Entries

伝説の降臨(ポップ吉村直伝の技)ストレイガNGCマフラー「小林管」

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
GAS ON!!!貴方の応援クリックで、まめしばに元気をください!!!忘れないでネ!!!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



頭の芯からシビレルような集合管サウンド・・・いや、「集合管のオト」
あまりに使い古された表現かもしれない・・・しかし、バイク乗りとして、その魅力に抗うことは難しい・・・

その起源については諸説あるところだが、かのポップ吉村が、ホンダCB750FOUR用として製作したのが全ての始まりというのもひとつの事実であろう。
それをもって、世界中のライダーが集合管の魅力を知ることとなったのだから・・・
当時のポップが、集合させることによる充填効率の向上云々というような理論的裏づけを持って製作したかどうか、そんな議論をすることに意味はない。

とにかく、内燃機関の叫びとでも言うべき「オト」と、手曲げによって製作されたエキパイの持つなまめかしいスタイルに、世界中のライダーが夢中になった・・・それが本質である。

現代において、それは別段に珍しくもないものになってしまったけれど、少なくとも私の年代にとっての「集合管」は、特別の存在である。
そして、集合管といえば、それは「ヨシムラ」なのである。

遠い少年時代、そもそも並列4気筒エンジンを搭載したマシン自体が特別な存在であった。
街中で見かけようものなら、全力で自転車のペダルを踏んで追いかけたものである。
ましてや、それに「集合管」なんてものが装着されていようものなら、もう体が震えるほどの感動を覚えたのである。
そして、それは「ヨシムラ」・・・

鉄のパイプに相模川の砂を詰め、両側には木材を叩き込んで栓をし、それをガスバーナーで炙りながら全身の力を込めて曲げる・・・
にもかかわらず、4本のパイプは寸分の狂いもなくひとつにまとめられ、そしてそれは、ふたつとして同じものではない・・・

ハンドメイド・・・職人技・・・ゴッドハンド・・・ポップ吉村・・・

我々の世代にとっての集合管とは、そういうものである。

当時のヨシムラにおいて、ポップの技を直伝された愛弟子がいる。
小林さんである。
ヨシムラから独立するとき、ポップから愛用のガスバーナーを譲り受けた・・・・

その後、ヨシムラを初め、数々の有名コンストラクターやメーカーからマフラーの製作を請負い、今日に至るのであるが、その間、小林さん個人の名前が表舞台に出ることはなかった。
しかし、そのマフラーは、飛び切りのパフォーマンスとクオリティーを持つものとして支持を受け続けている。
サイレンサーエンブレムにはそれぞれのコンストラクターのネームが貼られているが、その造りを見れば、小林さんの手になるものであることがすぐにわかるのである。
そして、いつしかそのマフラーは、
「小林管」
と呼ばれるようになった。


小林さんも、もう若くはない。
あと、何年マフラーを作ることができるのか・・・

どういう心境の変化なのか、外部の私には知る由もないが、小林さんは私にこう言ったのである。

「まめしばさん、私も一度は表舞台に出てみようかと思ったんです・・・」

そして生まれたのが、ニュージェネレーションクラシック、NGCマフラーである。
ただの懐古趣味ではない。
当時モノの復刻版として作りたかったわけでもない。
バイクのマフラーとしての魅力とはどういうものかというテーマを自らに問い直した。

エキゾーストシステムのパフォーマンスを追求するための手法については熟知し尽くしている。
表現したかったものは、当時という時代そのものが持っていた情熱、空気、温度・・・そういうものではなかったのか・・・そしてそれは色褪せることなく、現代における魅力として輝きを放つ・・・つまりそれは、集合管としての普遍的魅力の追求である・・・小林さんから、様々なお話をお聞きしながら、私はそう感じたのである。


先日私は、厚木市某所にある小林さんのファクトリー、「ストレイガ」にお邪魔し、製作現場をつぶさに拝見してきたところである。
その現場を画像などでご紹介するより前に、私は、文章だけで表現してみたかった。
この製作現場やNGCマフラーのシルエットについては、すでに複数の方々がブログ記事等で紹介しているところなので、キーワード検索をしていただければ容易に見ることができる。


以下は、小林さんから私に送られてきたメールの全文である。
半生をマフラー作りに打ち込んだ一流の職人、いや、技術者が、何を始めたいと思ったのか、それを読み取っていただければ幸いである。





『ヨシムラの当時物持っているんですが、同じの作ってもらえますか?』
『ボンネビル(GSX‐R)、リバイバルしないのですか?』

個人又は業者様から年に数度は頂く問い合わせである。
私はコピー屋でもないしリバイバル屋でもない。まして今でもヨシムラの量産品の一部の仕事を頂いているのにそのような仕事をする立場にはない。が、『鉄のショート管』の問い合わせが未だにあるのも事実・・・

2010年正月、あるジャーナリストとお会いしたとき、ヨシムラが8耐に初めて優勝した頃からの話題で盛り上がった。
78年と80年優勝の頃のヨシムラの様子もよくご存知の方だったのだが、私の発した
「あの頃はパイプ、手巻きでね~~」
との一言が会話を変えた。あの頃のヨシムラのマフラーのパイプは、板を丸めて作ったものとは知らなかったのである!知らない?ことに私もビックリ!
おやじさんが亡くなって15年・・・ヨシムラ集合マフラーの創世期、AMAで活躍し始めた頃の原点に立ち戻ってみようか!と思い立った。

『集合マフラー!』その性能と今までにはない音色でセンセーショナルにデビュー、AMAで大躍進し始めた頃のマフラーは、まだサイレンサーもなく、いわゆる直管!しかしそれはショート管と呼ばれる一連の「商品」よりも、テールパイプはずっと太く、けっこう長い。
新しいマフラーの構想をヨシムラ社長の不二雄氏に相談、「シリーズ7か!(USヨシムラ)」と問われたが、
「今まで商品として無かったような、当時を彷彿とさせる作を目指したい」
と答えた。

私がヨシムラで働き始めたのは82年5月、レース車両はGSからGSXに移行していたが、スズキ本社の世界耐久用や富士で走っていたヨシムラのクラブ員等、まだまだGS1000は現役だった。
私が最初に手掛けたマフラーはGSX400E(2気筒)だが、テーパーのテールパイプは当然としても、エキパイに使うパイプも1mmのボンテ合板(鉄)を切って丸めたパイプだった。
それはGS、刀(GSX)、にも使われていた。

通称「手巻きパイプ」
板から切り出し丸めて溶接、芯金入れてハンマーで叩いて丸出し。
砂詰め等、一連の作業はそれからであった。
ほんの一時のステンレスを経てチタンに移行したときは、エキパイ用のパイプはチタンメーカーから入手できたが、テールパイプ用のサイズはまだ無く、3本ローラーで丸める時点でガスバーナーで温度を上げながらでもしなければ丸まりもしない!それも1時間以上も一本の丸めに費やす!という作業だった。溶接だって今のような優れた溶接器でもなく、スイッチ押しても電気が飛んだり飛ばなかったり・・・
そうしてまで作り上げた当時のマフラーへの情熱や過程を、誰かが伝えなければ歴史から忘れ去られてしまう!!それらの工程も含んで、当時を彷彿とさせる作を作ろう!と、テーマを「原点回帰」として製作にかかった。
エキパイは外径42.7mm肉厚1.0mmの特別オーダー製管品を入手できたので、手巻きパイプは市販品では存在しない肉厚1.0mmでテールパイプに再現することにした。外径は76.3mm。

古いGSやZ1等はアフターマーケットの音量規制は99ホンで良いのであるが、現状ではけっこうウルサイ。94~96ホンを目標に、しかし当時のセンセーショナルな感覚を呼び起こしたくもあり・・・と。
それから半年以上の時間を費やした。集合マフラーが存在しなかった頃に、新しく出現した程のセンセーショナルさ!とまではいかないが、そのとき初めて集合マフラーを体験したライダー達が、《それまでには無かった感覚》を体験したように、これまでとは《別次元の感覚》を味わえる作が出来た!と自負している。
そうそう、ガスバーナー、周りの方々の通称『オヤジさんのバーナー』、僕が独立するときにオヤジさんから頂いたバーナーに繋ぎ直し、駆け出し当時の気持ちで曲げている。
これら一連の作は
見ては 《原点回帰》
乗っては《新感覚》である。

・エキパイ
曲げのデザインはヨシムラがAMAで躍進し始めた初期の頃の、1♯.4♯がエンジン出口の曲がり始めから内側に曲がっていくタイプ。この形は殆ど見ることがなくなった。
外径42.7mm 肉厚1.0mm 通常販売されている薄物でも1.2mm厚。特別オーダー製管品。

・テールパイプ
外径76.3mm 肉厚1.0mm 手巻き。この径の市販品は肉厚1.6mmで1.0mmのパイプは製造されていない。板を切り丸めた。それをベンダーで曲げてある。ベンダーなら簡単に曲がると思われがちだが、太く薄肉のパイプはなかなか曲げが難しい。そもそも外径70mmを越えた径のベンダーの型は極めて少ないので金型を新作!
ちなみにこのテールには手巻き・ベンダーパイプ500mm長を2本使うが、曲げる前のバイプ2本と市販品肉厚1.6mm、長さ5.5メートル1本とが同じコストである。斜め切りのテールなら5台分は出来よう。
口金は厚肉パイプから削り出し。重量増ではあるが、しっかりと固定されること、ポート径とエキパイ径に大きな差がある場合、内部をテーパー加工出来る等、レーススペックのチタンマフラーを製作する手法をそのまま再現。ホルダーもアルミ17S(ジュラルミン)の削り出し。
サイレンサーウールはステンレスウール+耐久性に優れたアドバンテックスを使用。パンチングはステンレスの0.5mm厚。
耐熱ブラックは(株)カドワキコーティングに依頼。全面ショットをしてからの焼き付け塗装。
鉄マフラーだからコスト安く作れる。という考えは全く無し!の作である。


「名付け親・グレアム・クロスビー」

2010年のスズカ8耐のあと、来日しているクロスビーがヨシムラに来るのを知って連絡をとってみた。
奥さんと山中湖畔を旅行中の彼の携帯電話は所々音声が途切れたが、
『Z1のマフラーが欲しいのだけど、何かあるかな~?』
と聞こえた。
「それならちょうど試作出来たばかりのがあるよ、興味ある?」
彼は予定を一日繰り上げて厚木に来てくれた。

15年振りの再会、思い出話やナンヤカラ~今夜は居酒屋。
『で、どんなマフラーなんだい?材質は?ダイナモは?』と矢継ぎ早にも一通りの質問。
「アーリーヨシムラ集合を感じさせる作だ。明日乗れるよ!街乗り用だよ。ダイナモ?必要か?? でもね、僕は予想するよ、貴方がヘルメットをとったとき、きっと今までマフラーのコメントには使ったことのない言葉を使うよ!」
『・・・???って、俺は何て言うんだ???』
「さぁ~」

2010年8月2日、9:30、クロスビーから催促の電話。

『用意は出来ている!!』

一通りの記念撮影後、待ってました!と、ばかりにZ1に跨がるクロスビー、おぉ!!やはり彼はライダーだ!!!
僕はゼファー750に乗って道案内役として並走、が、ショップに戻っても彼はスルーパス!もう一回り!
さぁヘルメットを!・・・

『RE・LIVING MY YOUTH!!!WAKATTA???』
「・・・・・no」
『MY PASSION IS RE・BORN!!!』
「・・・・・no」
解らないのでこう聞いた
「それは今までマフラーのコメントに使ったことのある言葉かい?」
『Never!!!』
やはり(o^-')b
「で、ダイナモ測る?」
『NO!~』
「重さ量る?」
『NO~!要らない~大丈夫!パーフェクト!!!』
『当時初めてヨシムラの集合を付けてレースに出た時と同じ感覚が今ここにある!!でも96ホンなんだろ!?』
しばし考えたあとで
『New Generation Classicだ!どうだい?』
(ニュー・ジェネレーション・クラッシック)

『青春はよみがえった!』
『情熱は生まれ変わった!』
たいそう感激して、なんと!シリーズ名まで提案してくれた。
思えば当時の感覚をオンタイムで知っているわけであり、我々よりも遥かに的を得ているだろう!と、喜んでシリーズ名にすることにする。
コンセプトのひとつ《新感覚》を直感してもらえたことに、嬉しい一日だった。

空港まで送っていく道すがら
『最初のデリバリーは必ず私・クロスビーからにしてよ!5本オーダーね!』
名付け親クロスビーは、シリーズ最初の顧客にもなってくれたのである。




皆さまにお願いいたします。
お感じになったままでけっこうです。
この記事にコメントをよろしくお願いいたします。
小林さんが読んでくださいます。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



まめしばスペシャルパーツについては、この記事にまとめてありますので、どうぞご覧になってください。
いずれも、マスプロダクトでは実現し得ない、驚くほどの効果を発揮するものばかりです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、強化フロントアクスルキット
4、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
5、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
6、CRキャブレター用ショートスピゴット
7、カワサキZ用シフトフォークボルト

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。



四輪用との回路統合により、V-UP16バイク用が2月1日から値上げとなりました。
バイク用としての機能に変更はありません。
旧価格 1個 24,150円
新価格 1個 25,200円

「効く効くって言うけど、実際のトコロはどうなのよ?」なんて半信半疑になるのが普通ですよね・・・
でも、このインプレ集をお読みいただければ、きっと貴方も・・・
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-763.html




カワサキZの持病とも言える、4速ギア抜けを解決すべく、すでに欠品パーツとなってしまったシフトフォークボルトを製作し、デリバリーを開始しました。
対応するカワサキ純正部品としての部品番号は、
92043-016
ですが、これは、マッハ系2ストロークトリプルエンジンとも共通部品となっているものです。
つまり、マッハにも使えるということです。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-865.html
なんと、あの「NEさん」が、自社のオンラインショッピングの商品として採用して下さることとなりました。
いやぁ、ど~しましょ・・・大変なことです・・・

http://blog.livedoor.jp/inspireart/archives/51742692.html

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
GAS ON!!!貴方の応援クリックで、まめしばに元気をください!!!忘れないでネ!!!



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Re: NoTitle 

コメント、ありがとうございます。
装着してみれば、きっと驚いていただけるものと確信しております。
良いマシンに巡り合われることを願ってやみません。
何かご不明の点などがありましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。


> 「見慣れた普通のショート管のイメージと違うな ダセェ」
> と最初は思いました。 
> のちにダサいのは自分自身のイメージなのだ、と知りました。
> 今は、NGC菅のラインナップがある車種を買い替え目標です。
  • posted by mameshiba198 
  • URL 
  • 2015.05/09 21:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

「見慣れた普通のショート管のイメージと違うな ダセェ」
と最初は思いました。 
のちにダサいのは自分自身のイメージなのだ、と知りました。
今は、NGC菅のラインナップがある車種を買い替え目標です。
  • posted by あち 
  • URL 
  • 2015.05/05 02:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: チョット涙が出ました 

ありがとうございます。やはり、集合管というのは特別な部品なんだと思います。
  • posted by mameshiba198 
  • URL 
  • 2013.07/25 23:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

チョット涙が出ました 

チタン管を作成頂き10年立ちました。その時には、メガホン管への拘りを捨てたつもりでいました。
先日、鐵でマフラーを作成されている事を知りました。

もちろん、メガホン管をおねがいしました。
私もクロスビーのように、戻れることを信じています。宜しくお願いいたします。
  • posted by Eleven 
  • URL 
  • 2013.07/25 13:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: MY PASSION IS RE・BORN! 

お電話、ありがとうございました。
近日中に具体的なご回答をいたしますので、今しばらくお待ちください。


> 先日奈良の旧車をやっている店主とお話しました。
> その方は昔ヨシムラの手曲げをZ2に取り付けその乗り味の虜になりZ2を4台乗りつぶしたそうです。
> 私のゼファー750ファイナル3万kmを超えましたので少しずつカスタムします。
> その前にV-UP16+MSA化したスズキGN125Hの小林管をワンオフで御願いできますか。
  • posted by mameshiba198 
  • URL 
  • 2013.02/11 21:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

MY PASSION IS RE・BORN! 

先日奈良の旧車をやっている店主とお話しました。
その方は昔ヨシムラの手曲げをZ2に取り付けその乗り味の虜になりZ2を4台乗りつぶしたそうです。
私のゼファー750ファイナル3万kmを超えましたので少しずつカスタムします。
その前にV-UP16+MSA化したスズキGN125Hの小林管をワンオフで御願いできますか。
  • posted by GS400 
  • URL 
  • 2013.02/06 19:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

皆さま、とても素敵なコメントをありがとうございます。
このマフラー、ただの部品ではなく、色々な想いがこもったものです。

『コバヤシ hand made』 赤/シルバー 耐熱ステッカーお願いします♪ 

私の言いっぱなしコメントです。。。昨年の秋に78’GS1000(初期凹型タンク)を買ってマフラーをどうしようかなぁ~と考えていた日々でしたが、、、やったぁー!待ってました!って感じです(笑)。コバヤシ管マフラーの他にGS1000に似合うマフラーは無に等しいと思いました。。。まめしばさんに送られたメールを読んでいても純粋に「かっこいい職人だなぁ~…」とつくづく思います。ご年齢的にも人間性的にも『POPコバヤシ』気さくなコバヤシさんなのではないでしょうか。。。

NoTitle 

いつもブログを見るのを楽しみにしています☆これからも楽しく読ませて頂きますね(*^_^*)
  • posted by インターネットマーケティング 戦略 
  • URL 
  • 2011.02/09 14:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

神の逸品 

神の逸品。。。

私はそう呼んでおります。。。


小林さんと知り合って、、、数えてみると18年くらいでしょうか
会うたびに、話を聞くたびに楽しい話が一杯で嬉しくなっちゃいます。

マフラー業界も時が経つにつれどんどん様変わりしてきました。
私的に思うのは技術や素材、創り、作りなどより広告上手な所が世に出てくる。人気が出てくる。
そんな気がしてなりません。。。

それらのこだわりは小林さんにとっては全て当たり前のこと。
また彼のアイデアだったものでもあります


正直な気持ちを申し上げると、神は陰、影の存在でいて欲しいと思っています。
姿が見えないからこそ神であるとも思います。
もっと言えばそんな簡単に小林管を手にして欲しくない。とも思っています。
大ファンだからこそそう思うのです。
実は先日、小林さんにも同じことを申し上げました。

でもでも、、そう思っていながら、小林さんに是非表舞台に出て欲しいとも思っているのです。
ファンの心理というのは不思議ですね。(笑

申し遅れました。まめしばさんのお話は少しだけ小林さんに伺ったことがあります。
今後もお互い小林さんの大ファンとして、
またお会いする機会がありました際はどうぞ宜しくお願い致します。

長文ご容赦失礼しました
  • posted by K1200S乗り 
  • URL 
  • 2011.02/07 08:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

小林さんが作るエキパイの曲がりにうっとりしています。

一昔前、素人ながらパイプの手曲げ加工に興味を持ったときがあり砂詰めしてはガスで暖めて・・・
・・・もちろん納得のいく曲りに仕上がったことはありませんでした(笑)。

職人であるからこその「拘り」!最高です。 陰ながら応援しております♪
  • posted by あきじぃ 
  • URL 
  • 2011.02/06 22:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

元ヨシムラの小林さんのお名前を最初に意識したのは昔(少なくとも20年以上だと、、)のカーグラフィックでとりあげられたランチア ストラトスのエキマニの制作者としてだったと思います。
‘音'は大切だよな。

いいなぁ、GSやZは、俺のBMWのマフラーも作ってほしいです。
  • posted by パタパタ 
  • URL 
  • 2011.02/06 20:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

職人魂あふれる商品ですね。青春時代を思い出します。
応援しています。
  • posted by wahaha 
  • URL 
  • 2011.02/06 11:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

当時鈴鹿に通って観戦してたクチです。

パイプを巻いてたのは聞いてましたがその方のお名前までは...

その集合管、きっとオーラを放ってるんでしょうね。
  • posted by Z750FX乗り 
  • URL 
  • 2011.02/05 23:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

ぐっと来ました 

魂込めてマフラーを作られる方と伺っております。
熱い想いに打たれています。
いつも良い情報を教えて頂きありがとうございます
  • posted by つやぽん 
  • URL 
  • 2011.02/05 23:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

おお、amaさん号についてたヤツですね。集合部のこだわりが素晴らしいですね。名付け親がクロスビーですか!NZに行った際、ベンツを売っていたクロスビーに会いに行って、すごい親切にされたことを思い出しました。良い人でした。帰りホテルまで送ってくれたりして。まさに生ける伝説のようなオジサンですよね。まめしば号にもこのマフラーが付く日も近い?
  • posted by つるりん 
  • URL 
  • 2011.02/05 21:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

地道に努力すれば、何時かは表舞台に立てるんですね。

同じ職人として未熟さを痛感させられました。

焦っていた自分が恥ずかしく思えました。
  • posted by  
  • URL 
  • 2011.02/05 19:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ドーバー・モンスタークラスに、“最もふさわしい集合管を”探していたのですが、「ようやく見つかった」と言うのが正直な感想です。
デリバリーされる日をとても楽しみにしています。
  • posted by ダーサン 
  • URL 
  • 2011.02/05 16:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

まめしばさんを含め、すばらしい人や魂の入った作品がこのブログで出会えます。ありがとうございます。
  • posted by  
  • URL 
  • 2011.02/05 15:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
3位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ