FC2ブログ

GS1000と日々の日記

ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。

Entries

ゼファー750用NGCエキゾーストシステム(出色の味わい)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ホンダCB650のシリンダーヘッドオーバーホールを実施中です。新たな課題、ゴクロウサンということで、今日もポチッとお願いします!!!


口径ごとに適正なスロットルリンク比を実現するCRキャブレター用PEEK製ショートリンクロッドのデリバリーを開始しました。
詳細はこちらをご覧ください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-911.html


まめしば強化フロントアクスルキット(Z、GS/GSX、CB)をご予約いただいているところですが、現在、前川さんが鋭意製作中ですので、今しばらくお待ちください。
製作状況はこちらです!!

http://maekawaengineering.blog84.fc2.com/blog-entry-373.html


・NGCエキゾーストシステムの取り扱いをさせていただくこととなりました。
現時点でのラインアップは、
・Z1・Z2
・Z1000MK2・Z1R
・ゼファー750
・GS1000
・GS750
ですが、Z1000J、GSX1100S刃他についても、現在開発中です。
お問い合わせはメールにてお願いいたします。
その際は、
・郵便番号
・ご住所
・お名前
・お電話番号
・マシン名
・吸排気系を含むエンジン仕様の概要
・タンデムフレームカットの有無
などについてご回答をお願いいたします。
価格については、
スチール製 138,000円
チタン製  266,000円
となります。
小林さんが一本ずつを手作りします。大量生産ができるようなものではありません。よって、ご注文からある程度の期間をいただくことがありますので、その点についてはご了承ください。
まあ、受注生産みたいなものです・・・
ということは、注文しないと入手することができないということです。
これまでにまとめた記事はこちらです。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-32.html



私がデリバリーする各部品やモディファイについてまとめた記事はこちらです。いずれも変態ならではの驚くべき効果を発揮するものばかりですので、ぜひご覧になってください。また、一部のものを除き、全て在庫を確保しておりますので、入用の方はご遠慮なくメールにてお問い合わせください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



カワサキ ゼファー750
空冷並列4気筒DOHC2バルブ 738cc
最大出力 68PS
最大トルク 5.5kg-m

このスペック自体に見るべきものはない・・・

友人が、エンジンチューニングを始め、長年にわたっていじり倒してきたマシンには何度か乗せてもらったけれど、いじると相当に速くなるのは事実である。
なんたってこのエンジン、かつてはウェインレイニーがAMAスーパーバイクでチャンピオンを勝ち取ったことさえあるのだから・・・
でもこのエンジン、チューニングを進めると、ちょっとガサツでせわしないフィーリングになってしまうと感じるところがある。

ゼファー750に搭載されたこのエンジン、車両コンセプトにマッチさせるため、相当におとなしくてマイルドなデチューンが施されている。
だいぶ以前、ノーマルマシンに乗ったことがあるけれど、ほとんど印象に残っていない・・・
まあ、別段に魅力的には感じなかったのである。
スムーズだけれど、なんともアンダーパワーで抑揚のないエンジン・・・ということだけではなく、デチューンされたエンジンの持つ味気なさとでも言えばいいのであろうか・・・

エンジンの味わいとか楽しさというのは、必ずしも排気量や絶対出力の大小には比例しない。
私は、そのパッケージにおいて、素直にパワーを出しているエンジンには快感を覚えることができるのではないかと考えている。
エンジンというものは、その持てるパフォーマンスを素直に発揮させることで、小気味良い燃焼感や駆け上がり感を演出することができるのである。
その反面、絶対的には大きな出力を発揮していても、数々の足かせを課せられたものには、あまり良いフィーリングを期待することができないと思う。
たとえば、あまりに小径のキャブレターを装着したり、極度に抜けの悪いマフラーを装着したりした場合など、そのフィーリングに見るべきものはないのである。
右手でスロットルをひねることで多くの混合気を燃焼室に供給し、それを圧縮させたところで点火する・・・そこで得られる燃焼感、そして、回転の上昇とともに充填効率が高まり、まるで生き物が躍動するような駆け上がり感・・・カムに乗るという表現もこれに近いかもしれない。

人それぞれにイメージは異なるかも知れないが、少年時代、やにわに足がうずき、無性に駆け出したくなったものである。
そして、駆け出して加速するごとに、まるで自分の足に弾み車でもついたかのようにピッチと速度を増していく快感・・・
開放感とでも言うべきか、とにかく、こういった躍動感あふれるフィーリングに楽しさや快感を覚えるのではないかと思うのである。

そんな意味で、このゼファー750というマシンにはあまり良い印象を持っていなかった。
そうかといって、その足かせを解放すべくエンジンチューニングを施すと、それはどうにもこの車両パッケージにそぐわないがさつなものになってしまう・・・

できれば、この車両バランスや扱いやすさを維持したまま、エンジンフィーリングを改善できればいいのだが、そのさじ加減というのは難しい。
ある意味でそれは、このエンジンから可能な限りの出力を絞り出すようなフルチューニングを施すよりも困難なのかもしれない・・・


さて、前置きはこれくらいにして、先日、ストレイガを訪問し、小林さんの個人所有車兼テストマシンであるゼファー750に試乗させていただきましたので、そのインプレなどについて書いてみたいと思います。
結論から先に書けば、「出色の味わい」とでも言いましょうか・・・


NGCエキゾーストを製作するストレイガの小林さんと交流を始めて以降、
「まめしばさん、とにかく、NGCをつけたボクのノーマルゼファー750に乗ってみてよ!!乗ればわかるよ!!」
と何度となく言われ続けてきました。

小林さんが、最高の完成度と自負する出来はどんなものか・・・

まずは、装着状態の画像をお楽しみください。

DSC06456.jpg

DSC06458.jpg

DSC06457.jpg

DSC06459.jpg



エキパイ径は42.7mmです。
ノーマルの750ccエンジンにそんな太いエキパイをつけたら、下はスカスカで中間の谷も出て、とても乗れたものじゃないのではないか・・・私もそう思っていたのですが・・・

まず、アイドリングでは、ノーマルマフラーと変わらないほどの静かさです。
これなら、深夜や早朝にエンジンを始動させることにためらいを憶えることもないはずです。
そこで軽くスナッチしてレーシングすると、ジェントルながらも「フォンフォン」という乾いた集合管サウンドを響かせます。

アイドリングのままクラッチミートしても、そのままスルスルと走り出すことができる上、そこからスロットルをワイドオープンしながらシフトアップしていくと、谷を感じることのないままに10,500rpmのレブリミットまで一気に駆け上がります。
ここまで消音しているにもかかわらず、フン詰まり感につながるような重ったるさを感じることはありません。

750ccノーマルエンジンの絶対的な出力はたかが知れていますので、気負うことなく全開にすることができるのですが、エキサイティングな加速フィーリングは気持ちいいものです。

今度は、常識的にハーフスロットルでつないでみます。
まず感じるのは、エンブレが弱くスムーズなことです。
そして、開けたときのツキも柔らかくて太いものですので、とにかくギクシャクしない・・・
これは乗りやすさや疲れにくさに直結するものですね。

私は、長いこと強制開閉レーシングキャブレターを自分でセッティングして使用してきました。
そういう私がノーマルの負圧キャブレターマシンに乗ると、開けた直後においてトルクの薄さを感じるのが常です。
交差点を小さく曲がった直後にトラクションを得ようとスロットルを開けても、思ったようなトルクが呼び出せない・・・
そんなジレンマを、このマシンでは感じることがなかった・・・いや、セッティングを煮詰めた強制開閉キャブほどではないにしても、少なくても痛痒を感じるまでのものではなかったのです。

なんとかアラを探してみようと、色々なギアで色々なスロットルワークを試してみましたが、不満らしい不満を感じることはありませんでした。
常にスムーズでキメの細かいツキ具合を保ってくれるだけではなく、750ccのノーマルエンジンとは思えないほどのトルク感を得ることができます。

この日は、私も含めて4名の変態おやぢがこのマシンに試乗しましたが、これらの印象については、皆が一致していたところです。
つまり、これが事実ということ・・・


小林さんが言っていたのは、つまりこういうことだったのですね。
ゼファー750に乗っていたなら、このマフラーを装着しない手はありません。
音は静かです。
触媒も装着されていますので、車検時の心配も無用です。
見た目はご覧のとおり、エキパイから集合部、テールパイプまでが極太で迫力満点です。
スチールに黒塗装といえば、サビの発生が懸念されるところですが、カドワキコーティングによる特殊耐熱塗装により、いつまでもきれいな状態を維持します。
そして、走れば快感・・・・
さらに、チューニングされたエンジンであっても、そのパフォーマンスを担保するための仕様変更は容易です。


私は、この日の試乗によって、自分のGS1000への導入を本気で決意しました。
このジェントルかつスムーズ、トルクフルなフィーリングこそ、これまでに私がキャブセッティングやクランクケース減圧、点火系の強化など、様々なチューニングを施してきた目的そのものです。
そういう意味で、私の求める方向性と同じものと感じました。
実際に装着してどうなるのか、それはやってみなくてはわかりませんが、良いフィーリングを得ることができそうな、確信にも近い予感を感じているところです。




男なら、心のどこかでは、じゃじゃ馬娘に乗ってみたいと思うもの・・・しかし、現実を見ると、なかなかそうも行かないところである。
やはり、良妻賢母でなければ、様々な意味で困る・・・
そう考えるから、遊びを卒業した、いや、卒業せざるを得なくなった分別あるオトナは、実を重んじて堅実な選択をするのであるが、それでも心の奥底にはじゃじゃ馬娘への憧憬を持ち続けているものである。
それが、人によっては、時としてあらぬ方向へのプチ暴走の誘因となったりするのかも知れないけれど・・・

できることなら、その両面を兼ね備えたものを得たいと願うのであるが、それもまた難しい・・・


私は、NGCエキゾーストをポンと装着しただけのゼファー750に乗り、それが実現したことを実感した。
製作者の小林さんが、
「とにかくこのゼファー750に乗ってみてよ!!気持ちいいから!!」
と力説するのは、つまりそういうことだったのである。

ホントのじゃじゃ馬娘では困るけど、じゃじゃ馬フィーリングは味わいたい・・・
それが実現しますよと、まあ、そういうことです・・・



NGCエキゾーストシステムについて関心をお持ちであれば、どうぞご遠慮なく私宛にメールをください。
大量生産のマスプロダクト製品ではありません。1本ずつ小林さんが手作りをしますので、基本的には注文しなければ手にすることはできないのです。

mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



まめしばスペシャルパーツについては、この記事にまとめてありますので、どうぞご覧になってください。
いずれも、マスプロダクトでは実現し得ない、驚くほどの効果を発揮するものばかりです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、強化フロントアクスルキット
4、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
5、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
6、CRキャブレター用ショートスピゴット
7、カワサキZ用シフトフォークボルト

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。


CRキャブレター用オーバーサイズNJの予約受付を開始いたしました。
現時点にて、すでに初回ロット分がバックオーダー状態です。
デリバリーは予約をいただいた順番に行いますので、必要な方はお早めの確保をお願いいたします。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-872.html



四輪用との回路統合により、V-UP16バイク用が2月1日から値上げとなりました。
バイク用としての機能に変更はありません。
旧価格 1個 24,150円
新価格 1個 25,200円

「効く効くって言うけど、実際のトコロはどうなのよ?」なんて半信半疑になるのが普通ですよね・・・
でも、このインプレ集をお読みいただければ、きっと貴方も・・・
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-763.html



大好評デリバリー中のMノズルですが、数値上でも確実な効果裏づけを得ることができました・・・これは体感効果だけではなく、確実に速さにもつながるものということです。

あの、
ブルーサンダースさん
http://www.blue-thunders.com/
をはじめ、複数のカスタムショップさんが取り扱いをしてくださるようになりました。
多くのユーザーさんから、一様に驚きのインプレが寄せられています。これは必読です!!
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-834.html

Mノズルの在庫は確保しておりますので、入用の方は、どうぞご遠慮なくメールをください。
セッティングアドバイスを含めてご案内いたします。


カワサキZの持病とも言える、4速ギア抜けを解決すべく、すでに欠品パーツとなってしまったシフトフォークボルトを製作し、デリバリーを開始しました。
対応するカワサキ純正部品としての部品番号は、
92043-016
ですが、これは、マッハ系2ストロークトリプルエンジンとも共通部品となっているものです。
つまり、マッハにも使えるということです。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-865.html
なんと、あの「NEさん」が、自社のオンラインショッピングの商品として採用して下さることとなりました。
いやぁ、ど~しましょ・・・大変なことです・・・

http://blog.livedoor.jp/inspireart/archives/51742692.html

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ホンダCB650のシリンダーヘッドオーバーホールを実施中です。新たな課題、ゴクロウサンということで、今日もポチッとお願いします!!!!



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト



Comment

Re: 実物みたら無理ですよね… 

う~ん、やっぱり鉄がいいと思うんですが・・・
近日中にGS1000Sの装着テストをしますので、楽しみにしていてくださいね!!

> お世話になってます。
> ヒストリーですでにやられてますよ。
> 小林さんのメール見てほぼ購入を決めちゃいますよ。
> そしてそれが本物であると。
> その上GS1000でのインプレが知れる。
> 至れり尽くせりですね。
> あっ、鉄とチタンで決められない…

NoTitle 

あっ、鉄とチタンで決められない…

鉄  です!!
  • posted by fennec_kun 
  • URL 
  • 2011.03/30 12:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

実物みたら無理ですよね… 

お世話になってます。
ヒストリーですでにやられてますよ。
小林さんのメール見てほぼ購入を決めちゃいますよ。
そしてそれが本物であると。
その上GS1000でのインプレが知れる。
至れり尽くせりですね。
あっ、鉄とチタンで決められない…
  • posted by PLANB 
  • URL 
  • 2011.03/30 01:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。
また、オートバイを構成する各部について、その原理や法則に及びつつ、実践的なノウハウも盛り込んでおりますので、参考にしていただければ幸いです。

ファクトリーまめしばの営業について、特段に定休日や営業時間を設けておりませんが、一人で切り盛りしておりますので、おいでになる際には、あらかじめのご連絡をいただければと思います。

〒250-0852
神奈川県小田原市栢山2925-3
株式会社ファクトリーまめしば
Tel:090-3342-1234
FAX:0465-46-7041
Mail:mameshiba198@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ