FC2ブログ

Entries

Z1RのCR31をオーバーホールの上、PEEK製リンクロッド&Mノズルを装着してセッティング煮詰めを行う~そして発覚した新たな問題とは・・・

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをワンクリック願います。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
日々、新しいチャレンジを続けるファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。



ファクトリーまめしばオリジナルパーツのウェブショップを開設いたしました。
どのような商品ラインナップがあるのか、どうぞこちらにてご確認ください。
もちろん、ウェブショップからでもご購入いただけますが、従来どおりにメールやお電話でのご注文でもかまいません。


ファクトリーまめしば:WEB SHOP




ショッピングカート:K&Pオイルフィルター




シャーシダイナモ利用による各種サービスの開始について




東京都にお住いのHさんより、8年間にわたって乗り続けているというZ1Rに装着されたCR31のセッティングについてご相談をいただきました。

Hさんによれば、某ショップによって装着セッティングされたというCR31ですが、基本的には調子良く走れているのだそうです。
しかし、なんとなくパワー感に乏しいような気がするので、もっと良くなる余地があるのであればお願いしたい・・・
つまり、ご本人の認識としては、大きな問題はないというものなのです。

この類のお話をお聞きした場合、私はその説明やオーナーご本人の評価を全く信用しません。
何をもって問題ないと評価するのか・・・それは、乗り手の経験値やスキルレベルによって非常に大きな差異があるものですから、面識のない方の評価を鵜呑みにし、それを基準に取り掛かると、大きな間違いを犯してしまったりします。

さて、HさんのZ1Rや如何に・・・
まず、作業前のテスト試乗においては、極めて渋いスロットル周り、低開度域では濃すぎてかぶる寸前、中開度域でちょっと大きく開けると失速するという状態でした。
おそらくHさんは、グズグズとくすぶり気味の低開度域については、旧車にCRの組み合わせならこんなもの・・・と認識していたのでしょう。
また、ジェントルな開け方しかしないようですので、それなりに流すように走ってしまい・・・

とりあえずシャーシダイナモに載せて診断してみましょう。
低開度域ではまずまずのツキ具合ですが、中開度域ではストールしているのがわかります。
また、計測前の暖気時点では、マフラーから盛大な黒煙を吐いていましたが、これは、低中開度域で濃すぎるところ、その領域だけを使ってソロソロと走り続けたことで、燃焼室内からマフラー内に多量のカーボンが堆積していたところ、ダイナモ上で大きく開けたことで、その排圧によって吐き出されたことによるものです。
数回にわたって全開にして回してやってことで黒煙はおさまって行きましたが、次に吐き出されたのは盛大な白煙です。
これは、燃焼室内に相応量のエンジンオイルが侵入している証、オイル上がり&オイル下がりを起こしているということです。
堆積カーボンによる黒煙がひどくて気づかなかったということでしょう。







計測結果は下記のとおりです。
中開度から全開域にかけては薄すぎの状態で、パワーも全く伸びて行きません。
しかし、1000ccエンジンですので、それでも64PSの出力があるのです。
ゆえに、ゆっくりと丁寧なスロットルワークをすれば、息つきを起こすことなく普通に走れてしまうというのも事実です。
このあたりが、Hさんをして、さほどの問題はないと認識させてしまうのです。

Z1R ビフォー






点火プラグを外してチェックしたところ、オイルカーボンの付着が認められたのは当然のことですが、かぶって失火してしまうレベルのチョイ手前というところです。
このあたりも、調子は悪くないと認識していた部分です。
ピストンヘッドを確認してみると、予想どおりオイルまみれでした。
対して、エンジンコンプレッションは、各気筒とも10キロ以上をマークして良好です。
この、燃焼室内オイル侵入状況は、すぐさまにエンジンオーバーホールをしなくては走行不能に陥るというレベルにまでは至っていませんでしたので、とりあえずキャブレター関連を適正化することによって、しばらくの間は好調に走れるものになると判断しました。
ただ、いずれ近いうちにエンジンオーバーホールは必須ですので、それに向けての資金繰り準備を進めるべきでしょう。

P8171278.jpg






重くて渋いスロットル周りは、不適正なスロットルパイプ巻き取り径やスロットルワイヤー取り回しの問題などが主因でしたので、それらを全て適正化します。
もちろん、ファクトリーまめしば謹製ULFスロットルワイヤーを使います。

P8171277.jpg







装着されていたCR31については、吹き返したオイル分やスラッジなどが多量に付着してひどく汚れた状態でしたので、分解の上で洗浄オーバーホールを行いました。
各ジェッティングを確認したところ、まあ、1000ccエンジンにCR31という組み合わせではありえないもの・・・経験値もスキルもない作業者が行うとこういうことになる典型的なものでした。まあ、数限りないケースを見て来ていますので、経験スキルを持たない者がこういうジェッティングに陥ってしまうプロセスは手に取るようにわかります。

P8171282.jpg






そして、Mノズル&PEEK製リンクロッドの組付けを行いました。

P8171283.jpg







作業によって、エンジンパワーは見違えるほどに向上しましたが、これは、Mノズル装着+セッティング適正化による相乗効果の結果です。

Z1R アフター







作業前後を比較してみましょう。

Z1R ビフォーアフター






エンジンが快調にパフォーマンスを発揮するためには、複数の構成要素が万遍なく機能していることが必要になります。
その個々の構成要素について的確に評価を下し、優先順位を付した上で有効な手段を講じるという組み立てが必要になります。
機械というものは、全て理詰めで機能するものですから、このようなアプローチをしなければ、短時間に最小コストで確実な結果を示すことはできません。
また、それによって、すぐさまに対処すべきこと、近いうちに行うべきこと、全く問題のないことなどについて確実に切り分け、それをオーナーに提示することも重要なこととなります。







ブリスクプラグの入手にあたっては、こちらのショッピングカート、若しくはメールにてご注文ください。
ショッピングカートにて在庫切れ表示がされているものについては、メールにてご注文をいただければ、入荷次第に速やかに発送いたします。
ブリスクプラグのご購入は、十分なテストとデータノウハウを蓄積しているファクトリーまめしばにてお願いいたします。

ショッピングカート:ブリスク


このブリスクプラグの検証については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。

ブリスクプラグ


注目すべきインプレ集はこちらです。

ブリスクLGSプラグのインプレ集


ファクトリーまめしばにおける装着セッティングサービスの詳細例については、こちらにまとめてありますのでご覧になってください。

カワサキZ系 装着&セッティングサービス

カワサキニンジャ系 装着&セッティングサービス

カワサキザッパー系 装着&セッティングサービス

スズキGS系 装着&セッティングサービス

スズキ空冷GSX&カタナ系 装着&セッティングサービス

スズキ油冷系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-K系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-F系 装着&セッティングサービス






CR-Mキャブレターの製作や装着セッティングについては、詳細なお見積りをお作りするご用意がありますので、関心をお持ちの方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。


〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com




ファクトリーまめしばでは、これだけの作業を日帰りで行うことができます。
ちなみに、概算のコストは下記の程度となりますので、参考にしてください。

※CRキャブレター関係
・Mノズル 4個 16,000円
・PEEK製リンクロッド 4個 8,000円
・低レートサブリターンスプリング 1本 1,000円
・ジェット代 適宜
・上記組み付け&セッティング工賃 30,000~40,000円
注:スロットルホルダー、スロットルパイプ、スロットルワイヤー等については、私の基準とする操作性や作動性を確保するため、交換させていただくことがあります。

※SP-2関係
・Z用SP-2(Ver.FM) 1セット 79,000円
・NGKパワーケーブル 4本 11,200円
・点火プラグ 4本 1,840円 (ブリスクプラグも選択可)
・上記装着セッティング工賃 15,000~25,000円

作業のご予約については、随時受け付けをしておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 202,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 43,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com

スポンサーサイト



ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ