FC2ブログ

GS1000と日々の日記

ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。

Entries

CRキャブにTPS装着 その4

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
応援クリックよろしくお願いします。



ここのところ番外編のオーバーホール記事が続きましたが、今回は私のCRキャブにTPSを装着する計画に関する記事です。
TPSを装着してどうなるのっていう方もおいでと思いますが、これの効果などについては「書庫TMRキャブレター」内の「TMRにTPS装着」シリーズに細かく書いていますので、関心がおありの方はどうぞご覧になってください。
点火システムはウオタニSP-2を使用していますが、GS1000に対応するものなんて存在しませんので、様々な小細工をしています。
ただ、いつものことですが、理屈っぽい内容ですので・・・・

ざっくりと表現すれば、より緻密な点火時期制御をすることで、主に低中速域でのエンジンパフォーマンスを高めようとするものです。
また、私の場合には空燃比データロガーに開度データとして取り込むことでキャブセッティングに反映するという目的もあります。


まず、スロットルシャフトとセンサーのジョイントの作成です。
これについては、すでに半完成状態だったのですが、最終的なディティールの部分でちょっと考える時間を取りました。
こういったところはじっくりと時間をかけて精査検討しておかないと高い完成度を望めませんからね。

肝心なことは、スロットルシャフトの回転をいかにリニアにセンサーに伝えるかということです。
ちょっとでもガタがあれば双方にはズレが生じますし、ガタを嫌ってキチキチにすればスムーズな動作を妨げます。
ガタがなく逃げがあるような構造にしないといけないんですね。


こんな構造にしました。


黒色の樹脂パーツはすり割りが入っていますので、これでテンションがかかってガタがなくなります。そして、わずかにセンターがずれたりしても、シャフトの溝と並行方向にはスルッとスライドしますので、これで逃げも確保されます。
なんのことはない、実は、TPSが装着されたメーカー純正キャブの構造を倣っただけです。
また、キャブによってはセンサー内部にリターンスプリングが入っていて、常に一方向にテンションがかけられた構造のものもあります。
いずれにしても、ガタをなくしつつ逃げを作るためですね。
こういった部分については、きちんと作られた純正部品がどのような構造になっているのかをじっくりと観察することが近道になったりします。

なぜそんなにシビアにしなくちゃいけないのかと思われるかもしれませんが、TPSに対応した3次元点火マップをじっくりと見ればわかります。
開度0%から15%あたりまでの狭い範囲内でいかに大きく点火時期を変化させているのかを知ってしまうと、こうせざるを得ないのです。
また、この領域こそがTPSによる3次元マップ制御の目的とするところなのですから、ここをおろそかにすれば、そもそもなんのためにやったのかわからなくなってしまいます。
私は、目的にかなった、きちんと機能するものが欲しいのですから・・・・


樹脂パーツを取り外した状態です。


シャフト先端に溝をどうやって切ったのかって・・・
ひたすらにヤスリでコリコリと削りました。
削りすぎてガタガタになってはダメですので、ちょっと削っては先の樹脂パーツをはめて・・・の繰り返しです。
シャフトは加工しやすさのために純アルミ棒を選択しました。
強度や剛性なんて関係ないところですし、現に樹脂パーツで連結するんですからこれでいいんです。


連結はこんな感じですね。






装着が完了した状態です。
配線処理もきれいにしたいものですね。
こういったところに神経が行き届いていると気分がいいです。






さて、次にやることは、実際にイグナイターユニットに接続してみて、開度0~100%までの出力電圧のセッティングです。
イグナイターは、TPSから出力される電圧変化を開度として認識しますので、これをシビアに合わせないといけないのですね。
実際にやってみるとわかりますが、最低でも0.1V単位で合わせる必要があるところ、取り付けネジのわずかな締め付け加減でけっこう電圧変動します。
ですので、スロットルシャフトとセンサーの接続にわずかなガタでもあろうものなら電圧調整もままならないのではないかと思います。
ひとつひとつをじっくりと確実に進めていかないといけません。


記事を書く意欲向上のため、ブログランキングに参加しております。
おかげさまでバイク整備カスタム部門、バイク総合部門でもトップを維持しておりますが、引き続きのご支援よろしくお願いいたします。

この記事、「なるほどねっ」とうなづいていただけましたら下記を応援クリックよろしくお願いします

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備
1日1回、ワンクリック、ポチッとよろしくお願いします。
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。
また、オートバイを構成する各部について、その原理や法則に及びつつ、実践的なノウハウも盛り込んでおりますので、参考にしていただければ幸いです。

ファクトリーまめしばの営業について、特段に定休日や営業時間を設けておりませんが、一人で切り盛りしておりますので、おいでになる際には、あらかじめのご連絡をいただければと思います。

〒250-0852
神奈川県小田原市栢山2925-3
株式会社ファクトリーまめしば
Tel:090-3342-1234
FAX:0465-46-7041
Mail:mameshiba198@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ