FC2ブログ

GS1000と日々の日記

ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。

Entries

CB750KのCR29にMノズル&PEEK製リンクロッドを装着セッティング

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをワンクリック願います。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
日々、新しいチャレンジを続けるファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。






ファクトリーまめしばオリジナルパーツのウェブショップを開設いたしました。
どのような商品ラインナップがあるのか、どうぞこちらにてご確認ください。
もちろん、ウェブショップからでもご購入いただけますが、従来どおりにメールやお電話でのご注文でもかまいません。


ファクトリーまめしば:WEB SHOP


ファクトリーまめしば:WEB SHOPのお知らせ




ホンダ製オートバイにCRキャブレターを装着するにあたっては、いくつかの留意点があります。
これをしなかったからといって走れないわけではないのですが、いや、なまじっか走れてしまうからこそ認識されていないというべきでしょう。
それは、ユーザー個人で装着されたものだけではなく、ショップで装着されたものも同じです。
なまじっか走れてしまいはするものの、この留意点がきちんと処理されていなければ、とてもではありませんがきちんと走れる状態にはなり得ません。それでも問題ないと言われるのであれば、それは単に、本来のきちんとした状態を知らないだけのことです。

先日、埼玉県よりKさんがおいでくださり、愛車のCB750Kに装着されたCR29のセッティング作業をさせていただきました。
Kさんによれば、セッティングや装着状態に特に不満はないということでしたが、もっと良くなる余地があるのかも知れないというのがご依頼の主旨とのことです。
ちなみに、某ショップにおいてセッティング作業をしていただいたとのことですが、さて、私が手掛けることによって向上の余地があるのかどうか・・・
まあ、私は自信満々ですけれどね。
作業前の試乗において、私の自信は確信へと変わりますが、これもいつものことです。

P3246096.jpg






さて、冒頭に書いた留意点ですが、まずはこのスロットルワイヤーのキャブレター側タイコ部分です。
ホンダ純正スロットルワイヤーのタイコは、CRやFCR、TMR等の社外品レーシングキャブレターに使う場合、幅が広すぎなのです。
ここの幅が広すぎることによって、スロットルプーリー周辺に干渉してひっかかったりするおそれがあります。また、タイコの脱着作業も面倒なものになりますので、ラジオペンチなどでこじってしまいがち・・・結果、スロットルワイヤーのエンド付近におかしな曲がりやひねりを与えてしまいます。もう、それだけでスムーズな作動性が得られなくなります。
ですので、適正な幅に削って修正しましょう。

P3246089.jpg






向かって右側が加工前、左側が加工後です。

P3246090.jpg







ホンダ製スロットルワイヤーは、戻り側ワイヤーにナットが1個しかありません。
ここに、スリ割を入れたナットを追加してやりましょう。
こうすれば、キャブレター側のワイヤーブラケットを上下から挟んで固定することができますので、CRキャブレターのワイヤーブラケットに切ってあるM6のメネジ部分をさらって丸穴にすることができます。
そうすれば、ブラケットにワイヤーエンドをねじ込む手間が省けますし、遊動長の余裕も確保できます。
結果、先と同様に、こじって装着する必要もなくなります。
どのようにすれば、無理な力を加えることなく、スムーズ&スピーディーに脱着作業ができるようになるのかを考えてくださいということです。
しかし、残念ながら、これまでにそういう小技を効かせて装着されているホンダマシンを見たことはありません。

P3246088.jpg






そして、ホンダ製スロットルパイプは、戻し側ワイヤータイコを取り付ける穴が長穴になっていますが、これも具合が悪いものです。
CRキャブレターのような強制開閉式キャブレターは、戻し側ワイヤーを効かせた上で、これを使ってスロットルバルブを任意の位置に戻すという意識を持たなくてはなりません。
ですので、戻し側取り付け穴が真円のタイプに交換しなくてはなりません。
これをしなければ、たとえばギアシフトも渋くスムーズなものではなくなりますし、スロットルワークによるリニアなトラクションコントロールもできなくなります。
なぜそうなるのかが理解できないのであれば、それは、オートバイの作動原理を理解していないということです。

P3246091.jpg





これらの処理をしなくても問題ないからやる必要はないなどと言う向きは、何を持って問題とするかという意識レベルが低いだけのことです。まあ、本来の状態を知らないに過ぎません。
いつものとおり、CR29にMノズル&PEEK製リンクロッドを装着し、データに基づいてプリセットを行います。

P3246092.jpg

P3246093.jpg






さて、このような作動性になりました。
これまでにもしつこいほどにこういう動画をアップしていますが、それだけ重要なことだからです。
スパッと開いて、離すとパシャンと勢い良く戻るというのが本来あるべき姿です。
もし、CRキャブレターを装着して、回転落ちがひどく悪い状態になったとすれば、それは装着作業に問題があるということです。








さて、実走によるセッティング確認を行った後には、オーナーのKさんにも確認試乗をしていただきます。
ほら、全く別物マシンになったでしょう。

P3246097.jpg






キャブレターの装着セットアップは、ジェッティングをどうするかという、俗に言うキャブセッティング云々などよりもはるかに重要なこととなります。
きちんとセットアップされていないものは、いくらセッティングを煮詰めたとしても、ロクに走るものにはなりません。
私の作業を目前にすれば、「そんなことにまで細やかに気を遣うのか・・・でも、そこまでする必要があるのか?」と感じることでしょう。
しかし、作業のビフォーアフターを比較してみれば、その意味は誰にでもわかるどころか、別物になるのです。
つまり、みんな、本来あるべき状態を知らないだけということですよ。
そして、その細やかな内容は、見ただけで真似できるというものでもありませんよ。
ましてや、こんなかいつまんで解説した記事を読んだだけでは、できるはずもありません。
だからこそ、通常ならば企業秘密ノウハウだなんて言いそうなことでも公開するのです。
愛車においてその結果を得たいというのであれば、マシンをファクトリーまめしばに持ち込む以外にはありません。
遠くて無理だって・・・いやいや、これまでに沖縄や北海道からマシンを持ち込んだ方も大勢おられます。
さすがに海外からはまだありませんけれどね・・・








ファクトリーまめしばにおける装着セッティングサービスの詳細例については、こちらにまとめてありますのでご覧になってください。

カワサキZ系 装着&セッティングサービス

カワサキニンジャ系 装着&セッティングサービス

カワサキザッパー系 装着&セッティングサービス

スズキGS系 装着&セッティングサービス

スズキ空冷GSX&カタナ系 装着&セッティングサービス

スズキ油冷系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-K系 装着&セッティングサービス

ホンダCB-F系 装着&セッティングサービス




ブリスクプラグについて、すでにLGSタイプをご購入くださった多くの方々から、ZC/ZSも味わってみたいということでご注文をいただいております。
ZC/ZSタイプの在庫はさほど多くはありませんので、すぐにでも試してみたいという方は、お早目にご注文ください。
在庫切れの場合には、次回輸入便のご予約という形になってしまいます。


この、今回ご紹介しているZC/ZSタイプを含めて、現在は全てを在庫しておりますので、入手にあたっては、こちらのショッピングカート、若しくはメールにてご注文ください。
ブリスクプラグのご購入は、十分なテストとデータノウハウを蓄積しているファクトリーまめしばにてお願いいたします。


ショッピングカート


このブリスクプラグの検証については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。

ブリスクプラグ


注目すべきインプレ集はこちらです。

ブリスクLGSプラグのインプレ集



CR-Mキャブレターの製作や装着セッティングについては、詳細なお見積りをお作りするご用意がありますので、関心をお持ちの方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。


〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com




ファクトリーまめしばでは、これだけの作業を日帰りで行うことができます。
ちなみに、概算のコストは下記の程度となりますので、参考にしてください。

※CRキャブレター関係
・Mノズル 4個 16,000円
・PEEK製リンクロッド 4個 8,000円
・低レートサブリターンスプリング 1本 1,000円
・ジェット代 適宜
・上記組み付け&セッティング工賃 30,000~40,000円
注:スロットルホルダー、スロットルパイプ、スロットルワイヤー等については、私の基準とする操作性や作動性を確保するため、交換させていただくことがあります。

※SP-2関係
・Z用SP-2(Ver.FM) 1セット 79,000円
・NGKパワーケーブル 4本 11,200円
・点火プラグ 4本 1,840円 (ブリスクプラグも選択可)
・上記装着セッティング工賃 15,000~25,000円

作業のご予約については、随時受け付けをしておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発


価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト



ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。
また、オートバイを構成する各部について、その原理や法則に及びつつ、実践的なノウハウも盛り込んでおりますので、参考にしていただければ幸いです。

ファクトリーまめしばの営業について、特段に定休日や営業時間を設けておりませんが、一人で切り盛りしておりますので、おいでになる際には、あらかじめのご連絡をいただければと思います。

〒250-0852
神奈川県小田原市栢山2925-3
株式会社ファクトリーまめしば
Tel:090-3342-1234
FAX:0465-46-7041
Mail:mameshiba198@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ