FC2ブログ

Entries

MさんのGS750エンジンオーバーホール その3~カムシャフトのラッピングとカムスプロケットの長穴加工

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをワンクリック願います。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
日々、新しいチャレンジを続けるファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。






ファクトリーまめしばオリジナルパーツのウェブショップを開設いたしました。
どのような商品ラインナップがあるのか、どうぞこちらにてご確認ください。
もちろん、ウェブショップからでもご購入いただけますが、従来どおりにメールやお電話でのご注文でもかまいません。


ファクトリーまめしば:WEB SHOP

ファクトリーまめしば:WEB SHOPのお知らせ



ファクトリーまめしばオリジナルオイルのご注文については、こちらのショッピングカートよりお願いいたします。また、メール若しくはお電話、FAXでのご注文も承ります。

ショッピングカート:オリジナルオイル




エンジンの三要素である「良い混合気」「良い圧縮」「良い火花」、これは、三脚のそれぞれの脚に相当するものです。つまり、2本がきちんとしていても、1本が駄目ならば三脚は立たないのです。
MさんのGS750は、これまでにCR-M29、ウオタニSP-2(Ver.FM)の装着セッティングによって、2本の脚はシャキッとしたものの、シリンダーライナー内壁の錆腐食及びバルブ周りの摩耗劣化によって、先の大きなふたつの投資にもかかわらず、依然として芳しくないものにとどまっていたのです。
この3本脚については、一度にすべてをやるのがベストであるのは言うまでもありません。なぜならば、それぞれ少なからぬコストがかかるところ、お金をかけたにもかかわらず、その他の問題によって、依然として不完全な状態で走らなくてはならないというのは、精神衛生上も好ましいことではないから・・・お金をかけた以上、その効果を存分に味わいたいというのは人情でしょう。
しかし、現実の懐事情はそれぞれであるところ、お金がないからそれぞれをローコストにというのも賢いことではありません。
トータルではそこそこのお金をかけたにもかかわらず、いざ完成してみたら、全体的に完成度の低いものになってしまったというのも悲しいものだったりします。
そういう意味では、Mさんのプランニングは賢いものと言えます。
予算建てができるごとに、それぞれについて最高の選択をしてきたのです。それが、CR-M29とSP-2ということですが、さて、最後の仕上げとして、バリッと確実なエンジンオーバーホールを行いましょう。

これまでの経過記事はこちらですので、どうぞお読みになってください。

MさんのGS750エンジンオーバーホール その1~エンジン内部の確認とオーバーホールメニューの策定
MさんのGS750エンジンオーバーホール その1~エンジン内部の確認とオーバーホールメニューの策定

MさんのGS750エンジンオーバーホール その2~内燃機加工からシリンダーヘッドバルブ周りの組み立て





さて、作業を進めましょう。

せっかくエンジンを分解してオーバーホールをするのですから、各部にひと手間をかけてファインチューニングを施しておきたいところです。
先日にご紹介した、ポート段付き修正もそのひとつですが、カムシャフトもラッピングしてやりましょう。

カムシャフトのカム山は、非常に潤滑条件の厳しいところです。
バルブスプリングの大きな反力による高い面圧がかかっているところですが、ここの潤滑は周囲にあるオイル付着のみに依存しています。つまり、油圧がかかってオイルが圧送されているのではなく、なんとなく周囲にあるオイルが付着することで潤滑を担保しているということです。
エンジンによっては、カムのカジリという問題を宿命的に抱えていたりもするくらいですので、とにかく摩耗を抑制することを考えてやらなくてはなりません。
まずは良いオイルを使うというのが第一ですが、ラッピングによって面粗度を上げてやるというのも有効な対策となります。

ご覧のとおり、オイルスラッジの付着によって汚れているばかりか、カムジャーナルには筋状の摩耗痕跡も見られます。

PA146238.jpg

PA146239.jpg





カムシャフトを旋盤にチャッキングして、研磨剤を使ってピカピカに磨き上げてやります。
ラッピング後のカムシャフトは、うっかりすると手が滑って落としてしまいかねないくらいにツルッツルになります。

PA146240.jpg







ラッピングを完了しました。
そして、カムスプロケットの取り付け穴は、正確なバルブタイミングに合わせるため、長穴に加工してあります。

PA146242.jpg






カムスプロケット取り付け穴を長穴にすることによって、このようにスライド調整をすることができるようになります。







GS750のサービスマニュアル記載のバルブタイミング規定値は、ロブセンターでインテーク、エキゾーストともに110度となっています。
しかし、完全ノーマルエンジンであっても、まずこの規定値になどなってはいません。
また、走行を重ねることでカムチェーンは伸びて行きますので、バルブタイミングは全体的に遅い方向にズレが生じてくるのです。
4ストロークエンジンにおいて、バルブタイミングは性能を担保する上で極めて重要な要素ですので、これを確実に規定値に合わせることによる効果は相当に大きなものとなります。
この作業は、ハイカムを組み付けるときだけではなく、完全ノーマルエンジンを組み立てる時であっても重要な調整だということです。
この調整は、エンジンを組み立ててバルブクリアランス調整も済ませたあと、最後の仕上げとして行います。












ブリスクプラグの入手にあたっては、こちらのショッピングカート、若しくはメールにてご注文ください。
ショッピングカートにて在庫切れ表示がされているものについては、メールにてご注文をいただければ、入荷次第に速やかに発送いたします。
ブリスクプラグのご購入は、十分なテストとデータノウハウを蓄積しているファクトリーまめしばにてお願いいたします。

ショッピングカート:ブリスク


このブリスクプラグの検証については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。

ブリスクプラグ


注目すべきインプレ集はこちらです。

ブリスクLGSプラグのインプレ集


ファクトリーまめしばにおける装着セッティングサービスの詳細例については、こちらにまとめてありますのでご覧になってください。

カワサキZ系 装着&セッティングサービス

カワサキニンジャ系 装着&セッティングサービス

カワサキザッパー系 装着&セッティングサービス

スズキGS系 装着&セッティングサービス

スズキ空冷GSX&カタナ系 装着&セッティングサービス

スズキ油冷系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-K系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-F系 装着&セッティングサービス






CR-Mキャブレターの製作や装着セッティングについては、詳細なお見積りをお作りするご用意がありますので、関心をお持ちの方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。


〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com




ファクトリーまめしばでは、これだけの作業を日帰りで行うことができます。
ちなみに、概算のコストは下記の程度となりますので、参考にしてください。

※CRキャブレター関係
・Mノズル 4個 16,000円
・PEEK製リンクロッド 4個 8,000円
・低レートサブリターンスプリング 1本 1,000円
・ジェット代 適宜
・上記組み付け&セッティング工賃 30,000~40,000円
注:スロットルホルダー、スロットルパイプ、スロットルワイヤー等については、私の基準とする操作性や作動性を確保するため、交換させていただくことがあります。

※SP-2関係
・Z用SP-2(Ver.FM) 1セット 79,000円
・NGKパワーケーブル 4本 11,200円
・点火プラグ 4本 1,840円 (ブリスクプラグも選択可)
・上記装着セッティング工賃 15,000~25,000円

作業のご予約については、随時受け付けをしておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス




ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト



ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ