Entries

ようこそ、チーム変態おやぢの秘密サティアンへ

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
先日から、車ブログ・車カスタム部門にエントリーを開始し、いきなり、初登場で1位をゲットいたしました。
目指すは車ブログ・バイクブログ総合ランキングでの1位ですので、皆様の絶大なるご支援をお願いいたします。変態パワー全開でネ!!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



オドロキの現象です!!
先日、ブログランキングのバイクカスタム部門、人気記事ランキングにおいて、1位から7位までを独占した「V-UP16」関連記事ですが、依然として上位独占状態が続いております。
こんな出来事は初めてのことですね・・・・必見です。

http://bike.blogmura.com/bike_customize/ranking_entry.html
ど~なっちゃってるんだろうか(驚愕)


先般のデリバリーにて大好評を博している、一次電圧昇圧回路「V-UP16」のインプレについて、それぞれの方々が記事を追加してくださいました。
マシンは、Z1R、そしてニンジャGPz900R、いずれも相当のレベルで仕上げられたチューニングマシンです。
そして、当然のようにレーシングキャブレターを使用しているマシンですね。
私の記事でも紹介してきたように、この「V-UP16」の持つ大きなメリットのひとつとして、キャブセッティングの許容幅を広く取ることができる・・・具体的には、加速重視のために、スロットル急開時の空燃比を12.5近辺の出力空燃比にセットした際、どうしてもパーシャルで濃くなりすぎてしまい、通常ユースにおいて問題が発生しがちですね。
この問題を相当のレベルで解決してくれるというわけです。
ウオタニSP-2を含む、普通の点火系においては、パーシャル時にかぶってしまうようなシチュエーションにおいても、強力な火花で無理やり燃やし切ってしまう・・・そんな驚異的なパフォーマンスを有しているというわけです。
さらには、現状のセッティングにおいて、「まあ、こんなものかな・・」などと妥協していたとすれば、さらなるパワーアップの余地が生まれるというわけです。

今回、ご紹介する下記の記事は、そういったメリットを追求するべく挑戦中のものというわけです。


yamaさんのZ1R
http://blogs.yahoo.co.jp/yama242429/35042047.html

yamaさんのGPz900R
http://blogs.yahoo.co.jp/yama242429/35042236.html

パパッキーさんのGPz900R
http://blogs.yahoo.co.jp/keiichi277/27044570.html




「チーム変態おやぢの結成」なんて言っていますが、その実、なんていうことはありません。
もう、15年にわたってカワサキZでレース参戦しているk2k2さんが、ここのところ集まって一緒に遊んでいる変態御意見番のtsuruさんの紹介によって一緒に遊ぶようになった・・・・
んじゃあ、みんなで相乗りして一緒に楽しく遊んじゃおうじゃぁないか・・・・てなことで始まったと、まあ、そんな程度です。

実際のところ、k2k2さんにとっては迷惑なハナシなのかも知れない・・・なんてことは意にも介さず、おやぢならではのワルノリぶりを発揮して、押しかけちゃってるんですね・・・

参戦するレースは、日本最大の草レースイベントのひとつとなった、筑波サーキットにて年2回開催されているテイストオブツクバ、クラスはモンスタークラスです。
アマチュアレーサーによる草レースですので、つまるところは遊びなのですが、やるからには真剣にやりましょうね。
そして、その目的は楽しむことです。

気の合う仲間とチームを標榜し、その名のもとに集い語り合う・・・といえばカッコイイですが、なんのことはありません、ただダベッているだけです。

こんな感じでね!!

DSC04701.jpg



エースライダーのk2k2選手、マシンはZ750FX-1改です。

DSC04700.jpg



シートカウル内には、一次電圧昇圧回路「V-UP16」が鎮座します。
このマシンは、ジェネレーターを撤去し、バッテリーのみに点火を依存していますので、そこでは極めて大きな効果を発揮するのではないかと予想しています。

DSC04698.jpg



フロントには、まめしば強化アクスルキットです。
すでにシェイクダウンを済ませていますが、
「ピットロードで軽くスラロームをするだけで違う・・・・」
「これまで、最終コーナーの進入時に感じていたチャター気味の症状が消えた・・・」
その他、あらゆる場所において、剛性の向上を実感しているようです。

DSC04699.jpg



あっ、当然ですが、レデューサーも装着済みです。
それも、私がリードバルブ周りをモディファイしたスペシャル品です。
まるでバックトルクリミッターを装着したかのようなスムーズなエンブレとそこからの開けやすさ、そして一回り太く力強い加速トルクを得ることができます。

次回の走行テストでは、まめしばCRスペシャルを装着してもらいましょうね!!
これも楽しみなことです。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



まめしばスペシャルパーツの数々をご紹介いたします。


1、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
極めて効果的なデバイスである一次電圧昇圧回路「V-UP16」のご注文を受け付けしております。
再度の追加入荷にもかかわらず、あっという間に初回ロットは完売です。現在、ツイントップの吉田さんが次回ロット分を製作中ですが、完成は10月末ころになる予定です。
ひとつひとつを手作りする関係上、作るハジからなくなること必至ですので、入り用の方はお早めのご予約をお願いいたします。
また、四輪車用についてもご用意が可能ですので、ぜひご連絡をくださいね。
詳細については、こちらをご覧ください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-727.html
すでに入手された方々からお寄せいただいたインプレを集めた記事をアップしましたので、どうぞご覧になってくださいね。そして、早くも装着インプレ記事を書いてくださっている方々もおります。下記にリンクを貼ってありますので、どうぞ参考にしてください。

インプレ集
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-763.html

つるりんさんのブログです。強制減圧された変態GSF1200に装着し、ますます変態度を増しています。
いやぁ、なかなか核心を突いたさすがの表現です。

http://rgarage.blog59.fc2.com/blog-category-23.html

yamaさんのブログです。
エンジンチューニングをされたZ1Rに装着です。
CRキャブセッティングを、さらに加速重視に振れる可能性を見出しておられます。

http://blogs.yahoo.co.jp/yama242429/34972355.html


チョースケさんのブログです。
チューニングニンジャへの装着、まだ実走には至っていませんが、始動性やアイドリングの安定性が向上したようです。
実走インプレが楽しみですね。

http://ameblo.jp/bst-ninja/entry-10666403257.html


にえさんのブログです。
この記事シリーズは必見です。
にえさんもこのV-UP16の取り扱いをされていますし、もうしばらくすると、ヤマハRZ用スペシャルCDIキットも完成デリバリーされると思います。
これは、吉田さんと変態にえさんの共同開発品・・・乞うご期待です。

http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-11.html


パパッキーさんのブログです。
まだ装着を完了した段階ですが、これからのインプレが楽しみですね。

http://blogs.yahoo.co.jp/keiichi277/26983349.html


加えて、来る11月7日に筑波サーキットにて行われるテイストオブツクバのモンスタークラスにおいて、チーム変態おやぢのエースライダーK塚選手が装着して実戦テストします。
ジェネレーターレスのレーシングZですので、点火電源はバッテリーのみ、そういった状況下でも常に安定して16Vを供給することのメリットや如何に・・・
私の予想では、絶大なる効果があると踏んでいるのですが・・・そして、その他にも数人のライダーに装着していただき、このレースを戦います。




2、強化フロントアクスルキット
先般リリースいたしました、GS/GSX用及びカワサキZ系各マシン用の強化アクスルキットについて、多数のインプレをいただきました。
これはぜひお読みいただきたい・・・・・

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-712.html

なお、GS/GSX用については、初回ロット分を完売いたしましたので在庫はありませんが、次回ロット分のご予約については随時受け付けております。
カワサキZ系用は、Z1000MK2・Z1R・モリワキカヤバ等用のクランプ径24mmは完売いたしましたので、これも次回ロットの予約となります。
Z1000J系及びアドバンテージカヤバ、PMCカヤバ、ビトーカヤバ等用のクランプ径22mmについては、黒アルマイトが2セット、ナチュラルアルマイトが1セットのみ残っております。シャフト径は15mm、17mmのいずれも選択可能です。
いずれにしても僅少となりますので、必要な方はお早めにご連絡をくださいね。


・スズキGS/GSX用
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-20.html
・カワサキZ系用
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-632.html
この極めて効果的な部品を開発した経過はこちらにまとめてあります。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-8.html



3、まめしばCRスペシャルキャブレター
まめしばCRスペシャル関係の各部品及び作業につきましても継続して受理中ですので、こちらもよろしくお願いいたします。
こちらをご参照くださいね。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-95.html



4、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
圧倒的な効果を誰にでも体感させてくれる、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」についての検証と実験の経過はここにまとめてありますので、どうぞご覧ください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-1.html
これらの記事をご覧になればおわかりのとおり、複数装着やファインチューニングなどの様々なテストを積み重ねてきましたので、興味をお持ちの方は遠慮なくご連絡くださいね。記事では表現できないような内容もあります。
ただ単に装着するだけではない、「まめしば」ならではのノウハウを含めて、一味違う形で提供することができますので、関心をお持ちの方は、どうぞご遠慮なくメールをください。



一次電圧昇圧回路、アクスルキット関係、CRキャブレター関係、レデューサー関係、その他私宛の各種お問い合わせは、
mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。


オドロキの現象です!!
先日、ブログランキングのバイクカスタム部門、人気記事ランキングにおいて、1位から7位までを独占した「V-UP16」関連記事ですが、依然として上位独占状態が続いております。
こんな出来事は初めてのことですね・・・・必見です。

http://bike.blogmura.com/bike_customize/ranking_entry.html
ど~なっちゃってるんだろうか(驚愕)


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
先日から、車ブログ・車カスタム部門にエントリーを開始し、いきなり、初登場で1位をゲットいたしました。
目指すは車ブログ・バイクブログ総合ランキングでの1位ですので、皆様の絶大なるご支援をお願いいたします。変態パワー全開でネ!!




拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ