Entries

ストレイガNGCエキゾーストシステムのフィーリング(魔女のほうき)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
NGCマフラーの開発に持てる力の全てを傾注する、ストレイガの小林さんに応援を・・・今日もポチッとお願いします!!!



ポップヨシムラ直伝の愛弟子、小林さんの手になる、ストレイガ「NGCエキゾーストシステム」の取り扱いをさせていただくこととなりました。
現時点でのラインアップは、
現時点でのラインアップは、
・Z1・Z2
・Z1000MK2・Z1R
・ゼファー750
・GS1000
・GS750
となりますが、その他、Z750FXⅡ、Z750FXⅢ、Z1000J、GSX1100S刃他についても製作可能です。
お問い合わせは、メールにてお願いいたします。
その際は、
・郵便番号
・ご住所
・お名前
・お電話番号
・マシン名
・吸排気系を含むエンジン仕様の概要
・タンデムフレームカットの有無
などについてご回答をお願いいたします。
価格については、
スチール製 138,000円
チタン製  266,000円
となります。
小林さんが一本ずつを手作りします。大量生産ができるようなものではありません。よって、ご注文からある程度の期間をいただくことがありますので、その点についてはご了承ください。
まあ、受注生産みたいなものです・・・
ということは、注文しないと入手することができないということです。
これまでにまとめた記事はこちらです。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-32.html



私がデリバリーする各部品やモディファイについてまとめた記事はこちらです。いずれも、コストや量産性を完全に無視した変態ならではの驚くべき効果を発揮するものばかりですので、ぜひご覧になってください。
また、一部のものを除き、全て在庫を確保しておりますので、入用の方はご遠慮なくメールにてお問い合わせください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




ストレイガ(STREGA)
イタリア語
イタリア南部の町ベネヴェントに伝わる魔女を指し、人を幸せにする魔法を使うと言い伝えられている。


NGCエキゾーストシステムを装着すると、まるでほうきに乗った魔女が天空を舞うように走ることができる・・・ウソじゃありません。
浮遊感とでも言うような、フワッとした走行フィーリングになるんです。
スロットルを開けても閉めてもエンジンが軽い・・・でも、どこから開けても確実に前に出る・・・なんとも不思議な感覚です。
これは、クランクケース内を減圧したフィーリングとも近似のものです。



実は私、最初にお話があったときには、あまり乗り気ではなかったのです・・・
スタイルの素晴らしさは理解できたのですが、所詮は懐古趣味を満たすためのものではないのか・・・そんな先入観を持っていました。

エキパイ径ひとつとってもそうです。
あんなに太いエキパイで、まともに走るわけがない・・・ましてや、あんなに太いテールパイプにいきなりつないだら、そこでさらに排気流速が落ちてしまい、谷だらけで上も吹けないはず・・・やはり、細めのエキパイを4-2-1集合させ、集合部直後にはやや絞りを入れ、その後はテーパー状のテールパイプにつないで大容量のサイレンサーで抜く・・・
それがパフォーマンスを得るためには最良の方法だと信じていました。

現に、最初に装着していたバンス&ハインズのメガホンタイプから、まさしく先の構造をしているものに交換したときにも、見た目のマッチングはさておき、そのトータルパフォーマンスの違いは圧倒的だったのです。

でも、バイクの魅力はパフォーマンスばかりではないから、そこそこ不具合がない範囲内であれば、ルックスやイメージを優先するという選択肢もあるけれど・・・自分のスタンスとは違う・・・
また、私の意図したものではないとは言え、すでに「まめしば」というひとつの像が出来上がりつつある・・・それは、既存の定説などに捉われることなく、まめしばの快感マシンを追求するというもの・・・
それからすると、このNGCエキゾーストシステムというマフラーは、私としてはどうも・・・というのが正直なところだったのです。


その後、ちょっと間をおいて、お知り合いのamaさんがご自身のGS1100Eに装着しました。
現物を見せていただき、まずはその迫力に圧倒・・・カッコイイけどねぇ・・・
amaさんから、装着しての印象などを詳しく聞かせていただいたのですが、それでも心底から納得することができないまま・・・それでも興味津々でしたので、ストレイガに連れて行ってもらったというわけです。

そこで、NGCエキゾーストシステムを装着したゼファー750に乗せていただきました・・・
あの日の衝撃は今でも新鮮に残っています。

こんな形のマフラーなのに、どうしてこんなフィーリングなんだ!!
これは、私の知っているショート管とは全く別のもの・・・・

そのフィーリングについて、表現する言葉はたくさんあるけれど、とにかく、全てが軽い、そしてトルクフル、フラット・・・

DSC06458_20110416131926.jpg




私は減圧マニアです。
現在、私のGS1000には、排気負圧を利用した強制減圧システムを導入しているところですが、このときに乗ったゼファー750は、何らかの減圧デバイスが装着されているかのようなフィーリングだったのです。
しかし、そんなものは装着されていなかった・・・

このゼファー750の試乗によって、私は自分のマシンに装着することを決意しました。
私がやっている強制減圧にしても、CRキャブレターのセッティングやチューニングにしても、その全ては、リニアでスムーズな過渡特性を得るためです。
NGCエキゾーストシステムは、そういう方向性にぴったりマッチして、更なる相乗効果を生みそうな予感を抱くに至ったというわけです。



その後、装着して以降の経過は、これまでに記事に書いてきたとおりです。

DSC06751.jpg


DSC06752_20110416132119.jpg




当初、小林さんは、
「これはサーキットを走るために作ったんじゃありません・・・ですから、シャーシダイナモに載せてパワーが上がったとか、そんなことに関心はないのです。とにかく、走って気持ちいい・・・どこまででも走り続けたくなるようなマフラーが作りたかった・・・」
と力説していました。
そして、まさしくそのとおりのマフラーであったわけです。

このマフラーが優れたものである証のひとつが、安定した空燃比カーブです。
また、ジェット交換の結果がリニアに空燃比値に反映されるというのも特筆すべき点です。
そう、良く燃えているんです。
そもそも、全域で谷がなくてフラットなフィーリングになるということはそういうことなのですが、特にセッティングという作業を要するレーシングキャブレターには極めて都合の良いものと感じます。
なかでも、ちょっと難しい一面を有するCRキャブレターにはもってこいかな・・・

マフラーそのものによって燃焼状態が安定することで、キャブレターセッティングの許容範囲が広くなるということです。
多少、薄めであっても濃いめであっても、それをマフラーの助けによってリカバーしてくれるということですね。
逆に言えば、ある特性を狙ってキャブセッティングを大きく振りたいと考えたとき、それによって避けることのできないネガ成分をカバーしてくれることも期待できるということです。
現にこのことは、ここ最近に行っているサイレンサーセッティングと、それに伴うキャブセッティング作業を通じて実感しているところです。

キャブセッティングがしやすいマフラー、つまり、良く出来ているということです。


静かでスムーズで上品でパワフル・・・チューニングエンジンへの対応も柔軟にできる・・・さらには迫力満点でカッコイイ・・・おまけにポップヨシムラのスピリッツまで込められた1本・・・
今の私にとって、これを上回るマフラーはありません。



ところで、カッコイイ外観を生む要素である、太いエキパイに短い集合部、太いテールパイプですが、こんな形なのになぜ・・・
そんな疑問を拭い去ることはできませんよね・・・
小林さんは、
「それは、ストレイガ、つまり魔女が作る魔法のマフラーだから・・・てな具合に言っておいてください・・・」
なんて言うのですが、どこをどうしてというものではありません。細部にわたって施された様々な工夫の積み重ねによって総合的に生み出されたものなのです。
ひとつひとつは奇抜なものではありません。しかし、それらを巧妙に組み合わせた上でこの魅力的な形にパッケージした・・・そこにこのマフラーの本質があります。手抜きがないとでも言いましょうか・・・
1本を入手して切り刻んでみれば、個々のパートがどんな構造をしているのかはわかります。でも、同じパッケージを機能するものとして形にすることは、小林さん以外にはできないのです。



この星形の整流パイプは、「七つ星」と言います。
名づけたのは、当時小学生だった小林さんの息子さんなのだそうですが、これも見た目のワンポイントのためではありません。
抜けを確保しつつ音量を抑え、さらには音質をも整えるという、欠くことのできない重要な機能部品なのですが、これひとつ作るにしても、実に巧妙な技が駆使されているのです。

「七つ」と言えば、飛行予科練習生(予科練)の制服ボタンの数です。歌にもありますね。
予科練と言えば、ヨシムラのおやじさん・・・
まあ、こじつけですが・・・

DSC06825.jpg



このフランジ周りにしても同様です。

DSC06806.jpg



これらはほんのサワリですが、これらがそれぞれどんな意味を持ち、1本のマフラーにおいてどんな役割分担と寄与度を持つのか、そういうこと全てを理解した上でなければ、個々のパートを作ることができたとしても、それを全体としてパッケージすることはできないということです。

なので、魔女が作る魔法のマフラー・・・これを装着すると、魔女のほうきに乗って天空を舞うがごとく走れます。
まめしばはウソをつきません。




NGCエキゾーストシステムについて関心をお持ちであれば、どうぞご遠慮なく私宛にメールをください。
大量生産のマスプロダクト製品ではありません。1本ずつ小林さんが手作りをしますので、基本的には注文しなければ手にすることはできないのです。

mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



まめしばスペシャルパーツについては、この記事にまとめてありますので、どうぞご覧になってください。
いずれも、マスプロダクトでは実現し得ない、驚くほどの効果を発揮するものばかりです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
4、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
5、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
6、CRキャブレター用ショートスピゴット
7、カワサキZ用シフトフォークボルト

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、

mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)

までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
NGCマフラーの開発に持てる力の全てを傾注する、ストレイガの小林さんに応援を・・・今日もポチッとお願いします!!!



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ