FC2ブログ

Entries

CB750KにウオタニSP-2を装着セッティング

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをワンクリック願います。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
日々、新しいチャレンジを続けるファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。






ファクトリーまめしばオリジナルパーツのウェブショップを開設いたしました。
どのような商品ラインナップがあるのか、どうぞこちらにてご確認ください。
もちろん、ウェブショップからでもご購入いただけますが、従来どおりにメールやお電話でのご注文でもかまいません。


ファクトリーまめしば:WEB SHOP

ファクトリーまめしば:WEB SHOPのお知らせ



ファクトリーまめしばオリジナルオイルのご注文については、こちらのショッピングカートよりお願いいたします。また、メール若しくはお電話、FAXでのご注文も承ります。

ショッピングカート:オリジナルオイル





良いエンジンの三要素、それは、「良い混合気」「良い圧縮」「良い火花」なのです。
これは、ガソリンを燃料とする火花点火エンジンの全てに共通の基本事項となります。
たとえば、エンジンチューニングの全ては、この三要素の全てについて効率能力を高めるかという表現に置換することができます。なぜならば、この三要素はガソリンエンジンの基本項目そのものだからです。

そのエンジンがうまく機能しないとしたら、その原因は、この三要素にかかわる問題によるものとなります。なぜならば、この三要素はガソリンエンジンの基本項目そのものだからです。

この三要素は、三脚のそれぞれの脚に相当します。つまり、1本でも問題があれば三脚は立つことができません。すなわち、そのエンジンは機能しないのです。
また、2本の能力を高めても、残りの1本の能力に不足があれば、三脚は斜めに傾いてしまいます。つまり、2本の脚にコストを投じても、1本の能力不足によって脚を引っ張られて十分な機能を果たさないということです。

結果、3本の脚が等しく十分な能力を持っていることが基本的要求となるわけです。


以前、AさんのCB750KにCR-M29を装着セッティングさせていただきましたが、その後、マシンは十二分に快調な走りをしていたようです。
しかし、先日、Aさんからご連絡をいただいたところ、どうにも不調になってしまったということでした。
装着セッティングしたCR-M29に何らかの問題が生じたのか、はたまた別の問題が新たに生じたのか、それは実車を見分してみないことには判断することはできません。
まあ、お話の内容から推察するに、おそらく点火系なのではないかとは思われたのですが・・・

いずれにしても実車を見てみないと何とも言いようがありませんので、マシンをお持ち込みいただいたというわけです。

PA066154.jpg






エンジンを始動させてみたところ、2番と3番シリンダーに火が入ってくれません。
つまり、Aさんの言う不調というのは、4気筒エンジンが2気筒になってしまったということです。
これは結果の症状ということに過ぎず、これを解決するためには、どういう理由によって2気筒になってしまったのかを突き止めることが必要になります。
つまり、高熱が出ているという症状であっても、その症状の原因として考えられる要素は多岐にわたり、かつ複合的要因によるものである可能性もあるというのと同じです。
ですから、ひとつの原因を見つけたからといって安心するわけには行きません。ひとつを解決しても、問題解決に至らない、そして迷路にハマるということになります。
冒頭に書いたとおり、3本の脚が等しく立たないとならないのです。
1本がダメでも、2本がダメでも、3本全てがダメでも、結果症状としてダメであることに大差はないのです。
よって、持ち込まれて台上に載せたマシンについて、短時間に要領良くシューティングを行い、どういう問題によるものなのか、その原因はひとつなのかふたつなのか・・・総合的に判断し、その現実的な対処方法を策定することが必要になるというわけです。
そのことができなかった場合、ユーザーに無用な負担を強いたり、または、お金をかけたのに直っていないなどという残念な結果になってしまったりします。


このマシンについては、2番・3番に火が入らないというところからしても、やはり点火系に大きな問題が生じたのはほぼ間違いのないところですが、それだけが問題だと決めつけてしまうと、思わぬ落とし穴にハマってしまったりしますので、まずは全てを疑うという姿勢をもって、各部の確認をしなくてはなりません。

まず、以前に装着させていただいたCR-M29を取り外して各部をチェックしましたが、火が入らないという症状に直結するような問題は見当たりませんでしたので、洗浄OHすることでメンテナンス的措置を行いました。
次に、エンジンコンプレッションを計測しましたが、これも、全ての気筒について9キロ以上をマークしましたので、問題はありません。
ただ、全ての点火プラグにはオイルカーボンの付着が認められましたので、多少のオイル上がり若しくはオイル下がりのきらいはあるようです。
ただ、完全にかぶって失火するほどのレベルではありませんので、これが直接的な原因ではないようです。

とまあ、文章にすれば、こんなややこしいことをチェックしなくてはならないのですが、これら全てを確認し、考えられる要素を全て消去することで初めて点火系の問題だと特定断定することができるということです。

さあ、作業を開始しましょう。
現状の点火系は、ダイナSが装着されています。
これは、安価であることもあって、旧車には良く使われるところですが、問題は少なくありません。
これは、無接点式であるにもかかわらず、通電時間制御が行われていませんので、常時大電流を流しっぱなしにするという、実に大雑把なものです。
それによって、点火コイルに対する負荷負担は相当なものとなり、結果、コイルの過熱による作動不良や破損というトラブルが多発します。良く、ダイナは死にやすいといわれますが、そういうことです。
また、電流消費量も莫大です。ノーマルのポイント式や通電時間制御が行われている通常のフルトラ点火式が2~3Aほどの消費であるのに対し、ダイナSは7A以上を消費しますので、バッテリーや発電充電系に対する負担も相当なものとなります。
良く、ダイナはバッテリーが上がりやすいなどと言われますが、そういうことです。
また、大電流を消費するくせに、点火能力としてはポイント式と大差もありません。
つまり、唯一のメリットは、ポイント調整をしなくても良いということだけという、至極残念な問題システムということです。
なので、いくら安価だからといって、こんなものを使ってはならず、ノーマルのポイント式の方がはるかに良いくらいです。

PA066155.jpg






さて、Aさんのご希望もあって、点火系については、ウオタニSP-2フルパワーキットを装着することとしました。
このシステム、現代のマイコン技術に基づいて製作されたデジタル制御フルトランジスタ点火方式ですので、ポイント式はもちろんのこと、純正フルトランジスタ点火方式と比較しても、はるかに高いパフォーマンスを持っています。
40年前のクーラーと現代のエアコンの違い、真空管のブラウン管テレビと現代の液晶テレビの違い・・・と言えばわかりやすいでしょうか。
純正ノーマル点火系で調子いいと言っているのは、40年間のクーラーも涼しくなるとか、ブラウン管テレビでもちゃんと映ると言っているのと同義ということです。

PA066157.jpg







私は、オリジナルプログラム設定のSP-2フルパワーキットを2種類も特注製作していただいていることからもおわかりのとおり、このシステムに精通しています。
ただ装着するというだけではなく、どのようにセットアップすべきかや、点火時期設定をどのようにするとどうなるのかなど、実戦的なノウハウを持っているんですよ。

さて、装着も完了しましたので、Aさんに確認試乗をしていただきましょう。

PA066158.jpg









Aさんは、SP-2装着による点火系チューニングの威力を存分に認識していただくこととなりました。
以前、ダイナSが問題なく機能していて、当時としては満足していた状態と比較してすら、こんなにも違うものなのかと感じていただけたようです。
これにて完成です。

PA066160.jpg








ファクトリーまめしばでは、カワサキZ、スズキGS/GSX、ホンダCBなど、ほとんどの車両に対するウオタニSP-2装着セットアップについては、午前中着手の日帰り作業にて対応しております。
愛車の見た目は何も変わらないにもかかわらず、往路と帰路ではまるで別物へと変貌するという事実をイヤというほどに実感することでしょう。

・ウオタニSP-2フルパワーキット 59,000~79,000円
・NGKパワーケーブル 11,200円
・点火プラグはSTDとブリスクを選択可能
・装着工賃 25,000~35,000円




・追記
どっかの物知り顔のバイク屋やチューニング屋風情が、点火系チューニングすると混合気が完全燃焼するから調子良くなるしパワーも上がるなんてのたまってたけれど、そんなこと言ってるってことは、な~んにもわかってないってことなんだよ。
ガソリンと空気の混合物たる混合気なんて、火が着きさえすれば、火種の火花がどうだろうと然るべく燃えちゃうのさ。燃焼効率を左右するのは、混合比や混合気性状、そして燃焼室形状などの要素であって、火種としての火花性状と直接的な関係はないのさ。
点火能力向上は、いかに着火性を上げるかということがターゲットであって、その後の燃焼に直接関与するという要素ではないということです。
たき火に着火するのに、マッチを使おうがライター使おうがガスバーナー使おうが、着火しやすいとかし難いなどの差はあれど、同じ薪を使っている限り、火が着いてしまえばそのあとの燃え方に違いなんてないでしょ。燃え盛っているたき火にあとからあたりに来た人が、「これはバーナーで着火したんでしょ、ずいぶん良く燃えててあったかいね。完全燃焼してるね。マッチで着けてもこんなにあったかくなんないからね。」なんてバカなこと言ってるのと同じってこと。
点火系能力を上げていくと調子良くなるとかパワーが上がるという結果はそのとおりだけれど、プロセスが根本的に間違ってるってこと。学校の試験に例えれば、〇✕式や選択式なら正解、いや、当たったということになるけれど、導いた理論や計算式から求められるような記述式なら不正解ということになるね。
クイズじゃないんだからさ・・・








ブリスクプラグの入手にあたっては、こちらのショッピングカート、若しくはメールにてご注文ください。
ショッピングカートにて在庫切れ表示がされているものについては、メールにてご注文をいただければ、入荷次第に速やかに発送いたします。
ブリスクプラグのご購入は、十分なテストとデータノウハウを蓄積しているファクトリーまめしばにてお願いいたします。

ショッピングカート:ブリスク


このブリスクプラグの検証については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。

ブリスクプラグ


注目すべきインプレ集はこちらです。

ブリスクLGSプラグのインプレ集


ファクトリーまめしばにおける装着セッティングサービスの詳細例については、こちらにまとめてありますのでご覧になってください。

カワサキZ系 装着&セッティングサービス

カワサキニンジャ系 装着&セッティングサービス

カワサキザッパー系 装着&セッティングサービス

スズキGS系 装着&セッティングサービス

スズキ空冷GSX&カタナ系 装着&セッティングサービス

スズキ油冷系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-K系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-F系 装着&セッティングサービス






CR-Mキャブレターの製作や装着セッティングについては、詳細なお見積りをお作りするご用意がありますので、関心をお持ちの方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。


〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com




ファクトリーまめしばでは、これだけの作業を日帰りで行うことができます。
ちなみに、概算のコストは下記の程度となりますので、参考にしてください。

※CRキャブレター関係
・Mノズル 4個 16,000円
・PEEK製リンクロッド 4個 8,000円
・低レートサブリターンスプリング 1本 1,000円
・ジェット代 適宜
・上記組み付け&セッティング工賃 30,000~40,000円
注:スロットルホルダー、スロットルパイプ、スロットルワイヤー等については、私の基準とする操作性や作動性を確保するため、交換させていただくことがあります。

※SP-2関係
・Z用SP-2(Ver.FM) 1セット 79,000円
・NGKパワーケーブル 4本 11,200円
・点火プラグ 4本 1,840円 (ブリスクプラグも選択可)
・上記装着セッティング工賃 15,000~25,000円

作業のご予約については、随時受け付けをしておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス




ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
7位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ