Entries

スプリングの設定

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1日1回、ワンクリック、どうかお忘れなきようによろしくお願いします



今日の記事はこれについてです。
そう、サスのスプリングですね。




先日、GS750に乗る友人と次のような会話をしました。
「バァーッと加速してるときにウネリに乗ったりすると前がグラングラン振られて怖いんだよねぇ・・・」
「ふーん、それはイヤだね。いつからそうなの?」
「う~ん、良くわかんないんだけど、この形にしてからかなぁ・・・・?」

彼のマシン、フロントフォークは他車種流用にリアサスはカタナ用オーリンズの流用です。
エンジンはワイセコピストンで844ccになっていて、キャブもTMR36を装着しています。まあ、ひととおり手が入ったカスタムマシンですね。
外観もバリッと仕上がっていますので、とてもカッコイイ仕上がりになっています。

ちょっと思い当たるフシがありましたので、マシンを起こしてサスを前後にゆすぶってみました。
原因がわかりました。
リアサスがガチガチでほとんどストロークしていない反面、フロントフォークがフカフカでストロークしすぎなんですね。
このせいで、ウネリやギャップなどの荷重がかかった際に、リアを軸にフロントが扇のように上下動しますので、これでは振られて当然です。
リアサスのバネレートを下げてフロントフォークのバネレートを上げないとどうにもなりません。

リアに装着されているオーリンズサスのスプリングは「480-03」でしたので、まずはこれをワンランクレートが低い「480-02」に交換することを勧めましたが、友人はあまり釈然としない表情でした。
カタナ用として販売されているオーリンズサスにはGS1000やGS750も適合車両として表示されていますので、これに標準装備されたスプリングを交換しなければならないということに抵抗感があるようでした。

このオーリンズの2本サス、私はグッツィやZRX1100、GS1000などにも装着して散々いじりましたので、ある程度のデータは把握しているつもりです。
この、「480」から始まるスプリングは、01から04までの4種類のレートが用意されています。
それぞれのデータはこんなものです。

480-04
1.96~3.14
480-03
1.77~2.64
480-02
1.57~2.55
480-01
1.47~2.35

カタナ用として設定されているものには標準で480-03が付いてくるのですが、どうもオーリンズの設定は、750cc以上には03、400ccクラスには02といった程度の大雑把なもののようですね。けっこうどころか相当にアバウトです。
まあ、あとは買った人が好きにセッティングしてくださいねってことなんだと思います。
たぶん、オーリンズに詳しいショップなどで相談の上で購入すれば、最初から具合のいいセットで出してくれるはずです。
現に、私がグッツィに装着したときには、全長や取り付け穴などが一番近かったゼファー400用をベースにして、取り付けカラーのサイズとスプリングをあらかじめ指定したものを購入しました。特に別料金を支払った記憶もありません。
私がGS1000に装着したオーリンズもカタナ用でした。量販店で安売りしていたものを購入しましたので03が入っていましたが、装着直後に合わないことがわかりましたので、すぐさま手持ちの02に交換しました。
その後にレイダウン加工したことでまた03に戻りましたが・・・
ちなみにこのカタナ用オーリンズサスですが、カタナに装着してもオーバーレート気味のようです。

友人には、私が手持ちの480-02をなかば無理やり貸し付けたのですが、装着後、
「信じられないくらい良くなった・・・スプリングだけでこんなに・・・・」
とのことでした。
あとはフロントフォークのスプリングを交換すればOKですね。たぶん、0.75~0.8くらいがいいのではないかと思います。

レートが合っていないスプリングがいかに悪さをするものなのか、レートをきちんと合わせることがいかに重要なことなのかということをきちんと認識しなくてはいけないのです。
乱暴な言い方をすれば、スプリングレートが合っていないオーリンズなんて、ダンパーが抜け切った30年前のノーマルサス以下のゴミだということです。
また、スプリングレートが合っていないサスは、イニシャルをどんなにいじろうと、ダンパーをどんなにいじろうと、微塵も解決にはなりません。全くの無意味です。
スプリング交換、見た目は何も変わりませんので、こんなものにお金を払うのに抵抗感を覚えるという心情はよくわかりますが、これが合っていないサスは、ほんとうにどうにもならないのです。オーリンズだってクアンタムだって何だって同じです。
サスはまずバネなんですね。

高価なリプレイスサスに交換したのに、なんかゴツゴツして乗り心地が悪いとか振られるとか気持ちよく曲がれないなどといった不満点がある場合、まずはスプリングレートがきちんと合っているのかどうかを検討するべきです。
オーリンズ入れたから大丈夫のはず・・・・なんてことはないのです。
これがきちんとしているサスは本当に気持ちよく走れるものなのですから、不満をそのままにしないのが大事ですね。
特に、古めのバイク用として設定されているものは、複数の車種を適合車両として表記しています。
これが特に危ないんですね。これは、「とりあえず装着することはできる」といった程度に認識するべきです。
リアアクスル位置、スイングアーム長、サスの上下取り付け位置などの微妙な差によって、適合するレートは相当に変わります。
Z用、CB用あたりも危なそうですね。適合車種内のどの車両で設定したかによって変わるんでしょうね。

現在私がGSに装着しているのはカタナ用のクアンタムですが、レート違いのスプリングを3種類入手してセッティングしました。
冒頭の画像はこのクアンタムのものです。
あと、どうしても中間が欲しい場合、左右にレート違いのものを装着するという手もあります。ちなみに、現在は2.4と2.6を組み合わせて装着しています。
左右のバランスは大丈夫なのかって良く聞かれますが、私は全く問題ないと思っています。
私のGS、一時はフロントフォークのスプリングだって左右でレートが違っていました・・・

ばねレートの計算式はこれです。
(線径の4乗×8000)÷(中心径の3乗×有効巻数×8)
中心径というのは内径ではなく、外径-線径のことです。
有効巻数というのは、端末処理した座金部分を含めない巻数のことです。
普通なら、端から端までの総巻数から両端の座金部分の2を引いた数です。

ちょっとくどくてしつこい表現になってしまったかなとも思いますが、それだけスプリングって重要なんですね。
そうですよね、にえさん、つるりんさん!!!

記事を書く意欲向上のため、ブログランキングに参加しております。
おかげさまで3部門においてトップを維持しておりますが、気を抜くことはできません。
大変に励みになっておりますので、どうぞ応援のほどよろしくお願いします。

この記事、「俺のサス、バネレートはいくつなのかな?」と気になりだした方も「そんなの常識じゃないか!!」という方も、下記を応援クリックよろしくお願いします

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備

1日1回、ワンクリック、どうかお忘れなきようによろしくお願いします

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ