Entries

新潟の変態オヤヂたちに招かれて・・・・

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
皆様の応援クリックが何よりの励みとなっております。今日もポチッと応援ワンクリックをお願いします。


先日から、一次電圧昇圧回路の予約受付を開始しております。
この、極めて効果的なデバイスについて、この機会にぜひ入手されることをお勧めいたします。
詳細については、こちらをご覧ください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-727.html




先般リリースいたしました、GS/GSX用及びカワサキZ系各マシン用の強化アクスルキットについて、多数のインプレをいただきました。
これはぜひお読みいただきたい・・・・・

9月1日にインプレを追加しております。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-712.html

これらのキットに関するお問い合わせについては、
mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

なお、GS/GSX用については、初回ロット分を完売いたしましたので在庫はありませんが、次回ロット分のご予約については随時受け付けております。
カワサキZ系用は、Z1000MK2・Z1R・モリワキカヤバ等用のクランプ径24mmは完売いたしましたので、これも次回ロットの予約となります。
Z1000J系及びアドバンテージカヤバ、PMCカヤバ、ビトーカヤバ等用のクランプ径22mmについては、黒アルマイトが2セット、ナチュラルアルマイトが1セット残っております。シャフト径は15mm、17mmのいずれも選択可能です。
いずれにしても僅少となりますので、必要な方はお早めにご連絡をくださいね。





今回の行脚、その後段は、遠く新潟県からはるばるやって来た変態オヤヂたちとの、河口湖キャンプツーリングです。
二日目の午後、SGOCの皆さんに別れを告げ、私は中央高速諏訪ICから、一路、河口湖畔にある戸沢キャンプ場へと転進いたしました。

まめしばCRキャブレターのデリバリーをきっかけに始まったこの交流ですが、直接お会いするのは初めてのことです。
でも、いつものことですが、すでに10年来の友人のようにしっくりと馴染んでしまうのが不思議ですねぇ・・・・
やはり、共通の趣味っていいです。

まずは、マシンをご紹介しましょうか・・・

これは、南区ZさんのZ1です。
このマシン、南区Z1さんが自ら組み上げたものなのですね。
スキのない、統一感に溢れる仕上がりです。

DSC04510.jpg



キャブは、まめしばCRスペシャル・・・・
自分が組み上げた部品が、初めてお会いする方のマシンにしっかりと装着されている様を見ることができるなんて、これはもう感無量としか言いようがありません。

このマシン、伊豆スカイラインで乗せていただきましたが、私の好みではないポジション以外、どこにも文句の付けどころがないものでした。
CRキャブレターのセッティングも素晴らしく煮詰められており、どこから開けても良好なレスポンスを見せてくれました。
ここまで煮詰めていただけると、手を加えさせていただいた私としても嬉しい限りです。
そして何よりも印象的だったのは、コーナーを立ち上がる際のリア周りのトラクション感が気持ちいいんです。
もう、スロットルを大きめに開けると、リアタイヤのトレッドが路面をガッチリとつかんでグリグリと二次旋回をするフィーリングがお尻にしっかりと伝わってくるんですね。
これは、オートバイの醍醐味のひとつです・・・・
どこまでもワインディングを走り続けたくなるマシンでした。
現に、あまりの楽しさに2往復もしてしまったくらいですから・・・・

DSC04511.jpg



ハンドルポストには怪しげなメーターが追加されていますが、これは、ダイノジェットのワイドバンドコマンダーですね。
そう、空燃比データロガーです。
もう、この方も魔界の迷宮に足を踏み入れてしまったというわけです。

DSC04516.jpg



シートを開けると、そこにはワイドバンドコマンダーのユニット、そして、V-UP16の試作バージョンが・・・・
この変態オヤヂが、「オレは市販バージョンじゃなくて試作バージョンがいい」なんておかしなことを言うものですから・・・・

DSC04515.jpg



エバさんのZ750FX-Ⅲです。
一見するとノーマル然としているのですが、各部には実用的な手が加えられています。
まさに使い込まれた道具とでも言いましょうか・・・
こういうさりげない仕上がりも魅力的です。

DSC04513.jpg



キャブはこれまたまめしばCRです。

DSC04514.jpg



これは、MさんのGPZ900Rです。
いやぁ、これまた手が入っていないところがないですねぇ・・・
そして、隅々まで磨きこまれています。
いかに、このマシンに愛情を注いでいるかが伝わってきますね。
当のご本人は、
「オレは死ぬまでコイツに乗る!!」
と断言してはばかりません。

DSC04528.jpg



なにやら、たくさんのメーターが・・・
これ、ほとんど全て自作なのですね。
出来合いのものでは満足できない、自分だけの仕様です。

DSC04529.jpg



HさんのGPZ750Fです。
これはまた良く走りそうなマシンです。
事実、初めて走る箱根のワインディングを、危なげないライディングで快走していました。

DSC04512.jpg



夜には、皆で円座を組んでバイク談義に花が咲きます。
もう、大盛り上がりで大変な騒ぎでした。
この3人は、それこそ10代のころからのバイク仲間だそうですが、そんな中に始めて参加させていただいた私もしっくりと馴染ませていただき、こんなに嬉しいことはありませんでした。

DSC04509.jpg



キャンプを張った河口湖畔には、秋の訪れを感じさせるように、ピンクのコスモスが咲き乱れています。

DSC04520_20100922140632.jpg



さて、翌日は、私が伊豆箱根周辺のワインディングをご案内することになっていましたので、早朝から出発準備にかかります。

DSC04527.jpg



河口湖から、無料化された富士五湖道路を通って一気に御殿場まで、そして長尾峠を経由して箱根スカイライン、芦ノ湖スカイラインへと進みました。
ここは、箱根スカイラインの入り口ですが、ここまでの長尾峠を走っただけなのに、
「いやぁ、箱根って、こんなにいいワインディングがあるんですね!!」
なんて感動されてしまいました。
あのぉ、まだまだ序の口なんですが・・・・

DSC04530.jpg



芦ノ湖スカイラインを降り、今度は伊豆スカイラインへと進みます。
一気に亀石まで走り抜けましたが、ここのパーキング、スカイポート亀石に入ってマシンを降りたところ、みんな言葉を失っていたのは言うまでもありません。
日本全国に素晴らしいワインディングは多数ありますが、この伊豆スカイラインはその十指に入るところなのですから・・・
伊豆半島の尾根伝いを走るこの道は、右手には富士山と駿河湾、左手には相模湾と伊豆大島を望むことができます。
そして、極めてフラットで良好な路面と、適度なアールのコーナーが連続しますので、それはそれは気持ちいいことこの上なしということです。

スカイポート亀石で一休み中です・・・
「あ~、もう新潟に帰りたくねぇよぉ!!!!!!」
なんて感じでした。

DSC04532.jpg



ここで、お決まりの交換試乗会の開催です。
南区ZさんとMさんに乗っていただきましたが、印象は、
「タダの普通のバイク」
って感じでしょうか・・・

DSC04531.jpg



このあと、今度は箱根大観山パーキングへ・・・・
やはり、箱根に走りに来たのなら、ここに立ち寄らないわけにはいきませんね。

DSC04533.jpg



昼食後は、椿ラインを下りました。
ここは、もう、これでもかっというほどにタイトな切り返しが連続しますよね。
それも、一定のリズムではないところが楽しいんです。
大観山から湯河原までの長い区間では、高速コーナー以外のあらゆるパターンのコーナーを走ることができるのです。

しとどの磐で一休みです。

DSC04534.jpg



このあとは、再度大観山まで戻り、今度は超高速下りコーナーが16kmにわたって連続する、箱根ターンパイクを使って一気に小田原まで下山しました。
このターンパイクについても、
「こんなコース・・・・ありえない・・・・」
と絶句していましたよ。


私にとっては庭先のようなエリアですが、なにせこれから新潟まで帰らなくちゃいけないんですからね。
とりあえず、小田原厚木道路で厚木まで抜けて、そこから中央道八王子ICを入って圏央道経由で関越というルート設定をしました。

途中のR129相模原近辺まで先導させていただき、ここで新潟変態オヤヂたちと別れを惜しむことにしたのです。

DSC04537.jpg

DSC04538.jpg

DSC04539.jpg


必ずまたお会いしましょうね・・・・
今度は、私が新潟に行く番かな・・・・

DSC04540.jpg





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スズキGS/GSX用並びにカワサキZ系各マシン用の強化フロントアクスルキットを製作いたしました。関心をお持ちの方は、下記のアドレスまでご遠慮なくメールをいただければ幸いです。キットの詳細は、下記の記事を参照してくださいね。また、入手いただいた方々、装着インプレを楽しみにしておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スズキGS/GSX用
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-20.html
カワサキZ系用
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-632.html
この極めて効果的な部品を開発した経過はこちらにまとめてあります。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-8.html



まめしばCRスペシャル関係の各部品及び作業につきましても継続して受理中ですので、こちらもよろしくお願いいたします。
こちらをご参照くださいね。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-95.html


圧倒的な効果を誰にでも体感させてくれる、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」についての検証と実験を継続中です。 これまでの経過はここにまとめてありますので、どうぞご覧ください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-1.html
これらの記事をご覧になればおわかりのとおり、複数装着やファインチューニングなどの様々なテストを積み重ねてきましたので、興味をお持ちの方は遠慮なくご連絡くださいね。記事では表現できないような内容もありますので・・・
レデューサーの各種サンプルは、イベント参加時のみならず、日頃の箱根テストラン時などでも常に携帯していますので、私を見かけた際にはどうぞご遠慮なくお声かけください。
百聞は一見にしかず・・・いや、一乗りにしかず・・・です。
レデューサーの詳細画像やオフィシャルな機能説明については、マエカワエンジニアリングさんのHPを参照してくださいね。
http://maekawaengineering.web.fc2.com/


一次電圧昇圧回路、アクスルキット関係、CRキャブレター関係、レデューサー関係、その他私宛の各種お問い合わせは、
mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。



にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ここしばらく、また応援クリックが激減して・・・・・忘れていませんか・・・(泣



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

まめしばブログに載せていただき感動です!!
箱根ではこんなコースがまだまだいっぱいあるとのこと。
信じられません。。
  • posted by エバ 
  • URL 
  • 2010.09/23 08:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ