Entries

CB650のシリンダーヘッドオーバーホール その7(カムカバーとロッカーアームの分解)+つぶやき・・・

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ホンダCB650のシリンダーヘッドオーバーホールを実施中です。新たな課題、ゴクロウサンということで、今日もポチッとお願いします!!!


・NGCエキゾーストシステムの取り扱いをさせていただくこととなりました。
現時点でのラインアップは、
・Z1・Z2
・Z1000MK2・Z1R
・ゼファー750
・GS1000
・GS750
ですが、Z1000J、GSX1100S刃他についても、現在開発中です。
お問い合わせはメールにてお願いいたします。
その際は、
・郵便番号
・ご住所
・お名前
・お電話番号
・マシン名
・吸排気系を含むエンジン仕様の概要
・タンデムフレームカットの有無
などについてご回答をお願いいたします。
価格については、
スチール製 138,000円
チタン製  266,000円
となります。
小林さんが一本ずつを手作りします。大量生産ができるようなものではありません。よって、ご注文からある程度の期間をいただくことがありますので、その点についてはご了承ください。
まあ、受注生産みたいなものです・・・
ということは、注文しないと入手することができないということです。
これまでにまとめた記事はこちらです。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-32.html



私がデリバリーする各部品やモディファイについてまとめた記事はこちらです。いずれも変態ならではの驚くべき効果を発揮するものばかりですので、ぜひご覧になってください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



現在、CB650シリンダーヘッドのオーバーホールに取り組んでいるところですが、これまでの作業経過については、
「CB650のシリンダーヘッドオーバーホール」
なんて題名をつけて、別にカテゴリー分けをしてみましたので、どうぞご覧になってください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-33.html


エンジンのオーバーホール作業をするにあたって重要かつ手間のかかる作業・・・それは、洗浄と部品の整理です。
ほとんどの手間はこれに集約されるといっても過言ではありません。

エンジン内部の各部品を分解する作業そのものはさほどの手間ではありませんし、スキ者にとっては楽しいと感じる作業でもありますので、段取りをせずに手を付けると、どんどん分解していってしまいがちです。
でも、ちょっと待ってください。
エンジン内部の各部品には、それぞれ「アタリ」というものがついていますので、もとあった場所に組み付けるというのが原則となります。まあ、全てのケースにおいてというわけではありませんが・・・

つまり、分解しながら整理しなくてはならないということです。
そのためには段取りが必要なのですね。

昨晩、カムカバーとロッカーアーム周りの分解と洗浄を行いましたので、その経過についてご報告します。

CB650のカムカバー、こんなものです。

DSC06340.jpg



このカムカバーには、吸気4本、排気4本の合計8本のロッカーアームが装着されています。
まあ、OHCエンジンでは極めて一般的な構造ですね・・・でも、実はここに驚くべき秘密?が隠されているのですが・・・

この8本のロッカーアームと、それらをカムカバーに固定するための4本のロッカーシャフトは、それぞれ共通部品ですので、組み付けるだけということならば、どういう組み合わせでもかまわないのです。
しかし、それらは相互にアタリ、馴染みとも言いますね・・・そういう関係が出来上がっていますので、きちんともとの場所に戻すことが望ましいというわけです。

一見して見分けがつかない複数の部品を元通りにするためには、そのための整理が必要というわけですので、このようにします。

DSC06341.jpg



やり方はどうでもいいのです。
ただ、こうするためには、あらかじめ、どんな整理方法を取るのかを決めたうえで、そのためのビニール袋やタグなどを準備しておかなくてはならないということです。

ですので、もし、あなたが初めてのエンジンを分解しようとするならば、あらかじめパーツリストやサービスマニュアルなどによって、どこにどんな部品が存在し、それをどのように分類整理するべきかを把握しておかなくてはなりません。


分解と整理が終わったら、今度は洗浄です。
しかし、慌てて洗い始めてはいけません。
オイルやカーボンの付着状態や異物の有無などは、トラブルシューティングをするうえで重要な材料となりますので、洗浄前に十分に観察することが必要です。

DSC06342.jpg



愛用のメタルクリーンαにしばらく漬け置きし、その後は各種のブラシなどを使ってきれいにします。
このメタルクリーンαですが、必要にして十分な洗浄力を持つうえ、塗装に対する影響もほとんどありませんので、とても使いやすいものです。


先日のシリンダーヘッドと同様に、このあとは一緒に入浴し・・・
乾燥させたあとには、各部のバリ取りをします。
まあ、これもやらなかったからどうなるということでもないのですが、やはりやりたくなるものですよね・・・
そして、その効果とは別に、この作業をするということは、細部をつぶさに観察するということにつながりますので、新たな発見につながるということにもなります。

DSC06343.jpg


DSC06344.jpg



エンジンオーバーホールなんて、そのほとんどはこんな地味な作業の繰り返しなのですね・・・
自分のものを趣味としてやるならいいですが、仕事としてやるとなると、それはそれは大変なことと思うのです。




ちょっと散文的になりますが、思うところを綴ってみることにします。
まとまりがない内容であることについてはご容赦ください。


我が国は大きな試練を迎えているところです。
そしてそのことは、現時点において直面している各種の課題を解決したからといって終わるわけではありません。
火災に例えれば、現在は、燃え盛っている家屋に必至に放水して延焼を抑えているという段階にあたります。燃え盛っている火は命をかけても消し止めなくてはなりません。
しかし、火災の後始末は、鎮火したあとが本番であることを忘れてはなりません。
焼失した家屋は、また建て直さなくてはならないのです。
そして、火災の教訓を反映しつつ、今度はどのような家屋を建て、それをどのように維持していくのか、その過程の全てが復興ということです。

今回の震災において、復興のためのコスト負担は、主に税金によって行われます。
それは、全ての国民が長期間にわたって負担しなくてはならないのです。
すなわち、国民のひとりひとりが、それぞれの立場で生業に精励し、それによって広く浅く支えるというのが、長期間にわたる復興支援の柱となるのです。

直接に被災した方々に当面の具体的支援や励ましのエールを送ること、命を失った方々に哀悼の意を表すること、それは重要なことです。
しかし、国民の全体がそればかりに捉われ、必要以上の自粛や緊縮に走ったとしたら、それこそ復興の足を引っ張る結果にもなるということを忘れてはならないと思うのです。

幸いなことに、これまでどおりに普通に生活できる人はそのまま通常の消費活動や生産活動を維持すべきです。
開催可能なイベントやその他の活動は、そのまま催行すべきです。
ただそこに、然るべき思いやりと相応の気遣いがあれば良いのです。


思い起こせば、私の少年時代、日本は経済大国などではありませんでした。
若い世代の方々には実感できないことかもしれませんが、当時の国民は、そういう意識は持っていなかったのです。
クラスメートで自宅に自家用車のある者はごくわずかでした。
自宅に電話がなく、連絡網に、近所の家の電話番号が「呼び出し」として記載されているのは普通のことでした。
自宅に浴室がないのは珍しいことではありませんでしたので、皆は銭湯に行きました。
「三助」って知ってますか?


我々の親世代は、そういった二流国家から何とかして脱却すべく、そして、少しでも豊かな生活を得るべく、それこそ馬車馬のように働いたのです。
そのような背景によって実現した戦後の高度成長の結果、我々は豊かな生活と自由を得ました。
しかし、いつしかそれを当然の権利であるかのように錯覚し、バブル崩壊以後、日本全体が迷走の時代を迎えました。
これは、豊かになったことで力のベクトルが分散した結果に他なりません。

石原都知事の
「津波をうまく利用して『我欲』を一回洗い落とす必要がある。やっぱり天罰だと思う」
との発言が物議を醸したようですが、表現方法や時期に関する適否はさておき、私はまさにそのとおりと感じています。
私の生業世界でもそういった捉え方が主流となっていますので、一部を除く、いわゆるサイレントマジョリティーとでも言うべき層は同じ認識を持っているのではないかと想像します。
今回の震災に、国民全てのベクトルを集中させるまでの力はないのかもしれませんが、これをひとつの契機として、社会全体にそういった意識付けをすることが、日本という国家を近年の迷走から軌道修正するために必要になるのではないか・・・もし、そうなったとしたら、無念の被災死を余儀なくされた方々も浮かばれるのではないかと、そう思うのです。



我が家の子供達は、テレビに映し出された自衛隊や消防、警察などの活動に歓声をもって声援を送っています。
この大きな試練にあたり、社会の大人たちがどのように立ち向かうのか、その様を子供達のまぶたに焼きつかせてやりたいと思います。
将来の日本を造りあげて行く世代を育てるのは、現在の社会を生きる我々大人たちに他なりません。



他人の行為や結果について、第三者が批判するのは容易です。
しかし、批判するに終わったならば、それは単なる無責任な野次馬に過ぎないのです。
マスコミや風説によって伝えられたその行為そのものは、もしかすると好ましくないものに映るかもしれません。
結果だけを見れば、芳しくないものであるかもしれません。
しかし、その背景やプロセスについて、仮に知る由のないものであったとしても、そういったものがあった上でのことであることの類推を含めた批判言動でなければ、それは自らの思慮浅薄を露呈するだけのことで、一切の説得力を持たないのです。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



まめしばスペシャルパーツについては、この記事にまとめてありますので、どうぞご覧になってください。
いずれも、マスプロダクトでは実現し得ない、驚くほどの効果を発揮するものばかりです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、強化フロントアクスルキット
4、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
5、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
6、CRキャブレター用ショートスピゴット
7、カワサキZ用シフトフォークボルト

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。


CRキャブレター用オーバーサイズNJの予約受付を開始いたしました。
現時点にて、すでに初回ロット分がバックオーダー状態です。
デリバリーは予約をいただいた順番に行いますので、必要な方はお早めの確保をお願いいたします。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-872.html



四輪用との回路統合により、V-UP16バイク用が2月1日から値上げとなりました。
バイク用としての機能に変更はありません。
旧価格 1個 24,150円
新価格 1個 25,200円

「効く効くって言うけど、実際のトコロはどうなのよ?」なんて半信半疑になるのが普通ですよね・・・
でも、このインプレ集をお読みいただければ、きっと貴方も・・・
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-763.html



大好評デリバリー中のMノズルですが、数値上でも確実な効果裏づけを得ることができました・・・これは体感効果だけではなく、確実に速さにもつながるものということです。

あの、
ブルーサンダースさん
http://www.blue-thunders.com/
をはじめ、複数のカスタムショップさんが取り扱いをしてくださるようになりました。
多くのユーザーさんから、一様に驚きのインプレが寄せられています。これは必読です!!
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-834.html

Mノズルの在庫は確保しておりますので、入用の方は、どうぞご遠慮なくメールをください。
セッティングアドバイスを含めてご案内いたします。


カワサキZの持病とも言える、4速ギア抜けを解決すべく、すでに欠品パーツとなってしまったシフトフォークボルトを製作し、デリバリーを開始しました。
対応するカワサキ純正部品としての部品番号は、
92043-016
ですが、これは、マッハ系2ストロークトリプルエンジンとも共通部品となっているものです。
つまり、マッハにも使えるということです。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-865.html
なんと、あの「NEさん」が、自社のオンラインショッピングの商品として採用して下さることとなりました。
いやぁ、ど~しましょ・・・大変なことです・・・

http://blog.livedoor.jp/inspireart/archives/51742692.html

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ホンダCB650のシリンダーヘッドオーバーホールを実施中です。新たな課題、ゴクロウサンということで、今日もポチッとお願いします!!!!



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ