FC2ブログ

GS1000と日々の日記

ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。

Entries

フロントアクスル強化クランプ・別バージョンの製作

にほんブログ村 バイク カスタム・整備(クリックはココ)
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
変態まめしばは、実験してみたいことが山ほどあるのですが、実際に形にするまでには幾多の困難があったりします。今日も変態実験計画を夢想していますが、励みは皆様の応援です。1日1回の応援クリックをどうぞよろしくお願いいたします。皆様、どうか忘れないで・・・・・・・・


CRキャブレターのパフォーマンスやフィーリングを劇的に向上させる部品や加工処理をご用意しております。詳細は、下記の各記事をご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

・PEEK製スロットルバルブ関係
http://blogs.yahoo.co.jp/mameshiba198/22847931.html



お問い合わせは、
mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)
までメールをお送りください。その際に、お名前、ご住所、電話番号、マシン名、キャブ口径、メールアドレス等の記載をお願いいたします。



スズキGS・GSX、カワサキZ、ホンダCBなど、フロントアクスルを分割式のクランプでホールドしているタイプのマシンにおいて、剛性確保の決め手となるのは、アクスルシャフトではなくクランプです。
これに関する考察と検証、そして関連部品の製作とテスト結果については、ここにまとめてあります。
私が製作してきた部品のなかでも、その効果の高さはトップクラスのものと自負しているものです。
http://blogs.yahoo.co.jp/mameshiba198/folder/588118.html


この部品に関して、量産のオファーを何件かいただいているところですが、その計画はあるものの、具体的なものにするまでにはちょっと時間がかかりそうですし、どれくらいの数が集まるのかという点も懸念されます。
私がこれまでに製作しているものは、
スズキGS750、GS1000、GSX1100S、GSX750S、GSX1100E、GSX750E3
についての適合は確認していますが、その他のマシンでは不明です。
この時代のカヤバフォークにおけるこの部分の造りはどれも似たようなものですので、他にも適合するものがあると想像はするものの、データがないのでわからないんです。
とはいうものの、マシニングセンタを使って素材から削り出しで製作しますので、サンプル若しくは図面さえあれば製作は可能なのですが・・・・


今回、ちょっと別の車両用のものを製作しました。
造っていただいたのは、マエカワエンジニアリングさんです。
前川さんは、5軸マシニングを始めとする各種工作機械を使い、様々な部品を製作されていますが、あのレデューサーもそうですね。
その他にも、エンジンのクランクシャフトやシリンダーでさえも造ってしまうなど、高度な加工技術をお持ちなのです。

どんなマシンのものかって・・・・
画像を見てください。
このマシンを所有している方ならわかりますよね。
ZやGSと同時代に凌ぎを削ったライバルマシンです。





今回は、レーシングマシン用に1セットのみ製作した、いわば試作品ですが、このように、片側密着式です。
これも剛性確保には有効な手段となります。





アウターチューブとの合わせ面に注目してください。
面粗度が高い仕上げになっているのが密着する方です。
また、ここは穴の面取りがしっかりと取られていますね。
これらは、密着度を高めることで剛性を確保しようとする工夫なのです。
素材がどうのとか、形状がどうのとか、そういうことも大切ではありますが、こういった細部のツメが極めて重要です。
装着してしまえば見えない部分ですが、機能を追及したホンモノというのはこういうものです。





各方向の造りはこのような感じになります。









この、ブ厚いクランプで「ガチッ!!」とアクスルシャフトをクランプし、フロント周りの締結剛性をトータルで稼ぐことが重要です。

実際にこれを装着して走行したときの印象を表現すれば、
「フロントタイヤがどこにいるのかがはっきりわかるようになる」
という感じでしょうか・・・・


私はあくまでも自分自身のマシンを自分仕様に仕上げることに情熱を傾けるサンデープライベートチューナーです。その中で蓄積してきたノウハウや手法をフィードバックさせていただくことで、こだわりを持ってオートバイに接する同士の方々とも快感を共有してみたいという試みを始めることにいたしました。そうすることにより、これまではネット上のバーチャルな関係に過ぎなかったものから、具体的でリアルな交流をすることができるはずと期待するのです。このことで、まめしばは新しい局面に踏み込むわけですが、そんな私をこれまでと同様にご支援いただければ幸いです。どうぞ応援クリックをお忘れなく、よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 バイク カスタム・整備(クリックはココ)
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。
また、オートバイを構成する各部について、その原理や法則に及びつつ、実践的なノウハウも盛り込んでおりますので、参考にしていただければ幸いです。

ファクトリーまめしばの営業について、特段に定休日や営業時間を設けておりませんが、一人で切り盛りしておりますので、おいでになる際には、あらかじめのご連絡をいただければと思います。

〒250-0852
神奈川県小田原市栢山2925-3
株式会社ファクトリーまめしば
Tel:090-3342-1234
FAX:0465-46-7041
Mail:mameshiba198@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ