Entries

CB650のシリンダーヘッドオーバーホール その18(ピストンリングの組み付け)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
NGCマフラーの開発に持てる力の全てを傾注する、ストレイガの小林さんに応援を・・・今日もポチッとお願いします!!!



ポップヨシムラ直伝の愛弟子、小林さんの手になる、ストレイガ「NGCエキゾーストシステム」の取り扱いをさせていただくこととなりました。
現時点でのラインアップは、
現時点でのラインアップは、
・Z1・Z2
・Z1000MK2・Z1R
・ゼファー750
・GS1000
・GS750
となりますが、その他、Z750FXⅡ、Z750FXⅢ、Z1000J、GSX1100S刃他についても製作可能です。
お問い合わせは、メールにてお願いいたします。
その際は、
・郵便番号
・ご住所
・お名前
・お電話番号
・マシン名
・吸排気系を含むエンジン仕様の概要
・タンデムフレームカットの有無
などについてご回答をお願いいたします。
価格については、
スチール製 138,000円
チタン製  266,000円
となります。
小林さんが一本ずつを手作りします。大量生産ができるようなものではありません。よって、ご注文からある程度の期間をいただくことがありますので、その点についてはご了承ください。
まあ、受注生産みたいなものです・・・
ということは、注文しないと入手することができないということです。
これまでにまとめた記事はこちらです。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-32.html



私がデリバリーする各部品やモディファイについてまとめた記事はこちらです。いずれも、コストや量産性を完全に無視した変態ならではの驚くべき効果を発揮するものばかりですので、ぜひご覧になってください。
また、一部のものを除き、全て在庫を確保しておりますので、入用の方はご遠慮なくメールにてお問い合わせください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ちょっと記事内容が前後しますが、書き忘れていた内容がありましたので、改めて記事にしたいと思います。

CB650のエンジンについては、すでに組み立てと音出しを終了しているところですが、ちょっと遡って、ピストンリングの組み付けについて書いてみます。

まず、確認するべきはピストンリングのギャップです。
これは、狭すぎれば、運転中にぶつかってしまってカジリなどのトラブルに発展しますし、広すぎれば圧縮抜けなどにもつながりますね。
国産車の純正部品の場合には、これを調整しなくてはならないことなどほとんどないと思うのですが、外国車や社外品を組み付けるときには特に注意した方がいいです。
以前、モトグッツィにジェラドーニ製のビッグボアピストンとシリンダーを組み付けたときには、だいぶ削った覚えがありますから・・・


まず、ピストンリングをスリーブに挿入しますが、そのままだと傾いてしまって正確なギャップ計測ができませんので、ピストンをジグ代わりにして、まっすぐに押し込んでやります。
このとき、シリンダーのどの位置にするかは、それぞれのエンジンについてサービスマニュアルに記載されているはずです。

DSC06729.jpg

DSC06730.jpg



そして、シクネスゲージを使ってリングの合口ギャップを計測します。
CB650の場合は、
0.1mm~0.3mm
が基準値ですが、全てについてこの範囲に入っていましたのでOKです。

DSC06731.jpg



まあ、これをしなかったからどうなるというものでもありませんが、丸めたペーパーを使い、軽くエッジをさらっておきます。
軽くですよ・・・

DSC06732.jpg



ピストンリングをピストンに装着する作業・・・まあ、気を遣うもののひとつです。
特に、ボアの大きなピストンで、まして鋳物のリングなんかだとイヤですよね。
ちょっと無理な力を加えると「パキッ」なんて折ってしまいますし、張力も大きいですので、それなりに力を加えないわけにもいきませんし・・・
そんなことで、こういった特殊工具を使うのが安心です。
でも、装着する際に広げすぎないように気をつけないといけません。
意外と簡単に広がってしまいますので、そうすると、リング張力が増加してフリクションを生みます。

DSC06734.jpg



ピストンリングには上下があるものがほとんどです。
刻印マークがある方が上となります。
稀にマークがないものがあるようですが、そういった場合には、ルーペなどで断面形状を確認し、それによって判断することになりますし、上下がないものもあるようですね。

DSC06735.jpg



リングとリング溝のスラストクリアランスもマニュアルに記載していますので、これもチェックします。
今回は中古品のピストンをそのまま使いますので、ちょっと心配しましたが、全くの基準値内でした。

DSC06736.jpg



全てのリングを装着し、これで準備は完了です。
こういった神経を遣う作業については、エンジンを組み立てる前に、落ち着いた環境下であらかじめやっておいた方がミスを防止できますね。

DSC06737.jpg


リングの組み付けミスは、致命的なトラブルに直結しますし、一度組み上げてしまったものを再度組みなおすというのもやっかいな手間になりますので、慎重を期してやるべき作業です。

エンジンの組み立て作業をする中で、ピストンリングを無事に組み付け終わるとホッとしますし、その後にシリンダーに無事に挿入が完了すれば、中盤の大きなヤマ場を越えた気分になるものです。



昨日の記事にてご紹介した、九州弾丸修行ツーリングですが、往路に若干の変更があります。
http://maps.google.co.jp/maps/ms?hl=ja&ie=UTF8&brcurrent=3,0x34674e0fd77f192f:0xf54275d47c665244,0&msa=0&msid=215597438744445378527.0004a16c4559d1f553763&ll=34.288992,134.736328&spn=9.615533,12.590332&z=6

足柄SA    到着  2011/04/30 21:00  0:59  99km
         出発  2011/04/30 22:00
浜名湖SA   到着  2011/05/01 23:40  1:40  167km
         出発  2011/05/01 00:10
土山SA    到着  2011/05/01 1:38  1:28  147km
         出発  2011/05/01 2:08
西宮名塩SA 到着  2011/05/01 3:13  1:05  109km
         出発  2011/05/01 3:43
吉備SA    到着  2011/05/01 5:11  1:27  146km
         出発  2011/05/01 5:41
宮島SA    到着  2011/05/01 7:22  1:40  168km
         出発  2011/05/01 7:52
王司PA    到着  2011/05/01 9:32  1:40  167km
         出発  2011/05/01 10:02
古賀SA    到着  2011/05/01 10:47  0:45  75km
         出発  2011/05/01 11:17
湯布院IC   到着  2011/05/01 12:35  1:18  130km
                               1,208km



なお、まめしばスペシャルパーツの受注や発送について、4月30日から5月9日ころまでは処理することができなくなります。
よって、連休中にパーツを投入したいとお考えであれば、お早目のご注文とその確定をお願いいたします。



NGCエキゾーストシステムについて関心をお持ちであれば、どうぞご遠慮なく私宛にメールをください。
大量生産のマスプロダクト製品ではありません。1本ずつ小林さんが手作りをしますので、基本的には注文しなければ手にすることはできないのです。

mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



まめしばスペシャルパーツについては、この記事にまとめてありますので、どうぞご覧になってください。
いずれも、マスプロダクトでは実現し得ない、驚くほどの効果を発揮するものばかりです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
4、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
5、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
6、CRキャブレター用ショートスピゴット
7、カワサキZ用シフトフォークボルト

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、

mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)

までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
NGCマフラーの開発に持てる力の全てを傾注する、ストレイガの小林さんに応援を・・・今日もポチッとお願いします!!!



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
3位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ