャブレターの特性について、シャーシダイナモにて比較してみようという試み、当初は、単に私の個人的な興味から始まったのです。
しかし、そのテストを通じて見えてきたのは、吸気管長セッティングの重要性というテーマでした。
結局、3種キャブレターの比較という実験は、そのままファンネルのテストというものになってしまいましたね。
このシリーズ記事は大変に大きな反響を得るに至りましたので、ぜひお読みになってください。

TMR、FCR、CR-Mの比較及びロングファンネルの開発





先日、現行Z900RSのパワーチェックを行いました。
カタログスペックでは111psと表記されていますが、実車での後輪出力はどれくらいなのでしょうか。

P3252500.jpg










結果です。
後輪で100psという結果になりましたが、駆動ロス分を考慮すれば、エンジン単体ではほぼカタログスペックどおりということなのでしょう。
また、さすがに現行エンジン、数回の計測でのばらつきは1ps未満、熱に対する安定性も優れたものということです。
Z1の空冷エンジンではこうはいきません。計測を重ねるごとに熱ダレによって出力は低下しますし、計測ごとのばらつきも大きいものとなるのです。
どのような条件下で開けても、常に同じ値を得ることができる現行エンジン、それは優れたものであるのです。しかし、それによって、常に同じ表情しか見せてくれないというつまらなさもあります。
機械として優れたものになったが故に失ってしまったもの・・・いや、失ったものと言ってはいけないのかもしれません。
単に、進化したことによって、あらゆる意味で違うものになったということなのでしょう。
それを良いものとするのか、つまらないものとするのか、その評価は個々に委ねられるべきものであるところですが、少なくても双方を知った上の比較評価であるべきなのも事実です。

Z900.jpeg








ブリスクプラグの入手にあたっては、こちらのショッピングカート、若しくはメールにてご注文ください。
ショッピングカートにて在庫切れ表示がされているものについては、メールにてご注文をいただければ、入荷次第に速やかに発送いたします。
ブリスクプラグのご購入は、十分なテストとデータノウハウを蓄積しているファクトリーまめしばにてお願いいたします。

ショッピングカート:ブリスク


このブリスクプラグの検証については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。

ブリスクプラグ


注目すべきインプレ集はこちらです。

ブリスクLGSプラグのインプレ集
お乗りのマシンへの適合に関しては、こちらのNGK適合サイトを参考にしてください。

・NGK標準プラグ一覧表

・NGKイリジウムプラグ一覧表

愛車の標準プラグ品番はこちらで確認することができます。

・NGK適応品番検索



ファクトリーまめしばにおける装着セッティングサービスの詳細例については、こちらにまとめてありますのでご覧になってください。

カワサキZ系 装着&セッティングサービス

カワサキニンジャ系 装着&セッティングサービス

カワサキザッパー系 装着&セッティングサービス

スズキGS系 装着&セッティングサービス

スズキ空冷GSX&カタナ系 装着&セッティングサービス

スズキ油冷系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-K系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-F系 装着&セッティングサービス






CR-Mキャブレターの製作や装着セッティングについては、詳細なお見積りをお作りするご用意がありますので、関心をお持ちの方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。


〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com




ファクトリーまめしばでは、これだけの作業を日帰りで行うことができます。
ちなみに、概算のコストは下記の程度となりますので、参考にしてください。

※CRキャブレター関係
・Mノズル 4個 16,000円
・PEEK製リンクロッド 4個 8,000円
・低レートサブリターンスプリング 1本 1,000円
・ジェット代 適宜
・上記組み付け&セッティング工賃 30,000~40,000円
注:スロットルホルダー、スロットルパイプ、スロットルワイヤー等については、私の基準とする操作性や作動性を確保するため、交換させていただくことがあります。

※SP-2関係
・Z用SP-2(Ver.FM) 1セット 79,000円
・NGKパワーケーブル 4本 11,200円
・点火プラグ 4本 1,840円 (ブリスクプラグも選択可)
・上記装着セッティング工賃 15,000~25,000円

作業のご予約については、随時受け付けをしておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 202,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 43,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com

IさんのZ1エンジン、オーバーホールした直後の再オーバーホール その4~リアのハヤシキャストホイールの塗装と修正

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをワンクリック願います。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
日々、新しいチャレンジを続けるファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。



ファクトリーまめしばオリジナルパーツのウェブショップを開設いたしました。
どのような商品ラインナップがあるのか、どうぞこちらにてご確認ください。
もちろん、ウェブショップからでもご購入いただけますが、従来どおりにメールやお電話でのご注文でもかまいません。



ファクトリーまめしば:WEB SHOP




シャーシダイナモ利用による各種サービスの開始について




FCR用ロングファンネル&50mm延長アダプターの予約受付開始について




CR、FCR、TMRという3種のレーシングキャブレターの特性について、シャーシダイナモにて比較してみようという試み、当初は、単に私の個人的な興味から始まったのです。
しかし、そのテストを通じて見えてきたのは、吸気管長セッティングの重要性というテーマでした。
結局、3種キャブレターの比較という実験は、そのままファンネルのテストというものになってしまいましたね。
このシリーズ記事は大変に大きな反響を得るに至りましたので、ぜひお読みになってください。

TMR、FCR、CR-Mの比較及びロングファンネルの開発



某有名カスタムチューニングショップによってオーバーホールを行い、走行わずか50kmであるにもかかわらず、マフラーから甚だしい白煙を吐いてプラグかぶりを起こしてしまうというZ1について、エンジンオーバーホールを行うこととなりました。
一連の経過はこちらのシリーズにまとめることとしました。

IさんのZ1エンジン、オーバーホールした直後の再オーバーホール


現在、IさんのZ1エンジンについては、God Stone石神さんによってフルオーバーホール作業が進められています。
おそらく、来月の初めころには仕上がって来るのではないかと思われますので、そろそろ下準備を進めておきましょう。

Iさんからは、今回の作業に付随して、リアのハヤシキャストホイールを黒に塗装して欲しいというオーダーをいただいたところ、その作業も塗装業者から上がってきました。
リムはきれいに磨き込まれ、スポーク部分もバッチリ仕上がっています。

P6253029.jpg






このホイールにベアリングを圧入するなどの作業を開始したところ、おや、これはおかしい・・・
私はこのハヤシキャストというものをこれまでに見たことも触ったこともありませんし、そもそもこの手の当時物部品という類に興味もありません。
まあ、この時代の社外品ホイールというのはこの程度のレベルなのかも知れませんね。少なくても純正ホイールではこんなことはあり得ません。

ホイールベアリングを圧入している際、左右ともに底付きするまで打ち込んでも、ベアリング内輪とディスタンスカラーが接してくれません。カラーがカラカラと遊んでしまうのです。これでは、リアアクスルを締め付けた際に、ベアリング内輪が奥に押されてしまい、回りはひどく重くなるでしょうし、ベアリング破損の危険性もあります。
ディスタンスカラーの全長を計測すると65mm、これは純正品でしょう。また、締め付け過ぎなどによる減寸もありません。そもそも接していないのですから減るわけもありません。
単に、ハブ周りの加工精度の問題です。

P6253030.jpg






ホイールのハブダンパー挿入部分には、ハブの突起部分が接触した痕跡があります。
これは論外レベル・・・
本来、ホイール本体とハブは、ハブダンパーを介して回転方向には無接触のフリーでなくてはなりません。これはどんなホイールでも同じです。

P6253033.jpg






現実的な解決策は、ディスタンスカラーを長くすることです。
ストックしていたGS750のリアホイールディスタンスカラーがZのそれよりも全長が長いものでしたので、それを旋盤で加工し、もともと入っていた65mmよりも0.7mm長いものを製作しました。
このスズキ純正カラー、全体にカチコチに焼きが入っていて、削るのに難儀しましたよ。

P6253031.jpg






カラーを長くすることでベアリング内輪はディスタンスカラーに接するようになりましたが、それでもなおかつハブの突起はホイールに干渉しますので、ここも切削して修正しました。
まあ、当時物の社外品ホイールの精度はこんなレベルということ、そのままでは使えませんね。

P6253034.jpg






この動画をご覧のとおり、ハブとホイール本体はスラスト方向にフリーでなくてはなりません。
これでOKということです。








これで完成です。
タイヤはクラシックアタックをおごりました。

P6253036.jpg

P6253037.jpg





古いバイクの部品、それも使ったことのない社外品を組み付ける際には、細心の注意を払いつつ、必要な加工や修正作業を行わなくてはならないということです。







ブリスクプラグの入手にあたっては、こちらのショッピングカート、若しくはメールにてご注文ください。
ショッピングカートにて在庫切れ表示がされているものについては、メールにてご注文をいただければ、入荷次第に速やかに発送いたします。
ブリスクプラグのご購入は、十分なテストとデータノウハウを蓄積しているファクトリーまめしばにてお願いいたします。

ショッピングカート:ブリスク


このブリスクプラグの検証については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。

ブリスクプラグ


注目すべきインプレ集はこちらです。

ブリスクLGSプラグのインプレ集
お乗りのマシンへの適合に関しては、こちらのNGK適合サイトを参考にしてください。

・NGK標準プラグ一覧表

・NGKイリジウムプラグ一覧表

愛車の標準プラグ品番はこちらで確認することができます。

・NGK適応品番検索



ファクトリーまめしばにおける装着セッティングサービスの詳細例については、こちらにまとめてありますのでご覧になってください。

カワサキZ系 装着&セッティングサービス

カワサキニンジャ系 装着&セッティングサービス

カワサキザッパー系 装着&セッティングサービス

スズキGS系 装着&セッティングサービス

スズキ空冷GSX&カタナ系 装着&セッティングサービス

スズキ油冷系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-K系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-F系 装着&セッティングサービス






CR-Mキャブレターの製作や装着セッティングについては、詳細なお見積りをお作りするご用意がありますので、関心をお持ちの方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。


〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com




ファクトリーまめしばでは、これだけの作業を日帰りで行うことができます。
ちなみに、概算のコストは下記の程度となりますので、参考にしてください。

※CRキャブレター関係
・Mノズル 4個 16,000円
・PEEK製リンクロッド 4個 8,000円
・低レートサブリターンスプリング 1本 1,000円
・ジェット代 適宜
・上記組み付け&セッティング工賃 30,000~40,000円
注:スロットルホルダー、スロットルパイプ、スロットルワイヤー等については、私の基準とする操作性や作動性を確保するため、交換させていただくことがあります。

※SP-2関係
・Z用SP-2(Ver.FM) 1セット 79,000円
・NGKパワーケーブル 4本 11,200円
・点火プラグ 4本 1,840円 (ブリスクプラグも選択可)
・上記装着セッティング工賃 15,000~25,000円

作業のご予約については、随時受け付けをしておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 202,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 43,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com

CB750KにCR-M31を装着セッティングする

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをワンクリック願います。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
日々、新しいチャレンジを続けるファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。



ファクトリーまめしばオリジナルパーツのウェブショップを開設いたしました。
どのような商品ラインナップがあるのか、どうぞこちらにてご確認ください。
もちろん、ウェブショップからでもご購入いただけますが、従来どおりにメールやお電話でのご注文でもかまいません。



ファクトリーまめしば:WEB SHOP




シャーシダイナモ利用による各種サービスの開始について




FCR用ロングファンネル&50mm延長アダプターの予約受付開始について




CR、FCR、TMRという3種のレーシングキャブレターの特性について、シャーシダイナモにて比較してみようという試み、当初は、単に私の個人的な興味から始まったのです。
しかし、そのテストを通じて見えてきたのは、吸気管長セッティングの重要性というテーマでした。
結局、3種キャブレターの比較という実験は、そのままファンネルのテストというものになってしまいましたね。
このシリーズ記事は大変に大きな反響を得るに至りましたので、ぜひお読みになってください。

TMR、FCR、CR-Mの比較及びロングファンネルの開発





茅ヶ崎市在住のIさんは、カワサキFXを始めとする複数の旧車に乗るマニアなのです。
以前にも、FXに装着されたCRキャブレターのセッティング作業などをさせていただいたりしてきたのですが、その結果についてはたいそうなご満足をいただいているところです。
そのIさん、今度はCB750Kを入手されたそうなのですが、その加速にはちょっと不満が・・・もうちょっと良い加速をしてくれるものと思っていたそうなのです。
そこで、このCB750KにCR-M31を装着セッティングしてくれないかというご相談をいただきました。

ZやCB、GSなどの70年代旧車におけるCR-Mキャブレターの効果は絶大です。
相当なパワー&レスポンスアップを得ることができるのです。
しかし、それは、きちんと装着され、適切なベストセッティングが行われているということが絶対的な前提となります。そうでなければ、良い加速を得ることができないばかりか、グズグズと不調に陥って満足に走れなかったり、重くて渋いスロットルに、乗るのも苦痛ということになるのです。

さて、この画像は全ての作業が完了し、実走チェックまでを済ませた状態です。

P6112931.jpg






まずは、持ち込んでいただいた状態について計測してみましょう。ノーマルキャブレターが装着された状態です。
後輪で46ps、パワーカーブはきれいで谷もありませんので、これはこれで完全な調子ということでもあります。
さて、ここからどれほどの向上を得ることができるでしょうか。

CB-K前






さて、作業を開始しましょう。
CB-KやCB-F、400Fなどもそうですが、ホンダ製マシンにCRなどのレーシングキャブレターを装着しようとするとき、このノーマルスロットルパイプは不適合です。
矢印で示した部分、戻り側スロットルワイヤーのタイコをはめる部分が長穴になっているのですが、これは非常に具合が悪い・・・
こうなっていると、戻り側ワイヤーを利かせることができなくなりますので、低中回転域でスロットルをオンオフした際、エンジン回転の落ちがリニアでなくなります。
たとえば、3,000~5,000rpmあたりの回転域でシフトアップをつないで行くような際、右手でスロットルを戻しているのに回転落ちにラグが生じ、スムーズなシフトワークが不可能になります。
よって、戻り側ワイヤータイコを取り付ける穴が真円状のものに交換します。

P6102921.jpg






ホンダ製スロットルワイヤーのタイコは、社外品レーシングキャブレターに取り付けるには幅が広すぎです。リターンスプリングに干渉して引っかかって戻らなくなったり、スムーズなスロットル操作ができなくなります。
また、戻り側ワイヤーエンドにはナットが1個しかありませんが、ここはダブルナットにしてやらないと機能的に問題があります。

P6102922.jpg






薄型ナットにすり割りを入れ、ワイヤーエンドに追加できるように加工します。

P6102923.jpg






さて、これで完了です。
タイコを削って幅を調整し、すり割りナットを追加しました。
これをすることで、CRキャブレターのワイヤーブラケットに切ってあるメネジをさらうことができます。
それが何のことか意味がわからない・・・まあ、わからないのは仕方ありませんが、そういう状態にしないと脱着性が著しく悪化するのです。

P6102924.jpg






さて、CR-M31の装着を完了です。

P6102925.jpg







オートバイのスロットルというのは、この動画のように、軽くスパッと開き、手を離せばパシャンと戻るというのが絶対的な前提です。
それは、CRキャブレターが装着されていようが、どんなキャブレターが装着されていようが変わりはありません。
ただ何も考えずにCRキャブレターを装着したならば、まずこうはなりませんが、それではダメだということです。
知恵と工夫をこらし、手間暇をかけ、本来あるべき形を作るというのが私の姿勢です。
ですので、私の装着工賃は費用対効果という意味では格安ですよ。もっと値上げしようかな・・・・







あらかじめデータに基づくプリセットを済ませていますので、ポンと装着した直後からセッティング煮詰め作業に入ることができます。
普通の要求レベルでは、ポンと装着した状態で120%の満足が得られるでしょう。
しかし、マシン持ち込みでセッティングをさせていただくのですから、更なるベストセットを実現します。








セッティング煮詰め作業後の吹け具合はこのようなものです。
ノーマルエンジンにノーマルマフラーでこれです。
純正タコメーターはまるで追従できていませんね。








作業後のデータはこれです。
最終的には54psを発揮しました。
もちろん、アイドリングから低中開度域におけるツキやレスポンスもベストな状態、実走では、クラッチミートしてスロットルを開けた瞬間に別物に変身していることを実感します。

CB-K後






作業前と比較してみましょう。
いつも書いていますが、請負作業は結果が全て、お代をいただいて行った作業について、その成果を客観的な数値データでも明らかにします。
それは、実走での体感差として納得いただくだけではなく、これでベストなのだという安心感と満足感という形でも提供することができるのです。

CB-K比較








ブリスクプラグの入手にあたっては、こちらのショッピングカート、若しくはメールにてご注文ください。
ショッピングカートにて在庫切れ表示がされているものについては、メールにてご注文をいただければ、入荷次第に速やかに発送いたします。
ブリスクプラグのご購入は、十分なテストとデータノウハウを蓄積しているファクトリーまめしばにてお願いいたします。

ショッピングカート:ブリスク


このブリスクプラグの検証については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。

ブリスクプラグ


注目すべきインプレ集はこちらです。

ブリスクLGSプラグのインプレ集
お乗りのマシンへの適合に関しては、こちらのNGK適合サイトを参考にしてください。

・NGK標準プラグ一覧表

・NGKイリジウムプラグ一覧表

愛車の標準プラグ品番はこちらで確認することができます。

・NGK適応品番検索



ファクトリーまめしばにおける装着セッティングサービスの詳細例については、こちらにまとめてありますのでご覧になってください。

カワサキZ系 装着&セッティングサービス

カワサキニンジャ系 装着&セッティングサービス

カワサキザッパー系 装着&セッティングサービス

スズキGS系 装着&セッティングサービス

スズキ空冷GSX&カタナ系 装着&セッティングサービス

スズキ油冷系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-K系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-F系 装着&セッティングサービス






CR-Mキャブレターの製作や装着セッティングについては、詳細なお見積りをお作りするご用意がありますので、関心をお持ちの方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。


〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com




ファクトリーまめしばでは、これだけの作業を日帰りで行うことができます。
ちなみに、概算のコストは下記の程度となりますので、参考にしてください。

※CRキャブレター関係
・Mノズル 4個 16,000円
・PEEK製リンクロッド 4個 8,000円
・低レートサブリターンスプリング 1本 1,000円
・ジェット代 適宜
・上記組み付け&セッティング工賃 30,000~40,000円
注:スロットルホルダー、スロットルパイプ、スロットルワイヤー等については、私の基準とする操作性や作動性を確保するため、交換させていただくことがあります。

※SP-2関係
・Z用SP-2(Ver.FM) 1セット 79,000円
・NGKパワーケーブル 4本 11,200円
・点火プラグ 4本 1,840円 (ブリスクプラグも選択可)
・上記装着セッティング工賃 15,000~25,000円

作業のご予約については、随時受け付けをしておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 202,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 43,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com

TさんのGPz900Rエンジンオーバーホール その5~シャーシダイナモによるならし運転とCR-MB35のセッティング

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをワンクリック願います。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
日々、新しいチャレンジを続けるファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。



ファクトリーまめしばオリジナルパーツのウェブショップを開設いたしました。
どのような商品ラインナップがあるのか、どうぞこちらにてご確認ください。
もちろん、ウェブショップからでもご購入いただけますが、従来どおりにメールやお電話でのご注文でもかまいません。



ファクトリーまめしば:WEB SHOP




シャーシダイナモ利用による各種サービスの開始について




FCR用ロングファンネル&50mm延長アダプターの予約受付開始について




CR、FCR、TMRという3種のレーシングキャブレターの特性について、シャーシダイナモにて比較してみようという試み、当初は、単に私の個人的な興味から始まったのです。
しかし、そのテストを通じて見えてきたのは、吸気管長セッティングの重要性というテーマでした。
結局、3種キャブレターの比較という実験は、そのままファンネルのテストというものになってしまいましたね。
このシリーズ記事は大変に大きな反響を得るに至りましたので、ぜひお読みになってください。

TMR、FCR、CR-Mの比較及びロングファンネルの開発





前回の記事からだいぶ間が開きましたが、作業の進捗がありましたのでご報告することとしましょう。
前回までの内容は下記のカテゴリー内の記事をご覧ください。


TさんのGPz900Rエンジンオーバーホール




今回のGPz900R、当初のTさんによるオーダーは、不調の純正キャブレターからCR-MB35に交換してセッティングをして欲しいというものだったのです。
しかし、その不調原因はエンジン本体にあったということ・・・
先日までの作業にてエンジンオーバーホールが完了しましたので、いわば、これでやっとキャブレター交換&セットアップの下ごしらえが完了したということ、これからが当初の予定作業ということになります。

カムシャフト&ロッカーアーム周り、そしてピストン&シリンダー周りが新しくなりましたので、まずはならし運転を行わなくてはなりません。
通常、エンジンオーバーホールやチューニングを行った場合、組みあがってエンジン始動を確認し、とりあえず実走可能なレベルのキャブセッティングをした状態で納車し、ならしはオーナーに委ねるのが普通のことでしょう。
しかし、ファクトリーまめしばにおいては、シャーシダイナモ上でならしを済ませることとしています。
それによって、細かいマイナートラブルを事前に修正するとともに。キャブセッティングもベストの状態に仕上げて納車することができるのです。

まず、エンジンを始動直後から1時間ほどの間は、3,000pm付近を維持しながら丁寧なならしを行います。
この間、オイル漏れや異音有無などのチェックを細やかに行います。
このマシンに関しては、十分に水温が上がったあたりで、劣化した冷却水ホースからクーラント漏れというマイナートラブルが生じましたので、関連ホースの新品交換という追加作業を行いました。
このダメ出しをすることなく納車していたら、オーナーのTさんには無用の手間とご心配をおかけしていたことでしょう。それを未然に防止できて良かったということです。








その後、徐々にエンジン回転数を上昇させながら、そして適宜に負荷をかけつつならしを進めます。
2時間ほども経過すると、エンジンも周りも軽くなり、振動レベルの低減などの変化を感じることができます。
それは、初期のアタリが付きつつある証左です。







都合5時間ほども回せばならしは完了、その後にCR-MB35のセッティングを行います。
エンジン本体が完全な状態になり、点火系もウオタニSP-2の装着によって十分な能力を得ていますので、キャブセッティングもスムーズに進めることができます。








最終的には、後輪で105psをマークするに至りました。
これまでに蓄積したデータによれば、ノーマルエンジンのGPz900Rに社外品レーシングキャブレターを装着してセッティングした場合、96~98psほどが相場ですので、それよりも相当に上回ることができたのです。

900R後






作業前後を比較してみましょう。
当然ですが、まるで別物となりました。
オーバーホールやセッティング作業について、やったやったと口で言うのは容易なことですが、請負仕事は結果が全て、私はこのようにして、作業前後を数値データで比較し、適切な作業を行ったことを明らかにするのが主義です。

900r 比較






このあと、実走による最終チェックを済ませて完了です。
オーナーのTさん、きっと肝をつぶすほどに驚くに相違ありません。


P6233028.jpg









ブリスクプラグの入手にあたっては、こちらのショッピングカート、若しくはメールにてご注文ください。
ショッピングカートにて在庫切れ表示がされているものについては、メールにてご注文をいただければ、入荷次第に速やかに発送いたします。
ブリスクプラグのご購入は、十分なテストとデータノウハウを蓄積しているファクトリーまめしばにてお願いいたします。

ショッピングカート:ブリスク


このブリスクプラグの検証については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。

ブリスクプラグ


注目すべきインプレ集はこちらです。

ブリスクLGSプラグのインプレ集
お乗りのマシンへの適合に関しては、こちらのNGK適合サイトを参考にしてください。

・NGK標準プラグ一覧表

・NGKイリジウムプラグ一覧表

愛車の標準プラグ品番はこちらで確認することができます。

・NGK適応品番検索



ファクトリーまめしばにおける装着セッティングサービスの詳細例については、こちらにまとめてありますのでご覧になってください。

カワサキZ系 装着&セッティングサービス

カワサキニンジャ系 装着&セッティングサービス

カワサキザッパー系 装着&セッティングサービス

スズキGS系 装着&セッティングサービス

スズキ空冷GSX&カタナ系 装着&セッティングサービス

スズキ油冷系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-K系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-F系 装着&セッティングサービス






CR-Mキャブレターの製作や装着セッティングについては、詳細なお見積りをお作りするご用意がありますので、関心をお持ちの方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。


〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com




ファクトリーまめしばでは、これだけの作業を日帰りで行うことができます。
ちなみに、概算のコストは下記の程度となりますので、参考にしてください。

※CRキャブレター関係
・Mノズル 4個 16,000円
・PEEK製リンクロッド 4個 8,000円
・低レートサブリターンスプリング 1本 1,000円
・ジェット代 適宜
・上記組み付け&セッティング工賃 30,000~40,000円
注:スロットルホルダー、スロットルパイプ、スロットルワイヤー等については、私の基準とする操作性や作動性を確保するため、交換させていただくことがあります。

※SP-2関係
・Z用SP-2(Ver.FM) 1セット 79,000円
・NGKパワーケーブル 4本 11,200円
・点火プラグ 4本 1,840円 (ブリスクプラグも選択可)
・上記装着セッティング工賃 15,000~25,000円

作業のご予約については、随時受け付けをしておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 202,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 43,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com

TさんのGPz900Rエンジンオーバーホール その4~腰上OH作業とCR-MB35&SP-2装着の完了

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをワンクリック願います。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
日々、新しいチャレンジを続けるファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。



ファクトリーまめしばオリジナルパーツのウェブショップを開設いたしました。
どのような商品ラインナップがあるのか、どうぞこちらにてご確認ください。
もちろん、ウェブショップからでもご購入いただけますが、従来どおりにメールやお電話でのご注文でもかまいません。



ファクトリーまめしば:WEB SHOP




シャーシダイナモ利用による各種サービスの開始について




FCR用ロングファンネル&50mm延長アダプターの予約受付開始について




CR、FCR、TMRという3種のレーシングキャブレターの特性について、シャーシダイナモにて比較してみようという試み、当初は、単に私の個人的な興味から始まったのです。
しかし、そのテストを通じて見えてきたのは、吸気管長セッティングの重要性というテーマでした。
結局、3種キャブレターの比較という実験は、そのままファンネルのテストというものになってしまいましたね。
このシリーズ記事は大変に大きな反響を得るに至りましたので、ぜひお読みになってください。

TMR、FCR、CR-Mの比較及びロングファンネルの開発





前回の記事からだいぶ間が開きましたが、作業の進捗がありましたのでご報告することとしましょう。
前回までの内容は下記のカテゴリー内の記事をご覧ください。


TさんのGPz900Rエンジンオーバーホール



今回のこのエンジン、特段のパワーアップを企図しているわけではなく、ノーマルスペックによる完調を目指すところですので、ピストンについては0.5mmオーバーサイズの純正準拠品を使用することとしました。

このピストンを使用してのボーリング&ホーニング作業が完了しました。

7_202006222058369af.jpg






組立を終えたシリンダーヘッドを載せました。

12_20200622205836888.jpg






純正カムシャフトを組み付けたのち、正確なバルブタイミングに合わせます。
もちろん、サービスマニュアル記載の規定値です。
作業はもちろん石神さんですよ。

10_20200622205835462.jpg






これにてエンジンオーバーホール作業は完了です。

13_20200622205835065.jpg






さて、ここからは私の作業となります。
まず、エンジンオイルを入れて十分なクランキングによって、エンジン各部にオイルを回します。
その後、エンジンコンプレッション計測を行いましたが、まだ始動すらしていない組み上げたばかり、それも冷間時であるにもかかわらず、このように12キロをマークしました。
ならしが終わった温間時には13キロ以上をマークするでしょうね。

P6182998.jpg






さて、CR-MB35の装着です。

P6182999.jpg

P6183004.jpg






使用するのは、汎用スロットルホルダーにバリアブルスロットルパイプ&グリップ、そしてファクトリーまめしば謹製ULFスロットルワイヤーです。
これらは、社外品レーシングキャブレター装着時には必須のものとなります。

P6183000.jpg





CR-MB35のワイヤーブラケットは、ケーヒンにてオプション設定している前傾タイプを使用し、スロットルワイヤーの取り出し向きを適正化します。

P6183001.jpg






このマシン、点火コイルにも相応の劣化が認められましたので、点火系をウオタニSP-2に交換することとしました。
良い混合気、良い圧縮、良い火花、これらは3拍子揃うことが必須、どれかが欠けても満足な機能は果たしません。

P6183002.jpg

P6183003.jpg






さて、次はエンジンを始動させてならし運転を行いましょう。








ブリスクプラグの入手にあたっては、こちらのショッピングカート、若しくはメールにてご注文ください。
ショッピングカートにて在庫切れ表示がされているものについては、メールにてご注文をいただければ、入荷次第に速やかに発送いたします。
ブリスクプラグのご購入は、十分なテストとデータノウハウを蓄積しているファクトリーまめしばにてお願いいたします。

ショッピングカート:ブリスク


このブリスクプラグの検証については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。

ブリスクプラグ


注目すべきインプレ集はこちらです。

ブリスクLGSプラグのインプレ集
お乗りのマシンへの適合に関しては、こちらのNGK適合サイトを参考にしてください。

・NGK標準プラグ一覧表

・NGKイリジウムプラグ一覧表

愛車の標準プラグ品番はこちらで確認することができます。

・NGK適応品番検索



ファクトリーまめしばにおける装着セッティングサービスの詳細例については、こちらにまとめてありますのでご覧になってください。

カワサキZ系 装着&セッティングサービス

カワサキニンジャ系 装着&セッティングサービス

カワサキザッパー系 装着&セッティングサービス

スズキGS系 装着&セッティングサービス

スズキ空冷GSX&カタナ系 装着&セッティングサービス

スズキ油冷系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-K系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-F系 装着&セッティングサービス






CR-Mキャブレターの製作や装着セッティングについては、詳細なお見積りをお作りするご用意がありますので、関心をお持ちの方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。


〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com




ファクトリーまめしばでは、これだけの作業を日帰りで行うことができます。
ちなみに、概算のコストは下記の程度となりますので、参考にしてください。

※CRキャブレター関係
・Mノズル 4個 16,000円
・PEEK製リンクロッド 4個 8,000円
・低レートサブリターンスプリング 1本 1,000円
・ジェット代 適宜
・上記組み付け&セッティング工賃 30,000~40,000円
注:スロットルホルダー、スロットルパイプ、スロットルワイヤー等については、私の基準とする操作性や作動性を確保するため、交換させていただくことがあります。

※SP-2関係
・Z用SP-2(Ver.FM) 1セット 79,000円
・NGKパワーケーブル 4本 11,200円
・点火プラグ 4本 1,840円 (ブリスクプラグも選択可)
・上記装着セッティング工賃 15,000~25,000円

作業のご予約については、随時受け付けをしておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 202,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 43,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。
また、オートバイを構成する各部について、その原理や法則に及びつつ、実践的なノウハウも盛り込んでおりますので、参考にしていただければ幸いです。

ファクトリーまめしばの営業について、特段に定休日や営業時間を設けておりませんが、一人で切り盛りしておりますので、おいでになる際には、あらかじめのご連絡をいただければと思います。

〒250-0852
神奈川県小田原市栢山2925-3
株式会社ファクトリーまめしば
Tel:090-3342-1234
FAX:0465-46-7041
Mail:mameshiba198@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ