FC2ブログ

Entries

フロント周りの剛性向上計画 その2

08年9月5日

本日、加工屋さんに行き、アクスルシャフトの加工依頼をしました。




当初、両側をナットで締め付ける形で製作しようと考え、そのために16mmのクロモリ丸棒まで入手したんですが、その後、気が変わりました。
この形の方が剛性的には明らかに有利です。
22mmの方は、シャフトを直接クランプし、そのままシャフトの段付きのところでベアリング内輪と接する構造です。
スタンダード構造ではここに2個のカラーが入りますが、これを省略して、この部分を一体化したほうが強いにきまっていますよね。

わかってはいたんですが、ちょっと整備性が悪くなります。
ほんのちょっとですけどね・・・
なので躊躇していたんですが、そもそも何のためにこんなことをするのかという原点に立ち返ってやはり剛性重視で行くことにしました。

あと、重くなりますので22mmの部分は中空構造にします。
頭については、外側に六角を切ると中空の穴を大きくできませんので、少しでも軽量化できるように、7mmの貫通穴を開けてここにドライバーの柄を突っ込んで反対側のナットで締め付ける構造です。
見た目は冴えませんが、機能重視の選択です。

与えられた制約の中で剛性と軽量化を追求した結果の構造です。
まあ、私が思いつく範囲内でのことですけど・・・

熱処理について相談したところ、オヤジさんは、
「アクスルシャフトなら熱処理のいらないS45Cで十分なんじゃないの?」
と言ったんですが、曲がったアクスルシャフトを持参して見せたところ、
「あれぇっ、曲がってるねぇ・・・じゃあしょうがないか。」
と納得してくれました。

加工後、オヤジさんの知り合いの熱処理屋さんに出してくれることになりました。

出来上がりが楽しみです。

追記
シャフトの場合、加工後に熱処理すると歪みの問題があるので、熱処理済みの調質材というのを使って加工することになりました。
やはり、プロの知識はすごいです。



記事を書く意欲向上のため、ブログランキングに参加することにしました。
この記事、楽しんでいただけたら、下記を応援クリックよろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ