Entries

GS944復活プロジェクト その68~前後足回り及びブレーキキャリパーの仮組みと確認

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをワンクリック願います。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
日々、新しいチャレンジを続けるファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。






ファクトリーまめしばオリジナルパーツのウェブショップを開設いたしました。
どのような商品ラインナップがあるのか、どうぞこちらにてご確認ください。
もちろん、ウェブショップからでもご購入いただけますが、従来どおりにメールやお電話でのご注文でもかまいません。


ファクトリーまめしば:WEB SHOP


ファクトリーまめしば:WEB SHOPのお知らせ



昼間は来客や電話対応、メール返信などにて多忙につき、GS944の組み立て作業は、夕食後の就寝までの間となります。
この、納期やコストなどに縛られることのない、自分のマシンと向き合う時間が何とも楽しいんですよね。

さて、今日は、前後足回りとブレーキキャリパーなどの仮組みと寸法確認作業についてご報告しましょう。

ステアリングステムやハンドル周りなどを組み付けます。
このステムは、オフセット値を18インチホイールにて適正トレール値を得るための40mm、フォークスパンをZ系やGS1000系と同様の185mmとしつつ、メーターやライト周りの取り付けはノーマルのままという形で製作したものです。
インナーチューブ径も36mmとしていますので、こうすることによって、豊富にあるZ用部品がそのまま使えるということを狙いとしています。
ちなみにこのスペシャルステム、あと3セットありますので、同様の仕様を製作することもできます。
ただ、これを使うためには、フロント周りをそっくり交換しなくてはなりませんので、結構なコストがかかりますけれどね・・・
フロントフォークはモリワキKYBですが、インナーチューブにはDLCコーティング、アウターチューブにはカシマコートを処理してあります。

P7294382.jpg






フロントホイールを組み付けます。
Z用のビトーR&D製マグタン、サイズは2.75-18です。
フロントアクスル周りは、ファクトリーまめしば謹製のフロントアクスルキットを使います。

P7294379.jpg






ここで重要なことは、正確なホイールセンターを出すことです。
左右アウターチューブのキャリパー取り付け穴からディスクローターまでの距離が左右均等になるようにアクスル周りを調整することでセンター出しをします。
良く、どこまでセンター出しをすれば良いのかなどと聞かれますが、センターはセンター、どれくらいもヘチマもありません。正確にセンターを出します。
どうやっても出ないなどという話も聞きますが、それは何か基本的なことが間違っているということです。
また、全てを純正の新品部品で構成した場合であっても、やることは同じです。
センターが出ているはずではダメです。確認して、センターを出すのです。

P7294378.jpg






キャリパーを取り付けます。
私のお好みである、ブレンボラグビーを使います。

P7294387.jpg






これも同じくセンター出しをします。
どれくらいではありません。センターです。
ここで、左右キャリパーセンターを出した状態で、左右に同じ厚みのシムサイズになったのならば、左右フォークの平行、ホイールセンター、キャリパーセンターの全てが合ったということになります。
シムの厚みが異なったとしたら、何かが間違っているということになります。
それを妥協するか、納得の行くまで徹底的に追求するかによって、最終的なマシンの完成度が左右されます。
私のマシンですから、当然のごとく全てが合った状態を作ることができました。

P7304388.jpg






キャリパーとホイールのクリアランスもチェックします。
約2mmのクリアランスを確保することができました。
そして、左右のクリアランスも同じ、そう、全てが合っていればこうなって然るべきです。

P7304393.jpg






スイングアーム、リアサスペンション、リアホイール、リアブレーキ周りを組み付けます。
スイングアームはアドバンテージ製GSX1100S用、フレームのピボット径はGS750ノーマルの14mmから16mmに加工済です。
ホイールは、ビトーR&D製マグタンの4.50-18です。
リアサスは暫定仮仕様の旧型オーリンズフルアジャスタブルです。
本番仕様は、やはりアラゴスタかな・・・

P7304398.jpg

P7304399.jpg






もちろん、リアキャリパーのセンターも正確に出します。
フロントであれリアであれ、対向ピストンキャリパー装着時には、正確なセンター出しが全ての基本となります。
だいたいではダメです、あくまでもセンターです。

P7304390.jpg





これでほぼ仮組みと各部の寸法確認をすることができました。
あとは、エンジンを搭載してチェーンをかけたあとに、前後ホイールアライメントを確認調整することとなります。
前後足回りをまっすぐ組んだにもかかわらず、ホイールアライメントが出せなかったとしたら、それはフレームの歪み、若しくはエンジンが斜めになっているということになります。
全ての構成部品に歪みがなく、かつ、それらをまっすぐに組み付けたならば、全てはピシャリとまっすぐになるはず・・・

P7304394.jpg

P7304395.jpg

P7304400.jpg






これだけの作業、パッパッとただ組むだけなら半日作業ですが、各部を執拗にチェックしながら、必要に応じてシムを入れたり抜いたり、はたまた微調整の小加工などをしながら0.1mm単位まで追いかけつつやると、優に3日はかかります。
マシン持ち込みでこの作業をして欲しいというご相談もいただいたりしますが、正直なところ、やるのはいいですけれど、どれだけコストがかかるものなのか、やってみないとわかりません。
何かの部品が歪んでいたり、寸法に問題があったりした場合、それらを新品に交換しなくてはなりませんが、分解して仮組みから寸法確認をしてみないと、何を換えるべきなのかすらわかりませんので、作業前の見積もりなんて不可能なのです。
また、フレーム自体に問題があった場合には、その修正も必要になります。
つまり、マシン全分解ということになりかねません。
任された以上はその形を作らなくてはなりませんので、私の判断にて問答無用に取捨選択をさせていただくことになります。
ですから、これを仕事でやったらいくらかかるかわかりませんよということです。
そこまでやる意味があるのかと言う向きもおいででしょうけれど、意味があると思うのであればやれば良いのですし、そこまでする必要はないと考えるのであれば、やらなければ良いだけです。
私は、やりたいからやる、それだけのことです。












話題沸騰中のブリスクLGSプラグ、現時点では、DOR14LGSのみ在庫を確保しておりますが、残りは僅少となります。
お入り用の方はお早目の確保をお願いいたします。


このブリスクLGSプラグの検証については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。

ブリスクプラグ


注目すべきインプレ集はこちらです。

ブリスクLGSプラグのインプレ集













CR-Mキャブレターの製作や装着セッティングについては、詳細なお見積りをお作りするご用意がありますので、関心をお持ちの方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。


〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com








ファクトリーまめしばでは、これだけの作業を日帰りで行うことができます。
ちなみに、概算のコストは下記の程度となりますので、参考にしてください。

※CRキャブレター関係
・Mノズル 4個 16,000円
・PEEK製リンクロッド 4個 8,000円
・低レートサブリターンスプリング 1本 1,000円
・ジェット代 適宜
・上記組み付け&セッティング工賃 30,000~40,000円
注:スロットルホルダー、スロットルパイプ、スロットルワイヤー等については、私の基準とする操作性や作動性を確保するため、交換させていただくことがあります。

※SP-2関係
・Z用SP-2(Ver.FM) 1セット 79,000円
・NGKパワーケーブル 4本 11,200円
・点火プラグ 4本 1,840円 (イリジウムプラグも選択可)
・上記装着セッティング工賃 15,000~25,000円

作業のご予約については、随時受け付けをしておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
2位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ