FC2ブログ

Entries

キャブレターや点火系の作業依頼時に行う事前チェック

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをワンクリック願います。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
日々、新しいチャレンジを続けるファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。





シャーシダイナモを利用した各種計測及びセッティングサービスを開始します。
メニュー詳細については、下記を参照ください。
シャーシダイナモを装備する店舗等は複数存在するところですが、ファクトリーまめしばならではの画期的な内容と自負しています。

シャーシダイナモ利用による各種サービスの開始について



ファクトリーまめしばオリジナルパーツのウェブショップを開設いたしました。
どのような商品ラインナップがあるのか、どうぞこちらにてご確認ください。
もちろん、ウェブショップからでもご購入いただけますが、従来どおりにメールやお電話でのご注文でもかまいません。


ファクトリーまめしば:WEB SHOP

ファクトリーまめしば:WEB SHOPのお知らせ



ファクトリーまめしばオリジナルオイルのご注文については、こちらのショッピングカートよりお願いいたします。また、メール若しくはお電話、FAXでのご注文も承ります。

ショッピングカート:オリジナルオイル





ファクトリーまめしばにおける主業務は、キャブレターの製作及び装着セッティング、そして点火系のモディファイチューニングなのです。
これまでに実に多くの車両を持ち込みいただき、それら作業を行ってきましたが、時として、オーダーいただいた内容を超えたエンジン本体などに及ぶことも少なくありません。

たとえば、装着されているCRキャブレターの調子が思わしくないので、それをきちんとセッティングして欲しい・・・そのようなご相談は連日のようにいただいているところです。
オーナーは、その人なりの表現を尽くして、如何に自分のマシンに装着されているCRキャブレターが思わしくないのかについて訴えるのです。
しかし、私は、その話を全く鵜呑みになどしません。
確かに、マシンの調子が思わしくないのは事実なのでしょう。しかし、その原因がキャブレターにある保障などはどこにもありません。
どういうわけなのかわかりませんが、マシンの調子が思わしくない場合、「これはキャブが原因に違いない」と思い込んでしまうケースが多いのです。そこには、キャブの問題ならば、セッティングをしたりキャブレターオーバーホールなどをすれば調子良くなる、つまり、エンジンなどの大手術につながることはないと思いたいという希望的観測に基づくのかもしれませんね。
また、友人や知人からマシン不調の相談を受けたりした場合、「それはキャブなんじゃないのか」などとマニア気取りでアドバイスする傾向もあるように思います。まあ、それはバイクショップでも同じでしょうけれど・・・
行きつけのバイクショップで整備してもらったけれど思わしくない、すると、メカニックや店主は、「キャブだよ・・・」つまり、ウチでやった場所以外の原因だよと言いたいのかも知れませんね。
マシンを持ち込んでくださったオーナーたちから、経緯について聴取すると、そういう傾向が見えてきたりもします。
すると、その結果、どういうことになるのか・・・
私のところには、キャブレターを含めた様々な問題を抱える不調マシンが持ち込まれて来るということになるのです。
オーナーは、結局のところ、原因が何であれ、愛車に調子良く乗りたいというのが希望なのですから、それにお応えするためには、持ち込まれて来たマシンについて、先入観を一切排除し、まずは全てを疑ってかかるという姿勢が必要になります。
それは、仮にエンジンフルオーバーホール&フルレストア済という謳い文句が付いていても同じこと、私は全てを疑います。

私としては、ご依頼を受けた以上は確実な結果を示す必要がありますので、所詮は素人であるオーナーを始めとする他人様の見立てをあてにするわけには行きません。私の作業後は、それは私の作業結果ということになるのですから。
結果、頼まれもしないチェックやダメ出しをすることになるというわけです。

なぁに、やること自体はシンプルで単純なことなのです。
良いエンジンの三要素である、「良い混合気」「良い圧縮」「良い点火」について、順次チェックを行い、問題を抽出して対処するだけです。
問題は、そこで発見された不具合について修理対処するために、場合によっては甚大なコストがかかることもあり得るのです。とにかくキャブが原因であるという錯誤に基づいて訪れたオーナーにとっては、私の診断と宣告によって、予想外どころか、まさに青天霹靂という過酷な現実を突きつけられることになるというわけです。
その問題について、どのような選択と落としどころ設定にするかは、現実的に可能な選択肢を提示させていただいた上で検討するということになるでしょう。


さて、前置きはこのくらいにして、実際にどのようなチェックを行うのかについてご紹介しましょう。
サンプルマシンは、先日にCR-M26の製作と装着セッティングをご依頼いただいた、CB400FOURです。
すでにエンジンオーバーホールとウオタニSP-2の装着が行われています。

P3070023.jpg






このマシン、どうも取り回しが重いように感じましたので、まずはタイヤのエアーチェックを・・・これも重要なことです。だいぶエアー圧が低下していました。

P3070022.jpg






次に、ドライブチェーンの遊びと給油状態を確認します。なにせ、キャブセッティング作業では私自身がこのマシンに乗るのですから、安全のためにも大切な要素です。

P3070020.jpg






さて、点火プラグを外し、燃焼室内のピストンヘッドを目視してオイル侵入有無を確認します。
ここでもし、オイルがべったりと侵入していたなら、その程度にもよりますけれど、基本的にはエンジンオーバーホールのご相談ということになります。

P3070018.jpg






併せて、点火プラグの状態も確認します。ここにオイルカーボンが付着していれば、先と同様にオイル上がり若しくは下がりということになりますし、ガソリン由来のカーボンが多量に付着していたなら、キャブレターや点火系に問題を抱えている可能性があります。
そして、プラグキャップに刺した状態でアースさせてスパークチェックを行います。
ここで火花が飛ばないというのであれば点火系にトラブルということですが、これはあくまでも大気圧下でのチェックですので、エンジンに装着した状態で圧縮圧下でも確実にスパークすることまでを担保するものでもありません。
これで飛ぶから点火系はOKと断定してはならないということです。

P3070017.jpg






次に、エンジンコンプレッションを計測します。
ここでは、サービスマニュアル記載の規定値を基準にするのはもちろんですが、4ストロークエンジン全般において、おおよそ7キロを切るというのは問題ありですので、このあたりが目安の境目ということになります。
また、冷間時と温間時でも基準値は異なりますので、そういう要素も加味する必要がありますが、それは経験値がモノを言う領域でもあります。
コンプレッションが上がらない場合、燃焼室にオイルを入れるとどうなるのかなどという試みも必要な場合があります。また、バルブクリアランスに原因がある場合も少なくありませんので、それが濃厚に疑われる場合には、その調整をすることも考えなくてはなりません。

P3070011.jpg

P3070019.jpg






このCB400FOURについては、これらチェックの結果、まったく問題ないことがわかりましたので、あとはCR-M26を製作して装着セッティングをすれば、所定のパフォーマンスが発揮されることが約束されたということになります。

ファクトリーまめしばにキャブレターや点火系の作業をご依頼いただいた場合には、基本的にこれらの確認作業を行います。そこにおいて、スパークチェック、燃焼室内チェック、コンプレッション計測などについては作業工賃をいただくこともありません。
また、これらの確認作業は、特別なものではありません。サービスマニュアルに記載している、定期点検項目そのものなのです。

先にも書きましたが、エンジンというものは、キャブレターや点火系だけで機能するものではありません。エンジンの三要素を全て充足する必要があるのです。
然るに、オーナーからキャブレターをやってくれと言われたからといって、キャブしか見ないというわけには行かないのです。
素人であるオーナーから、「キャブの調子が悪いからセッティングして欲しい」と言われたとき、それは、「マシンの調子が悪いので、気持ちよく走れるようにしてくれ」というように受け取らなくてはならないのです。
そしてもうひとつ重要なことは、どんなチェックをした結果、どのような問題が発見されたのか、そして、それは何を意味するのかをオーナーに理解できるように説明を果たし、それを解決するためにはどのような選択肢があるのかを解説し、それぞれのコストを提示することです。
それがないと、コストを負担するオーナーの納得を得ることができませんし、問題解決につなげることもできないということになり、それは、オーナーにとっても私にとっても残念な結果にしかならないのです。











ブリスクプラグの入手にあたっては、こちらのショッピングカート、若しくはメールにてご注文ください。
ショッピングカートにて在庫切れ表示がされているものについては、メールにてご注文をいただければ、入荷次第に速やかに発送いたします。
ブリスクプラグのご購入は、十分なテストとデータノウハウを蓄積しているファクトリーまめしばにてお願いいたします。

ショッピングカート:ブリスク


このブリスクプラグの検証については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。

ブリスクプラグ


注目すべきインプレ集はこちらです。

ブリスクLGSプラグのインプレ集


ファクトリーまめしばにおける装着セッティングサービスの詳細例については、こちらにまとめてありますのでご覧になってください。

カワサキZ系 装着&セッティングサービス

カワサキニンジャ系 装着&セッティングサービス

カワサキザッパー系 装着&セッティングサービス

スズキGS系 装着&セッティングサービス

スズキ空冷GSX&カタナ系 装着&セッティングサービス

スズキ油冷系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-K系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-F系 装着&セッティングサービス






CR-Mキャブレターの製作や装着セッティングについては、詳細なお見積りをお作りするご用意がありますので、関心をお持ちの方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。


〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com




ファクトリーまめしばでは、これだけの作業を日帰りで行うことができます。
ちなみに、概算のコストは下記の程度となりますので、参考にしてください。

※CRキャブレター関係
・Mノズル 4個 16,000円
・PEEK製リンクロッド 4個 8,000円
・低レートサブリターンスプリング 1本 1,000円
・ジェット代 適宜
・上記組み付け&セッティング工賃 30,000~40,000円
注:スロットルホルダー、スロットルパイプ、スロットルワイヤー等については、私の基準とする操作性や作動性を確保するため、交換させていただくことがあります。

※SP-2関係
・Z用SP-2(Ver.FM) 1セット 79,000円
・NGKパワーケーブル 4本 11,200円
・点火プラグ 4本 1,840円 (ブリスクプラグも選択可)
・上記装着セッティング工賃 15,000~25,000円

作業のご予約については、随時受け付けをしておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 202,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 43,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com

スポンサーサイト



ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ