FC2ブログ

GS1000と日々の日記

ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。

Entries

CRキャブレター、装着前に確認すべき事項

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをワンクリック願います。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
日々、新しいチャレンジを続けるファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。



ファクトリーまめしばオリジナルパーツのウェブショップを開設いたしました。
どのような商品ラインナップがあるのか、どうぞこちらにてご確認ください。
もちろん、ウェブショップからでもご購入いただけますが、従来どおりにメールやお電話でのご注文でもかまいません。



ファクトリーまめしば:WEB SHOP



1年近くにも及んだオリジナルロングファンネルの開発テストを通じて、ついにデリバリーを開始することとなりました。
初回ロット分には数に限りがありますので、お早目の予約申し込みをお勧めいたします。

CRキャブレター用オリジナルロングファンネルの予約受付開始について





私、これまでに新品を含めて2,000機あまりのCRキャブレターについて分解組み立てを行ってきました。
その経験を踏まえて、新品CRキャブレターを購入した場合、それをマシンに装着する前に確認すべき事項について書いてみたいと思います。

まず、当然のことですが、箱から出したならば、ジェッティングについて確認してメモしておきましょう。これが、セッティング作業のスタート地点となります。
・MJ
・JN
・SJ
・AS戻し回転数
・スロットルバルブカッタウェイサイズ

メモは終わりましたね。
さて、これからが本題です。

CRキャブレターは、ケーヒンが製作するレーシングキャブレターですが、その組み立て精度を含めた各部には、ある程度の誤差があります。それは、後発のFCRと比較すれば、やや大きめであるのは事実です。
各部のクリアランス設定や構造上、なにも考えずに漫然と組み立ててしまうと、絶対にまっすぐにはなりません。
比較してFCRキャブレターは、各部クリアランス設定や連結構造上、あまり気を遣わなくても大きな問題は起こり難いものです。構造は複雑ですので分解組み立て作業自体は面倒で手間なのですが、ナリで組んでも比較的まっすぐに組めるものなのです。
比してCRキャブレターは、構造はシンプルで部品点数も少ないですから、比較的簡単に思えるのですが、連結方法を含めて各部がルーズですので、まっすぐに適正に組むという意識を持たなければならないのです。簡単と言えばそうですし、難しいと言えば難しい・・・

また、ごくまれではありますが、ボディーの加工に問題がある個体が存在します。
これまでに5~6機を確認していますが、どういうわけなのかそのほとんどはCR26です。
この問題を指摘するのは初めてですので、おそらく誰も聞いたことはない話でしょうけれど、これは事実なのです。

確認についてご紹介します。
これは、先日に入荷した新品のCR26です。

P1134445.jpg






まず、トップカバーを開け、スロットルバルブとバルブプレートを固定している2本のビスを外します。

P1134446.jpg






すると、スロットルバルブは完全にフリーになり、ボディーの底まで落ち切ることとなります。
キャブレターをエンジン側から見てください。
スロットルバルブ下端とボディー底面との隙間は僅少、紙一枚くらいのクリアランスになるのが正常です。

P1134449.jpg






この矢印で示した隙間です。
これは正常なものですが、ごくまれに、ここのクリアランスが大きいものがあります。
原因は、ボディー加工時に加工深さが足りないことにあるのですが、そうなっているとやっかいなことになります。
加工深さ不足のレベルにもよりますが、最悪の場合にはアイドリングが落ち切らないということになります。
下がらないアイドリングを下げようとしてアイドルストップスクリューを緩めて行くと、加工深さが足りないボディーではスロットルバルブはつっかえて隙間が空いたままですが、正常なボディーはリンケージのガタやたわみ分だけ下がりますので、結果として、全閉アイドリング時の同調だけひどく崩れてしまい、エンジン回転がバラつくこととなります。
ちょっとスロットルを開けると足並みがそろうのに、アイドリングではひどくバラつくという、実に不可解な症状となって現れることとなります。
適正なアイドリング回転数を維持するために必要な開度はそれぞれの個体によって異なりますが、加工深さが足りなくてスロットルバルブ下端隙間がその個体にとって過大でなければ実用上の問題は起こりませんので、どこまでを不良品とするかは一概には言えませんし、メーカーであるケーヒンは、それは公差の範囲内ということで交換に応じてはくれません。
そもそもレーシングユースという建前で生産しているものですから、レーサーにおいてアイドリングが1,500rpmであろうが2,000pmであろうが、それはレースユースとして問題はないということなのでしょう。

P1134448.jpg






次に、もう一度スロットルバルブとバルブプレートを固定し、スロットルバルブ高さを揃えて同調を確認しますが、その調整時には、リンクレバーをスロットルシャフトに固定するロックボルトを緩めなくてはなりませんね。
また、バキュームゲージを使って負圧同調を取る場合にも同様です。
通常であれば、ここは普通のマイナスドライバーを使って容易に緩めることができるのですが、そうですね、10機に1機くらいの割合で、このロックボルトがやたらにきつく締め付けられているものがあるのです。

P1134450.jpg





このロックボルトの溝形状はちょっと特殊ですので、幅が合っているマイナスドライバーの場合にはブレード厚みが薄過ぎてしっかりとトルクがかけられず、ボルト自体も焼きの入っていない柔らかいものですので、ちょっと無理をするとナメてしまいやすいものです。
車体に取り付けてからだとまっすぐにアクセスすることができずに余計にナメやすいですので、装着前にいったん緩めてみて、容易に緩むかどうかを確認しておきましょう。
私はブレード先端をグラインダーで加工して専用ドライバーを自作していますが、これを使ってですらドキドキするほどにきつく締まっているものが時にはあるのです。

P1134452.jpg






最後に、各ボディー上面に定規などを当てがって、各ボディー高さにばらつきがないかを確認しましょう。
これは今回の新品ではありませんが、これくらいのズレがある個体は珍しくありません。
最低でもここが揃っていなければ、同調調整はおろか、スロー系セッティングもうまく決まってくれなくなるのです。

P1134442.jpg

P1134443.jpg











ブリスクプラグの入手にあたっては、こちらのショッピングカート、若しくはメールにてご注文ください。
ショッピングカートにて在庫切れ表示がされているものについては、メールにてご注文をいただければ、入荷次第に速やかに発送いたします。
ブリスクプラグのご購入は、十分なテストとデータノウハウを蓄積しているファクトリーまめしばにてお願いいたします。

ショッピングカート:ブリスク


このブリスクプラグの検証については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。

ブリスクプラグ


注目すべきインプレ集はこちらです。

ブリスクLGSプラグのインプレ集
お乗りのマシンへの適合に関しては、こちらのNGK適合サイトを参考にしてください。

・NGK標準プラグ一覧表

・NGKイリジウムプラグ一覧表

愛車の標準プラグ品番はこちらで確認することができます。

・NGK適応品番検索



ファクトリーまめしばにおける装着セッティングサービスの詳細例については、こちらにまとめてありますのでご覧になってください。

カワサキZ系 装着&セッティングサービス

カワサキニンジャ系 装着&セッティングサービス

カワサキザッパー系 装着&セッティングサービス

スズキGS系 装着&セッティングサービス

スズキ空冷GSX&カタナ系 装着&セッティングサービス

スズキ油冷系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-K系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-F系 装着&セッティングサービス






CR-Mキャブレターの製作や装着セッティングについては、詳細なお見積りをお作りするご用意がありますので、関心をお持ちの方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。


〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com




ファクトリーまめしばでは、これだけの作業を日帰りで行うことができます。
ちなみに、概算のコストは下記の程度となりますので、参考にしてください。

※CRキャブレター関係
・Mノズル 4個 16,000円
・PEEK製リンクロッド 4個 8,000円
・低レートサブリターンスプリング 1本 1,000円
・ジェット代 適宜
・上記組み付け&セッティング工賃 30,000~40,000円
注:スロットルホルダー、スロットルパイプ、スロットルワイヤー等については、私の基準とする操作性や作動性を確保するため、交換させていただくことがあります。

※SP-2関係
・Z用SP-2(Ver.FM) 1セット 79,000円
・NGKパワーケーブル 4本 11,200円
・点火プラグ 4本 1,840円 (ブリスクプラグも選択可)
・上記装着セッティング工賃 15,000~25,000円

作業のご予約については、随時受け付けをしておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 202,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 43,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com

スポンサーサイト



ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。
また、オートバイを構成する各部について、その原理や法則に及びつつ、実践的なノウハウも盛り込んでおりますので、参考にしていただければ幸いです。

ファクトリーまめしばの営業について、特段に定休日や営業時間を設けておりませんが、一人で切り盛りしておりますので、おいでになる際には、あらかじめのご連絡をいただければと思います。

〒250-0852
神奈川県小田原市栢山2925-3
株式会社ファクトリーまめしば
Tel:090-3342-1234
FAX:0465-46-7041
Mail:mameshiba198@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
7位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
2位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ