FC2ブログ

Entries

GS844のCR-M33TPS仕様を軽オーバーホールメンテナンス

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをワンクリック願います。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
日々、新しいチャレンジを続けるファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。






ファクトリーまめしばオリジナルパーツのウェブショップを開設いたしました。
どのような商品ラインナップがあるのか、どうぞこちらにてご確認ください。
もちろん、ウェブショップからでもご購入いただけますが、従来どおりにメールやお電話でのご注文でもかまいません。


ファクトリーまめしば:WEB SHOP


ファクトリーまめしば:WEB SHOPのお知らせ




CRキャブレターは、TMRやFCRなどと比較すれば、はるかに高い耐久性を持っているのです。
適切なメンテナンスを施してやりさえすれば、10万kmなんて余裕で使うことができますし、その場合のパフォーマンス落ちもほとんどありません。
私は、年間に200機近くのCRキャブレターのオーバーホールを行っていますが、もう摩耗や劣化の限界を超えてしまっているものは数機しかありません。それも、それらは長期間にわたってノーメンテナンスだったというものばかりですので、通常の適切なメンテナンスを行っていさえすれば、ほぼ一生ものと言っても過言ではないのです。

私が現在GS844に装着しているCR-M33TPS仕様は、以前はGS1207に装着し、様々なテストを行いながら10万km以上を走行したものですが、いまだ元気に機能しているところです。
さて、その状態を維持すべく、軽く洗浄オーバーホールを行いましょう。

長く快調に使うためには、どのようなものでも良いですので、エアクリーナーの装着は必須です。これについて、エンジンの摩耗を懸念する向きは多いようですが、キャブレター本体の摩耗劣化にも大きく影響します。

P3246107.jpg






私は、このようにファンネルにかぶせるタイプのスポンジ製を使用していますが、これは一般的にはあまりお勧めしません。
オイルを含ませるのが前提ですので、ズボンのすそが汚れます。これについて、オイルを塗布しないという説明書きのあるものがあるようですが、このタイプのエアクリーナーでオイルを塗布しなかったとすれば、大きな異物の侵入は防げるものの、エンジンやキャブレターに有害なミクロンレベルの粉塵を防ぐことはできません。そう、エアクリーナーを装着する意味がほとんどなくなるということです。
また、このタイプは、万が一のバックファイヤーを生じたとき、火が着いて車両火災につながるリスクがあります。
強制開閉式のキャブレターにおいて、バックファイヤーがどういう条件下で生じるのか、そして、それを起こさないためにはどういう留意が必要なのか、何をしてはいけないのか・・・そういうことを把握理解していないのであれば、装着はやめた方がいいです。特に、加速ポンプ付強制開閉式が危ない・・・・

加えて、ファンネル先端部にスポンジ壁が接してしまうと、驚くほどの吸入抵抗を生じてしまい、高開度高回転域で全く吹けなくなってしまったりしますので、このようにしてストッパーを設けて奥に入ってしまわないようにしなくてはなりません。
某パーツメーカー製の、ファンネル先端部にゴムの縁にて装着する金網ネットタイプなんて最低最悪ですよ。
様々なキャブセッテイング相談をお電話などでいただきますが、これが原因で吹けないというケースは日常茶飯事です。みんな、それを知らないだけ・・・

P3246106.jpg






さあ、軽く洗浄すべく取り外しましょう。
こまめに、とは言っても、年に1回くらいでいいのです。
Oリング類からのガソリン漏れ、各部の歪みや破損などさえなければ、スロットルバルブとフロートチャンバーを外す程度の半分解までを行い、洗浄するだけでも十分です。

P3246108.jpg






これは、かつて製作デリバリーしていたPEEK製スロットルバルブです。
ノーマルの真鍮製スロットルバルブと比較すれば、お話にならないほどの軽量化を実現します。
ただ、材料費が1個あたり1万円ほどになりますので、加工費などを加えると、現実的な価格で一般に販売することは困難となります。
特殊なPEEK樹脂は、金属素材に比肩するほどの機械的強度と耐摩耗性を誇ります。
すでに7万km以上を走行していますが、摩耗レベルは僅少、ノーマルの真鍮&ハードクロームメッキよりも減りません。

P3246109.jpg

P3246110.jpg






使用に伴い、表面には吹き返しのカーボンなどが付着しますので、軽くラッピングしてきれいにしてやります。
それは、スムーズな作動性確保のためのみならず、摩耗を抑制するには重要なこととなります。

P3246111.jpg








さて、ピカピカツルツルになりました。

P3246113.jpg






元通り組み立てて装着を完了、これでまた快調快適に走ることができます。

P3246115.jpg





高い耐久性を持つCRキャブレターですが、定期的なメンテナンスを怠れば、良い状態を維持することはできません。
ご自身にて行うことができないのであれば、私にお任せいただければと思います。
オーバーホール&各部適正化、そしてMノズル&PEEK製リンクロッドを装着セッティングするというメニューも有効ですよ。








ファクトリーまめしばにおける装着セッティングサービスの詳細例については、こちらにまとめてありますのでご覧になってください。

カワサキZ系 装着&セッティングサービス

カワサキニンジャ系 装着&セッティングサービス

カワサキザッパー系 装着&セッティングサービス

スズキGS系 装着&セッティングサービス

スズキ空冷GSX&カタナ系 装着&セッティングサービス

スズキ油冷系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-K系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-F系 装着&セッティングサービス




ブリスクプラグについて、すでにLGSタイプをご購入くださった多くの方々から、ZC/ZSも味わってみたいということでご注文をいただいております。
ZC/ZSタイプの在庫はさほど多くはありませんので、すぐにでも試してみたいという方は、お早目にご注文ください。
在庫切れの場合には、次回輸入便のご予約という形になってしまいます。


この、今回ご紹介しているZC/ZSタイプを含めて、現在は全てを在庫しておりますので、入手にあたっては、こちらのショッピングカート、若しくはメールにてご注文ください。
ブリスクプラグのご購入は、十分なテストとデータノウハウを蓄積しているファクトリーまめしばにてお願いいたします。


ショッピングカート


このブリスクプラグの検証については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。

ブリスクプラグ


注目すべきインプレ集はこちらです。

ブリスクLGSプラグのインプレ集



CR-Mキャブレターの製作や装着セッティングについては、詳細なお見積りをお作りするご用意がありますので、関心をお持ちの方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。


〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com




ファクトリーまめしばでは、これだけの作業を日帰りで行うことができます。
ちなみに、概算のコストは下記の程度となりますので、参考にしてください。

※CRキャブレター関係
・Mノズル 4個 16,000円
・PEEK製リンクロッド 4個 8,000円
・低レートサブリターンスプリング 1本 1,000円
・ジェット代 適宜
・上記組み付け&セッティング工賃 30,000~40,000円
注:スロットルホルダー、スロットルパイプ、スロットルワイヤー等については、私の基準とする操作性や作動性を確保するため、交換させていただくことがあります。

※SP-2関係
・Z用SP-2(Ver.FM) 1セット 79,000円
・NGKパワーケーブル 4本 11,200円
・点火プラグ 4本 1,840円 (ブリスクプラグも選択可)
・上記装着セッティング工賃 15,000~25,000円

作業のご予約については、随時受け付けをしておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発


価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト



ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ