Entries

CRキャブレター、オトナ買い・・・

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事を読むのに夢中になって、応援クリックを忘れないで・・・・まずはここでポチッとお願いします・・・



私がデリバリーする各部品やモディファイについてまとめた記事はこちらです。いずれも変態ならではの驚くべき効果を発揮するものばかりですので、ぜひご覧になってください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



大好評デリバリー中のMノズルですが、数値上でも確実な効果裏づけを得ることができました・・・これは体感効果だけではなく、確実に速さにもつながるものということです。

あの、
ブルーサンダースさん

http://www.blue-thunders.com/
がシャーシダイナモを駆使してデータ検証をしてくださいました。
これは必見です。

http://blogs.yahoo.co.jp/bluethunders001/21907911.html
この結果詳細については、また改めて・・・

DSC05362.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



気付くと、CRキャブレター関連部品を多数デリバリーするようになってしまいました・・・
実は私、CRキャブレターをいじりだしてから、まだ2年程度なのですね・・・
正直なところ、2年前までは、
「いまさらCRキャブレターなんて使えるかよ!!」
なんて思っていたのです。

私、キャブレター遊びはデロルトPHF/PHMやデロルトマロッシから始まりました。
そう、当時はドゥカティやモトグッツィのチューニングで遊んでいたんです。
このデロルトというキャブレター・・・様々な意味で楽しかったです。
いや、散々に苦労もしましたよ・・・マイクロメーターを片手にボール盤にJNをくわえてオイルストーンで削るなんてこともしょっちゅうでしたし、NJをドリルで拡大して使うなんてこともしましたね・・・AB265とAB268は入手できたのですが、AB270が手に入らなくて・・・デロルトをいじったことがある方ならおわかりですよね・・・

そんなところへ発表されたのがFCRでした・・・
新らしいモノ好きな私は早速試してみたのですが、いやいや、新しい時代の到来を感じたものです。
スロットルバルブをベアリング支持するなんて、それまで考えたこともありませんでしたからね・・・それにフラットバルブなんて、レクトロンくらいしか知りませんでしたので、まさかそんなキャブが市販されるなんて夢にも思っていなかったというわけです。
それに、JNを初めとするセッティングパーツデータがちゃんとしていることが何よりも有難かった・・・
ストレート径やテーパー角、切り上がり寸法などがちゃんと表になっていて、その中から選択できるなんて、デロルトでは考えられないことでしたから・・・

それからの私は、長い間、そう20年以上にわたってFCR信者でしたが、その後、頭のおかしな某おぢさんに勧められて使ってみたTMRのパフォーマンスにも驚きました。
最後発だけあって、やはりTMRは人類最後にして最高のレーシングキャブレターです。

そんな私でしたので、CRキャブレターなんかに関心を持つはずもありません。
そもそも、ZやCB、GSやカタナなんていう、いわゆる旧車なんてものにも全く興味はなかったんです。
現在乗っているGS1000だって、別段にこれが欲しいと思っていたわけでもなく、なんとなく手元にきて、なんとなく足代わりに乗っていただけのものだったのですから・・・
私は、マシンに色々な手を加えて、その変化を楽しむのが趣味ですので、別にGS1000じゃなくても良かったんです。
たまたま手元にあって、作りも単純でいじりやすかったから・・・それがまめしばGS1000の真相です。

しかし、GS1000にしても、CRキャブレターにしても、これ以上シンプルにしようがないという、いわば単純極まりない作りをしています。
しかし、であるがこその、キカイとしての味わいというのがあるのですね・・・
それはつまり、シンプルであるが故に、手を入れたときの反応が素直でわかりやすいという意味です。
複雑なハイテク機械だって、それは素晴らしいものです。
でも、そこには、素人レベル、いや、ショップレベルでは介在余地が少ないというのが現実です。
手元にあるキカイに対して、自分の考えに基づいて手を加え、それがいい意味でも悪い意味でも、すぐさま反応として返ってくる楽しさがあるのですね。
つまり、キカイとの対話そのものを楽しむについて、手近でやりやすい、楽しみやすい素材ということです。

ひとことでバイク乗りといっても、バイクとの付き合い方は人それぞれですし、たとえ同じ、たとえばカワサキZに乗っていても、そこに求めるものは千差万別です。
私にとってのバイクとは、キカイとの対話を楽しむための道具・・・まあ、そういうことなのです。


だいぶ脱線しました・・・
どうも、まめしばと言えばCRキャブレターというイメージが定着しつつあるようですが、様々な部品やモディファイを手がけるようになると、
「そっちで本体を入手できないのですか?」
という話を持ちかけられたりするようになります。
私はショップや業者ではありませんので、そのようなことを聞かれることそのものが想定外だったのですが、そういった話が絶えることがないものですから、身近な方々のものについてはまとめ買いをしてみることにしました。

そんな経緯で、先日に6機のCR33(Z1000J用)をオーダーしたのですが、在庫ナシの納期未定・・・
まあ、ここのところ、CRキャブレターは生産調整がかかっているなんていう話も聞いていましたので、まあ、仕方ないものと思っていたら、いきなり入りました・・・
なんでも、某代理店が在庫部品を集めて組み上げてくれたそうな・・・
でも、本来は標準で入るはずのJN、YY7が欠品(Mノズルのせいらしい・・・)とのことでしたので、とりあえずテキトーなのを入れておいてってお願いしたのです。
どうせリセッティングするんですから、デフォルト状態のジェットなんて、何が入っていても同じですから・・・

この手のレーシングキャブレターについて、装着しただけでまともに走るなんて思うほうが大きな間違いです。
えっ、FCRやTMRはポン付けで走るって・・・・いいえ、ただ走るだけで、それをまともに走っているとは言いません。


我が家は、こんな状態になってしまいました・・・

DSC05513.jpg



6機の新品CR33です。

DSC05515.jpg



まあ、「こんなことになるなんて想像もしていなかったなぁ・・・」なんて妙な感慨に浸っているのもいいですが、早速アライメントチェックを・・・
簡易的に定規を当ててみました。

DSC05516.jpg



これまでにも数機の新品CRキャブレターをお預かりして作業しましたが、そのほとんどは、私の要求レベルでは曲がっていたというのが現実です。
この6機を注文する際にはネジの締め過ぎなどがないようにとの注釈を付けていたのですが、やはり曲がっています・・・
1番ボディーに角度を合わせた定規は、4番ではこんな隙間が開きます。
原因については精査してみないとわかりませんが、おそらく、1番と4番が外側に開いているんですね。
CRキャブレターの多くがこのような状態になっているというのが現実です。

DSC05517.jpg



これは、全開時のスロットルバルブ高さを比較したものです。
向かって右側の1番スロットルバルブがベンチュリーから姿を隠しているにもかかわらず、その隣の2番スロットルバルブは残っていますね。
まあ、こんなものです。

DSC05519.jpg



ええっ、新品なのに、それはひどいじゃないかと思われますが、まあ、これでも実用レベルではさほどの問題にならなかったりもします。
これが、TMRなどでは極めてシビアですので、ちょっとアライメントが狂っているだけで、とたんにアイドリングしないとかまともに吹けないなどの問題が露見するのですが、そこはCRキャブレター、まあ、普通に走ってしまうんですね・・・

でも、こういうところをきちんとしたCRキャブレターは、また違うというのも事実です。
これを修正するのはけっこう面倒だったりするのですが、まあ、必要に応じてやりますか・・・


これらの6機のうち、3機は行き先が決まっていますが、残りの3機は、とりあえず私のストック分になります。
まあ、実験材料にでもしますか・・・(笑
欲しい方がおいでなら、お分けしてもいいですし・・・


これはZ1000J用のスタンダードスピゴットを装着した様子です。

DSC05523.jpg



ちょっと試しに、現在デリバリー中のショートスピゴットを装着してみました。
いやぁ、カッコイイです。

DSC05520.jpg
DSC05522.jpg



大排気量4気筒エンジンにおいて、CR29、CR31、CR33あたりが選択肢になりますが、このうちのどれにしようか悩む方も少なくないと思います。
まあ、どれでも好きなものを選べばいいのですが・・・

ところで、ほとんどの方が知らないと思いますが、この中で最も開け始めが軽くてスムーズなのがCR33です。
これ、構造差というか、あるところの寸法差に由来するものですので、絶対的に違うのですね。
そして、CR29がいちばん開け始めが重くてスティッキーなんです・・・
CR29やCR31をCR33と同等にすることができないのか・・・できなくはありませんが・・・
いずれ解説しましょうか・・・
でも、これを解説するのって面倒なんですよねぇ・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



まめしばスペシャルパーツについては、この記事にまとめてありますので、どうぞご覧になってください。
いずれも、マスプロダクトでは実現し得ない、驚くほどの効果を発揮するものばかりです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、強化フロントアクスルキット
4、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
5、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」


これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事を読むのに夢中になって、応援クリックを忘れないで・・・・まずはここでポチッとお願いします・・・



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ