Entries

まめしばスペシャルNGCエキゾースト・GS1000用アップタイププロト(製作編)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
NGCマフラーの開発に持てる力の全てを傾注する、ストレイガの小林さんに応援を・・・今日もポチッとお願いします!!!



ポップヨシムラ直伝の愛弟子、小林さんの手になる、ストレイガ「NGCエキゾーストシステム」の取り扱いをさせていただくこととなりました。
現時点でのラインアップは、
現時点でのラインアップは、
・Z1・Z2
・Z1000MK2・Z1R
・ゼファー750
・GS1000
・GS750
となりますが、その他、Z750FXⅡ、Z750FXⅢ、Z1000J、GSX1100S刃他についても製作可能です。
お問い合わせは、メールにてお願いいたします。
その際は、
・郵便番号
・ご住所
・お名前
・お電話番号
・マシン名
・吸排気系を含むエンジン仕様の概要
・タンデムフレームカットの有無
などについてご回答をお願いいたします。
価格については、
スチール製 138,000円
チタン製  266,000円
となります。
小林さんが一本ずつを手作りします。大量生産ができるようなものではありません。よって、ご注文からある程度の期間をいただくことがありますので、その点についてはご了承ください。
まあ、受注生産みたいなものです・・・
ということは、注文しないと入手することができないということです。
これまでにまとめた記事はこちらです。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-32.html



私がデリバリーする各部品やモディファイについてまとめた記事はこちらです。いずれも、コストや量産性を完全に無視した変態ならではの驚くべき効果を発揮するものばかりですので、ぜひご覧になってください。
また、一部のものを除き、全て在庫を確保しておりますので、入用の方はご遠慮なくメールにてお問い合わせください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



昨日の記事にてご紹介した各画像についてお楽しみいただけたのではないかと思います。
もう、そのスタイルを見ているだけでゾクゾクしてしまうものです

さて、今日の記事は、私のGS1000用に製作していただいたNGCマフラーの製作風景についてのご紹介です。

ここでちょっとご案内をさせていただきます。
GS、刀、Zなどの各マシンについての適合ですが、タンデムフレームを残したままのノーマルマウントの場合と、これを取り去った場合では、それぞれ適合するテールパイプが異なります。

ちなみに私のGS1000ではこれを取り去っていますので、ご紹介中のバージョンが、GS1000アップタイプモデルの基本形ということになります。
つまり、GS1000にお乗りであれば、タンデムフレームをカットすることで、これと同じものがポンと装着できるということです。
その際、フレームのリアブレーキペダルシャフトが貫通する部分は残してください。
ここにテールパイプのマウントを設けますので、取り去ってしまうと装着が困難になります。




さて、本題に入りましょうね。

私のGS1000では、エキパイ径45mmで製作したのですが、これについてはあらかじめ小林さんと打ち合わせをしていましたので、すでに製作済みでした。
この45mmパイプを曲げている光景を見ることができなかったのがちょっと残念です・・・

まずは、エキパイと集合部をマシンに装着します。
極めて精度高く造られていますので、組み付けもスムーズです。

DSC06653.jpg



この、オイルパンと集合部のクリアランスを見てください。
まさに神業・・・
そして、集合部とオイルパンがきちんとここで平行になっているのもポイントですね。
真横から見たときに、集合部が前下がりや後ろ下がりになっていると、まるで緊張感のないイメージになってしまうんです。

DSC06655.jpg



ここからがフィッティングの本番です。
目的は、いかにマシン全体のフォルムやシルエットにマッチさせるかという意味のバランスフィッティングです。
まあ、いかにカッコよく仕上げるかということ・・・でも、これってものすごく大切なことなんです。

多数のテスト用テールパイプをあてがってみては、様々な角度から見てバランスをチェックします。

DSC06656.jpg



だいたいのイメージはこんな感じかな・・・・
こういうとき、多数の人間の目で見て意見を交換することが大切ですね。
この日も、数人の変態オヤヂが集結していましたので、あ~でもないとかこ~でもないとか、好き勝手な意見が飛び交いましたが、決まってくると、皆が口を揃えて、
「そうそう、キタキタ!!これだよ!!」
なんて感じで意見が一致するんです。
好き嫌いは別にして、カッコいいものは誰が見てもいいということですか・・・
基本スタイルが決まれば、次はそれを踏まえてテールパイプの試作に入ります。

DSC06660.jpg



まず、集合部直後の最初の曲がり部分を差し込みます。
これも何種類もあるんですね・・・

DSC06672.jpg



そして、テールパイプのベースをあてがってみます。

DSC06674.jpg



微妙な角度調整は、金ハサミでパイプの縁を切り落として行うのですが、小林さんは別に計測するわけでもなく、何のためらいもなくジョキジョキと切ってしまいます・・・が・・・きちんと狙った角度になるのがすごい・・・
まるで、頭の中に三次元の立体設計図がプログラムされているみたいです。

DSC06676.jpg




先に決めた基本スタイルはあくまでもたたき台のベースに過ぎず、このあたりは小林さんの感覚のみの世界です。
どんなアールでどんなクリアランスにするとカッコよく見えるのか・・・もう、アートの世界なんですね。

テールパイプの長さについても、
「まあ、こんなもんかな・・・」
なんてつぶやきながら、マジックでシュッとカットラインを引いたかと思うと、さっさと専用カッターで切ってしまいます。

DSC06679.jpg


もう、小林さんの頭の中では完成形ができたようで、さっさと溶接してしまいます。

DSC06687.jpg



テールパイプのマウントステーをフレームにマウントするためのカラーを旋盤で削り出します。

DSC06682.jpg



テールパイプには、取り付けステーを溶接します。
とにかく、作業に迷いがなく、そして早い・・・正確・・・

DSC06692.jpg



小林さんの「美」に関するこだわりは尋常ではありません。
たとえば、取り付けステーのベースになるパッチなども、ただの板ではないのです。
テールパイプのアールにぴったり合っているのはもちろんのこと、両端のラインも合わせるための小林さんの手法は・・・
まあ、小さなことですし、入手したユーザーも気付かないのかもしれませんが、これが職人のこだわりということです。
このパッチ板、輪切りパイプ1個から1枚しか取れません・・・あとはゴミ・・・

DSC06694.jpg



外に出して、全体のバランスチェックをします。
マフラーのシルエットがマシン全体にピタッとはまり込みながらも存在感を主張することで、マシン全体が緊張感をもって引き締まるのがわかります。
どこをどうするとこうなる・・・なんていうものではないようです。
各部のクリアランスやアールの取り方など、全てのバランスなのですね・・・

DSC06695.jpg



さて、普通であればこれで完了なのですが、私のマシンには様々な変態デバイスが装着されていますので、それに対応するための付加物を取り付けなくてはなりません。
そして、これらの付加物によってせっかくのシルエットを損ないたくありませんので、パッと見にはわからないような位置にすることにしました。

まずは、排気温度と空燃比のセンサー取り付けボスの設置です。
取り付け位置を確認してマーキングすると、さっさと穴を開けて溶接してしまいます。
装着場所は、テールパイプの裏側、後輪の前付近です。
ここなら外から見えません。

DSC06706.jpg



あっと言う間に完了・・・

DSC06726.jpg



装着場所はここです。

DSC06757.jpg



次に、排気負圧利用の強制減圧用に、エキパイに負圧取出しパイプを取り付けます。
これまでは、1・4番のエキパイに装着していましたが、これも2・3番にします。
せっかくのエキパイのアールを損ないたくありませんでしたので・・・
しかし、脱着時にフレームと干渉することがないようにしなくてはなりませんので、位置決めとパイプ取り回しには細心の注意が必要です。
小林さんは、針金を使って曲げ具合を確認すると、さっさとパイプに砂詰めをして木栓をします。

DSC06700.jpg


そして、ポップから譲り受けたガスバーナーに点火し、クイックイッとばかりに曲げます。

DSC06717.jpg



エキパイに曲げたパイプをあてがい、取り回しを確認しながら位置決めのマーキングをします。


DSC06723.jpg



ここでもためらいもなくエキパイに穴を開けて、さっさと溶接してしまいます。
早い・・・

DSC06724.jpg



このようにして、2・3番に装着を完了です。

DSC06727.jpg



そして完成したのがこれ・・・

何度見てもホレボレしてしまいます。

DSC06750_20110413150942.jpg



一連の作業を傍らで見ていても、いかにもたやすくやっているようにしか見えないのです。
それも、終始ニコニコと世間話などをしながら、何の気負いもなく作業を進めていくのですね。
とかく、「職人=気難しい」というイメージが定着しているところですが、小林さんはそうではない・・・
でも、作業内容を全て見られていても、なんの緊張もわだかまりもなく平常心でいられるということは、すなわち自信に裏付けられているということです。
私は、ここに真の職人を見たような気がしました。

そして、NGCエキゾーストシステムのカッコ良さの秘密はこんなところにあるということです。
そういう目で、ご自身のマフラーをもう一度ご覧になってみてください・・・


さあ、これから実走テストに入りますか・・・
多数のサイレンサーもテストしなくてはなりませんね。


さて、ここで形になった、まめしばスペシャルNGCですが、これがGS1000用アップタイプのマスターモデルとなります。
既製の量産品とは全く異なるこだわりを持って製作されたこの1本、GS1000オーナーならば喉から手が出るほどに欲しいものですよね!!

あ~、その他のモデル用についても同様のこだわりを持って造られているのは当然のことです。


NGCエキゾーストシステムについて関心をお持ちであれば、どうぞご遠慮なく私宛にメールをください。
大量生産のマスプロダクト製品ではありません。1本ずつ小林さんが手作りをしますので、基本的には注文しなければ手にすることはできないのです。

mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



まめしばスペシャルパーツについては、この記事にまとめてありますので、どうぞご覧になってください。
いずれも、マスプロダクトでは実現し得ない、驚くほどの効果を発揮するものばかりです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
4、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
5、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
6、CRキャブレター用ショートスピゴット
7、カワサキZ用シフトフォークボルト

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、

mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)

までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
NGCマフラーの開発に持てる力の全てを傾注する、ストレイガの小林さんに応援を・・・今日もポチッとお願いします!!!



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ