Entries

スイングアームピボットシャフトを強化するとは・・・

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
変態ファクトリーまめしばに、今日もポチッと応援クリックをお願いします。


緊急連絡

完全受注製作としているCRキャブレター用PEEK製スロットルバルブについて、現在、次回ロット分製作の段取りに入っております。
もし、お入用の方がおいでであれば、この機会にご注文をお願いいたします。
ある程度のロット数がないと製作できませんので、次々回分計画は未定となります。





ポップヨシムラ直伝の愛弟子、小林さんの手になる、ストレイガ「NGCエキゾーストシステム」の取り扱いをさせていただくこととなりました。
現時点でのラインアップは、
現時点でのラインアップは、
・Z1・Z2
・Z1000MK2・Z1R
・ゼファー750
・GS1000
・GS750
となりますが、その他、Z750FXⅡ、Z750FXⅢ、Z1000J、GSX1100S刃他についても製作可能です。
お問い合わせは、メールにてお願いいたします。
その際は、
・郵便番号
・ご住所
・お名前
・お電話番号
・マシン名
・吸排気系を含むエンジン仕様の概要
・タンデムフレームカットの有無
などについてご回答をお願いいたします。
価格については、
スチール製 138,000円
チタン製  266,000円
となります。
小林さんが一本ずつを手作りします。大量生産ができるようなものではありません。よって、ご注文からある程度の期間をいただくことがありますので、その点についてはご了承ください。
まあ、受注生産みたいなものです・・・
ということは、注文しないと入手することができないということです。
これまでにまとめた記事はこちらです。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-32.html


これまで、スズキ及びカワサキ用のみの対応となっていたストレイガNGCエキゾーストシステムですが、多くの方々からのリクエストにより、ホンダCB-F用の開発に着手することとなりました。
その経過については、こちらに書いてありますので、どうぞご覧になってください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-940.html



私がデリバリーする各部品やモディファイについてまとめた記事はこちらです。いずれも、コストや量産性を完全に無視した変態ならではの驚くべき効果を発揮するものばかりですので、ぜひご覧になってください。
また、一部のものを除き、全て在庫を確保しておりますので、入用の方はご遠慮なくメールにてお問い合わせください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
まめしばスペシャルパーツ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



スイングアームピボットシャフトを強化すると聞いたとき、まずどんなことをイメージしたでしょうか?

たとえば、この部品のリクエストをしてくださった、Z1Rに乗るエキスパートライダーは、
「ねえ、ボクのZ1R、普通に走っている分には気にならないんだけど、高速コーナーをパワーをかけて旋回しているときなんて、どうもピボット周りがグネグネする感覚があるんですよねぇ・・・ピボットシャフトをクロモリにすれば、これが多少は良くなるのは間違いないと思うんだけど・・・」
などと言います。

私も、そういう効果を期待できるのは間違いないと思うのですね。

スイングアームに支持されたリアホイールに大きな駆動力がかかりつつ、コーナリングGによって捻り応力がかかるわけですから、これをフレームと結合させているピボットシャフトの剛性を上げることにより、スイングアームとフレームの結合剛性が上がり、ひいては走行安定性が向上することは予想されます。
特に、大きな外乱が入力された際の効果は少なくないものと思うところです。

たとえば、効果的なフレーム補強として、フレームの左右スイングアームピボット上を連結する補強バーを入れるというのがあります。私のGS1000にも、ここだけには補強を入れているくらいですから・・・
また、カタナ用では、ボルトオンによる連結バーも市販されています。
とにかくここへの補強は効くんです・・・

このことは、アルミツインスパーフレームにおいても、このピボット周りには鍛造材を使ったり、左右を太いパイプで連結したりする構造が一般的であることからもわかります。
とにかく、ネック周りとともに、このピボット周りの剛性というのは、操縦安定性に大きな影響を及ぼすということです。


でも、私はそれだけではないと考えています。

昨日も掲載したこの画像をご覧ください。

DSC03749.jpg



エンジンが発生した駆動力は、ドライブスプロケットからチェーンを介してリアホイールに伝達されます。
そして、リアタイヤの接地面で発生した推進力が、どのようにしてマシンを前進させるのかを考えてみましょう。

簡単なことですね・・・
推進力は、スイングアームピボットからフレームに入力されます。
そう、オートバイという乗り物は、リアタイヤで発生した駆動力がスイングアームピボットに入力され、ここでフレームを押すことによって前進するのです。

このことをイメージしながら、マシンにまたがってスロットルを開けてみてください。
スイングアームピボットから押されて前進する・・・
これをイメージすることは、サスペンションを初めとする車体周りのセッティングを実走で煮詰めるときに役立つのではないかと思うのです。
言葉で表現するのはちょっと難しいのですが、スロットルオンによって高まった駆動力がピボットからフレームに入力されて、それがどんな方向に作用しているのか、五感をもって感じてみるんです。そして、セッティングを変更したことによって、それがどのように変化したのかを感じ取ってみるのです。
そんなことわからない・・・なんてことはありません。意識しながら試行錯誤を重ねることで、気付かないうちにわかるようになるはずです。
以前にこんな記事を書きました。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-541.html

スイングアーム垂れ角やピボット高さを変更するということは、リアタイヤが発生した駆動力をピボットに入力する、その角度を変更すること・・・まあ、そういう記事なのですが、その入力ポイントとしてのスイングアームピボットの剛性を確保するというのは、非常に重要な意味を持っているのではないかと考えています。

ましてや、ZやGSなんて、もともとの馬力なんてたかが知れています。
せいぜい実測で70PSもあればいいところですね。
そして、設計時に存在したタイヤグリップにしても、現代のものと比較すれば、それは雲泥の差です。

駆動力や旋回グリップ力などの応力は、全てこのスイングアームピボットからフレームに入力されているということですので、当時においては一定のバランスを保っていたものであっても、現代においてチューニングしたりすればどういうことになるのかを考えてみれば、こういった車体周りの要所を適切に強化するというのは効果的ではないかと思っています。

この画像をご覧ください。
これは、Z750FX-1改1,075ccレーサーに使用されていたピボットシャフトです。

RIMG0738-1.jpg



これは、まだ交換してさほどの距離を走っていないものですが、ピボットベアリングカラーとのアタリ面が変色しているのがわかります。
指で触っても、この表面が明らかに変形しているのです。
これは、推定120PS以上の出力によって全開加速を繰り返し、さらにはサーキットにおけるハードなコーナリングGによるシャフトへの影響ということです。

基本的な構造から強度や剛性を上げるというのはコストもかかりますしリスクも少なくないところですので、まずは高剛性素材に置換することで対策するというのがリーズナブルな手法ということになります。
そして、今回、私が製作しようとしているものは、こういった要求に応えるためのものということになります。



ところで、ここまで書いてみてふと思ったのですが、よく、ZやCB、カタナなどに太い17インチリアホイールを装着する際、大きく外に出さざるを得なくなるチェーン軌道を確保するため、フレームのスイングアームピボット裏側を大きく削るという加工をするらしいですね。
私は現物を見たことがありませんので何とも言えませんが、そんな場合には、明らかに低下するはずのピボット剛性を補うための対策が必要になるのではないかと思います。
ましてや、6インチなんていうホイールに180~190幅なんていう、それもハイグリップタイヤを履かせ、おまけにエンジンだってチューニングするのでしょうから、その対策たるや相当に高度なものが必要なんでしょうね・・・なんと言っても、駆動力を始めとする各応力のほとんどをここが負担するのですからね・・・きちんと走るカスタムマシン造り、大きくいじればいじるほど大変な作業と想像します。



ちょっと脱線しましたね・・・話をもとに戻しましょう。
サンプルからの採寸作業は順調に進んでいるところなのですが、構造について一点だけ検討中のことがあります。

このスイングアームピボットシャフトに限らず、マシンを構成する主要なシャフトについては、すべて緩み防止の措置が講じられていますね。
たとえば、アクスルシャフトには割りピンやセルフロックナットなどによって対策されています。
また、私がデリバリーしているアクスルキットについても、ナットにワイヤーロック用の穴を設けています。

そう、こういった軸となるシャフトが抜け落ちて脱落するなどということは絶対に起こってはならないのです。
私自身が使うものであれば、常に緩みの有無について点検をしますのでいいのですが、入手していただく不特定多数の方々にそういったことを期待するのは酷なことです。
きちんと締め付けトルクがかかったネジは、そうそう緩むものではないのですが、管理状況によっては100%とは言えないところです。

いくつかの選択肢があります。
そのひとつは、ノーマルのセルフロックナットを使うというものです。
一部のキットではこの方法を選択していますが、ある意味では賢明なことですね・・・間違いのない方法です。
でも、せっかくのスペシャルなシャフトなのに、ナットがノーマルというのもちょっと悲しい・・・

アクスルキットで行ったように、ワイヤリングするようにするか・・・でも、この場所にワイヤリングとなると、マシンによってはライディング中に足と干渉するかもしれませんし・・・見た目もこの場所にはちょっとしっくりしませんね・・・

まあ、そうそうに緩むところではないとはいえ、こまめに点検をお願いすることにするかなぁ・・・なんて漠然と思っていたのですが、昨日、にえちゃんから「ダブルナットにしたら・・・」なんてアイデアが出てきました。
それもいいなぁ・・・薄い2枚目のロックナットで緩み止めをする・・・なかなかスマートだしマニアックでいいかもしれません。
こういうところには高い趣味性も大事ですからね・・・
そういえば、ヤマハOW01のリアアクスルシャフトはダブルナットでロックするようになっていたような記憶が・・・


そうそう、にえちゃんとの話の内容ですが、ヤマハRZ250/350用も製作することにしました。
でも、これのデリバリーはにえちゃんからとなります。
しばらくすれば、このにえちゃんのブログにて案内の告知がされると思いますので、RZにお乗りの方はチェックしておいてくださいね。
ついでにRZ用のクロモリアクスルシャフトも作っちゃえば・・・なんてそそのかしておきましたので、それも期待できると思います。
http://niegare.blog118.fc2.com/


未だCB用とZ1000J用のサンプルが手元に届きませんので、これらの計測ができていません。
予約受付の際には、○○用という表記と併せて、シャフト径と首下長の表記もしたいと考えています。
そうすれば、その他のマシンであっても装着が可能かどうか、それぞれの方が判断できるのではないかと思うのです。
関心をお持ちの方は、今のうちに愛車のピボットシャフト径と首下長を確認しておいてくださいね。

このCB用とZ1000J用のデータを確認し、製作すべきシャフトサイズが確定した時点にて予約受付を開始する予定ですので、今しばらくお待ちください。


追記
Z1000Jについては、Z1などと共通ということが判明しましたので、あとはCB用が届けばOKと相成りました。
やはり持つべきは変態仲間ですネ!!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



まめしばスペシャルパーツについては、この記事にまとめてありますので、どうぞご覧になってください。
いずれも、マスプロダクトでは実現し得ない、驚くほどの効果を発揮するものばかりです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
4、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
5、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
6、CRキャブレター用ショートスピゴット
7、カワサキZ用シフトフォークボルト

mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。なお、メールアドレスを変更しましたので、どうぞお間違いのないように・・・

メールを送信していただくにあたり、お願いがあります。
おかげさまにて、毎日、多数のメールをいただくこととなっておりますが、中には同姓の方も少なからずおられますので、可能な限りお名前をフルネームにて冒頭に記載していただけると助かります。
また、部品等のご注文にあたり、郵便番号以下の発送先についてもお忘れなきようにお願いしたいのです。
一度ご注文をいただいた方のデータはファイリングしているのですが、帰宅後の就寝時間前に事務処理をしている関係上、メールにそれらの記載をしていただけると有難いのです。




〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234

ちなみに、ここはマンションの一室です。
ファクトリーまめしばにショールームや作業場は存在しませんし、GS1000まめしば号の保管場所もここではありません。
よって、部品や車両の閲覧のために突然の訪問をいただいても対応することはできませんので、あらかじめご承知おきください。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
変態ファクトリーまめしばに、今日もポチッと応援クリックをお願いします。



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Re: NoTitle 

なかなか巧く表現し切れないこともありますが、できるだけわかりやすいようにと心がけています。
今後とも、よろしくお願いします。

> はじめまして
> 写真がいっぱいあって見やすいですね
> バイクってこういう風になっているんだって参考になります。
> また来ます

NoTitle 

はじめまして
写真がいっぱいあって見やすいですね
バイクってこういう風になっているんだって参考になります。
また来ます
  • posted by もと 
  • URL 
  • 2011.06/18 23:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
3位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ