FC2ブログ

GS1000と日々の日記

ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。

Entries

Mノズルのパフォーマンスをシャーシダイナモにて比較検証する~Z900のCR29にMノズル&PEEK製リンクロッドを装着セッティング

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをワンクリック願います。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
日々、新しいチャレンジを続けるファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。





シャーシダイナモを利用した各種計測及びセッティングサービスを開始します。
メニュー詳細については、下記を参照ください。
シャーシダイナモを装備する店舗等は複数存在するところですが、ファクトリーまめしばならではの画期的な内容と自負しています。

シャーシダイナモ利用による各種サービスの開始について



ファクトリーまめしばオリジナルパーツのウェブショップを開設いたしました。
どのような商品ラインナップがあるのか、どうぞこちらにてご確認ください。
もちろん、ウェブショップからでもご購入いただけますが、従来どおりにメールやお電話でのご注文でもかまいません。


ファクトリーまめしば:WEB SHOP

ファクトリーまめしば:WEB SHOPのお知らせ



ファクトリーまめしばオリジナルオイルのご注文については、こちらのショッピングカートよりお願いいたします。また、メール若しくはお電話、FAXでのご注文も承ります。

ショッピングカート:オリジナルオイル





以前にCRキャブレターへのMノズル等の装着セッティング作業をさせていただいた方から、そのご友人様のZ900に関する作業のご依頼をいただきました。
このようにして、過去の成果が今日の仕事につながるという循環は、まことに有り難きことと感謝すると同時に、ひとつひとつの仕事を確実に行うことの重要性を再確認することにもなります。
さて、そのご期待にお応えすべく、今回の作業も心して取り組むこととしましょう。

さて、私のデリバリーするMノズルは、発売以来、すでに1万個を優に超えるほどのご支持をいただいております。すでにお使いの方も多数おいでと思いますし、そのパフォーマンスは皆様が体感くださっているものと確信しているところでもあります。
この、Mノズルユーザーの方々から、そのパフォーマンスについてシャーシダイナモで検証してみて欲しいというリクエストを多数いただいてもいるところでしたので、これを機に比較検証を行ってみることとしました。

さて、ご紹介いただいたKさんのZ900はこれです。

P3110178.jpg






作業前に試乗させていただきましたが、いやいや、なかなかの仕上がり、装着されているCR29のセッティングも、一般的なレベルで言えば文句の付け所がないというものでした。Kさん自身も、速さを含めて、特に不満は感じていないということ・・・
しかしそれは、一般的レベルのお話であって、私の基準レベルとしてはまだまだ余地は少なくないと感じるというのも事実・・・そうでなければ仕事として受けるわけがありません。
ここでふと思いついたのがMノズルの比較検証です。この、文句のないレベルにセッティングされたCR29にMノズルを装着セッティングすることで、どれほどの違いを生むのかをやってみましょうね。
多くのマシンは、Mノズルを装着する云々という以前に、そもそものセッティングに大きな問題があるのです。こういったマシンにMノズルを装着セッティングするとどういうことになるのか・・・それは、Mノズル効果+セッティングの適正化というダブル効果の結果、ビフォーアフターの比較としては、まるで別物マシンになったかのような違いが得られてしまいます。これはこれでオーナー様からすれば嬉しい結果ではあるものの、Mノズルの効果検証にはなっていないとも言えるところです。
それを、この見事にセッティングされたZ900&CR29において実証してみようというわけです。

さて、いつものとおり事前チェックを行いましょう。
まずはエンジンコンプレッション計測です。
結果は、各気筒ともに11~12キロという、実に素晴らしいものとわかりました。文句の付けようがありませんね。








次に、プラグホールからピストンヘッドの状態を確認しましたが、全ての気筒において、カーボン付着も少なく、オイルの侵入も皆無です。
つまり、エンジン本体の状態は万全ということです。

P3100170.jpg







さて、実走において素晴らしいセッティング状態であったZ900について、作業前のパワーチェックを行いましょう。
ちなみに、持ち込まれて来た時点のセッティングは下記のとおりです。
排圧が大きめのマフラーが装着されている関係上、MJ番手はやや絞り気味ではありますが、CR29のセッティングとしてはセオリーどおりのものでもあります。

MJ:110
JN:P151#3
SJ:55
AS:3/4







計測データは下記のとおりです。
・後輪出力 60.47ps
全開空燃比値は12台中盤から後半ですので、まさにベスト値ということが確認されます。

ノーマルノズル






作業を開始しましょう。
まず、スロットルパイプ&スロットルワイヤーには問題がありますので、これらは問答無用に交換します。
スロットルパイプは社外品のアルミ製ですが、戻し側ワイヤーのタイコ取り付け穴が長穴、これはCRキャブレターには不適合です。
また、スロットルワイヤーのタイコ部分には異常な曲がり癖が付いてしまっています。ワイヤー装着時に、ラジオペンチなどで無理にこじるとこうなってしまいます。
スロットルパイプ、スロットルホルダー、スロットルワイヤーなどの操作系部品の選択と設定は、キャブレターセッティング云々よりも重要な要素なのです。

P3100175.jpg






CR29を分解し、Mノズル&PEEK製リンクロッドを組み付けていきます。この際、各部の洗浄や緻密な組み立て作業を行うのは言うまでもありません。

P3100176.jpg






さて、シャーシダイナモにてセッティング作業を行います。
最終的なセットは下記のとおりとなりましたが、これは、CR29にMノズルを組み付けた場合の標準的なもの、つまり私のデータどおりということです。
換言すれば、エンジン本体や点火系がベストな状態であれば、私のデータどおりでベストセットになるという証でもあります。仮に、私がご案内したプリセット値で十分に機能しない場合、それは、装着セットアップ作業、エンジン本体、点火系などに問題があるということです。

MJ:115
JN:YY7#5
SJ:55
AS:1







計測データは下記のとおりです。
もともとのセッティングがほぼベスト状態であったにもかかわらず、さらなる上乗せを得ることができました。
・後輪出力 62.76ps
全開空燃比値は12台後半ですので、これがベストセットということです。

Mノズル

オールギア






さて、ビフォーアフターのグラフを重ねてみましょう。
ご覧のとおり、全域できれいに上回り、最大差は3.36psもの大差となりました。比率で言えば5%以上となりますが、これはかねてより私が公言しているMノズル装着によるパワーアップ比率でもあります。また、Mノズルの優れた霧化特性によるもの、つまり、より均一で燃えやすい良質な混合気を形成することができた結果に他なりません。
良く考えてみてください。エンジン本体のチューニングで5%のパワーアップを得ようとすれば、相応のコストがかかります。それを、Mノズルという小さなキャブレターインナーパーツを装着してリセッティングするだけで得ることができるのですから、これはエポックメイクなことでしょう。また、その効果はピークパワーという点にとどまらず、全域におけるパワー&レスポンスアップという形ですので、全開走行するまでもなく、ストリートユースという環境において、スロットルを開けて加速した瞬間に明確な体感差として現れるのですから、これはもう装着しない手はないということでもあります。

Mノズル比較 3.36ps







Mノズルのご購入はこちらのショッピングカートよりお願いいたします。
また、マシン持ち込みによる装着セッティングも随時お受けしておりますが、私の装着作業に任せるのが最も賢明な選択であるのは当然のことです。

ショッピングカート:Mノズル







ブリスクプラグの入手にあたっては、こちらのショッピングカート、若しくはメールにてご注文ください。
ショッピングカートにて在庫切れ表示がされているものについては、メールにてご注文をいただければ、入荷次第に速やかに発送いたします。
ブリスクプラグのご購入は、十分なテストとデータノウハウを蓄積しているファクトリーまめしばにてお願いいたします。

ショッピングカート:ブリスク


このブリスクプラグの検証については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。

ブリスクプラグ


注目すべきインプレ集はこちらです。

ブリスクLGSプラグのインプレ集


ファクトリーまめしばにおける装着セッティングサービスの詳細例については、こちらにまとめてありますのでご覧になってください。

カワサキZ系 装着&セッティングサービス

カワサキニンジャ系 装着&セッティングサービス

カワサキザッパー系 装着&セッティングサービス

スズキGS系 装着&セッティングサービス

スズキ空冷GSX&カタナ系 装着&セッティングサービス

スズキ油冷系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-K系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-F系 装着&セッティングサービス






CR-Mキャブレターの製作や装着セッティングについては、詳細なお見積りをお作りするご用意がありますので、関心をお持ちの方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。


〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com




ファクトリーまめしばでは、これだけの作業を日帰りで行うことができます。
ちなみに、概算のコストは下記の程度となりますので、参考にしてください。

※CRキャブレター関係
・Mノズル 4個 16,000円
・PEEK製リンクロッド 4個 8,000円
・低レートサブリターンスプリング 1本 1,000円
・ジェット代 適宜
・上記組み付け&セッティング工賃 30,000~40,000円
注:スロットルホルダー、スロットルパイプ、スロットルワイヤー等については、私の基準とする操作性や作動性を確保するため、交換させていただくことがあります。

※SP-2関係
・Z用SP-2(Ver.FM) 1セット 79,000円
・NGKパワーケーブル 4本 11,200円
・点火プラグ 4本 1,840円 (ブリスクプラグも選択可)
・上記装着セッティング工賃 15,000~25,000円

作業のご予約については、随時受け付けをしておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 202,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 43,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com

スポンサーサイト



ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。
また、オートバイを構成する各部について、その原理や法則に及びつつ、実践的なノウハウも盛り込んでおりますので、参考にしていただければ幸いです。

ファクトリーまめしばの営業について、特段に定休日や営業時間を設けておりませんが、一人で切り盛りしておりますので、おいでになる際には、あらかじめのご連絡をいただければと思います。

〒250-0852
神奈川県小田原市栢山2925-3
株式会社ファクトリーまめしば
Tel:090-3342-1234
FAX:0465-46-7041
Mail:mameshiba198@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ