FC2ブログ

GS1000と日々の日記

ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。

Entries

ペダルのセッティング

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑
毎日書くのもけっこうタイヘンなんやでぇ・・・まめしばの変態記事を楽しみにしている方は、どうぞ応援クリックもお忘れなきようにお願いします。


Z1000MK2・Z1R用強化フロントアクスルキットの予約受付を開始いたしました。詳細はこちらの記事にありますので、どうぞご覧になってください。受注分のみの製作となりますので、必要な方はお早めの予約をお願いいたします。また、Z1000J純正フォーク及びモリワキカヤバのサンプルを入手いたしましたので、これを採寸後、改めて予約受付のご案内をするつもりです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-612.html


劇的なフィーリング向上を実現した、PEEK製スロットルバルブを始めとする「まめしばCRスペシャル」に関する詳細は、下記の記事をご覧ください。ちょっとページをリニューアルしました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-95.html

お問い合わせは、
mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)
までメールをお送りください。


圧倒的な効果を誰にでも体感させてくれる、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」についての検証と実験を継続中です。 これまでの経過はここにまとめてありますので、どうぞご覧ください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-1.html
これらの記事をご覧になればおわかりのとおり、複数装着やファインチューニングなどの様々なテストを積み重ねてきましたので、興味をお持ちの方は遠慮なくご連絡くださいね。いつものとおり、知っていることは全てお伝えするつもりです。
効果的な部品も、ひとひねり加えることで、さらなる本領を発揮するというものです。
レデューサーの各種サンプルは、イベント参加時のみならず、日頃の箱根テストラン時などでも常に携帯していますので、私を見かけた際にはどうぞご遠慮なくお声かけくださいね。
「おい、ちょっと例のブツを見せろや!」
てな感じでけっこうです。
百聞は一見にしかず・・・いや、一乗りにしかず・・・です。
レデューサーの詳細画像やオフィシャルな機能説明については、マエカワエンジニアリングさんのHPを参照してくださいね。
http://maekawaengineering.web.fc2.com/
複数装着を始めとするマニアックな装着関係については、上記の私の記事に詳細があります。
さらに進んだファインチューニングについては、ちょっと文章でお伝えするのは無理ですので、直接に・・・

レデューサーの試着試乗会については、前川さんのご厚意により、継続して行うことにしました。
可能な限り出没予告をすることにしますし、基本的には常に携帯するようにしますので、関心をお持ちの方は、どうぞご遠慮なくお申し出ください。


オートバイは、両手両足を使って様々な操作をして走らせる乗り物です。
それらの操作系のフィーリングの良し悪しは、そのままオートバイ全体の操作フィーリングを左右するものです。
ただ単に問題なく走らせることができればいいやという程度であれば、さほどの気遣いをする必要はないのかもしれませんが、機械との繊細かつ濃密な対話を楽しもうとした場合には、これは極めて重要なセッティング要素となります。
全ての操作系が、スムーズかつ節度を持って機能していることそのものを味わい、そして楽しむためのセッティングということです。


代表的なカスタムパーツのひとつに、バックステップがありますね。
これについて、高さとか後退度などの、いわゆるライディングポジションにかかわる部分については良く語られていますが、この部品に求められる機能はそれだけではありません。

そう、左側にはシフトペダル、右側にはブレーキペダルがありますが、これらの操作フィーリングの良否も重要な要素です。

これは、私のGS1000の左側ステップ部分ですが、シフトペダルはピロボールを使ったリンク式になっています。まあ、ごく普通の構造ですね。
現状ではほぼ満足できる操作性になっていますが、ここに至るまでには、何度かのリセッティングを経ています。

OV2C6970-1.jpg



シフトシャフト側のリンクアームは、これで3個目です。
セッティングしたかったのは、シフトリンケージのレバー比です。
シフトシャフト側のリンクアーム長を長くすれば、シフトストロークは大きくなって操作力は少なくなります。そう、軽い力で操作できる反面、シフトを完了させるまでの送りストロークは長くなるんですね。
リンクアーム長を短くすれば、その逆のフィーリングになります。

どの程度の按配がいいのかなんてことは、これはもう好みによってまちまちですので一概には言えませんが、私は自分の好みのフィーリングを得るために、3種類を試したということです。
なんのことはない、ポケットにノギスを忍ばせてオートバイ量販店に行き、そこにあるバイクのリンクアームを片っ端からチェックして探しただけです。

もちろん、シフトフィーリングを左右する要素はこれだけではありませんね。
シフトシャフトからミッションまでのシフトオペレーション系の設計や状態にも大きく影響されますし、クラッチやチェーンの状態、はたまたキャブセッティングだってそうです。
それらのトータルの状態やセッティングによって、シフトフィーリングが形成されるのですね。


これは、右側ステップ部分です。

OV2C6976-1.jpg



こちらも同じですね。
ちょっと画像ではわかりづらいのですが、こちらはペダル側の取り付け穴を長穴にしてセッティングをしています。
また、マスターシリンダーは、ホンダCB400SFのものを流用していますが、シリンダー径は14mmです。
これも、1/2インチ(12.7mm)、11mmなどを比較してテストした結果、現状の14mmに落ち着きました。
使用するキャリパーとマスターシリンダーのポンプレシオをセッティングしたということです。


これらのセッティングについて、べつにやらなかったからといって不具合が出るわけでもありませんし、乗り手の操作によってカバーすることも十分に可能であったりもします。
でも、そもそも、気持ち良く、調子良く走らせるために部品を交換したり改造したりするのですから、それによって生じた不満について、「まあ、こんなものかな・・・」なんて妥協することは私にはできないのです。
そして、こういったフィーリングのためのセッティング作業なんてことは、他人様にやってもらおうと思っても、なかなか思い通りにいかなかったりしますので、自分でやってしまった方がストレスがなかったりします。


この、リアブレーキに関するこだわりは過去に記事を書いています。
私、本当にリアブレーキを多用しますので、これのフィーリングについてはちょっとウルサイんですね・・・
私のマシンに試乗した方々は、このリアブレーキフィーリングについて様々な意見を持つようです。
ちょっと乗っただけでは、「あれっ?」って言う感じのフィーリングなんです。
断片的ですが、私の狙ったところは、
・ある程度意識して踏まないと効かない
・旋回中に無造作に踏んでも姿勢を乱したりしない
・意識して踏めばリニアにちゃんと効く
なんて感じです。

モチーフにしたのは、ちょっと古めのイタリアンマシンやBMWなどのフロントに装着されていた、ブレンボの黒い2ポットキャリパーを含むシステムです。
あれは、キャリパー側と比較して大きめの径を持つマスターシリンダーに、強めのリターンスプリングをセットすることによって、レバー操作力は相当に必要な反面、しっかり握るとちゃんとリニアに効くというものでした。
そう、日本人よりも相当に握力が強い欧米人がそれなりに意識してかけて初めて効く・・・そして絶対的な制動力は十分にある・・・そんな感じですか・・・
私は、あんなフィーリングをリアブレーキに取り入れたかったのです。

私のリアブレーキに関する試行錯誤の経過はこちらにあります。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-479.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-478.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-477.html



ところで、話はちょっと変わりますが、市販のリアキャリパーブラケット、特にフローティングキットとして販売されているものにはちょっと気になる点があります。
このように、軸受けにラジアルボールベアリングを圧入しているものを良く見かけます。

リアブラケット



しばらくはいいのですが、少し使っているうちに、キャリパーが斜めに傾いてしまうものがほとんどです。
そして、圧入されたベアリングも、すぐに緩んできたり、ガタガタになったりします。
市販車でもフローティングマウントしているマシンは少なからずありますし、リジッドマウントされたマシンでも、ここにベアリングを入れているものは少なくありませんが、もっと幅のあるニードルローラーベアリングを入れているのが普通です。

そう、こんなに薄いプレートに幅の狭いラジアルボールベアリングを入れても、この部分には必ず斜め方向の力が加わりますので、すぐにダメになってしまうんですね。
市販車のこの部分の厚みを調べてみれば、少なくても30mm程度の厚みを持たせていることがわかるはずです。
でも、そんな厚い板を使って製作すれば、それはコスト的に合わないものになるからなんでしょうか・・・

私がノーマル形状にならって、A7075で作ったブラケットは、十分な肉厚を持たせています。
なんと言っても、他でもない、ここで制動力を受け止めるのですから、相当の剛性が必要なのは当然のことです。

CIMG0414.jpg


CIMG0416.jpg



10~15mm程度の平板を切り出して、穴を開けて幅の合うベアリングを圧入し、幅を合わせるために両側からカラーで挟むなんていうのは、コストを抑えるための安易な手法にしか見えないのです。
リアブレーキをかけた瞬間に圧入されたベアリングがズッコケて外れたりすれば、けっこうひどい目に遭う可能性が高いです・・・

あっ、私も経験者です・・・・まっすぐに走っている時だったのでまだ良かったのですが・・・


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ここまで読んだら忘れないでね!!!毎日書くのもけっこうタイヘンなんやでぇ・・・まめしばの変態記事を楽しみにしている方は、どうぞ応援クリックもお忘れなきようにお願いします。



拍手もどうぞよろしく!!!!
スポンサーサイト



Comment

Re: NoTitle 

店長さん
あらら、ガチョウ君のって、そんな造りだったんですね・・・
ちょっと手抜きかな?
  • posted by まめしば 
  • URL 
  • 2010.05/28 17:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

そうそう!エキセン車両、ノーマルはみんなベアリング入ってますよね。

流用カスタムでエキセンの車種に他車のホイールやキャリパーブラケットが移植されたバイクで、ブラケットが回転しないヤツが時々あるんです。
「気が利かね~なぁ・・・」とつぶやきながらウチで穴広げてカラー入れた事も何度かありました。

あっ、でもノーマルでブラケットが回転しないエキセン車両もありましたね。
鈴木さんちのガチョウくん!
初めてチェーン調整した時は目を疑いました!(笑)
  • posted by JB店長 
  • URL 
  • 2010.05/22 19:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

店長さん
はい、ゴッツイです(笑
作るときも「肉抜きとか穴あけとかしないの?」って聞かれたんですが、こんなところを数十グラムやそこら軽くしたからってわかるはずないですし、とにかくガッチリさせたかったんです。
カワサキのエキセンアジャスター車は、私の知る限り、その全てにニードルローラーが入っています。まあ、メーカーがやることですので当たり前と思います。
ところで、件のボールベアリングが入ったブラケットを最初に見たのは、30年くらい前にドゥカティパンタレーサーに付いていたハリス製でした。ハリスパンタってやつですね。
当時は、「ウワッ、カッチョイイなぁ!!」なんて思ったのですが、今から思えばあまり深く考えて作ったものではないように思うのです。
この時代にヨーロッパから入ってきた様々なレーシングパーツを模倣して、それがそのままスタンダードな形として、練られることなく残っているものって多いように感じるのは私だけでしょうか・・・
いいものもありましたが、とりあえずヤッツケで作られたものも少なくないです。
  • posted by まめしば 
  • URL 
  • 2010.05/22 17:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ゴッツイですね~! (←まめしばさんのブラケット)

確かにブラケットが傾いたらキャリパーのセンター出しなんかやっても意味が無くなってしまいますからねぇ・・・

リジッドマウントのキャリパーブラケットが回転するのはチェーン調整の時だけなのにベアリングを入れるのは無意味だと思うのは私だけでしょうか?
(でもカワサキのエキセンアジャスター装着車だけは、アクスル緩めなくてもブラケットがクルクル動いて欲しいです。)
  • posted by JB店長 
  • URL 
  • 2010.05/22 17:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: ちわっす! 

tsuruさん
いやぁ・・・こういう姑息チューンは大好きなんです。
お金をかけずに手間暇かけて・・・ってな感じでしょうか・・・
  • posted by まめしば 
  • URL 
  • 2010.05/22 16:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

ちわっす! 

流石!まめしばさん!シフトシャフトのリンク長も色々試されていたとは。。。

そしてリヤブレーキのセッティングも最高の味付けです!ラフに踏んでも神経質に効き過ぎず

なおかつ、効かせたい時は人間の方で踏力を意識的に高める

ブレーキってフロント85%リヤ15%くらいの効きが欲しいとこなんですが

実走行においては、フロントに95%くらいの神経をそそぎたいもんで

リヤが神経質な効き方は乗りづらいですもんね?

この、ぬかり無いセッティングは長年の経験と人間のセンサーが研ぎ澄まされている証です!
  • posted by (tsuru) 
  • URL 
  • 2010.05/22 15:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。
また、オートバイを構成する各部について、その原理や法則に及びつつ、実践的なノウハウも盛り込んでおりますので、参考にしていただければ幸いです。

ファクトリーまめしばの営業について、特段に定休日や営業時間を設けておりませんが、一人で切り盛りしておりますので、おいでになる際には、あらかじめのご連絡をいただければと思います。

〒250-0852
神奈川県小田原市栢山2925-3
株式会社ファクトリーまめしば
Tel:090-3342-1234
FAX:0465-46-7041
Mail:mameshiba198@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ