Entries

CRキャブレター改造計画 その64(WPC+Mos2処理のその後)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ここしばらく、また応援クリックが激減して・・・・・忘れていませんか・・・(泣


先般リリースいたしました、GS/GSX用及びカワサキZ系各マシン用の強化アクスルキットについて、多数のインプレをいただきました。
これはぜひお読みいただきたい・・・・・

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-712.html

これらのキットに関するお問い合わせについては、
mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。
なお、GS/GSX用については、初回ロット分を完売いたしましたので在庫はありませんが、次回ロット分のご予約は随時受け付けております。
カワサキZ用については、まだわずかに在庫がありますが、仕様によっては僅少となりますので、必要な方はお早めにご連絡をくださいね。


私の現在におけるメインキャブは、まめしばスペシャルCR33です。
このほかにも、FCR35、FCR37、TMR35、CR31などが常にスタンバイしているのですが、やはりこのCR33が一番のお気に入りなのです。
そしてこれは、PEEK製スロットルバルブを始めとする、まめしばCRパーツのテスト機としての役割を持っていますので、耐久性テスト及びニューパーツの先行テストのためにも使い込んでやる必要があるのですね。

ここのところ、まめしば強化アクスルキットの開発やデリバリーに忙しく、CRキャブレター関連作業が滞り気味でした。
CRキャブレターの作業を依頼してくださっていた数人の方々をいつまでもお待たせするわけにもいきませんので、ここしばらくはこれに取り掛かることにしました。

そのついでというわけではないのですが、自分のCR33もマシンから取り外し、各部の状況をチェックしてみましたので、その結果についてご報告いたします。
すでに、まめしばCRスペシャルをお使いいただいている方々への、耐久性に関するご報告という意味も含めて・・・・

まず、本日は、キャブレターボディーに施した、WPC+Mos2処理の状況についてご報告いたします。

これが、私のまめしばスペシャルCR33ですが、これから全分解します。

DSC04311.jpg



この、WPC+Mos2処理については、この「NEさん」
http://www.ne-jp.com/wpc/
が提供している画期的な表面処理ですが、エンジンパーツなどに関してはすでに定評のあるものですね。摺動性や耐摩耗性を飛躍的に向上させるというものです。
私は、CRキャブレターのスロットルフィーリングを向上させるために、この摺動性を向上させるという効果を狙っていたのですが、その効果は確実なものでした。
PEEK製スロットルバルブと相まって、FCRやTMRに勝るとも劣らないほどの軽くてスムーズなフィーリングを得ることができたのです。
その過程については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧ください。
記事量は膨大ですが、CRキャブレターのモディファイに関しては随一のものと自負しています。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-22.html

この、WPC+Mos2処理をCRキャブレターボディーに行うことについては、ほぼ私が先鞭を付けたものですが、すでに多数のCRキャブレターに処理してきました。
その様子については、この記事をご覧くださいね。
このほかにも、処理前のマスキング作業などもあるのですが、まあ、そうそう簡単ではないということです。

処理後の洗浄
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-243.html

処理前と処理後
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-247.html


今回のチェックは、耐摩耗性についてはどうだったのかということです。
CRキャブレターについては、スロットルバルブとボディーが直接に摺動していますので、ボディーの磨耗については、走行距離に応じて徐々に進行するものです。
まあ、吸気脈動によって踊るスロットルバルブに叩かれながら摺動しているのですから、それなりに厳しい条件下にあるということです。
現に、私がこれまでに分解等してきた数十機のCRキャブレターでも、距離を経ているものはそれなりに磨耗しているものでした。

私のCR33については、処理後、既に1万5,000kmほど走行していますので、このあたりでボディー内壁の状態を確認しておこうというわけです。

まずは画像でご覧ください。

DSC04302.jpg

DSC04306.jpg



上の画像はエアクリーナー側、下はエンジン側です。
いずれも、スロットルバルブとの摺動痕はついているものの、磨耗が進んだ様子は全くありません。
敏感な指腹で慎重に触診してみても、段付きを感じることはできませんので、これはなかなかの状態と言うことができます。
特に、スロットルバルブが吸気脈動によって踊りながら叩きつけられるエンジン側においても、叩かれた痕跡はあるものの、磨耗や荒れは見受けられませんでした。

これはなかなかの効果ということですね。
いくらセッティングを煮詰めたとしても、ボディーの磨耗が進んでしまえば、そのキャブは寿命を迎えるということですので、距離を走りつつも長持ちさせたいというのであれば、これは先行投資する価値は十分にあるということです。

この、CRキャブレターボディーに対するWPC+Mos2処理ですが、キャブレターアッシィを完全分解(スロットルシャフトベアリングまでの全て)した上で、下洗浄、マスキング、処理後の完全洗浄、組み立てという手間暇がかかりますが、もし、やってみたいという方がおられましたら、どうぞご連絡をください。
その他にも、CRキャブレターに関しては各種のメニューをご用意しております。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-95.html


キャブレターとは関係ありませんが、NEさんがプロデュースする、このWPC+DLC処理も素晴らしいです。
これまで、インナーチューブにはチタンコーティングなども試してきましたが、これは次元が違う摺動性を発揮します。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-26.html

この冬に予定しているエンジンオーバーホールにおいて、ちょっとやってみたいなぁ・・・


次回は、PEEK製スロットルバルブ(摺動グレード)について、約1万km走行後の状態をご報告いたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スズキGS/GSX用並びにカワサキZ系各マシン用の強化フロントアクスルキットを製作いたしました。関心をお持ちの方は、下記のアドレスまでご遠慮なくメールをいただければ幸いです。キットの詳細は、下記の記事を参照してくださいね。また、入手いただいた方々、装着インプレを楽しみにしておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スズキGS/GSX用
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-20.html
カワサキZ系用
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-632.html
この極めて効果的な部品を開発した経過はこちらにまとめてあります。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-8.html



まめしばCRスペシャル関係の各部品及び作業につきましても継続して受理中ですので、こちらもよろしくお願いいたします。
こちらをご参照くださいね。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-95.html


圧倒的な効果を誰にでも体感させてくれる、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」についての検証と実験を継続中です。 これまでの経過はここにまとめてありますので、どうぞご覧ください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-1.html
これらの記事をご覧になればおわかりのとおり、複数装着やファインチューニングなどの様々なテストを積み重ねてきましたので、興味をお持ちの方は遠慮なくご連絡くださいね。いつものとおり、知っていることは全てお伝えするつもりです。
レデューサーの各種サンプルは、イベント参加時のみならず、日頃の箱根テストラン時などでも常に携帯していますので、私を見かけた際にはどうぞご遠慮なくお声かけください。
百聞は一見にしかず・・・いや、一乗りにしかず・・・です。
レデューサーの詳細画像やオフィシャルな機能説明については、マエカワエンジニアリングさんのHPを参照してくださいね。
http://maekawaengineering.web.fc2.com/


市販間近の一次電圧昇圧回路についてテストを継続中です。
市販バージョンが完成次第、初回ロット分の予約受付を受理いたしますので、関心をお持ちの方は今しばらくお待ち下さいね。
価格については未確定ですが、予価は税込み24,150円です。

この効果的な部品を開発製作したツイントップさんのHPはこちらになります。
中でも、趣味のジェットスキーに関するチューニング内容は驚愕ですね・・・
http://www.ne.jp/asahi/twin/top/

この昇圧回路に関するツイントップさんのブログ記事はこちらです。
まあ、こういったデモ的なものはこれまでにもいくつかありましたが、火花が強化されるのは事実ということです。
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Entry/116/



一次電圧昇圧回路、アクスルキット関係、CRキャブレター関係、レデューサー関係、その他私宛の各種お問い合わせは、
mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。



にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ここしばらく、また応援クリックが激減して・・・・・忘れていませんか・・・(泣



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ