FC2ブログ

GS1000と日々の日記

ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。

Entries

負圧キャブレターへの挑戦 その4(実験材料の入手)

子供たちとGSの絵


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
まめしばの頭のなかは、いつも新しい実験のことで一杯です。やりたいことはたくさんあれど、悲しいかな体はひとつ・・・そんなまめしばに一日一回の応援ワンクリックをどうぞお忘れなく・・・・


劇的なフィーリング向上を実現した、PEEK製スロットルバルブを始めとする「まめしばCRスペシャル」に関する詳細は、下記の記事をご覧ください。ちょっとページをリニューアルしました
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-95.html


お問い合わせは、
mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)
までメールをお送りください。


この「負圧キャブレターへの挑戦」、最後に記事を書いたのは昨年の9月でした。
けっこう関心を持った方も多かったようで、ずいぶん多くの方々から
「負圧キャブネタはどうなっちゃったの?やめたの?あきらめちゃったの?」
なんてご質問をいただいたりしておりました。

はい、あきらめるわけありません。
それどころか、やりたくてやりたくて仕方ないネタなんです。

ということで、約半年間にわたって捜し求めてきた実験材料をついに入手いたしました。

スズキGSF1200S用のミクニBSR36です。
同じGSF用でも、BSTキャブは容易に入手できるのですが、このBSRがなかなか見つからなかったのです。
どこが違うのか・・・・
はい、TPSの有無です。
キャブレター自体のパフォーマンスとしてはBSTの方が優れているなどという声も聞いたのですが、まあ、絶対的な出力なんてどうでもいいんです。
また、BSRの方が後発ですので、総合的には進化しているに違いありません。

このあたりに関することも含めて、これまでの経過はここにまとめてあります。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-16.html


これがBSR36です。

DSC03949.jpg


DSC03950.jpg



走行6,000kmの車両から外したというものでしたが、程度は極上、どこにも問題は見当たりません。

これがBSRの特徴であるTPSです。
私のGS1000には必需品とも言えるデバイスとなります。

DSC03951.jpg


ご覧のとおり、スロットルバルブは樹脂製ですが、一般量産品ですので、コストに有利な射出成型によって製作されているようです。
そして、負圧キャブレターですので、その上にはゴムのダイヤフラムがあります。
また、その断面形状は三角断面とウィング形状をミックスしたような特殊なものです。
そう、まるでステルスジェット戦闘機のボディ形状みたいです。

DSC03952.jpg



すでにキャブレターの時代は終わりを告げ、各気化器メーカーの開発も事実上は行われていないに等しいものですね。
そして、キャブレター最後の時代に開発されたのが、このミクニBSRとケーヒンCVRです。
レーシングキャブの開発においては、ミクニTMRとケーヒンFCR-MXが最後ですが、上記の負圧キャブレターは、それぞれ、それよりもあとですね。
事実上、人類最後のキャブレターということです。

これから分解し、その内部構造を確認しなくてはなりません。
そして、最もやりたいことは、
スロットルバルブの動きを光学センサーによって把握すること・・・・

負圧キャブレターにおいて、
・バタフライバルブ開度
・スロットルバルブ開度
・エンジン回転数
・空燃比
という、4つのデータを把握し、その関連性を検証してみたいのです。

メーカーは当然のようにやったはずですが、そんなデータを公表してくれるはずもありませんので、知りたければ自分で実験するしかありません。
さらに、このデータに基づいて、BSR36のセッティングを煮詰めてみたい・・・
どんなエンジンフィーリングになるのかも楽しみなことです。


と、大風呂敷を広げてみましたが、まだちょっと手が付けられる状態ではありませんので、気長に下準備をしながら進めていくつもりです。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ここ数日、また応援クリックが減少気味で淋しいです・・・・ランキングは週間ポイント制ですので安心はできません。一日ワンクリックをどうぞお忘れなく・・・・


拍手もどうぞよろしく!!!!
スポンサーサイト



Comment

Re: その後どうなりました 

現在、長期ペンディング中・・・すみません・・・

> きっとCVキャブもなにかやっているだろうと期待して
> 記事を探しまくりました・・・
> あれから1年ちょっと実験の方はどんな感じでしょうか?
> CVキャブのバタフライバルブとサクションピストンの動き
> などには非常に興味があります。
> 今のWRのインジェクションにも考え方が応用できるの
> ではないかと期待しております。
  • posted by mameshiba198 
  • URL 
  • 2011.06/17 11:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: はじめまして 

この負圧キャブのプロジェクト、いまだ手付かずの状態なのですが、いずれやってみたいことの筆頭なのです・・・でも、時間が・・・

> まめしばさん、
> はじめまして、千葉でバンディット1200に乗る銀鳥パパと申します。 今日初めてブログに、お邪魔させていただきました。
>
> 負圧キャブでの挑戦、それも私の乗っているバンディット1200のBSR36での挑戦を知り、思わず書き込みさせて頂きました。
>
> 詳しい事はサッパリな自分で恥ずかしいのですが、どうか頑張って下さい。 
  • posted by mameshiba198 
  • URL 
  • 2011.06/17 11:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

その後どうなりました 

きっとCVキャブもなにかやっているだろうと期待して
記事を探しまくりました・・・
あれから1年ちょっと実験の方はどんな感じでしょうか?
CVキャブのバタフライバルブとサクションピストンの動き
などには非常に興味があります。
今のWRのインジェクションにも考え方が応用できるの
ではないかと期待しております。
  • posted by おりだ 
  • URL 
  • 2011.06/14 11:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

はじめまして 

まめしばさん、
はじめまして、千葉でバンディット1200に乗る銀鳥パパと申します。 今日初めてブログに、お邪魔させていただきました。

負圧キャブでの挑戦、それも私の乗っているバンディット1200のBSR36での挑戦を知り、思わず書き込みさせて頂きました。

詳しい事はサッパリな自分で恥ずかしいのですが、どうか頑張って下さい。 
  • posted by 銀鳥パパ 
  • URL 
  • 2011.06/09 16:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。
また、オートバイを構成する各部について、その原理や法則に及びつつ、実践的なノウハウも盛り込んでおりますので、参考にしていただければ幸いです。

ファクトリーまめしばの営業について、特段に定休日や営業時間を設けておりませんが、一人で切り盛りしておりますので、おいでになる際には、あらかじめのご連絡をいただければと思います。

〒250-0852
神奈川県小田原市栢山2925-3
株式会社ファクトリーまめしば
Tel:090-3342-1234
FAX:0465-46-7041
Mail:mameshiba198@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ