Entries

Mノズル装着に伴うリセッティング作業(ホンダCB550F&CR26)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
変態まめしばに、盆、暮れ、正月などありません。今日も全開でバク進しますので、応援クリックをポチッとネ!!!



私がデリバリーする各部品やモディファイについてまとめた記事はこちらです。いずれも変態ならではの驚くべき効果を発揮するものばかりですので、ぜひご覧になってください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


大好評デリバリー中のMノズルですが、数値上でも確実な効果裏づけを得ることができました・・・これは体感効果だけではなく、確実に速さにもつながるものということです。

あの、
ブルーサンダースさん

http://www.blue-thunders.com/
がシャーシダイナモを駆使してデータ検証をしてくださいました。
これは必見です。

http://blogs.yahoo.co.jp/bluethunders001/21907911.html
この結果詳細については、また改めて・・・

Mノズルの在庫は確保しておりますので、入り用の方は、どうぞご遠慮なくメールをください。
セッティングアドバイスを含めてご案内いたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



皆さま、明けましておめでとうございます。
本年も、これまでと変わらぬスタンスにて変態道を邁進いたしますので、引き続きのご支援をよろしくお願いいたします。
また、本年は、新しい展開についても計画中ですので、またまた忙しくなりそうです。
具体的には、いずれ機が熟した時点にてご報告いたします。

さて、そんな形式的なご挨拶はこれくらいにして、昨年11月よりデリバリーを開始した、CRキャブレター用「Mノズル」ですが、予想を遥かに超える反響をいただくこととなりました。
まだデリバリーを開始してからわずかの期間しか経過していないにもかかわらず、
「装着した友人から勧められたので・・・」
という理由でご注文をいただくケースが増加中です。
そういったところからも、この小さな部品が持つパフォーマンスを想像していただけるのではないかと思います。
また、このMノズルは、ただ単に装着したのみでは相当に薄くなりますので、然るべきリセッティングが必要になるところですが、これについて、空燃比データロガーを使用し、各開度の空燃比データを取得した上でセッティングガイダンスを実施したことも功を奏したと考えています。
ほとんどの方々が、このガイダンスに従うことで、迷うことなく良好なセッティング状態を作ることができたのですから・・・・

そして、装着ケースも増加中です。
エンジン形式で言えば、並列4気筒400cc~1200cc、2気筒500cc~1100cc、単気筒50cc~600cc、口径ではCR26~CR38までという、極めて幅広い組み合わせのデータを収集することができ、そのいずれにおいても同様の効果を確認することができたのです。


そのうちのひとつのケースとして、先日のこなっと号、CB550FにMノズルのロングタイプとショートタイプを装着してセッティング作業を行った経過についてご紹介いたします。


まず、こなっと号がこれです。
もう、ドーバー1クラスに長年にわたって参戦しているマシンですので、ご存知の方も多いと思います。
「えっ、レーシングマシンでのケースなんて、ストリートユースの参考にならないんじゃないの?」
なんて声も聞こえて来そうですが、これは街乗り兼用マシン・・・と言うよりも、街乗りマシンをそのままサーキットで走らせているという、まさしくドーバーマシン本来の姿なのです。
そして、この排気量にして、筑波サーキットを1分10秒~11秒台のラップを記録しているくらいですので、全てにおいてちゃんとしているマシンということを理解しておいてください。

DSC05551_20101230132731.jpg



Mノズル装着前のセッティング内容は以下のとおりです。
CR26
MJ:110
JN:P151(H81)#3
SJ:45
AS:1

まず最初に、ロングタイプをテストします。
事前の予想に基づいて、Mノズル装着とともに、以下のようにプリセッティングしました。
MJ:118
JN:YY8#7
SJ:45
AS:1

つまり、MJを3ランク、JNストレート径を3ランク、JNクリップ位置を2段(H系のP151とYY系のクリップ位置基準を加味した表記)濃い方向に振ったということです。

作業風景を撮影するこなっとさん・・・

DSC05566.jpg




さて、こなっとさんの試乗インプレは・・・
「確かに大きくフィーリングが変わりますね・・・なんか、パリッとしたレスポンスはいい感じですが、大きく速く開けたときに失速気味になりますので、ちょっと薄いかな・・・」
というものでしたので、さらにリセッティングをします。



MJ:118
JN:YY7#7

こなっとさん
「オオッていうくらい、中速域のトルクが増してきました・・・いやぁ、すごい・・・でも、まだもうちょっと濃くできるような気がします。」



MJ:118
JN:YY6#7

こなっとさん
「おぉ~おお!すげぇ~~!またさらにパワフル、でも、全開付近はまだ少し薄いフィーリングかな・・・」



ここでMJのみを2ランク濃くしてみます。
MJ:122
JN:YY6#7

こなっとさん
「かなりトルク感は増加しましたが、ちょっと全開域が濃くなりすぎたかな・・・吹け切りに重い感じが出てしまいました。」



あとでショートタイプもテストしますので、そこではさらに濃いセットになるはず・・・なので、とりあえずMJはこのままにします。
ロングタイプの場合なら、MJは120あたりが良さそうというのがわかりましたからね。
こなっとさんのインプレを細かく聞いてみると、JNストレート径をもうちょっと濃くできる余地がありそうに思いましたので、さらにH75を入れてみます。
このCR26という小口径CRには、3段テーパーのYY系JNがいまひとつしっくり来ない気がしたからです。
その理由・・・CR26とCR33では、口径差が7mmもあります。
ということは、CR26では、同じJNを装着して全開にしても、その先端部について口径差の半分の3.5mmもNJ内にJNが残っているということになります。
計算上では、これでは3段テーパーのうち2段目の後半までしか使えていないことになるのですね。
その点、H系JNは、1度30分のシングルテーパーですので、そういった意味でも、こちらの方が良さそうというわけです。
この傾向は、CR29あたりからあるように思うのです・・・
個人的には、CR31とCR33ではH系とYY系のどちらも選択可能ですが、CR26とCR29ではYY系はちょっと・・・・まあ、フィーリングの問題ですので、使えないということではないのですが・・・私は好みではないということです。
気になる方は、私のこの記事を鵜呑みにせずに、ご自分で試してみてくださいね。
どちらが好みなのか、また、それ以前に違いを体感することができるのかについても、人それぞれのはずです。
私がこんなことを書くと、いつの間にか、
「CR26やCR29にYY系ではセッティングが出ない」
なんていう意味不明の話が独り歩きしますので・・・

MJ:122
JN:H75#5

こなっとさん
「もう、ただ、ただ、驚くばかりです。ニードルワンサイズの変更で、これほどパワーフィーリングの違いが出るほど変わるなんて! ニードルを細くしたおかげで、さっきは濃かった、メインへの繋がりまでバッチリです!!ついに中速から高速へ繋がりました。
ちょっとびっくりするほどの変化です。」


ははは・・・セッティングを詰めるというのはこういうことですね・・・
良くなったからと言って、そこでやめてはいけないのです。
良くなった先には、もっと良い領域があるはず・・・というか、それが普通です。
本来であれば、もうワンランクJNストレート径で濃くして、ここのフィーリングが濃すぎて悪化するまでやるのですが、これ以上細いJNの設定がない・・・(泣

そこで、私も試乗してみることにしました。
いやいや、なかなかの速さですねぇ・・・
クォーンという快音を響かせて気持ちよくリミットまで吹け上がります・・・が・・・
開度5~10%の、いわゆるCR魔の領域でちょっと濃すぎる症状が出ています。
まあ、開け開けで走る分には支障はありませんが、これを改善すれば、さらにつながりが良くなるのです。
これは、JNストレート径を細くしてきたことによる弊害なのですが、ここでJNをYY6に戻してはいけません。
せっかく、加速フィーリングがイチバンいいJNを選択したのですから、これはそのままにすべきなのですね。
多くの方々は、ここでJNをYY6に戻してしまうから、妥協点が低くなってしまうのです。
ここで私が取る方法は、「SJ番手を落とす」です。
そう、この領域は、JNストレート径とSJ番手がラップしていますので、JNストレート径で濃くなりすぎたものをSJで補正してつじつま合わせをするんです。

MJ:122
JN:H75#5
SJ:42

こなっとさん
「あ~もう、凄いです(笑
ロングタイプノズルはこれで完璧!!
何を変えたらこれ程のパワーアップが出来るのか!!
とてもキャブのノズルを変えただけとは思えません!!!」

試乗を終えて戻ってきたこなっとさん・・・

DSC05561.jpg



さて、まだまだやります。
そう、ショートノズルのテストです。
ジェッティングはとりあえずそのままで、Mノズルのみショートに変更します。

こなっとさん
「これ、凄くいい!!!!ロングノズルが開度1/4までが直線的でそこから2次曲線的なパワー感で全開に繋がるのに対し、このショートノズルは全閉から全開までフラットに力強く感じます。
レースで使うなら中開度以降のパワー感でロングノズルですが、
街乗りで1/8開度あたりを多用する走りから峠や高速までフレキシブルに使うなら絶対ショートノズルです。」


この仕様にも乗りましたが、さらに濃くできる余地がありますね。
でも、JNではこれ以上濃くできません・・・それに、すっかり暗くなってタイムアウトです。
まあ、SJ番手を45番に戻してみるくらいですが、やはりもう1~2ランク濃くできるJNを試してみたい・・・のですが、ケーヒンの既製品JNでは、これ以上ストレート径が細いJNの設定がないんです。


いかがでしょうか?
この正月休みを利用して、Mノズルセッティングをやっている方も少なくないようですが、セッティング作業の実際を読み取っていただけたでしょうか・・・
きちんと整理しつつ手順を踏み、立て続けに同一条件下で比較テストを行うのです。
これでも私としてはまだまだ序の口、ここから基準とするべきベースセッティングを見定め、それを軸にして様々な微調整を繰り返すことで煮詰めていくんですね。
これをキャブセッティング作業と言います。
たとえば、今週の日曜日にはあるセッティングを試してあっちこっちを走り回り、
「う~ん、なんだか良くなったような気がする・・・」
そして、翌週の日曜日に別のセッティングを試して走り回り、
「う~ん先週と比べて、良くなった・・・かな??まあ、ちゃんと走るからいいや・・・」
このような作業では、キャブセッティングをしているとは言わないのです。

ところで、YY5とかH75なんていう、これまでの常識では考えられないようなジェッティングを要求するMノズルですが、まだ余地が残されているはずです。
でも、これ以上に濃くするJNがありませんね・・・
JNを製作するのは相当のコストと手間がかかりますので、近いうちに、オーバーサイズのNJを製作してテストします。
さらに、現在はYY5~YY7、H75~H77あたりのJNが欠品状態で入手できないという問題も発生していますので、このオーバーサイズNJを使うことで、それまでに使っていたJNレンジをそのまま使うことができるようになるはずです。

まあ、いずれにしても、きちんとした空燃比データの裏づけとともに開発しますので、デリバリーの暁には、そのガイダンスとともにお渡しするのは当然のことです。
数値データの裏付けがないセッティングパーツなんて、私の感覚では存在自体があり得ないものです。
だって、それじゃあ、どうやって使えばいいのかすらわからない・・・
仮に、それを入れて良くなったとしても、その後の環境変化や仕様変更をした場合に、どのようにリセッティングすればいいのか・・・なんてことを考えたら、もうどうしようもない事態に陥ります。
まあ、「全ての蓄積を捨て去り、振り出しに戻る・・・」なんて感じでしょうか・・・


次回は、この類のことも含めて、Mノズルリセッティングについてよりわかりやすくするため、再度おさらいをしてみたいと思います。
そして、私のCRキャブレターセッティングに関する基本的なアプローチスタンスに及ぶつもりです。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



まめしばスペシャルパーツについては、この記事にまとめてありますので、どうぞご覧になってください。
いずれも、マスプロダクトでは実現し得ない、驚くほどの効果を発揮するものばかりです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、強化フロントアクスルキット
4、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
5、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」


これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
変態まめしばに、盆、暮れ、正月などありません。今日も全開でバク進しますので、応援クリックをポチッとネ!!!



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Re: あけましておめでとうございます。 

こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。
そして、新しいお店のオープンを楽しみにしております。

> 昨年中はお世話になりました!
>
> お陰様でGSX-Rは好調です(^^)
> 乗り手は全然今ひとつですが。。。
>
> ご近所さんなので、また是非遊びに行かせてください。
>
> 本年も宜しくお願いしますm(_ _)m

Re: NoTitle 

これ、作った私がイチバン驚きました(笑
全てのCRユーザーに使って欲しいと思っています。

> その節は長い時間お付き合いいただき誠にありがとうございました(笑
>
> これほどの変化があるとは驚きでした!!
> バイク弄りって底知れないですね(笑

あけましておめでとうございます。 

昨年中はお世話になりました!

お陰様でGSX-Rは好調です(^^)
乗り手は全然今ひとつですが。。。

ご近所さんなので、また是非遊びに行かせてください。

本年も宜しくお願いしますm(_ _)m
  • posted by CLOUD BREAK 
  • URL 
  • 2011.01/02 17:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

その節は長い時間お付き合いいただき誠にありがとうございました(笑

これほどの変化があるとは驚きでした!!
バイク弄りって底知れないですね(笑
  • posted by こなっと 
  • URL 
  • 2011.01/02 01:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ