Entries

「まめしば」と「私」

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング争いは依然として激戦です。皆様の応援クリックが頼みですので・・・・


先日から、一次電圧昇圧回路の予約受付を開始しております。
この、極めて効果的なデバイスについて、この機会にぜひ入手されることをお勧めいたします。
詳細については、こちらをご覧ください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-727.html




先般リリースいたしました、GS/GSX用及びカワサキZ系各マシン用の強化アクスルキットについて、多数のインプレをいただきました。
これはぜひお読みいただきたい・・・・・

9月1日にインプレを追加しております。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-712.html

これらのキットに関するお問い合わせについては、
mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

なお、GS/GSX用については、初回ロット分を完売いたしましたので在庫はありませんが、次回ロット分のご予約については随時受け付けております。
カワサキZ系用は、Z1000MK2・Z1R・モリワキカヤバ等用のクランプ径24mmは完売いたしましたので、これも次回ロットの予約となります。
Z1000J系及びアドバンテージカヤバ、PMCカヤバ、ビトーカヤバ等用のクランプ径22mmについては、黒アルマイトが5セット、ナチュラルアルマイトが2セット残っております。シャフト径は15mm、17mmのいずれも選択可能です。
いずれにしても僅少となりますので、必要な方はお早めにご連絡をくださいね。





排気負圧を使って大きな減圧能力を稼ぎ、その余剰分を使ってクランクケース内を強制的に換気しようという試み、着実に進行中です。
巧く行くかどうかなんてわかりませんし、果たしてそれが実効あるものになるのかということだってわからないのです。
でも私は、他人がやっていないことをやってみたいですし、何事もやってみなくちゃわからないんです。
やりもしないうちから、単なる想像や感覚で、「そんなことやったって意味ないよ・・・」なぁんて言うのは簡単です。
他人のやっていることが気になったり、ましてや自分の考えと違ったりしたのであれば、外野からくだらない批判をする前に、自分で実証した上で、自分の場で反論すれば良いだけのことです。


と、ここまで書いて、私は今日の記事の表題を変更しました。
最初は、「強制減圧への道 その56(可変式微差圧リリーフバルブの装着を完了)」という題名をつけたのですが、ちょっと気が変わりまして・・・・
ここ最近、というわけでもないのですが、ちょっと感じていることを書きます。
まあ、私の記事をお読みいただいている方々の100人中99人は、
「そんなこと書かなくてもわかってるよ!!」
と言うのではないかと思うのですが、どうやらそうでもない人もいるようですので・・・・


私の記事内容は、その時々にやったことや感じたこと、そしてそれに基づいた、その時点での考えを書き綴ったものですので、振り返ってみれば、
「あ~、あの時の考えは正しくなかったなぁ・・・」
と思うことも少なからずあるのも事実です。
しかし、それをあえて訂正したり修正したりすることは、基本的にはやりません。
なぜなら、それは、試行錯誤の過程そのものだからです。
つまり、私が言いたいのは、「私の記事の中に、貴方の求める答えはありません」ということです。
貴方の考えに基づいた貴方自身のプロセスを踏んでみてください。
そこにおいて、私が踏んだプロセスをたたき台にするとか、参考にするなどしてください。
それが、私がこのような記事を書いているひとつの目的でもあります。
貴方が求める答えは、貴方自身が見つけるべきなのです。



最近、ネット上でも、リアルな世界でも、私の記事内容を引用したり、ひとつの根拠にしたりするケースが散見されるようになってきました。
こんな私の変態記事に関心を持って話題にしてくれるのですから、それは有難いことです。
なので、別段、そのこと自体を否定するつもりもありませんし、また仮に否定したからといって防ぐことすら不可能なことです。


だいぶ前のことです。
そう、ちょうどCRキャブレターのセッティングを空燃比データロガーのグラフを掲示しながら書いていたころですね。
所要で出かけた地方で、たまたま通りかかったバイクショップの店先に置いてあったカスタムマシンを覗き込んでいたんです。
すると、店主と思しき人が話しかけてきました。
どうも、ショップの看板マシンらしく、チューニング内容についての細かい説明が始まりました。
私もオトナですので、せっかく懸命に説明してくれている話の腰を折るような無粋なことはしたくありませんので、その説明に耳を傾けていたんです。

そのマシンは吸気がインジェクションだったのですが、そのセッティングの話になりました。
しばらくの間、それがいかに手間暇のかかる大変な作業であるといった説明が続きましたが、ほどなくすると、店の奥から一冊のファイルノートを持ち出し、それを開いて説明が続きます。
そのファイルの中には、日頃見慣れたグラフが・・・
最初は、この人も私と同じデータロガーを使っているのかなって思ったのですが、良く見ると、私の記事に掲載したグラフそのもの・・・・

それでどうしたのかって・・・・いや、そのまま説明を聞いていました。
何か、不思議な感覚を覚えたんですね。

ネット上の「まめしば」という、いわばバーチャルな虚像と、「私という実在の人間」の間に相当な乖離が生じているとでも言うのでしょうか・・・
そんな感覚に襲われたのです。


その後も、現在に至るまで、私は複数の場所で、私の分身であるはずの「まめしば」に遭遇することとなります。


私の預かり知らないところで、私の分身である「まめしば」が語られ、そこで独り歩きを始めるということです。
私が会ったこともないような人が、「まめしばさんがさぁ・・・・」と話をする・・・
また、「まめしば」と知り合いであることを自己顕示や自己利益のために使う・・・・
それが回り回った上で、さんざん尾ひれがついた挙句に私のところに届くのですが、そういったことは、今年になって、私がCRキャブレターの部品や作業を請け負うようになってからは、さらに顕著となりました。


私が、このような記事を書き続けている限り、ネット上の「まめしば」は存在し続けますし、それと平行して「私」も存在するのです。
こういった出来事をきっかけにして、私は、このふたつの像をどのようにコントロールしていくのかを考えなくてはならないと感じ始めました。
色々なことを考えましたが、とりあえずの結論は、
「我が道を行く」
ということです。

私は、オートバイに関する業界で生計を立てているわけではありませんので、本来、そこにしがらみや軋轢を感じることのない立場です。
だからこそ、私は自分の感じたままを記事に書き、それが多くの方々の支持を得たのです。
それが、「まめしば」の立場なのですね。
皆、そこに「まめしば」の価値を見出し、だからこそ支持したというわけです。
それを崩すことは、「まめしば」そのものを否定することになりますからね。
しかし、最近の私は、好むと好まざるとにかかわらず、複数の業界人の方々と、いまさら切ることのできない関係を持つに至っています。
その、いわば「半業界人」となりつつある現状と、本来の「まめしば」のスタンスをどのようにバランスさせていくのか、加えて、実在の「私」という存在をどのように重ねていくのか・・・・
様々なことを考えはするものの、まあ、基本的には然るべき流れに任せるのが一番と思っています。
「まめしば」のスタンス、基本姿勢を堅持するということです。



ちょっと話題は変わります・・・

どうしても私の存在が疎ましかったり、気に入らなかったりする人がいるようです。
まあ、この世に存在する全ての人と良好な関係を維持するなんてことは不可能なことですから、まあ、仕方のないことですね。


以前は、ヤフーブログで記事掲載していましたが、これは、そういった類の方々からの、規約違反通報によって、ある日突然に強制削除の憂き目に遭いました。
まあ、下手人はわかっているのですが、その経緯を明らかにすると、それはそれで波紋を呼びますので、ここでは伏せておきましょうね。
それに、事実上は有名無実とはいえ、ヤフーブログの規約に形式的に違反していたのは事実なのでしょうから、強制削除の事実そのものに異議申し立てをするつもりなんてありませんしね。
まあ、揚げ足を取られるようなスキがあった私に非があるということです。
あ~、ヤフーブログは、商用目的を禁止していますので、記事内に物品を有償で頒布する旨の記載をすることはできないのですね。
現在、ヤフーブログでそのような記載をしている方がおられたら、万が一の場合に備えて、バックアップを取っておくことをお勧めします。
ある日、自分の記事を開こうとしたら、忽然と消えていたなんてこともあり得ることですので・・・・
世の中には、そういった姑息な手段を使う淋しい人が少なくないようですのでね。


依然として、意味不明の書き込みをする人もいます。
FC2ブログは、コメント承認制を取っていますので、これを記事上に反映されないことがわかっていて書いて来る人もいますね。
でも、あまり賢いこととも思えません。
その書き込みは、記事上に私が反映していないだけで、消えたわけではないのですからね。
そして、書き込みをした時点で、それは私の管理下にあるものですから、どこで公表しようと私の自由ということです。
だいぶたまりましたので、いずれ気が向いたら○○さん語録とか△△さん語録なんて形でまとめてみるのも一興かもしれませんね。
牽制球も、手元が狂うと暴投になって墓穴を掘るということを忘れてはなりません。

ご質問やお問い合わせはいつでも歓迎しますが、会ったこともない他人に物事を尋ねるにふさわしい配慮は欲しいものです。
そんなに堅苦しいことを求めるつもりはありませんが、最低限のマナーをお忘れなきように・・・・


筋違いの要求をしてくる人もいますね。
もしかすると、当の本人は筋が違うと認識していないのかもしれませんが、私は義理のない他人様に対して、物事の筋道について教示するような立場にはありませんので、それも放置するしかありません。
まあ、社会性を持たない気の毒な方なんだと哀れむくらいがいいところです。
そして、そういう人たちは、社会性というのは、周囲に迷惑をかけないためのものではなく、自分自身を守るためのものであることに気づいていないのですからね。


さらには、私に直接対面している時には非常にフレンドリーな態度で接しているものの、私がいない別の場所では、私を揶揄することに終始する人もいます。
そういう人は、付き合いの始まった当初はわかりませんが、程なくすると馬脚を呈するのが常ですね。
そういう気のある人は、話を聞いているとわかります。
ちょっと名前の売れた人を引き合いに出しては、「あいつはオレが世話したんだ・・・」という類のことに始まって、とにかく自分の方が格上なんだということをしきりに誇示するのですね。
そして、他人のことを褒めたり、「この人には世話になった」という類の話をほとんどしないのも共通する特徴のひとつです。
まあ、どういう世界にもそういう人はいますが、つまるところ、他人をおとしめることで相対的に自分の地位を保とうと腐心する・・・まあ、内面の脆弱性の現れということです。
そういう人が最も哀れなのは、周囲がそのことに気づいているということに、当の本人が気づいていないという点にありますね。
まあ、直接相対している際にフレンドリーである限り、そのまま気づかないフリをしてそっとしてあげるのがオトナのたしなみというものです。



まあ、色々とあります・・・
でも、私はこれまで同様にバイクいじりを趣味とし続けますし、「まめしば」はこれまでどおりに変態記事を書き続けます。
そして、その過程で生まれた部品やノウハウは、それを必要とする方々に提供を続けます。
それらの全て、100%が正しいという保障はありません。
私は正しいと思っているのですが、人によって、または場合によってはそうではない可能性も否定はできませんからね。
そして、それについての最終的な判断と、それに基づく取捨選択は、記事を読んでいるひとりひとりの方々に委ねるしかありません。


皆様、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

まめしばこと○○○○



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スズキGS/GSX用並びにカワサキZ系各マシン用の強化フロントアクスルキットを製作いたしました。関心をお持ちの方は、下記のアドレスまでご遠慮なくメールをいただければ幸いです。キットの詳細は、下記の記事を参照してくださいね。また、入手いただいた方々、装着インプレを楽しみにしておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スズキGS/GSX用
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-20.html
カワサキZ系用
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-632.html
この極めて効果的な部品を開発した経過はこちらにまとめてあります。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-8.html



まめしばCRスペシャル関係の各部品及び作業につきましても継続して受理中ですので、こちらもよろしくお願いいたします。
こちらをご参照くださいね。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-95.html


圧倒的な効果を誰にでも体感させてくれる、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」についての検証と実験を継続中です。 これまでの経過はここにまとめてありますので、どうぞご覧ください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-1.html
これらの記事をご覧になればおわかりのとおり、複数装着やファインチューニングなどの様々なテストを積み重ねてきましたので、興味をお持ちの方は遠慮なくご連絡くださいね。記事では表現できないような内容もありますので・・・
レデューサーの各種サンプルは、イベント参加時のみならず、日頃の箱根テストラン時などでも常に携帯していますので、私を見かけた際にはどうぞご遠慮なくお声かけください。
百聞は一見にしかず・・・いや、一乗りにしかず・・・です。
レデューサーの詳細画像やオフィシャルな機能説明については、マエカワエンジニアリングさんのHPを参照してくださいね。
http://maekawaengineering.web.fc2.com/


一次電圧昇圧回路、アクスルキット関係、CRキャブレター関係、レデューサー関係、その他私宛の各種お問い合わせは、
mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。



にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ここしばらく、また応援クリックが激減して・・・・・忘れていませんか・・・(泣



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

Comment

Re: タイトルなし 

色々とご心配をいただき、ありがとうございます。
そして、おおいに励まされました。
ここ1年くらいの間に様々なことがありましたが、結論は「我が道を行く」・・・
ブレることなく前進あるのみです。
とはいっても、最近はほとんど気にしていませんけれど・・・
所詮は遠くでガヤガヤとしているだけですから・・・
そうは言っても、気分が悪いのも事実ですので、たまには牽制球を投げておかないとネ!!


> 自分は2000年からホームページを始めてちょうど10年になります。
> 拙いサイトですが、長い間やっていると色んな人がいました。
> インタラクティブなメディアである以上、雑誌やテレビのような一方通行のメディアとは異なり色々なノイズが入って来ますね。
> でも、それはインタラクティブなメディアである以上避けられない道ですよね。
> それを飲み込んで、且つ毎日更新されているまめしばさんに本当に敬意を表します。
> 毎日コンテンツを考えるのは本当に大変ですよね。
> サボタージュをして来る人達のプロファイリングをしてみると、共依存傾向のある、自分の頭で思考する事が出来ない人達であると思われます。
> 彼らは、少しでも権威のある誰かに寄生する事で自らの弱さを隠したいのだと思います。
> こういう人達はどこにでも存在します。
> 彼らは自分たちが弱い存在である事を非常に恐れています。
> その恐れが他人を攻撃する原動力になっているんですね。
> また、Webのリテラシーも低いので、ある意味墓穴を掘る事にそもそも気がついていません。
> このような状況は、ずっと続く可能性があるので、腹立たしいかも知れませんが
> 哀れに思いながら無視するしかないと思います。
> 哀れな人達を許す事もある意味必要だなあと最近考えるようになりました。
> 魑魅魍魎にも存在する理由はあるのでしょう。
> 人類の多様性に驚くと共に、そういう種類の人類と共生して行く事も必要なのだろうか?と考えています。まあ、頭には来ますけどねw答えはありませんが・・・
> 今後も、変わらぬ変態ブログを引き続き期待しております!
  • posted by まめしば 
  • URL 
  • 2010.09/10 09:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

自分は2000年からホームページを始めてちょうど10年になります。
拙いサイトですが、長い間やっていると色んな人がいました。
インタラクティブなメディアである以上、雑誌やテレビのような一方通行のメディアとは異なり色々なノイズが入って来ますね。
でも、それはインタラクティブなメディアである以上避けられない道ですよね。
それを飲み込んで、且つ毎日更新されているまめしばさんに本当に敬意を表します。
毎日コンテンツを考えるのは本当に大変ですよね。
サボタージュをして来る人達のプロファイリングをしてみると、共依存傾向のある、自分の頭で思考する事が出来ない人達であると思われます。
彼らは、少しでも権威のある誰かに寄生する事で自らの弱さを隠したいのだと思います。
こういう人達はどこにでも存在します。
彼らは自分たちが弱い存在である事を非常に恐れています。
その恐れが他人を攻撃する原動力になっているんですね。
また、Webのリテラシーも低いので、ある意味墓穴を掘る事にそもそも気がついていません。
このような状況は、ずっと続く可能性があるので、腹立たしいかも知れませんが
哀れに思いながら無視するしかないと思います。
哀れな人達を許す事もある意味必要だなあと最近考えるようになりました。
魑魅魍魎にも存在する理由はあるのでしょう。
人類の多様性に驚くと共に、そういう種類の人類と共生して行く事も必要なのだろうか?と考えています。まあ、頭には来ますけどねw答えはありませんが・・・
今後も、変わらぬ変態ブログを引き続き期待しております!
  • posted by つるりん 
  • URL 
  • 2010.09/07 21:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ