FC2ブログ

Entries

ファクトリーまめしばオリジナルオイル FM-R1 10W40

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをワンクリック願います。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
日々、新しいチャレンジを続けるファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。







ファクトリーまめしばオリジナルパーツのウェブショップを開設いたしました。
どのような商品ラインナップがあるのか、どうぞこちらにてご確認ください。
もちろん、ウェブショップからでもご購入いただけますが、従来どおりにメールやお電話でのご注文でもかまいません。


ファクトリーまめしば:WEB SHOP

ファクトリーまめしば:WEB SHOPのお知らせ



ファクトリーまめしばオリジナルオイルのニューバージョン開発テストについては、あらたにカテゴリーを設けてまとめることとしました。
これまでの経過については、こちらをご覧ください。

オリジナルオイルのバージョンアップ計画





これから数回にわたって、ニューバージョンオイルについて、それぞれの開発ターゲットについてご説明することといたします。
その目的は、私が何を求めて開発したのかという、そのコンセプトについてご理解を深めていただき、ひいては、愛車に適したものはどれなのか、その適切なバイヤーズガイダンスとするためとなります。

先日に引き続き、今日は12.5W45のFM-R1.5について書きましょう。

・FM-R1 Low Friction 10W40

IMG_5967.jpg





この、10W40という粘度は、多くのマシンが純正指定粘度としていることからも、ある意味では、オートバイ用エンジンオイルとして、油膜強度やフリクションなどの要求性能バランスに優れたものと言うことができます。
そう、ほとんどのノーマルマシンにおいて、それをツーリングをはじめとするストリートで走らせるにあたり、様々な走行シチュエーション、そして夏季から冬季に至る幅広い気温環境にマッチするということです。

チューニングエンジンやハードな使用条件においては、ちょっとシャバい傾向になるのかもしれません。
しかし、1970年代から1980年代前半の設計のものに対し、1990年代以降に設計されたようなエンジンでは、冷却性能や気化器セッティングなどのエンジンマネジメント全般において、はるかに進化洗練されたものとなっていますので、相当にハードな使用条件までも含んでも、オーバーヒートや熱ダレなどの症状に陥ることはありません。
表現を変えれば、エンジンの潤滑と冷却という点において、オイル粘度への依存度が少なくなっているということです。ただこれは、オイルの品質が低くて良いということではありません。
エンジン各部のクリアランスをはじめ、様々な点において詰めた設計とされていたり、エンジンのチューニング度合いとしては高くなっていますので、旧車とは別の意味でオイル品質に対する依存度は高い傾向にもあります。

FMシリーズ中、最も低粘度としているFM-1は、まさにこういったマシンをターゲットとするものです。
250~400ccのミドルクラスマシンから、水冷インジェクションの現行車まで、実に幅広いユーザーにご愛用いただいています。

私もちょっと意外だったのは、水冷になってからのBMWユーザーに多くの支持をいただくことにもなりました。ご存知のように、BMWというマシンは、エンジンとミッションが別体となっていますので、エンジンにはエンジンオイル、ミッションにはミッションオイルという、それぞれ別のオイルを使います。
この水冷BMWエンジンにおいて、この10W40のFM-1は、低い粘度によるシフトタッチのネガが生じることなく、軽くしっとりと回るエンジンフィーリングという、FM-1の美点のみが発揮されるということのようです。
基本的に、国産空冷の旧車がメインユーザーとなっているファクトリーまめしばに、ちょっと毛色の違う水冷BMW乗りの方がオイルだけを買いにおいでになるという現象が起こってしまったというわけですが、先にも書いたように、これは私もちょっと予想していませんでしたね。
そのほかにも、同じく、あまり縁がなかった現行国産車ユーザーの方々も同様です。
この10W40のFM-1は、こういった、私の主たるターゲットマシンとは違うユーザーとの出会いを演出してくれることにもなったのです。


上記のとおり、従来のFM-1は、軽く回るローフリクションフィーリングとともに、5,000~6,000kmにも及ぶロングライフ性能などと相まって、スタンダードオイルとしてご支持いただくに至ったのですが、今回のFM-R1においては、そのローフリクション性能にさらなる磨きをかけることになりました。
また、近年設計のエンジンのほとんどは、アルミ一体のメッキシリンダーになっています。
これらのエンジンでは、それまでの鋳鉄ライナーを挿入されたエンジンのピストン&シリンダークリアランスが100分の5㎜近辺であるのに対し、100分の3㎜近辺という狭い設定になっていますが、このようなエンジンには、ニューバージョンのローフリクションFM-R1がモアベストとなります。
ちなみに、今年になって入手したセロー250もアルミ一体のメッキシリンダーですが、様々テストした結果、FM-R1がベストとなりました。

このFM-R1、まるで、5W30あたりにまで粘度を下げたのかと思うほどに軽く回ります。
これは特に、250~400ccなどのアンダーパワー&高回転エンジンにおいて顕著な効果を発揮します。
また、600~1000ccのハイパワーSSマシンを高回転域までブン回して走らせるとき、その突き抜けるような吹け切り感を味わうことができるでしょう。
有名ブランドの低粘度レーシングオイルでも同様のフィーリングを得ることができるかもしれませんが、ご存知のとおり、これらのオイルは2,000~3,000kmで劣化が進み、初期のフィーリングは急速に失われてしまいます。


FM-R1は、その他のFMシリーズオイルと同様に、5,000~6,000kmはタレや劣化をすることなく使える耐久性を持ちますので、年間走行距離が5,000km以内という方でも、年に1回のオイル交換で済ませることができるということになります。

・1990年代以降に設計されたエンジン搭載マシン
・250~400ccなどのミドルクラスマシン
・現行SSマシン
・水冷BMWマシン
・アルミ一体メッキシリンダー採用マシン

そう、ざっくりと言ってしまえば、新しめのマシンであれば、このFM-R1がベストということです。






●特 徴
100%化学合成 ローフリクションエステル+PAO、ギヤプロテクト採用
・プロメディック配合
・ベースオイルにローフリクションエステル+PAOのノンポリマー100%化学合成油を使用
・ナノパフォーマの効果も加わり、サーキットからストリートまで幅広く対応
・耐久性、耐摩耗性、耐熱性などに優れた特性を持たせた上、ローフリクション性を徹底して追求
●容量
1L / 4L / 20L
●規格
Jaso MA






ブリスクプラグの入手にあたっては、こちらのショッピングカート、若しくはメールにてご注文ください。
ショッピングカートにて在庫切れ表示がされているものについては、メールにてご注文をいただければ、入荷次第に速やかに発送いたします。
ブリスクプラグのご購入は、十分なテストとデータノウハウを蓄積しているファクトリーまめしばにてお願いいたします。

ショッピングカート:ブリスク


このブリスクプラグの検証については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。

ブリスクプラグ


注目すべきインプレ集はこちらです。

ブリスクLGSプラグのインプレ集


ファクトリーまめしばにおける装着セッティングサービスの詳細例については、こちらにまとめてありますのでご覧になってください。

カワサキZ系 装着&セッティングサービス

カワサキニンジャ系 装着&セッティングサービス

カワサキザッパー系 装着&セッティングサービス

スズキGS系 装着&セッティングサービス

スズキ空冷GSX&カタナ系 装着&セッティングサービス

スズキ油冷系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-K系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-F系 装着&セッティングサービス




ブリスクプラグについて、すでにLGSタイプをご購入くださった多くの方々から、ZC/ZSも味わってみたいということでご注文をいただいております。
ZC/ZSタイプの在庫はさほど多くはありませんので、すぐにでも試してみたいという方は、お早目にご注文ください。
在庫切れの場合には、次回輸入便のご予約という形になってしまいます。


この、今回ご紹介しているZC/ZSタイプを含めて、現在は全てを在庫しておりますので、入手にあたっては、こちらのショッピングカート、若しくはメールにてご注文ください。
ブリスクプラグのご購入は、十分なテストとデータノウハウを蓄積しているファクトリーまめしばにてお願いいたします。


ショッピングカート


このブリスクプラグの検証については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。

ブリスクプラグ


注目すべきインプレ集はこちらです。

ブリスクLGSプラグのインプレ集



CR-Mキャブレターの製作や装着セッティングについては、詳細なお見積りをお作りするご用意がありますので、関心をお持ちの方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。


〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com




ファクトリーまめしばでは、これだけの作業を日帰りで行うことができます。
ちなみに、概算のコストは下記の程度となりますので、参考にしてください。

※CRキャブレター関係
・Mノズル 4個 16,000円
・PEEK製リンクロッド 4個 8,000円
・低レートサブリターンスプリング 1本 1,000円
・ジェット代 適宜
・上記組み付け&セッティング工賃 30,000~40,000円
注:スロットルホルダー、スロットルパイプ、スロットルワイヤー等については、私の基準とする操作性や作動性を確保するため、交換させていただくことがあります。

※SP-2関係
・Z用SP-2(Ver.FM) 1セット 79,000円
・NGKパワーケーブル 4本 11,200円
・点火プラグ 4本 1,840円 (ブリスクプラグも選択可)
・上記装着セッティング工賃 15,000~25,000円

作業のご予約については、随時受け付けをしておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発


価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト



ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ