Entries

クランクケース内の減圧(レデューサー・次なる実験)

にほんブログ村 バイク カスタム・整備(クリックはココ)
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
皆様、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

CRキャブレターのスロットルフィーリングを劇的に改善することができるPEEK製スロットルバルブ等のデリバリーを開始いたしました。詳しい内容はこちらをご覧下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://blogs.yahoo.co.jp/mameshiba198/22847931.html





お問い合わせは、ゲストブックに内緒チェックを入れてご連絡ください。若しくは
mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)
までメールをお送りください。その際に、お名前、電話番号、メールアドレス等の連絡先も併せて記載をお願いいたします。折り返し、全てに関する価格表をご連絡いたします。まだしばらくの間は受け付けておりますが、状況によりましては期限を設けざるを得なくなるかもしれませんので、必要な方はお早めにご連絡ください。


先日に装着し、その絶大なパフォーマンスに驚かされた、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」ですが、その詳細な検証記事はこちらにまとめてありますので、どうぞご覧ください。
http://blogs.yahoo.co.jp/mameshiba198/folder/1024799.html

この部品は、マエカワエンジニアリングが開発販売するものですが、同種のデバイスとして先行した樹脂製ピストンバルブ型のものを凌駕すべく開発されたものとお聞きしました。
先行した革新的作品が、その効果の高さによって世に浸透し、揺るがぬ評価を得たとしても、それは多くの人によって分析検証されることによって、いずれはそれを凌ぐ後発品の出現を招く・・・・
この繰り返しによって技術の進歩を重ねていくというのは、極めて普遍的な流れということです。


私、このクランクケースの減圧効果には非常に関心があります。
絶対的なパフォーマンスの向上はもとより、スムーズで上質感を感じるという体感性能の高さに惹かれるのです。
また、私がCRを始めとする複数のキャブレターにおいてセッティングを煮詰めるのも、目的は同様です。
ただ単に、パワフルに下から上まで吹けるというだけでは到底満足することができないのです。
開けた瞬間のツキ具合や閉じたときのエンブレのかかりかたなどのコントロール性や快感度が高くなければ、それは私にとっては満足できないものです。

この、クランクケース内を減圧することによって得られる効果の多くは、こういった部分です。
たとえば、スロットルを、「閉~止~開」と操作をすれば、「減速~定速~加速」と反応します。これは、どんなマシンであっても違いはありませんが、このそれぞれのつながりと落ち着きの過渡のニュアンスが重要です。
ここで、全く継ぎ目を感じることがなく、かつスロットル操作にリニアに反応してくれるマシンというのは、ほんとうに気持ちいいものなのですね。
これを実現するためには、キャブセッティングだけでは不可能です。
スムーズな操作系や駆動系の状態はもちろんのこと、点火系や排気系のセッティングも重要になります。
そして、クランクケース内の減圧が、極めて有効なのですね。
その寄与率は非常に大きなものですし、さらにもっと大きな可能性を秘めているのではないかと考えています。

この種の減圧バルブに求められる特性について考えてみます。
まず、ごくわずかな圧力(正圧)にも敏感に反応して素早く開き、負圧になった瞬間に速やかに閉じるという、機敏なレスポンスがひとつ。
そして、大きな波が押し寄せてきても、これを瞬時に処理できるだけの流量の確保がひとつ。
この、ふたつの要素を充足することが必要なのではないか。そして、この点において、レデューサーは樹脂製ピストンバルブ型を確実に凌駕しているということと感じます。
構造からしてもそうですね・・・・


ということで、調子に乗って、こんなものを入手することになりました。
先日に装着したレデューサーはリードバルブが1枚のシングルリード仕様でしたが・・・・





ご覧のとおり、これはリードバルブを2枚としたツインリード仕様です。









シングルリード仕様と比較して、レスポンスに勝るということはないでしょうが、絶対的な流量はほぼ倍です。
これが、実際の体感フィーリングの差となって表れるのかどうか、それは比較テストをしてみないとわかりませんね。





しかし、私がこのふたつ目のレデューサーを入手した本当の目的は、交換して比較するというものではありません。
ちょっと違うテストをしてみたいと思っています。
私は、さらに格段の違いが表れるはずと目論んでいるのですが・・・・



まめしばの新しい挑戦に、どうぞ応援クリックをお忘れなく、よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 バイク カスタム・整備(クリックはココ)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
7位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ