Entries

伝説が現実となった日(GX750用W字エキゾーストパイプの製作・その5)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事を読むのに夢中になって、応援クリックを忘れないでネ!!今日もポチッとお願いします。




緊急連絡

現在、Z、GS/GSX、CB-F各マシン用クロモリスイングアームピボットシャフト及びZ1000J用エンジンマウントボルトの予約を受付けております。
受付期間は7月31日までとなりますが、多少の在庫は確保するものの、基本的には予約分のみの製作となりますので、お入用の方はお早めのご予約をお願いします。
詳細はこちらをご覧ください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-982.html


ポップヨシムラ直伝の愛弟子、小林さんの手になる、ストレイガ「NGCエキゾーストシステム」の取り扱いをさせていただくこととなりました。
ラインアップ
・Z1・Z2
・Z1000MK2・Z1R
・ゼファー750
・GSX1100S
・GSX750S
・GS1000
・GS750
以下については、セミオーダー対応
・Z750FXⅡ、Z750FXⅢ
・GPZ750F
・Z1000J
・その他については応談
加えて、ホンダCB-F系マシン用も開発中・・・
お問い合わせは、メールにてお願いいたします。
その際は、
・郵便番号
・ご住所
・お名前
・お電話番号
・マシン名
・吸排気系を含むエンジン仕様の概要
・タンデムフレームカットの有無
などについてご回答をお願いいたします。
価格については、
スチール製 138,000円
チタン製  266,000円
となります。
小林さんが一本ずつを手作りします。大量生産ができるようなものではありません。よって、ご注文からある程度の期間をいただくことがありますので、その点についてはご了承ください。
まあ、受注生産みたいなものです・・・
ということは、注文しないと入手することができないということです。

まずはこちらのフォトギャラリー&動画集をご覧ください。
うっとりするようなプロポーションとサウンドです!!
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-927.html

これまでにまとめた記事はこちらです。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-32.html


私がデリバリーする各部品やモディファイについてまとめた記事はこちらです。いずれも、コストや量産性を完全に無視した変態ならではの驚くべき効果を発揮するものばかりですので、ぜひご覧になってください。
また、一部のものを除き、全て在庫を確保しておりますので、入用の方はご遠慮なくメールにてお問い合わせください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
まめしばスペシャルパーツ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ヤマハGX750用W字エキゾーストパイプ・・・まあ、私が勝手に名づけてしまいましたが、これは、この独特の並列3気筒エンジンを開発する過程において、最も素晴らしい特性を得ることができたものの、生産性を理由に日の目を見ることがなかったという形です。
この話、世界中のGX750マニアたちの間では伝説神話として語られているものなのですが、普通、この手の話はマニア同士の茶話程度にとどまるのが常ですよね。
でも、変態仲間のtetsuさんは、それを具現化してみたいと考え、ついに行動に移してしまったというわけです。

前振りも含めたこれまでの経過については、これらの記事をご覧くださいね。
ところで、昨日にアップした、小林さんによる手曲げの動画ですが、大きな反響をいただいています。
そしてそれは、ユーザーサイドからだけではなく、現在、マフラーの製作を生業としているプロの方からもいただいているのです。
たぶん、その方だって素晴らしい技術を持ってマフラーを製作しているはずなのですが、それでもなおかつ参考になった、勉強になったという有難いメッセージをくださったのです。

「ポップの魂」
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-991.html

「夢、叶う」
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-992.html

「関西から変態おやぢがやってきた」
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-993.html

「手曲げ」
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-994.html



さて、今日の記事はおさらいみたいなものですが、二日間にわたった製作現場の風景と完成したW字エキゾーストパイプのサウンドを含めた動画についてご紹介しようと思います


これがドナーマシンとなった今回の主役、1978年式ヤマハGX750ですが、オーナーのtetsuさんの手により、エンジンのフルオーバーホールを始めとするファインチューニングを施されたものですから、いわば完調ノーマルマシンということです。
tetsuさん自身も、エンジンが納得の行くものに仕上がるまでは、このエキゾーストパイプ製作に着手しても意味がないと考えていたようですね。そういう意味でも、満を持しての挑戦だったというわけです。

RIMG6830.jpg



ストレイガに到着後、小林さんと製作内容について打ち合わせを行ったのち、ノーマルマフラーを取り外しました。
まずは、エキゾーストポートに差し込まれるフランジ部分の検討をしなくてはなりません。
これまでに作成例のないマシンですから、こんなところからのワンオフ製作になるのです。

RIMG6848.jpg



しかし、こんな作業ですら手練の小林さんにとっては手馴れた作業のようで、手早く採寸を済ませて簡単なメモ書きのような図面を書いたかと思うと、さっさと旋盤作業に取り掛かります。
おいおい、にえちゃん、そんなにコワい顔で睨まなくても・・・

RIMG6839.jpg



あれよあれよと言う間にフランジが完成です。

RIMG6847.jpg



当然ですが、ぴったり・・・

RIMG6849.jpg



次は、ノーマルエキパイのラインをなぞって、手曲げ用のジグを作成します。
と言っても針金を曲げただけという簡素なものですが・・・
画像はtetsuさんの記事からの拝借です。

20110718140605cbf.jpg



昨日の動画でもご紹介したとおり、手曲げ、いや、腰曲げ作業に取り掛かります。
要所ごとに先のジグをあてがいながらの職人技です。

RIMG6868.jpg



三次元のヒネリを加えます。
見ている限りでは簡単そうなのですが・・・

RIMG6869.jpg



曲げ作業の完了です。

RIMG6856.jpg



この、熱が加わったところと生肌部分の際にうっとりしてしまう・・・

RIMG6855.jpg



さっそくエキゾーストポートに仮留めして位置合わせをします。
この、斜めに集合させる部分ですが、マジックでマーキングしながら金ハサミでジョキジョキと、なんの迷いもなく切り開きながら溶接合わせ面を作っていく様は、まるで手品でも見ているかのような鮮やかさでした。
複雑な三次元のパイプ合わせ面について、オスとメスをそれぞれどんな形にすればピッタリと合うのか、それも、溶接シロを含んだ形にするのですから、これはもう理屈ではありません。

RIMG6877.jpg

RIMG6876.jpg



このあたりで、関西御一行様たちを夜の部へご案内しなくてはなりませんのでしたので、我々はいったん現場を引き上げたのですが、なんと小林さんは、そのまま作業を続行、この日の夜には完成させてしまったのです・・・

翌朝、期待に胸を膨らませてストレイガを訪問してみると・・・

その仕上がりについては、画像にてじっくりとお楽しみください。
これだけのものを、全くのゼロから実質的には一日で仕上げてしまうのです。

RIMG6904.jpg

RIMG6884.jpg

RIMG6886.jpg

RIMG6889.jpg

RIMG6890.jpg

RIMG6887.jpg

RIMG6888.jpg




工場内での暖機風景です。
出演は、MAKOTOさんとにえちゃんです・・・






さて、いよいよtetsuさんによるシェイクダウン走行です。
ドキドキワクワクの瞬間ですね。
本人だけではなく、周囲のギャラリーたちもワクワク・・・








まさに、夢が現実となった瞬間です。
しかし、これが終着点などではありません。
これから、この、ポップの魂が宿った、世界に1本しかないW字エキゾーストパイプを様々なシチュエーションにて味わい尽くすとともに、これをベースとしてさらなる次元へと進化させるのです。
そのための、次なるステップを準備中・・・


今回、ストレイガに集結した、tetsu号を含めた3台のGX750です。
それぞれに乗り手が手を加えていますので、同じマシンであるけれど、乗り味は異なります。
まさに、それぞれの手あかが染み付いた愛車ということです。

RIMG6903.jpg



さて、そろそろ自分の愛車もかまってやらなくてはいけませんね・・・






徐々に認知が広まりつつあるNGCエキゾーストシステムですが、マシンに装着された状態の現物、それも無塗装の試作バージョンを展示しているのは、このSBS西鎌倉のみとなります。
気になる方は、ぜひ足を運んでみてくださいね!!
その他、まめしばスペシャルパーツも展示中です。

「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



まめしばスペシャルパーツについては、この記事にまとめてありますので、どうぞご覧になってください。
いずれも、マスプロダクトでは実現し得ない、驚くほどの効果を発揮するものばかりです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
4、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
5、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
6、CRキャブレター用ショートスピゴット
7、カワサキZ用シフトフォークボルト

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、

mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)

までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。なお、メールアドレスを変更しましたので、どうぞお間違いのないように・・・

メールを送信していただくにあたり、お願いがあります。
おかげさまにて、毎日、多数のメールをいただくこととなっておりますが、中には同姓の方も少なからずおられますので、可能な限りお名前をフルネームにて冒頭に記載していただけると助かります。
また、部品等のご注文にあたり、郵便番号以下の発送先についてもお忘れなきようにお願いしたいのです。
一度ご注文をいただいた方のデータはファイリングしているのですが、帰宅後の就寝時間前に事務処理をしている関係上、メールにそれらの記載をしていただけると有難いのです。


〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234

ちなみに、ここはマンションの一室です。
ファクトリーまめしばにショールームや作業場は存在しませんし、GS1000まめしば号の保管場所もここではありません。
よって、部品や車両の閲覧のために突然の訪問をいただいても対応することはできませんので、あらかじめご承知おきください。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事を読むのに夢中になって、応援クリックを忘れないでネ!!今日もポチッとお願いします。



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Re: NoTitle 

サイレンサーはノーマルのままなのですが、エキパイの変更でここまで変わるなんて、私にとっても驚きの経験でした。

> エンジンが喜んでいる、余韻のある良い排気音ですね。
> 綺麗に手入れされた車両は、オーナーの愛情が伝わります。
  • posted by mameshiba198 
  • URL 
  • 2011.07/24 13:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: こんばんは 

ただ炙って曲げるだけのことなのですが、何かが違う・・・私もそれを感じるところです。
GPz用・・・750Fなら試作しましたので、製作は可能です。そして、1100F用もいずれは・・・

> 絶句しました、だいたいそんなもんだろうと思っていたのが、実際に見ると絶句です。何が?と言う人には解らない事ですが、何かが桁違いに違う気がします。何千、何万と曲げてきた人の動きが、とてもやさしく見えるのは私だけでしょうか。 GPz用は、ないですよね~。
  • posted by mameshiba198 
  • URL 
  • 2011.07/24 12:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

エンジンが喜んでいる、余韻のある良い排気音ですね。
綺麗に手入れされた車両は、オーナーの愛情が伝わります。
  • posted by ハカイダー 
  • URL 
  • 2011.07/23 00:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

こんばんは 

絶句しました、だいたいそんなもんだろうと思っていたのが、実際に見ると絶句です。何が?と言う人には解らない事ですが、何かが桁違いに違う気がします。何千、何万と曲げてきた人の動きが、とてもやさしく見えるのは私だけでしょうか。 GPz用は、ないですよね~。
  • posted by  
  • URL 
  • 2011.07/21 20:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
3位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ