FC2ブログ

GS1000と日々の日記

ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。

Entries

一次電圧昇圧回路 その2(装着と走行インプレ編)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
最近、またちょっと応援クリックが少なくてちょっと悲しいです・・・忘れていませんか・・・今日も、ポチッと応援クリックをお願いします。



昨日に引き続き、名古屋のチューニングショップ、ツイントップ製の一次電圧昇圧回路についてです。
本日は、装着から実走行時のフィーリングインプレについて書いてみたいと思います。

ツイントップさんのHPはこちらになります。
中でも、趣味のジェットスキーに関するチューニング内容は驚愕ですね・・・
http://www.ne.jp/asahi/twin/top/

この昇圧回路に関するツイントップさんのブログ記事はこちらです。
まあ、こういったデモ的なものはこれまでにもいくつかありましたが、火花が強化されるのは事実ということです。
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Entry/116/


装着に関しては、極めて簡単なものです。
この画像のとおり、ユニットから出ている配線は3本です。
黒~アース
赤~12V入力
橙~16V出力
これだけです。
つまり、12Vイグニッション電源がコイルの一次側に行くラインを切断し、電源側に「赤」、コイル側に「橙」をつなぎ、アースを落とすだけの作業となります。

DSC04089.jpg



ユニットの配置も適宜という感じです。
耐振動性、耐熱性、防水性などについて、とりあえず考慮対策は施されていますが、まあ、常識的な範囲内においてそれらにも配慮した取り付けをする程度でしょうか・・・・
私の場合には、ダンパーとしてホースの切れ端を挟んだ上で、シートレールにタイラップで縛り付けただけです。

DSC04133.jpg



これは、装着前における、コイルにかかっている一次電圧を計測したものです。
ちなみに、エンジンは停止状態ですので、純粋にバッテリーから供給されている電圧ということですね。
12.59v、なかなか優秀ではないでしょうか・・・
私の場合、点火系専用の別ハーネスを製作し、これをリレー連動で作動させていますのでこのような値になっていますが、通常のノーマルハーネスの場合、1v程度の電圧降下は珍しいことではありません。

DSC04090.jpg



昇圧回路を装着した状態です。
15.98v、しっかりと昇圧されていますね。

DSC04118.jpg



さて、期待に胸を膨らませながら、エンジンを始動させてみましょうか・・・

実際のところ、もしかすると体感的な効果はさほどではないのではないかとの考えもありました。
私のマシンは、すでに相当なレベルで点火系を強化しています。
強力なウオタニSP-2ユニット、それも特注によって三次元マップをインストールして、より適切な点火時期コントロールをしています。
点火系チューニングというのは、その持っている点火能力が、個々のエンジンや運転状況における要求能力を満たしている場合、そこからさらに強化したからといって、さほどの上乗せを得ることは難しいという面を持っていますので、そういう意味では明らかな体感差を得ることができないかもしれないと危惧していたのです。

あにはからんや・・・・
まず、始動直後のアイドリング安定性が向上しています。
そして、走り出してからも、特に低中速域でのスロットルに対するツキ具合やトルク感は明らかに力強くなりました。

そう、発進のためにクラッチをつなぎ、スロットルをスイッと開けた瞬間に違いは明確になります。

様々なテストモードを試してみましたが、2速、若しくは3速などでアイドリング近辺まで回転を落とし、そこからグイッと大きくスロットルを開けたような場合に、その違いを最も体感することができます。
そう、街中走行におけるメリットは極めて大きいということですね。

すでに強化対策された私のマシンに装着してさえこれですから、仮にノーマル点火系のマシンに装着したならば、その効果は感動モノではないかと予想されます。
いやぁ、これ、本当に試してみたいですねぇ・・・
ノーマル点火系のドナーマシン、どこかにありませんかねぇ・・・


このデバイスについて私が期待した効果はいくつかありますし、今回ご紹介したような内容についても、当然に予測の範囲内のことであったのも事実です。

しかし、私の本当の狙いはちょっと違うのですね・・・・
もうちょっと別の側面から見たメリットについて私は期待し、それが実現されたかどうかについても、すでにテストを行っています。
ここ最近に一緒に走りに行っている変態仲間はご存知と思いますが、また最近、ちょこちょことCRキャブのセッティングを変更しています。
路上やパーキングなどでね・・・・ちょっと振っては戻し・・・・
それは、この昇圧回路を組み込んだことで、私が目論んだ効果が実現されたのかどうかを確認していたのです。

さて、私が何を目論み、それは実現されたのか・・・・後日に改めて・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スズキGS/GSX用並びにカワサキZ系各マシン用の強化フロントアクスルキットを製作いたしました。関心をお持ちの方は、下記のアドレスまでご遠慮なくメールをいただければ幸いです。キットの詳細は、下記の記事を参照してくださいね。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スズキGS/GSX用
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-20.html
カワサキZ系用
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-632.html
この極めて効果的な部品を開発した経過はこちらにまとめてあります。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-8.html
カワサキZ系用の処理が終了しましたら、次はホンダCB-F系マシン用を製作する予定です。


まめしばCRスペシャル関係の各部品及び作業につきましても継続して受理中ですので、こちらもよろしくお願いいたします。
こちらをご参照くださいね。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-95.html


圧倒的な効果を誰にでも体感させてくれる、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」についての検証と実験を継続中です。 これまでの経過はここにまとめてありますので、どうぞご覧ください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-1.html
これらの記事をご覧になればおわかりのとおり、複数装着やファインチューニングなどの様々なテストを積み重ねてきましたので、興味をお持ちの方は遠慮なくご連絡くださいね。いつものとおり、知っていることは全てお伝えするつもりです。
レデューサーの各種サンプルは、イベント参加時のみならず、日頃の箱根テストラン時などでも常に携帯していますので、私を見かけた際にはどうぞご遠慮なくお声かけください。
百聞は一見にしかず・・・いや、一乗りにしかず・・・です。
レデューサーの詳細画像やオフィシャルな機能説明については、マエカワエンジニアリングさんのHPを参照してくださいね。
http://maekawaengineering.web.fc2.com/


アクスルキット関係、CRキャブレター関係、レデューサー関係、その他私宛の各種お問い合わせは、
mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。



にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
最近、またちょっと応援クリックが少なくてちょっと悲しいです・・・忘れていませんか・・・今日も、ポチッと応援クリックをお願いします。



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。
また、オートバイを構成する各部について、その原理や法則に及びつつ、実践的なノウハウも盛り込んでおりますので、参考にしていただければ幸いです。

ファクトリーまめしばの営業について、特段に定休日や営業時間を設けておりませんが、一人で切り盛りしておりますので、おいでになる際には、あらかじめのご連絡をいただければと思います。

〒250-0852
神奈川県小田原市栢山2925-3
株式会社ファクトリーまめしば
Tel:090-3342-1234
FAX:0465-46-7041
Mail:mameshiba198@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ