FC2ブログ

Entries

K&Pオイルフィルターを検証する その5~装着によるメリットについて考察する

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをワンクリック願います。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
日々、新しいチャレンジを続けるファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。




現在、K&Pオイルフィルターの検証を進めているところですが、すでに多くの方々から販売に関するお問い合わせをいただいております。
よって、下記のとおりショッピングカートへの掲載を行いましたのでご確認ください。
現時点では在庫を持ちませんので、ご購入手続きをもってご予約の受付とさせていただきます。



ショッピングカート:K&Pオイルフィルター







シャーシダイナモを利用した各種計測及びセッティングサービスを開始します。
メニュー詳細については、下記を参照ください。
シャーシダイナモを装備する店舗等は複数存在するところですが、ファクトリーまめしばならではの画期的な内容と自負しています。

シャーシダイナモ利用による各種サービスの開始について



ファクトリーまめしばオリジナルパーツのウェブショップを開設いたしました。
どのような商品ラインナップがあるのか、どうぞこちらにてご確認ください。
もちろん、ウェブショップからでもご購入いただけますが、従来どおりにメールやお電話でのご注文でもかまいません。


ファクトリーまめしば:WEB SHOP

ファクトリーまめしば:WEB SHOPのお知らせ



ファクトリーまめしばオリジナルオイルのご注文については、こちらのショッピングカートよりお願いいたします。また、メール若しくはお電話、FAXでのご注文も承ります。

ショッピングカート:オリジナルオイル


新商品として、アーシングヘルパー&ヘッドアーシングの販売を開始しました。
商品の詳細確認とご購入については、こちらのショッピングカートにてお願いいたします。
また、特注品や装着作業のご相談については、直接にお電話をいただくか、メールにてお願いいたします。

ショッピングカート:アーシングヘルパー&ヘッドアーシング
ショッピングカート:アーシングヘルパー&ヘッドアーシング


この、アーシングヘルパー&ヘッドアーシングの解説についてはこちらにまとめてありますので、どうぞお読みになってください。

・アーシングヘルパー&ヘッドアーシング





現在、極めてユニークな造りをしているK&Pオイルフィルターについて検証テストを行っているところです。
その経過については、こちらに記事カテゴリーとしてまとめることとしましたので、どうぞご覧になってください。

K&Pオイルフィルター




4ストロークエンジンにおいて、最も重要なメンテナンスはオイル管理なのです。
高い品質のエンジンオイルを適切なスパンで交換すること、それが、長くエンジンを快調に維持する秘訣です。
エンジンチューニングやオーバーホールに長く携わった人ならば痛感していることと思いますが、このオイル選定や管理に問題があった場合、思わぬエンジントラブルを招いたり、想定したエンジンパフォーマンスが得られなかったりします。
また、それまでに抱えていた問題が、オイル品質を上げただけで解決したりもするのです。
そう、オイル管理は極めて重要・・・私がオリジナルオイルの開発に情熱を傾注したのも、そういうことが理由です。

では、良いオイルとは・・・ちょっと乱暴な表現かも知れませんが、高い潤滑性能と保護性能、つまり、摺動する金属表面同士をいかに滑らせ、そして相互を減らさないということに尽きます。
良いオイルとは、その性能に優れたものということが言えるのです。

そして、エンジンサイドから見た場合、各摺動部分に十分なオイルを送ることができるかどうかが重要なことになります。オイルポンプが劣化したり破損したりして、十分なオイルを各部に送ることができなくなれば、そのエンジンは焼き付きブローという状態になること必至です。
また、設計上、オイルの回りが良くないものになってしまった、つまり、構造上、潤滑回路に問題を抱えているエンジンも存在します。
その代表的なものは、1カム2ロッカー式のエンジンが挙げられます。
ニンジャやGSXエンジンなどはその代表的なものでしょう。これらのエンジンは、特に吸気側のカム山とロッカーアームスリッパー面の潤滑に問題がありますので、カム山やスリッパー面のカジリや摩耗に悩まされたりしています。
その対策として、良いオイルを使用するとか、パイパスラインを設け、そこに送られるオイル量を増やそうと試みたりしますが、構造上のウィークポイントを完全にカバーすることは困難だったりします。

また、オイルが劣化したり油温が上がり過ぎてオーバーヒート気味になった場合、エンジンの振動が増加したり、ガサついたフィーリングになったり、シフトが固く渋くなったりしますが、これも十分な潤滑ができなくなったことによって生じたそれぞれの具体的症状なのです。


私が、このK&Pオイルフィルターについて、その最大のメリットと考えているのは、まさにこの点にあります。
先日も掲載したこの画像を今一度ご覧ください。

P7311126.jpg






ほとんど全てのエンジンにおいて、オイルポンプによってオイルパンから汲み上げられて各部に圧送されるオイルは、その全量がオイルフィルターを通過し、その後に各潤滑部分に送られます。
そのとき、オイルフィルターは、抵抗物以外の何物でもありません。この抵抗が大きければ大きいほどに、それ以降の流量は減じられてしまいます。
オイル内の異物除去という問題を考慮しないならば、オイルフィルターなどというものはない方が潤滑性能という意味でははるかに有利なのです。

エンジンチューニングという分野では、潤滑回路の抵抗を減じるために、オイルライン内のバリ取りを行ったりスムージングを行ったりします。また、砂落としなどという手作業についても同様です。
これらの作業は、微々たる違いであっても、少しでもオイルによる潤滑性能を向上させたいという願いを込めて、手間暇と時間をかけて行われているものです。

K&Pオイルフィルターは、単にオイルフィルターを交換するだけの極めて容易でローコストな方法により、先に例示した手作業などよりもはるかに効率良くオイル流量を増やすことができるのです。
であるならば、このオイルフィルターは立派なチューニングパーツであり、その手軽さとローコストを考えれば、装着しない手はない・・・それが、私がこのオイルフィルターを推奨しようと考えた最大の動機です。

いくばくかのパワーアップを実現するとか、エンジンの回り方が軽やかになるとか、シフトフィーリングが滑らかでスムーズになるとか、そういう効果も得ることはできますし、それはそれで大きなメリットではありますが、4ストロークエンジンの生命線である潤滑性能を大きく向上させることが期待できるというメリットに比較すれば、それは副次的効果と言っても良いレベルです。

貴方のエンジンを長く安定した状態に維持するために、そして、もし、貴方のエンジンが、カム周りなどの潤滑性に問題を抱えているようなものであったとすれば、それはパイパスライン増設などよりも、極めて有効な対策となる可能性を秘めているということです。ニンジャやカタナに乗っているならば、保険をかけるという意味でも是非装着するべきでしょう。
また、それ以外のエンジンであっても、潤滑性を担保するために、高価な高級オイルを頻繁に交換するなどしているのであれば、それよりもはるかにローコストで同じ目的の効果を得ることができるということです。

4ストロークエンジンにおいて最も重要なのは、各部の潤滑性を如何に向上させるか・・・それはエンジンの生命線なのです。








ブリスクプラグの入手にあたっては、こちらのショッピングカート、若しくはメールにてご注文ください。
ショッピングカートにて在庫切れ表示がされているものについては、メールにてご注文をいただければ、入荷次第に速やかに発送いたします。
ブリスクプラグのご購入は、十分なテストとデータノウハウを蓄積しているファクトリーまめしばにてお願いいたします。

ショッピングカート:ブリスク


このブリスクプラグの検証については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。

ブリスクプラグ


注目すべきインプレ集はこちらです。

ブリスクLGSプラグのインプレ集


ファクトリーまめしばにおける装着セッティングサービスの詳細例については、こちらにまとめてありますのでご覧になってください。

カワサキZ系 装着&セッティングサービス

カワサキニンジャ系 装着&セッティングサービス

カワサキザッパー系 装着&セッティングサービス

スズキGS系 装着&セッティングサービス

スズキ空冷GSX&カタナ系 装着&セッティングサービス

スズキ油冷系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-K系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-F系 装着&セッティングサービス






CR-Mキャブレターの製作や装着セッティングについては、詳細なお見積りをお作りするご用意がありますので、関心をお持ちの方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。


〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com




ファクトリーまめしばでは、これだけの作業を日帰りで行うことができます。
ちなみに、概算のコストは下記の程度となりますので、参考にしてください。

※CRキャブレター関係
・Mノズル 4個 16,000円
・PEEK製リンクロッド 4個 8,000円
・低レートサブリターンスプリング 1本 1,000円
・ジェット代 適宜
・上記組み付け&セッティング工賃 30,000~40,000円
注:スロットルホルダー、スロットルパイプ、スロットルワイヤー等については、私の基準とする操作性や作動性を確保するため、交換させていただくことがあります。

※SP-2関係
・Z用SP-2(Ver.FM) 1セット 79,000円
・NGKパワーケーブル 4本 11,200円
・点火プラグ 4本 1,840円 (ブリスクプラグも選択可)
・上記装着セッティング工賃 15,000~25,000円

作業のご予約については、随時受け付けをしておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 202,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 43,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
7位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
2位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ