FC2ブログ

GS1000と日々の日記

ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。

Entries

Z1100GPのCR33にMノズル&PEEK製リンクロッドを装着セッティングする その1~事前チェックによって発覚した問題点

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをワンクリック願います。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
日々、新しいチャレンジを続けるファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。





シャーシダイナモを利用した各種計測及びセッティングサービスを開始します。
メニュー詳細については、下記を参照ください。
シャーシダイナモを装備する店舗等は複数存在するところですが、ファクトリーまめしばならではの画期的な内容と自負しています。

シャーシダイナモ利用による各種サービスの開始について



ファクトリーまめしばオリジナルパーツのウェブショップを開設いたしました。
どのような商品ラインナップがあるのか、どうぞこちらにてご確認ください。
もちろん、ウェブショップからでもご購入いただけますが、従来どおりにメールやお電話でのご注文でもかまいません。


ファクトリーまめしば:WEB SHOP

ファクトリーまめしば:WEB SHOPのお知らせ



ファクトリーまめしばオリジナルオイルのご注文については、こちらのショッピングカートよりお願いいたします。また、メール若しくはお電話、FAXでのご注文も承ります。

ショッピングカート:オリジナルオイル


新商品として、アーシングヘルパー&ヘッドアーシングの販売を開始しました。
商品の詳細確認とご購入については、こちらのショッピングカートにてお願いいたします。
また、特注品や装着作業のご相談については、直接にお電話をいただくか、メールにてお願いいたします。

ショッピングカート:アーシングヘルパー&ヘッドアーシング
ショッピングカート:アーシングヘルパー&ヘッドアーシング


この、アーシングヘルパー&ヘッドアーシングの解説についてはこちらにまとめてありますので、どうぞお読みになってください。

・アーシングヘルパー&ヘッドアーシング




近隣の大井町在住のSさんから、Z1100GPのCR33についてセッティングのご依頼をいただきました。
少し前に、それまでに世話になっていた某ショップにてウオタニSP-2装着とキャブレターセッティング作業をしてもらったそうなのですが、つまるところ、その結果に疑問を抱いているということのようです。

持ち込んでいただいたマシンはこのようなものです。

P7150996.jpg






Sさんのご依頼内容はキャブセッティングなのですが、つまるところ、調子よく走れるものにして欲しいというのが真意なのでしょうから、とりあえず全てを疑って各部のチェックを行いましょう。

プラグコードはテイラーが使われていますが、このプラグコードには抵抗が入っていません。そして、装着されているのはB8ES、抵抗なしのプラグです。
ウオタニSP-2を含めて、マイクロコンピューター制御のデジタルイグナイターはノイズ干渉を受けると思わぬ誤作動を招いたり、ランダムに不安定な状態に陥る可能性があります。
これは、ウオタニSP-2に限ったことではなく、1990年代以降の車両のほとんどはデジタル制御化されていますが、それらの車両は全て例外なく抵抗入りプラグコードと抵抗入りプラグが使われています。つまり、デジタルイグナイターに抵抗入りプラグを使わなくてはならないというのは常識レベルの話なのです。
そこで、いや、SP-2に抵抗なしのプラグを使っているけれど問題ないなどという声が聞こえてきそうですが、これはリスクヘッジの問題です。ノイズ干渉というのは神出鬼没ですので、いつ何時問題が生じるのか予測することは困難ですし、起こり得る問題症状とそのレベルも千差万別なのです。

P7150997.jpg

P7150998.jpg






先の抵抗りプラグ使用も含めて、SP-2の説明書に明記されていますが、プラグギャップを1.1~1.3mmに拡大する必要もあります。これをしなければ、高い金を払ってSP-2にした意味が半減してしまいます。そう、点火能力を十二分に発揮することができないのです。
プラグギャップの設定とはどうあるべきかという基本理論を理解していないということでもあります。まあ、現実は残念ながらバイクショップでも、これについてきちんと理解して説明できる人はほとんどいません。多くは、良く理解することもなく様々な作業を漠然と行っているということです。仕事をするにあたって必要最低限の勉強はしなくてはなりません。

P7150999.jpg






私が常用するのは、このBR8ES-11です。
まず、ターミナルが一体式ですので、緩みの心配がありません。
また、STDで1.1mmのワイドギャップですので、わずかに拡大するだけでSP-2にベストマッチとなります。

P7151000.jpg

P7151001.jpg






スロットルワイヤーの取り付けはこのような状態です。
面倒臭くてこうなったのか・・・・意味不明です。
こういういい加減で雑な作業者のやることは全てにおいて信用できませんので、念入りに細部をチェックしなくてはなりません。全てを疑ってかかるということです。

P7151002.jpg






使用されているスロットルワイヤーは、途中にジャンクションを設けているものですが、某パーツメーカー製のこの製品のフリクションは相当に大きい上に取り回しの自由度もないなど、ダメ部品のひとつです。

P7151003.jpg






この形式のスロットルホルダーは、作業性や整備性にひどく劣りますし、こういう形にするメリットについて、私は何一つ思い当たりません。
ベーシックな上下分割式以外の選択肢はありません。

P7151004.jpg






同メーカー製のこのグリップも、何かの冗談なのではないかと思うほど・・・まるでプラスチックかと思うほどに硬くてツルツル滑ります。
グリップはしっかりグリップしてくれなくてはいけません。そう、タイヤと同じですよ。

P7151005.jpg






交換されたばかりと思われるインシュレーターですが、締め付けはユルユルで二次エアー吸入していたのではないかと思われます。
この、ZやJのノーマルインシュレーターは、接合面がゴム引きでリップ式ですので、しっかりと締め付けてやらないと初期馴染みでユルユルになるのです。
Oリング式のものは接合面が金属なのでそういうことは起こらないのですが、どういう接合面なのかを見た上で、適切な装着をするのがプロのたしなみでしょう。

P7151006.jpg






作業前の試乗では、やけにシフトフィーリングが悪いことが気になりました。
装着されているステップキットのシフトリンケージはレバー比が不適正であることも問題ですが、それと同時にピロボールはカラカラに乾いてグリスアップされた形跡すらなく、固着してギシギシいっている始末・・・シフトペダルの軸部分も固着してスムーズに回転しない状態・・・まあ、一事が万事、あっちこっちに問題を抱えているということです。
おまけに、ここは締め付け不良で固定されていない状態です。このまま乗れば、スプラインが崩れてシャフト共々使い物にならなくなること必至です。








このマシン、あっちこっちにこれでもかとステンレスボルトが使われています。全てを鉄ボルトに交換してやりたいところですが、まあ・・・
しかし、この部分はしっかりとした締め付けトルクをかけて固定しなくてはならないところです。こんなところにボタン頭のステンレスボルトなんて言語道断、愚の骨頂です。
しっかりとしたトルクがかけられてなめたり伸びたりすることのないクロモリボルトに交換です。

P7151013.jpg






その他にも細かい問題点が山積状態、可能な範囲で手当てさせていただきました。
なかなか本題に入れませんが、まあ、いつものことです。

そんなことにまで小姑のようにうるさく言わなくてもいいじゃないかなどと思ったら大間違いですよ。こういう細かい手抜きや、無知による選択ミスなどが、取り返しのつかない大きなトラブルの引き金になるのです。









ブリスクプラグの入手にあたっては、こちらのショッピングカート、若しくはメールにてご注文ください。
ショッピングカートにて在庫切れ表示がされているものについては、メールにてご注文をいただければ、入荷次第に速やかに発送いたします。
ブリスクプラグのご購入は、十分なテストとデータノウハウを蓄積しているファクトリーまめしばにてお願いいたします。

ショッピングカート:ブリスク


このブリスクプラグの検証については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。

ブリスクプラグ


注目すべきインプレ集はこちらです。

ブリスクLGSプラグのインプレ集


ファクトリーまめしばにおける装着セッティングサービスの詳細例については、こちらにまとめてありますのでご覧になってください。

カワサキZ系 装着&セッティングサービス

カワサキニンジャ系 装着&セッティングサービス

カワサキザッパー系 装着&セッティングサービス

スズキGS系 装着&セッティングサービス

スズキ空冷GSX&カタナ系 装着&セッティングサービス

スズキ油冷系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-K系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-F系 装着&セッティングサービス






CR-Mキャブレターの製作や装着セッティングについては、詳細なお見積りをお作りするご用意がありますので、関心をお持ちの方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。


〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com




ファクトリーまめしばでは、これだけの作業を日帰りで行うことができます。
ちなみに、概算のコストは下記の程度となりますので、参考にしてください。

※CRキャブレター関係
・Mノズル 4個 16,000円
・PEEK製リンクロッド 4個 8,000円
・低レートサブリターンスプリング 1本 1,000円
・ジェット代 適宜
・上記組み付け&セッティング工賃 30,000~40,000円
注:スロットルホルダー、スロットルパイプ、スロットルワイヤー等については、私の基準とする操作性や作動性を確保するため、交換させていただくことがあります。

※SP-2関係
・Z用SP-2(Ver.FM) 1セット 79,000円
・NGKパワーケーブル 4本 11,200円
・点火プラグ 4本 1,840円 (ブリスクプラグも選択可)
・上記装着セッティング工賃 15,000~25,000円

作業のご予約については、随時受け付けをしておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 202,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 43,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com

スポンサーサイト



ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。
また、オートバイを構成する各部について、その原理や法則に及びつつ、実践的なノウハウも盛り込んでおりますので、参考にしていただければ幸いです。

ファクトリーまめしばの営業について、特段に定休日や営業時間を設けておりませんが、一人で切り盛りしておりますので、おいでになる際には、あらかじめのご連絡をいただければと思います。

〒250-0852
神奈川県小田原市栢山2925-3
株式会社ファクトリーまめしば
Tel:090-3342-1234
FAX:0465-46-7041
Mail:mameshiba198@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
2位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ