FC2ブログ

Entries

マフラーエンドのサイレンサー内径を変更することによる特性変化を比較する

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをワンクリック願います。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
日々、新しいチャレンジを続けるファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。





ファクトリーまめしばオリジナルパーツのウェブショップを開設いたしました。
どのような商品ラインナップがあるのか、どうぞこちらにてご確認ください。
もちろん、ウェブショップからでもご購入いただけますが、従来どおりにメールやお電話でのご注文でもかまいません。


ファクトリーまめしば:WEB SHOP

ファクトリーまめしば:WEB SHOPのお知らせ



ファクトリーまめしばオリジナルオイルのご注文については、こちらのショッピングカートよりお願いいたします。また、メール若しくはお電話、FAXでのご注文も承ります。

ショッピングカート:オリジナルオイル


※ シャーシダイナモの設置を完了して稼働テストを続けておりますが、現在は、オペレーターである私自身の習熟及びサービス展開の具体的内容について検討中となります。
よって、ユーザー様へのサービス開始については、改めてご案内させていただきますので、今しばらくのご猶予をお願いいたします。







チューニングやセッティングにおいては、とりあえず最大出力を高めることをよしとする、それが目指すべき指標であると考えていたとしたら、それは大きな間違いなのです。
パワーやトルクが向上したということは、エンジン効率が向上したひとつの証であるというのは事実ですが、目的の本質はそこではありません。
人間であるライダーが乗って気持ち良いと感じるもの、コントロールし易いと感じるもの、その結果として速く安全に楽しく走れるマシンにすること、それが目的ではありませんか。
パワーを含めた全ての特性に優れているというのがベストではありますが、現実は、最大出力を得られたセットが全てにおいて良いということでもありません。
また、最大出力が同じであったとしても、それは単に同じパワーを発揮しているという点において同じであるということに過ぎず、その他の特性まで同じであるということでもありません。

シャーシダイナモに載せてブ~ンと全開にして良い数値が得られたというのは、その部分に関しては優れているのは事実ではあるけれど、それが全てであるわけでもありません。

さあ、その一例を挙げてみましょう。

これは、NGCエキゾーストのオプションサイレンサーを比較しているところです。

P1030020.jpg






テストマシンはおなじみのGS844です。

P1030019.jpg







これは、インナーパイプ径が31.8mmです。

P1030022.jpg






これは36.0mmです。

P1030023.jpg







36.0mmの方が抜けが良いのは当たり前ですが、キャブセッティングを修正すると、両者の出力値はほぼ同じとなりました。
グラフを見てもおわかりのとおり、空燃比値もほとんど同じになりました。

・31.8mm
 MJ:125
 後輪出力 94.4PS
 後輪トルク 7.8kg-m

・36.0mm
 MJ:128
 後輪出力 94.7PS
 後輪トルク 7.7kg-m

318 360







つまり、ヨーイドンしたならば、両者に速さの違いはないということですし、その部分だけを取り上げれば、どちらでも良いということになります。
しかし、実走でのフィーリングにおいては、両者は全く違う印象なのです。
公道上の実走において、全開フル加速などというシチュエーションはほとんどありません。
その多くは、全閉から開度50%付近までの間で微妙に開けたり閉めたりしながら走り、その時におけるシフトフィーリングやエンブレフィーリング、振動特性などなど、ライダーが五感で得る感覚の全てにおいて評価されるのです。
乗りやすい、開けやすい、気持ち良い・・・
公道上の実走において、31.8mmはみっちりして太いトルク感が美点かもしれません。反面、36.0mmと比較すると、なんとなく重ったるい感じもします。
シフトアップダウン時におけるギアのつながり感も、31.8mmは良く言えばメリハリの効いた感じですが、ガツガツとした乱暴な感じとも言えます。
36.0mmは、全体的にフワッとした軽く吹けてエンブレもきめの細かい上品な感じになります。比較すればメリハリが効いていないと言えばそうかもしれません。
たぶん、私も含めて、ほとんどの人は36.0mmの方を気持ちよくて乗りやすいと評価するのではないかと思いますし、両者の違いを感知できない人はいないと思います。
いや、どちらも開ければ脱兎のごとくきれいに吹け上ります。パワーカーブが示すとおりにね。


以前にご紹介したこのグラフは、このマシンで後輪101PSを発揮したときのものです。

後輪出力 101PS/10000rpm
後輪トルク 8.2kg-m/8220rpm

速い遅いという評価軸であれば、これは良い結果ですし、たとえばサーキットユースであれば、このセットを選択すべきなのは当然のことです。なにせパワーがあって速いのですからね。

ちなみに、この時のインナーサイレンサー内径は42.7mm、CR-M33のMJは138番です。

GS844 stra 101PS






このセットで公道上を走らせ、先の内径36.0mmと比較してみると、断然36.0mmの方が良いフィーリングです。
101PS仕様では、低開度領域でのパーシャルから緩開でのフィーリングがガサガサしてしっとりと回る感じに欠けてしまいます。また、5,000~6,000rpmあたりでつないでいく加速時にもスムーズではないのです。
この状態だけで評価すれば文句は出ないのかも知れませんが、36.0mmにすると、このあたりが俄然気持ち良いものになり、それを乗り比べてしまうと、誰でも36.0mmが良いと評価するはずなのです。

オートバイという乗り物のセッティングやセットアップは、こういうことを考えながら、あらゆる要素を考慮しながらトータルで良い状態に仕立ててやりたいと思うのです。








ブリスクプラグの入手にあたっては、こちらのショッピングカート、若しくはメールにてご注文ください。
ショッピングカートにて在庫切れ表示がされているものについては、メールにてご注文をいただければ、入荷次第に速やかに発送いたします。
ブリスクプラグのご購入は、十分なテストとデータノウハウを蓄積しているファクトリーまめしばにてお願いいたします。

ショッピングカート:ブリスク


このブリスクプラグの検証については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。

ブリスクプラグ


注目すべきインプレ集はこちらです。

ブリスクLGSプラグのインプレ集


ファクトリーまめしばにおける装着セッティングサービスの詳細例については、こちらにまとめてありますのでご覧になってください。

カワサキZ系 装着&セッティングサービス

カワサキニンジャ系 装着&セッティングサービス

カワサキザッパー系 装着&セッティングサービス

スズキGS系 装着&セッティングサービス

スズキ空冷GSX&カタナ系 装着&セッティングサービス

スズキ油冷系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-K系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-F系 装着&セッティングサービス






CR-Mキャブレターの製作や装着セッティングについては、詳細なお見積りをお作りするご用意がありますので、関心をお持ちの方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。


〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com




ファクトリーまめしばでは、これだけの作業を日帰りで行うことができます。
ちなみに、概算のコストは下記の程度となりますので、参考にしてください。

※CRキャブレター関係
・Mノズル 4個 16,000円
・PEEK製リンクロッド 4個 8,000円
・低レートサブリターンスプリング 1本 1,000円
・ジェット代 適宜
・上記組み付け&セッティング工賃 30,000~40,000円
注:スロットルホルダー、スロットルパイプ、スロットルワイヤー等については、私の基準とする操作性や作動性を確保するため、交換させていただくことがあります。

※SP-2関係
・Z用SP-2(Ver.FM) 1セット 79,000円
・NGKパワーケーブル 4本 11,200円
・点火プラグ 4本 1,840円 (ブリスクプラグも選択可)
・上記装着セッティング工賃 15,000~25,000円

作業のご予約については、随時受け付けをしておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス




ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com

スポンサーサイト



ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ