Entries

フロントフォークの夏セッティング

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
久しぶりの変態ネタに、今日もポチッと応援クリックをお願いします。


緊急連絡

完全受注製作としているCRキャブレター用PEEK製スロットルバルブについて、現在、次回ロット分製作の段取りに入っております。
もし、お入用の方がおいでであれば、この機会にご注文をお願いいたします。
ある程度のロット数がないと製作できませんので、次々回分計画は未定となります。





ポップヨシムラ直伝の愛弟子、小林さんの手になる、ストレイガ「NGCエキゾーストシステム」の取り扱いをさせていただくこととなりました。
現時点でのラインアップは、
現時点でのラインアップは、
・Z1・Z2
・Z1000MK2・Z1R
・ゼファー750
・GS1000
・GS750
となりますが、その他、Z750FXⅡ、Z750FXⅢ、Z1000J、GSX1100S刃他についても製作可能です。
お問い合わせは、メールにてお願いいたします。
その際は、
・郵便番号
・ご住所
・お名前
・お電話番号
・マシン名
・吸排気系を含むエンジン仕様の概要
・タンデムフレームカットの有無
などについてご回答をお願いいたします。
価格については、
スチール製 138,000円
チタン製  266,000円
となります。
小林さんが一本ずつを手作りします。大量生産ができるようなものではありません。よって、ご注文からある程度の期間をいただくことがありますので、その点についてはご了承ください。
まあ、受注生産みたいなものです・・・
ということは、注文しないと入手することができないということです。
これまでにまとめた記事はこちらです。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-32.html


これまで、スズキ及びカワサキ用のみの対応となっていたストレイガNGCエキゾーストシステムですが、多くの方々からのリクエストにより、ホンダCB-F用の開発に着手することとなりました。
その経過については、こちらに書いてありますので、どうぞご覧になってください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-940.html



私がデリバリーする各部品やモディファイについてまとめた記事はこちらです。いずれも、コストや量産性を完全に無視した変態ならではの驚くべき効果を発揮するものばかりですので、ぜひご覧になってください。
また、一部のものを除き、全て在庫を確保しておりますので、入用の方はご遠慮なくメールにてお問い合わせください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
まめしばスペシャルパーツ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



夏セッティングといえば、まず思い浮かぶのはキャブレターですよね・・・
でも、気温の変化に伴うリセッティングというのは、まこと多岐にわたるのが現実です。
今回、私が行ったのは、フロントフォークの夏セッティング・・・

「ええっ、季節によってフォークのセッティングを変更するなんて、そんなの聞いたことないよ・・・」
なんていう方も少なくないと思うのですが、それは単なる意識不足ということです。

サスペンションのダンピングフォースは、ダンパーオイルがオリフィスやシムプレートの隙間を通過する際の抵抗を利用して発生させているのですから、そのオイルの粘度が温度によって変化すれば、それに伴って発生するダンピングフォースも変化してしまうのです。
冬の寒い時期にはなんとなくサスが硬く感じるのもそのせいですし、同じ季節でも走り始めとある程度走行を重ねてサスが温まった状態ではフィーリングが異なるものです。
それに気付かないというのであれば、それを意識してみてくださいね。
意識することで違いがわかるようになるはずです。


近年のカートリッジダンパー式のものは、そもそも使用しているオイル粘度が低いことからもわかるように、粘度への依存性が比較的少ないのですが、私のGS1000に装着されているフロントフォークは、前時代に設計されたダンパーロッド式ですので、オイル粘度への依存が高い傾向にあります。
ですので、同じフィーリングを得ようとした場合、季節ごとにオイル粘度を変更する必要があるというわけです。


昨年の秋から現在まで使っていたのは、アッシュのフォークオイルの40番と58番をブレンドしたものでしたが、ここ最近は外気温も高くなってきたことから、完全にダンピング不足の症状を呈していたところです。
本来であれば、もうちょっと早くやりたかったのですが、なかなか忙しくて、自分のバイクに手を入れる時間が取れず・・・


今回は、同じくアッシュのフォークオイルですが、58番をそのまま使います。
このセッティング内容については、すでにこれまで煮詰めてきていますので、そのデータに従っての作業となります。


手持ちの58番がなくなってしまっていましたので、友人のにえちゃんに連絡、送ってもらいました。

あ~、アッシュのオイル、その他にもエンジンオイルなんかも優秀ですが、このにえちゃんが取り扱っていますので、必要な方はこちらからどうぞ・・・
http://www.u-u-udauda.com/p/ash/index.htm


交換準備完了です。

RIMG0712.jpg



フォークオイルを交換するためには、フロントフォークをステムから抜き取る必要がありますので、まずはフロントホイールを取り外します。
まめしば強化フロントアクスルの脱着要領の説明も兼ねてご紹介しましょうか・・・

まず、左側のアクスルナットを緩めて外します。

RIMG0713.jpg



次に、右側のクランプを緩めますが、取り外す必要はありません。緩めるだけです。
そして、左側クランプもわずかに緩めてください。
右側はユルユルに、左側はわずかに緩めるということです。

以下、記事内においての左右については、跨った状態の自分から見てという基準にてお願いします。
掲載した画像に向かってというと逆になりますのでご注意を・・・わかりますよね・・・

RIMG0714.jpg



これだけで、アクスルシャフトを右側に抜き取ることができますので、フロントホイールはそのまま前方にスルリと抜き取ることができます。
簡単ですよね・・・
まめしば強化アクスルキットは、左側のクランプカラーとアクスルシャフトのクリアランスをきつく作ってあり、左側クランプを規定トルクで締め付けた際にここが軽圧入状態になっていますので、シャフトがスルリと抜けない場合には、左側クランプをもう少し緩めてみてくださいね。

RIMG0715.jpg



フロントフェンダーを取り外します。
この形式のフロントフェンダーについて、アウターチューブの取り付け幅とフェンダーの幅がきちんと同じになるように調整してください。
ここで幅が合っていないことでアウターチューブをすぼめたり広げたりしていると、それだけでフォークの作動性を悪化させます。
フロントフォークの作動性を阻害する要因としては何があるのかを緻密に観察し、そうしないための細やかな調整を積み重ねることが大切です。

RIMG0716.jpg



ステムのクランプを緩める前に、フロントフォークのトップキャップを緩めておきます。
とはいっても、このトップキャップなんて、軽く締めておけばいいのです。
サービスマニュアルではそこそこの締め付けトルクが指定されていたりしますが、私なんて1キロ弱程度でしか締めません。
これはただのフタであり、これによって何かを支持しているところではありません。そして、内部のオイルやエアーがきちんとシールされていればいいのですが、そのシールはOリングによって行われていますので、締め付けトルクに依存していないことを忘れてはなりません。
そしてここには、フォークスプリングのテンションがかかっていますので、軽く締めてあれば緩んで抜けるなんてこともないのです。

RIMG0717.jpg



次に、ステムのクランプを緩めてフォークを抜き取るのですが、そのときに、自重でスルッと抜け落ちて来るか、そこまでではなくても、軽く抜き取れるのが正常な状態です。
あまりにこじらないと抜けて来ないなどというのであれば、どこかが歪んでいる可能性があります。

RIMG0718.jpg



そうそう、抜き取る前には、突き出し量を計測しておいてくださいね。
私は日頃から書いてありますが・・・

RIMG0719.jpg



私の場合には、フォーク内にカートリッジエミュレーターを挿入していますので、これを取り出しておきます。
このデバイス、セッティング作業はなかなか面倒ですが、相当な優れものです。
これの装着とセッティング経過については、こちらにまとめてあります。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-7.html

RIMG0721.jpg



フォークオイルを抜きますが、まだまだ使用できる冬用粘度のオイルを捨ててしまうのはもったいないですので、このようにしてビンに保管しておきます。
アッシュのオイルは極めて高い耐久性を持っていますし、私のフォークアウターにはカシマコートを施していますので、磨耗粉によるオイル劣化も僅少です。

RIMG0722.jpg



このカートリッジエミュレーターは、ダンパーロッド式フォークではほとんど効いていない圧側ダンピングを効果的に発生させるためのデバイスなのですが、夏用にオイル粘度を上げるに伴い、若干のリセッティングを施します。当然ですが、これも過去におけるデータに基づくものです。


RIMG0723.jpg


新しいオイルを入れたあと、気泡が見えなくなるまでストロークさせた後、しばらく放置しておきます。このエア抜き作業が極めて速いのがアッシュオイルの特徴ですね。消泡性が高いということです。

RIMG0725.jpg



さて、作業中断ですが、その間に他の整備や手入れをしますか・・・
ブレーキキャリパーのクリーニングと揉み出し作業など、やれることはいくらでもあります。
そして、NGCエキゾーストにCRC556を吹き付けてウェスで拭きあげてやります。
無塗装の鉄ですので、必要な手入れなのです。
それにしても、正面から見たこのエキパイの見事なカーブをご覧ください・・・うっとりしてしまいます。

RIMG0728.jpg



角度を変えてみても・・・

RIMG0732.jpg



さて、作業再開ですが、油面調整作業です。
私はワンタッチエアバルブを装着していますので、その調整幅を持たせるために、あらかじめやや高めの油面に設定しておきます。

RIMG0733.jpg



さて、フォーク本体の作業が終了したら、次は組み付け作業となります。
簡単な作業なのですが、手順を誤ると、とたんに動かないフォークになってしまいますので注意が必要です。

まず、フロントフェンダーを装着しますが、このときには取り付けボルトは仮留め状態にしておきます。
そして、フロントホイールを装着してアクスルシャフトとナットを締め付けます。
このとき、左側のクランプは規定トルクで締めた状態、右側のクランプはユルユルの状態です。
つまり、アクスルシャフトとナットによって、ホイールを左側アウターに固定するのです。

RIMG0735.jpg



そして、フロントスタンドを外してフロントホイールを接地させ、トップブリッジ上からフロント周りを押してフォークを数回ストロークさせます。
これによって、左右のフォークが平行になるのです。
その後に、右側のクランプを締めます。

RIMG0736.jpg



最後に、フロントフェンダーの取り付けボルトを締め付けます。
蛇足ですが、これをするためには、フロントフェンダーの取り付けボルトは六角頭のボルトでなくてはなりませんね。ここにキャップボルトを使用しているなんていうのは、仮にそれがプロの仕事であったとしても、それはまるでわかっていないということです。

RIMG0737.jpg



最後にブレーキキャリパーを装着しますが、このときにキャリパーピストンをある程度戻した状態にし、そしてレバーを数回ストロークさせてタッチを出すようにしてください。
そして、キャリパーセンターがずれていないかどうかを確認しつつ、再度フロントスタンドをかけてフロントを浮かせて、異常な引きずりなどがないかを確認します。

神経質に過ぎると言われるかもしれませんが、常に問題意識をもってこういう作業を習慣づけることによってしか、スムーズで軽いマシンを維持することはできません。
ぱっと見にそれらしく組みつけられたものと、きちんと組みつけられたもの、そこには雲泥の差があるものなのです。
いくら高価なサスペンション、仮にそれが100万円もするオーリンズだったとしても、組み付け手順を誤るだけで、それは機能としてはゴミ同然になってしまうことを忘れてはなりません。


このようにして組みつけられた上に基本整備が行き届き、さらにはセッティングの煮詰まっているマシンは、サイドスタンドを払って押し歩きをしただけでわかるものです。
押し歩きで異常を感じるマシンであったなら、駆動力のかかった状態で正常に走ることなど、できるはずもありません。
歩く程度の微速下での旋回でもきちんとセルフステアし、さらには路面のわずかな不整にもリニアに前後サスがストロークする感覚・・・貴方は自身の愛車で確認していますか?


追記
ちょっと前に、GS1000をある人に乗ってもらったところ、
「サイドスタンドで停まっているところにまたがり、マシンを引き起こした瞬間に、あまりの軽さに反対側に倒れるかと思った・・・」
というインプレをいただきました。
私のマシン、別段に軽量化なんて意識していませんので、車格なりの車重があるはずなのですが、そう感じた理由は、前後サスペンションの初期作動性の良さによるものです。
傾いたマシンを引き起こす過程で前後サスに対して徐々に荷重がかかりますが、そのときにサスが動かずに突っ張っていると、それだけで重さを感じるのです。
そこへ、リニアにサスが沈んでくれることで、軽く引き起こすことができるのですね・・・
そういうものなのです・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



まめしばスペシャルパーツについては、この記事にまとめてありますので、どうぞご覧になってください。
いずれも、マスプロダクトでは実現し得ない、驚くほどの効果を発揮するものばかりです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
4、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
5、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
6、CRキャブレター用ショートスピゴット
7、カワサキZ用シフトフォークボルト

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、

mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)

までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。なお、メールアドレスを変更しましたので、どうぞお間違いのないように・・・

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234

ちなみに、ここはマンションの一室です。
ファクトリーまめしばにショールームや作業場は存在しませんし、GS1000まめしば号の保管場所もここではありません。
よって、部品や車両の閲覧のために突然の訪問をいただいても対応することはできませんので、あらかじめご承知おきください。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
久しぶりの変態ネタに、今日もポチッと応援クリックをお願いします。



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
3位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ