FC2ブログ

GS1000と日々の日記

ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。

Entries

クラッチハウジングのダイナミックバランスを取ってみる その1~事前考察と準備

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをワンクリック願います。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
日々、新しいチャレンジを続けるファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。






ファクトリーまめしばオリジナルパーツのウェブショップを開設いたしました。
どのような商品ラインナップがあるのか、どうぞこちらにてご確認ください。
もちろん、ウェブショップからでもご購入いただけますが、従来どおりにメールやお電話でのご注文でもかまいません。


ファクトリーまめしば:WEB SHOP


ファクトリーまめしば:WEB SHOPのお知らせ




エンジンチューニングやオーバーホールをするにあたり、クランクバランスやピストン重量合わせ、燃焼室容積合わせなどの、いわゆる均一化やバランシングについて語られるところです。
その中において、ことオートバイエンジンにおいては、クラッチハウジングのバランス取りという話はあまり聞くことがありません。
たとえば、クランクシャフトに同軸装着されているマグネットローターなどはノーマル状態でもダイナミックバランスが取られているのが普通である反面、クラッチハウジングではその形跡がないのも事実ですので、少なくても優先順位としてはマグネットローターよりは下位なのでしょう。
通常、オートバイエンジンにおいては、クラッチハウジングは一次減速によってクランクシャフト回転数よりも減速されていますので、それも優先順位が低い要素なのでしょう。
ちなみに、GS750エンジンにおける一次減速比は2.152ですので、約半分に減速されているところです。
つまり、5,000rpm時、クラッチハウジングは約2,300rpmで回っているということです。

しかし、エンジンのバランス率を高めてスムーズに回転させるという基本に立ち返れば、回転物のバランス率は高い方が良いに決まっています。
全ての回転物、たとえミッションのギア歯1枚であっても、完全にバランスが取られているに越したことはないということです。
そのことについて、実際にどこまでやるかということは、コストと効果寄与率との兼ね合いによって、現実的な落としどころをどうするかという問題となります。

ところで、オートバイエンジンのクラッチハウジング背面には、一次減速ギアが配置されていますが、このギアは、エンジン内部の回転物としては、クランクシャフトの次に大きく重いものです。たとえ半分の回転数に減速されているとはいえ、この大きなギアを含めれば相当な重量回転体であるクラッチハウジングのバランス率を高めてみたくはないでしょうか。

どれくらいの効果があるのか、それはやってみないとわかりませんので、早速実験してみることとしたのです。

予備にストックしているクラッチハウジングです。

P9174866.jpg





GS750のクラッチハウジング、すでにメーカーから新品部品の供給はありませんので、中古良品に手を加えてやりましょう。
クラッチプレートとの当たり面の段付きをならしたり、回転摺動部分をラッピングしたり、ギア歯面のエッジ取りとしたり・・・
こういう細かい作業の積み重ねが良いフィーリングを生みます。

P9184879.jpg

P9184882.jpg

P9184880.jpg

P9184885.jpg






さて、ダイナミックバランス取り作業から戻って来ました。
ギア歯内側面のエッジ部分がテーパー形状に削られていますが、これがバランス取りをした痕となります。

PA145074.jpg

PA145075.jpg






作業前後のバランスデータです。
作業前には4.53gのアンバランスがあったところ、作業後には50.3mgとなったということです。アンバランスは90分の1に減少したということです。
ちなみに、今回は2個のクラッチハウジングをバランス取りに出しましたが、もうひとつも4.3gのアンバランスがありましたので、ノーマルではおよそ4g程度のアンバランスがあると推測されます。

PA145073.jpg





さて、このクラッチハウジングを組み付けて、現状からどのような変化があるのかを確かめてみましょう。
主には、振動特性を見るということになるでしょうけれど、試乗したことがある方はご存じのとおり、私のGS844では、相当のレベルで振動抑制が進んでいます。
エンジンフルオーバーホール時に、クランクバランスやピストン重量バランスなどは高レベルで取っていますが、振動軽減への寄与率の高さという意味では、点火系とキャブレターのチューニング&セッティングによるものの方が大きくなっています。
GSエンジンとしては、ある意味では限界に近いほどの振動抑制が進んでいる私のマシンにおいて、どれくらいの体感差を得ることができるのか、私自身が興味津々なのです。








話題沸騰中のブリスクLGSプラグが入荷しました。現時点では、各サイズの在庫がありますが、例のごとくあっという間の売り切れが予想されますので、お入り用の方はお早目の確保をお願いいたします。

このブリスクLGSプラグの検証については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。

ブリスクプラグ


注目すべきインプレ集はこちらです。

ブリスクLGSプラグのインプレ集













CR-Mキャブレターの製作や装着セッティングについては、詳細なお見積りをお作りするご用意がありますので、関心をお持ちの方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。


〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com








ファクトリーまめしばでは、これだけの作業を日帰りで行うことができます。
ちなみに、概算のコストは下記の程度となりますので、参考にしてください。

※CRキャブレター関係
・Mノズル 4個 16,000円
・PEEK製リンクロッド 4個 8,000円
・低レートサブリターンスプリング 1本 1,000円
・ジェット代 適宜
・上記組み付け&セッティング工賃 30,000~40,000円
注:スロットルホルダー、スロットルパイプ、スロットルワイヤー等については、私の基準とする操作性や作動性を確保するため、交換させていただくことがあります。

※SP-2関係
・Z用SP-2(Ver.FM) 1セット 79,000円
・NGKパワーケーブル 4本 11,200円
・点火プラグ 4本 1,840円 (イリジウムプラグも選択可)
・上記装着セッティング工賃 15,000~25,000円

作業のご予約については、随時受け付けをしておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト



ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。
また、オートバイを構成する各部について、その原理や法則に及びつつ、実践的なノウハウも盛り込んでおりますので、参考にしていただければ幸いです。

ファクトリーまめしばの営業について、特段に定休日や営業時間を設けておりませんが、一人で切り盛りしておりますので、おいでになる際には、あらかじめのご連絡をいただければと思います。

〒250-0852
神奈川県小田原市栢山2925-3
株式会社ファクトリーまめしば
Tel:090-3342-1234
FAX:0465-46-7041
Mail:mameshiba198@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ