Entries

CB650カスタム用CRキャブレターを組み上げました

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
GAS ON!!!貴方の応援クリックで、まめしばに元気をください!!!忘れないでネ!!!


2月から3月にかけて、まめしば強化フロントアクスルキットの製作とデリバリーを行います。
今回は、新たに、ホンダCB系マシン用を開発しましたので、これのデリバリーも含みます。
すでに開発済みの、Z系用とGS/GSX系用については、多数のバックオーダーをいただいているところですが、完成まで今しばらくお待ちください。
この3種についての予約受付期間は、2月20日までとなりますので、必要の方はお早めのご予約をお願いいたします。
詳細は、こちらをご覧ください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-869.html


CRキャブレター用オーバーサイズNJの予約受付を開始いたしました。
現時点にて、すでに初回ロット分がバックオーダー状態です。
デリバリーは予約をいただいた順番に行いますので、必要な方はお早めの確保をお願いいたします。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-872.html


私がデリバリーする各部品やモディファイについてまとめた記事はこちらです。いずれも変態ならではの驚くべき効果を発揮するものばかりですので、ぜひご覧になってください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



依頼されたCRキャブレター関連作業のついでに、自分用のCR26を組み立てました。
そう、新しい愛人である、ホンダCB650カスタムに装着するためのものです。

ベースは、中古品として入手した、ホンダCBX400F用のCR26です。
入手時の外観はけっこう汚れていたところですが、走行距離と期間は短いものとの見立てどおり、ほとんど使われていなかったようです。
どうも、まともにセッティングすることができずに、早々に取り外されたもののようですね。
まあ、いい買い物をしたというわけです。

とりあえずの仕様は、下記のとおりです。
・PEEK製リンクロッド
・ボディー内壁及びスロットルバルブへのWPC+Mos2処理
・高精度連結ステー
・低レートサブリターンスプリング
・スターターキャンセル
・クロモリボルト
・Mノズルショートタイプ
・オーバーサイズNJ
・リモートアイドリングアジャスター

まあ、まめしばCR-Mの中でも、極めてベーシックかつリーズナブルな仕様ですね。
そして今回、新しく試してみることにしたのが、スロットルバルブへのWPC+Mos2処理です。
これがどの程度の効果を発揮するのか、まずは私自身がテストしてみることとしたのです。


これは、WPC+Mos2処理後の洗浄を終え、乾燥中のものです。
このWPC+Mos2処理を行うにあたって最も重要かつ手間がかかるのが、処理前と処理後の洗浄とマスキング作業です。
水溶性の洗浄液や必要に応じて有機溶剤系のクリーナーを使い、念入りに洗浄します。
また、キャブレターの通路というのは、極めて複雑な迷路状になっている上、行き止まり穴も多数ありますので、このようなところの奥にWPCメディアが侵入すれば、いくら洗浄しても取りきれるものではないのです。
このような残留メディアがエンジンに吸入されたら・・・まあ、想像したくない事態ですよね。
ですので、念入りにマスキングを施し、内部にWPCメディアが侵入することにないようにしておかなくてはなりません。

まあ、これは、エンジン部品へのサンドブラスト時なども同様のことですが・・・
どうせ処理後に洗浄するんだから・・・なんていう考えは甘い・・・

DSC05977.jpg



WPC+Mos2処理後のボディー内壁はこのような風合いになります。
フリクション低減はもちろんのこと、耐摩耗性も飛躍的に向上します。

DSC05978.jpg

DSC05979.jpg



これが新しく試みることにした、スロットルバルブへのWPC+Mos2処理です。
クロームメッキの上から処理しているのですが、ちょっとマットな風合いになっているのがおわかりでしょうか?
どの程度の効果があるのか、それは走らせてみないとわかりませんが、期待は大です。

DSC05980.jpg



ボディーに組み付けるとこのような感じになります。

DSC05983.jpg



これはおなじみ、PEEK製リンクロッドです。
CRキャブレターのリンク部分には、相当のフリクションが存在するのですが、これを使用することで、劇的に軽減することができます。
ここのフリクション低減は、リンクによって円弧状に引き上げられるスロットルバルブの側圧を軽減するという効果がありますので、これと相まって、相当のフィーリングアップを実現するというものです。

DSC05985.jpg



当然のようにMノズルを装着しますが、とりあえずの選択はショートタイプです。
この効果・・・・全てのCRキャブレターに装着して欲しいものですね。

DSC05987.jpg



ちょっと脱線しますが、ベーシックな調整も極めて重要です。
スロットルバルブの目視同調もそうですが、意外とおろそかにされがちなのが油面調整です。
規定値は、14mm±1mmですが、私は15mmジャストに合わせるのが好みです。
規定値の範囲内で低めということですが、その理由は下記のとおりです。
CRキャブレターにおいて、減速から停止した直後にアイドリングが不安定になってエンストするという症状に悩まされている方は少なくないようですが、これは、油面が減速Gで傾き、フロートチャンバー内前部の油面が高くなります。
CRキャブレターでは、SJがここに配置されている上、SJとスローポートがダイレクトに接続されていますので、この状態で一時的にひどく濃くなるのです。
それによって、かぶってしまってエンストするのですね。
CRキャブレターの構造上、この問題を根本的に解決することはできませんが、油面を低めにすることで緩和することができるというわけです。

DSC06000.jpg



これも効果的な部品、高精度連結ステーです。
日頃ストックしているのは、ピッチ「75-96-75」という、カワサキZやスズキGS/GSX用のものなのですが、これはCB-FOUR系の「75.5-81-75.5」というものです。
以前に特注オーダーをいただいて少量のみ製作したうちの、最後の1セットということになります。
まあ、自分で使うことになるとは思ってもいなかったものですが・・・

DSC06007.jpg



さて、CB650カスタム用まめしばCR-M26の完成です。
入手時にカーボンやスラッジにまみれていたとは思えないほどにきれいに仕上がりました。

DSC06002.jpg

DSC06003.jpg

DSC06004.jpg

DSC06005.jpg




さて、いくらまめしばCR-Mキャブレターといえども、セッティングを煮詰めてはじめて機能するものです。
そして、ただ下から上までスムーズに吹け上がるというだけではなく、CB650カスタムのスタンダードマシンというキャラクターにマッチしたセットをしなくてはなりませんね。
知らない人がパッと乗ったときでも、CRキャブレターそのものの存在を意識させることのないような、つまり、マシン全体としっくりバランスしたようなセットアップをしなくてはならないということです。
何気なくクラッチをつないでもスルスルとスムーズに力強く発進し、その後のスロットルワークにおいても、どんな開け閉めをしても違和感なくレスポンスするもの・・・さらには、大きく開ければ、CRならではのパワフルなフィーリングが得られる・・・
まあ、やってみましょうか・・・



CB-FOUR系ピッチの高精度連結ステーについて、オーダーをいただいた分のみを製作することとします。
実は、Z系用のストック分がなくなったことで、追加製作することとしたのですが、そのついでに作るものです。
そもそも需要数が限られていますので、在庫分を製作することはしませんし、次回の製作もお約束はできないものです。
ちょっと製作スケジュールがおしてきていますので、入用の方は至急のご予約をお願いいたします。
価格は2本で8,000円となります。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



まめしばスペシャルパーツについては、この記事にまとめてありますので、どうぞご覧になってください。
いずれも、マスプロダクトでは実現し得ない、驚くほどの効果を発揮するものばかりです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、強化フロントアクスルキット
4、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
5、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
6、CRキャブレター用ショートスピゴット
7、カワサキZ用シフトフォークボルト

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。



四輪用との回路統合により、V-UP16バイク用が2月1日から値上げとなりました。
バイク用としての機能に変更はありません。
旧価格 1個 24,150円
新価格 1個 25,200円

「効く効くって言うけど、実際のトコロはどうなのよ?」なんて半信半疑になるのが普通ですよね・・・
でも、このインプレ集をお読みいただければ、きっと貴方も・・・
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-763.html



大好評デリバリー中のMノズルですが、数値上でも確実な効果裏づけを得ることができました・・・これは体感効果だけではなく、確実に速さにもつながるものということです。

あの、
ブルーサンダースさん
http://www.blue-thunders.com/
をはじめ、複数のカスタムショップさんが取り扱いをしてくださるようになりました。
多くのユーザーさんから、一様に驚きのインプレが寄せられています。これは必読です!!
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-834.html

Mノズルの在庫は確保しておりますので、入用の方は、どうぞご遠慮なくメールをください。
セッティングアドバイスを含めてご案内いたします。


カワサキZの持病とも言える、4速ギア抜けを解決すべく、すでに欠品パーツとなってしまったシフトフォークボルトを製作し、デリバリーを開始しました。
対応するカワサキ純正部品としての部品番号は、
92043-016
ですが、これは、マッハ系2ストロークトリプルエンジンとも共通部品となっているものです。
つまり、マッハにも使えるということです。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-865.html
なんと、あの「NEさん」が、自社のオンラインショッピングの商品として採用して下さることとなりました。
いやぁ、ど~しましょ・・・大変なことです・・・

http://blog.livedoor.jp/inspireart/archives/51742692.html

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
GAS ON!!!貴方の応援クリックで、まめしばに元気をください!!!忘れないでネ!!!



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
3位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ