Entries

点火系専用リレーハーネスキットのデリバリーについて

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
緊急支援!!!!ここ最近の応援クリックが激減・・・・記事をお読みいただく前に、こちらをポチッとお願いします。これがないと淋しいんですよねぇ・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




極めて大きな効果を発揮する、一次電圧昇圧回路「V-UP16」については、これまでご紹介してきたとおりです。
すでに、数十名の方々の手に渡り、その効果を体感していただいているところですが、ツイントップの吉田さんが、また新たなデバイスを開発しました。
まあ、デバイスというほどのものでもありませんし、従来も同様の商品は存在していましたね。
そして、自作していた方も少なくないと思うのです。私もそうですが・・・


通常のトランジスタ点火の場合、バッテリーから供給されるDC12v電源を点火コイル一次側に供給しているのですが、V-UP16は、これを積極的に16vまで昇圧することによって点火能力を飛躍的に向上させています。

しかし、それ以前にやるべきことがあるのですね。

通常のマシンでは、バッテリーから点火コイルまでの間には、長いハーネスといくつものスイッチやコネクターが介在していますので、それによる電圧降下というのが起こっています。
具体的には、

バッテリー~メインヒューズ~イグニッションスイッチ(メインキー)~イグニッションヒューズ~キルスイッチ~コイル

という、車体を何度も行ったり来たり、それもいくつもの接点と長い道のりを経てたどり着くのですから、降下するのも当たり前・・・・

それも、マシンが新しい間はまだ良いのですが、ある程度の年数を経過したものにおいては、これは想像以上の降下を起こしているのが現実です。
そもそも、点火系の消費電力は少なくありません。
おおむね4Aくらいでしょうか・・・・
まあ、ヘッドライトと同じくらいと思えばいいです・・・

これだけの電流が流れていることから、ハーネスや接点の負担も少なくありませんので、長期間にわたる経年劣化により、各部の抵抗が増加し、それによってさらに発熱が進み、それがさらなる劣化を呼ぶという、負のサイクルに陥ってしまうのです。

あるマシンでは、バッテリー端子間で12.5v前後あるのに、コイル一次側では11v以下まで降下していたなんていうのが現実です。
そこまでではないにしても、古いマシンにおいては、11vの中盤あたりにまで降下しているのが普通だったりもします。

そんな状態で、いくらイリジウムプラグを使おうが、ハイクォリティーなプラグコードを使おうが、はたまたウオタニSP-2やダイナ2000などを投入しようが、その機能を発揮することなんてできないのですね。

そこで使いたいのがこれです。

DSC04918.jpg



そうです、点火系専用リレーハーネスです。
従来の12v供給ラインは、リレーのオンオフ電源としての役割を果たすのみとなりますので、電流負荷も激減です。
そして、バッテリーからストレートに最短距離でコイルに電源供給しますので、その効率アップは飛躍的なのですね。
まあ、これもいわゆる昇圧効果というわけです。

そして、電気マニアの吉田さんが作るのですから、使用するリレーユニットの選択に始まって、ハーネスラインの太さや接続などにもこだわった逸品です。
そう、何よりも信頼性と耐久性が重要ですから・・・・


配線は簡単です。
ちょっとしたサンデーメカであれば、悩むことはありませんし、ショップに依頼したとしても、大した工賃は請求されないと思います。

DSC04923.jpg



でも、V-UP16を装着すれば、元の電圧が多少降下していたとしても、16vまで昇圧するから要らないんじゃないのかなんて声も聞こえてきそうですよね。
でも、そうではありません・・・
たとえば、12.8vあたりから16vまで昇圧する場合と、11vあたりまで降下したものを16vまで昇圧する場合とでは、消費電流が大きく異なるのです。
昇圧幅が大きければ大きいほど、大きな電流を流す必要がありますので、ますますバッテリーを弱らせることになりますし、コイルやイグナイタユニットへの負担も増加します。
さらには、V-UP16への負荷も高まりますので、いいことなんてひとつもないのですね。
やはり、基本に忠実でなくてはなりません。
基本整備、つまり、きちんとしたバッテリー管理やジェネレーターの整備、そして、そこからコイルへ供給するラインの抵抗を軽減すること、その上でV-UP16を装着して更なる昇圧効果を得る・・・それが重要ということです。

そもそも、吉田さんがこのリレーハーネスキットを製作することを決意したのも、とある旧車にV-UP16を装着した際、元電圧が10v台まで激しく降下していたことで、過大な電流が流れている事実を把握したからなのです。
電気マニアとしてこだわりをもって開発したV-UP16の効果を確実に発揮し、安心して使っていただきたいという一心からです。
大した価格を付けられるはずもないものですので、ひとつひとつ手作りする手間を考えたら、普通ならやっていられないことですが、それでもなおかつやるというところが、吉田さんらしい・・・


この、V-UP16とリレーハーネスキット、ぜひセットでお使いいただきたいのですね。

DSC04921.jpg



ところで、ポイント式点火及び一部のセミトランジスタ点火(未確認ですが、どうもダイナSが該当しそうです)については、イグニッションオンすると同時にコイルに電流が流入しますので、基本的にはV-UP16の使用が困難です。
まあ、非常に面倒な使用上の注意を守っていただけるのなら可能なのですが、一般的にはちょっと面倒なのですね・・・
しかし、V-UP16は、こういった旧態依然とした点火系に対しても高い効果を発揮しますので、なんとか適合させたいと考えました。
そこで、今回の専用リレーハーネスキットに、点火パルス信号が入ったときだけリレースイッチをオンにするという制御回路を組み合わせた、ポイント点火式専用リレーハーネスキットも製作中です。ハイテクハーネスです。なんたって、マイコン制御ですから・・・

まあ、ここまで来れば、まさに変態・・・・そこまでヤルか・・・といったところです。

でも、どうしてもポイント式にこだわりたいという、マニアックなニーズは確実に存在しますよね。
でも、点火系の強化は図りたい・・・
そういった方に向けて、ポイント点火式のまま、これにV-UP16を装着し、旧車とは思えないような走りを味わっていただきたいということです。

考えてみれば、ポイント点火式なんていう前々時代の遺物をとことん味わうために、マイコン制御のハイテクハーネスを使うなんて、これを変態と言わずして何と言うかというところですよね。
それを世間ではアホと言うのかも知れませんが、それが趣味の世界というものです。

これが完成した暁には、改めてご紹介いたしますので、どうぞご期待ください。


今回ご紹介した、点火系専用リレーハーネスキットの価格は、
1個 3,675円
となります。
ご入用の方は、どうぞご遠慮なくメールにてご注文くださいね。
お待ちしております。


mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)


これらのリレーハーネスキットについて、製作者であるツイントップの吉田さんもブログアップしていますよ。
こちらも、どうぞご覧ください。

http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Entry/153/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



まめしばスペシャルパーツの数々をご紹介いたします。


1、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
極めて効果的なデバイスである一次電圧昇圧回路「V-UP16」のご注文を受け付けしておりますが、2回目ロット分が完成いたしましたので、ご予約をいただいた方々には順次発送いたします。
さらに、現時点では在庫分を確保しておりますので、ご注文をいただければ即納できる状態となっておりますので、関心をお持ちの方は、どうぞご連絡をくださいね。
ここ数日、11月7日開催の筑波TOTに参戦する方々からの駆け込み注文が続いております。すでに装着してテスト走行した複数のエントラント、皆、口を揃えて絶賛しているんです。
ジェネレーターレス仕様のレーシングマシンでのデータも取得済みですし、その際の効果も絶大です。まあ、当たり前ですが・・・
また、四輪車用についてもご用意が可能ですので、ぜひご連絡をくださいね。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-727.html
すでに入手された方々からお寄せいただいたインプレを集めた記事をアップしましたので、どうぞご覧になってくださいね。そして、早くも装着インプレ記事を書いてくださっている方々もおります。下記にリンクを貼ってありますので、どうぞ参考にしてください。

インプレ集
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-763.html

つるりんさんのブログです。強制減圧された変態GSF1200に装着し、ますます変態度を増しています。
いやぁ、なかなか核心を突いたさすがの表現です。

http://rgarage.blog59.fc2.com/blog-category-23.html

yamaさんのブログです。
エンジンチューニングをされたZ1Rに装着です。
CRキャブセッティングを、さらに加速重視に振れる可能性を見出しておられます。

http://blogs.yahoo.co.jp/yama242429/34972355.html
http://blogs.yahoo.co.jp/yama242429/35042047.html
http://blogs.yahoo.co.jp/yama242429/35042236.html


チョースケさんのブログです。
チューニングニンジャへの装着です。詳細なインプレに注目ですね。
レデューサーの装着も検討中・・・

http://ameblo.jp/bst-ninja/entry-10666403257.html
http://ameblo.jp/bst-ninja/entry-10669578524.html
http://ameblo.jp/bst-ninja/entry-10676505111.html


にえさんのブログです。
この記事シリーズは必見です。
にえさんもこのV-UP16の取り扱いをされていますし、もうしばらくすると、ヤマハRZ用スペシャルCDIキットも完成デリバリーされると思います。
これは、吉田さんと変態にえさんの共同開発品・・・乞うご期待です。

http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-11.html


パパッキーさんのブログです。
これも、チューニングされたニンジャGPz900Rへの装着です。

http://blogs.yahoo.co.jp/keiichi277/26983349.html
http://blogs.yahoo.co.jp/keiichi277/27044570.html



2、強化フロントアクスルキット
先般リリースいたしました、GS/GSX用及びカワサキZ系各マシン用の強化アクスルキットについて、多数のインプレをいただきました。
これはぜひお読みいただきたい・・・・・

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-712.html

なお、GS/GSX用については、初回ロット分を完売いたしましたので在庫はありませんが、次回ロット分のご予約については随時受け付けております。
カワサキZ系用は、Z1000MK2・Z1R・モリワキカヤバ等用のクランプ径24mmは完売いたしましたので、これも次回ロットの予約となります。
Z1000J系及びアドバンテージカヤバ、PMCカヤバ、ビトーカヤバ等用のクランプ径22mmについては、黒アルマイトが2セットのみ残っております。シャフト径は17mmのみです。
いずれにしても僅少となりますので、必要な方はお早めにご連絡をくださいね。


・スズキGS/GSX用
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-20.html
・カワサキZ系用
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-632.html
この極めて効果的な部品を開発した経過はこちらにまとめてあります。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-8.html



3、まめしばCRスペシャルキャブレター
まめしばCRスペシャル関係の各部品及び作業につきましても継続して受理中ですので、こちらもよろしくお願いいたします。
こちらをご参照くださいね。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-95.html



4、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
圧倒的な効果を誰にでも体感させてくれる、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」についての検証と実験の経過はここにまとめてありますので、どうぞご覧ください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-1.html
これらの記事をご覧になればおわかりのとおり、複数装着やファインチューニングなどの様々なテストを積み重ねてきましたので、興味をお持ちの方は遠慮なくご連絡くださいね。記事では表現できないような内容もあります。
ただ単に装着するだけではない、「まめしば」ならではのノウハウを含めて、一味違う形で提供することができます。たとえば、エンジン形式にベストマッチのリードバルブを選択するとか・・・その他にも・・・・関心をお持ちの方は、どうぞご遠慮なくメールをください。



一次電圧昇圧回路、アクスルキット関係、CRキャブレター関係、レデューサー関係、その他私宛の各種お問い合わせは、
mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
緊急支援!!!!ここ最近の応援クリックが激減・・・・記事を読んだらこちらをポチッとお願いします。これがないと淋しいんですよねぇ・・・・



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ