FC2ブログ

GS1000と日々の日記

ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。

Entries

ツイントップ製一次電圧昇圧回路の完成予定について

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ここしばらく、また応援クリックが激減して・・・・・忘れていませんか・・・(泣


先般リリースいたしました、GS/GSX用及びカワサキZ系各マシン用の強化アクスルキットについて、多数のインプレをいただきました。
これはぜひお読みいただきたい・・・・・

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-712.html

これらのキットに関するお問い合わせについては、
mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。




これまでの検証結果について、4回にわたって記事掲載をしてきた「一次電圧昇圧回路」ですが、概ね9月上旬ころには市販バージョンのデリバリーができる見通しとなりました。

この極めて効果的な部品について検証した記事はこちらにまとめてあります。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-27.html

V-UP16.jpg


DSC04089.jpg




その後も検証を継続しているところですが、私は、その過程において、様々な効能について思考をめぐらせていました。
これは、点火系を強化するための、いわゆる「チューニングパーツ」ですが、それだけではないのではないか・・・。
この、チューニングパーツとしてのパフォーマンスについては、これまでの記事でも検証してきたとおりですが、私が考えたのは以下のような、「実用部品」としての機能なのです。

マシンによって、点火系を含めた各部の状態はまちまちです。
必ずしもベストの状態ではないということです。
たとえば、ちょっと古くなったマシンにおいて、始動性がいまひとつで、特に冬の寒い時期など、出かけようと思ったら始動できなくなり、せっかくのツーリングに行けなくなったなんてこともありますよね。
根本的に解決するためには、充電系からバッテリー、はたまたエアクリーナーからキャブレターまで、ありとあらゆるところに手を加えなくてはならない・・・・
いや、本来はそうするべきなのですが、かかるコストや手間のことを考えれば、なかなかそうも行かないというのもひとつの現実であったりします。

バッテリーがちょっと弱っていて、セルモーターもヘタリ気味・・・・キャブの調子もいまひとつ・・・・
チョークを引いてセルボタンを押し、「ボボッ」と初爆があったところでうまくかけることができれば問題なく走り出せるものが、そこで失敗するとドツボにはまる・・・・

そう、セルモーターを回転させるために大きな電力が食われてしまい、点火の火花が弱くなってしまい、気温の低さによって霧化状態が悪い混合気に火をつけることができなくなるのです。
ちなみに、セルモーターで始動できないマシンでも、押しがけやキックなら容易に始動できるというのはこういった理由によるものです。
セルモーターの駆動に電力が食われない分、コイルに大きな電力が供給されて強い火花を得ることができるんですね。それだけのことです・・・

そういったケースにおいても、この一次電圧昇圧回路は、大きな助けになるに違いありません。
本来の使用目的ではないのかもしれません・・・そういう場合には、こんなチューニングパーツに頼って誤魔化すべきではない。それでは根本的解決にはならない・・・・それも事実ですが・・・・
装着していれば始動できるケースも増えるはずというのも、ひとつの事実です。
誤魔化してでも、その日に走ることができるかどうかというのも、現実には大切なことですよね。
それが、ツーリング先であったりすれば、なおさらそうです。
前日の宴会でしこたま飲み、クラクラする頭を振りながら、さて帰途に就こうとエンジンを始動しようとしたら・・・・・
根本的解決は、帰ってからやればいいんです。

また、古いマシンやキャブセッティングが煮詰まっていないマシンにありがちなのが、ある程度エンジン回転が上がればちゃんと吹けるのに、アイドリングから発進直後の低回転域で「ボボボッ」なんていってスムーズに吹けない・・・
きっと、そんなケースにも威力を発揮するはずです。
本来なら、ちゃんとセッティングをするのが本道ですが、現実はなかなかそうも行かない・・・・

エンジンの三大要素は、ご存知のとおり
・良い混合気
・良い圧縮
・良い火花
です。
このうちの1つについて、極めて効果的に、そしてリーズナブルに強化できるデバイスということです。


現在、ツイントップの吉田さんは、市販化に向けての最終マッチングテストに余念がありません。

たとえば、2ストロークエンジンに多用されるCDI点火について確認するため、近日中に、某変態オヤヂがいくつかの点火コイルをポケットに入れてヤマハRZ250に乗り、名古屋まで遠征する予定です。

社外品点火システムに関して、ウオタニSP-2については確認済みですが、ダイナ2000については未確認です。たぶん、大丈夫のはずなのですが、実際にテストしていないので未確認ということです。
その他、ゼファー1100などのツインプラグマシンでは、電流値がオーバーしてしまう可能性があるので、装着するとすれば2個必要となります。

こんな具合にマッチングテストをしますので、手間暇がかかるんですね。
マッチングテストにおいては、オシロスコープを始めとする各種計測器を使用して、パルス波形や通電時間、電圧や電流値を見ながら緻密に検証しています。
ですので、市販の時点では、入手した方々に安心して使っていただけるものになっているはずです。

現時点でも、少なからぬ方々からお問い合わせを受けているところですが、予約受付開始は8月下旬から9月初旬ころを予定しています。

この一次電圧昇圧回路は、全て吉田さんの手作りですし、外箱は前川さんのマシニングによる削り出し品です。
なんとも贅沢なものですが、最大で日産10個ですので、予約いただいた先着順にデリバリーということになります。
現時点での予価は、税込み24,150円となりますので、入手をご検討の方はあらかじめご承知おきくださいね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スズキGS/GSX用並びにカワサキZ系各マシン用の強化フロントアクスルキットを製作いたしました。関心をお持ちの方は、下記のアドレスまでご遠慮なくメールをいただければ幸いです。キットの詳細は、下記の記事を参照してくださいね。また、入手いただいた方々、装着インプレを楽しみにしておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スズキGS/GSX用
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-20.html
カワサキZ系用
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-632.html
この極めて効果的な部品を開発した経過はこちらにまとめてあります。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-8.html



まめしばCRスペシャル関係の各部品及び作業につきましても継続して受理中ですので、こちらもよろしくお願いいたします。
こちらをご参照くださいね。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-95.html


圧倒的な効果を誰にでも体感させてくれる、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」についての検証と実験を継続中です。 これまでの経過はここにまとめてありますので、どうぞご覧ください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-1.html
これらの記事をご覧になればおわかりのとおり、複数装着やファインチューニングなどの様々なテストを積み重ねてきましたので、興味をお持ちの方は遠慮なくご連絡くださいね。いつものとおり、知っていることは全てお伝えするつもりです。
レデューサーの各種サンプルは、イベント参加時のみならず、日頃の箱根テストラン時などでも常に携帯していますので、私を見かけた際にはどうぞご遠慮なくお声かけください。
百聞は一見にしかず・・・いや、一乗りにしかず・・・です。
レデューサーの詳細画像やオフィシャルな機能説明については、マエカワエンジニアリングさんのHPを参照してくださいね。
http://maekawaengineering.web.fc2.com/


市販間近の一次電圧昇圧回路についてテストを継続中です。
市販バージョンが完成次第、初回ロット分の予約受付を受理いたしますので、関心をお持ちの方は今しばらくお待ち下さいね。
価格については未確定ですが、予価は税込み24,150円です。

この効果的な部品を開発製作したツイントップさんのHPはこちらになります。
中でも、趣味のジェットスキーに関するチューニング内容は驚愕ですね・・・
http://www.ne.jp/asahi/twin/top/

この昇圧回路に関するツイントップさんのブログ記事はこちらです。
まあ、こういったデモ的なものはこれまでにもいくつかありましたが、火花が強化されるのは事実ということです。
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Entry/116/



一次電圧昇圧回路、アクスルキット関係、CRキャブレター関係、レデューサー関係、その他私宛の各種お問い合わせは、
mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。



にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ここしばらく、また応援クリックが激減して・・・・・忘れていませんか・・・(泣



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。
また、オートバイを構成する各部について、その原理や法則に及びつつ、実践的なノウハウも盛り込んでおりますので、参考にしていただければ幸いです。

ファクトリーまめしばの営業について、特段に定休日や営業時間を設けておりませんが、一人で切り盛りしておりますので、おいでになる際には、あらかじめのご連絡をいただければと思います。

〒250-0852
神奈川県小田原市栢山2925-3
株式会社ファクトリーまめしば
Tel:090-3342-1234
FAX:0465-46-7041
Mail:mameshiba198@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ