FC2ブログ

Entries

GS750に潜んでいた問題点

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをワンクリック願います。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
日々、新しいチャレンジを続けるファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。






ファクトリーまめしばオリジナルパーツのウェブショップを開設いたしました。
どのような商品ラインナップがあるのか、どうぞこちらにてご確認ください。
もちろん、ウェブショップからでもご購入いただけますが、従来どおりにメールやお電話でのご注文でもかまいません。


ファクトリーまめしば:WEB SHOP


ファクトリーまめしば:WEB SHOPのお知らせ



このGS750、以前にCR-M31の装着をさせていただきましたが、その時にも、どうも芳しくないものだったのです。
点火系やエンジン本体も、どうも怪しい雰囲気があったのですが、予算の都合等もあり、それらを順次対処していきたいというのがオーナーのご意向でした。

今回、予算を確保することができたので、ウオタニSP-2を装着して欲しいということで持ち込まれてきましたので、これから作業を進めることとしましょう。

P7114255.jpg






ノーマルのままの点火系にも問題があったのは事実ですので、ウオタニSP-2を装着することによって全ては解決し、GS750本来のフィーリングパフォーマンスを発揮することを目論んだのですが、ウオタニSP-2を装着してみたところ、どうにもおかしい・・・
キャブレターと点火系をきちんとした状態にしたにもかかわらずということは、あとはエンジン本体ということになります。
意を決してヘッドカバーを開けてみたところ、その原因が明らかになりました。
そう、吸気側カムシャフトの誤組みです。
1コマ分、吸気カムが遅れてしまっています。
どこの誰がやったのかは定かではありませんが、単純な組み付けミスということです。

P7124263.jpg






ここで、カムシャフトを組み直ししてやれば、全ては解決するのですが、このマシンについては、更なる問題が発覚してしまいました。
排気側2番のバルブリフターがひどく渋くて動きません。
カム山にて無理やり押し込まれ、バルブスプリングの反力でかろうじて戻りはするものの、本来、バルブリフターはスムーズに回転してスムーズにスライドすべき部品ですが、まるで渋くて抜き取ることすらできません。
おそらく、歪んだバルブリフターを無理やり押し込んでしまったのではないかと想像するのですが・・・
このような状態であれば、シリンダーヘッド側のリフターホールもそれなりにダメージを受けていることに相違ありませんので、それをリペアするよりも、私が手持ちの程度良好シリンダーヘッドに交換することとしました。
せっかくですので、バルブシートカットとともに、バルブ、バルブガイド、ステムシール等は新品に交換してオーバーホールすることとしました。
できれば、シリンダー&ピストンもやりたいところですが、これまた予算の都合で・・・

生産から40年あまりが経過した旧車を入手したならば、いったん、マシンの全てを分解して初期化するべきなのです。
都度にわたって、問題が生じた部分について対症療法的なことをしても、いつまでも完全な状態にすることはできませんし、結果としては高くついてしまいます。
五月雨式に次から次へと起きる問題に都度対処するだけでも結構なお金がかかりますが、それでもなおかつ次の問題が起きる、すると、
「なんか、随分と長い間にわたって、相当なお金をかけてきたにもかかわらず、依然としてシャキッとしない・・・もう、なんか疲れてイヤになってきた・・・」
そんなことになってしまいます。
楽しくありません。
辛くて苦しくてストレスがたまるばかり・・・楽しむために入手したはずなのに、なぜ・・・

ですから、旧車を入手したならば、エンジンから車体から足回りから、構成する全てを分解してやり直すことが唯一最善の手法となります。


さて、以下はちょっと切り口が変わります。

シリンダーヘッドをオーバーホールしたGS750エンジン、チューニングパーツの類は一切使っていませんし、面研などの加工もしていません。
それであれば、サービスマニュアルに記載のとおりにカム周りを組み付けてやれば良い・・・のですが、本当にそれで良いでしょうか。

とりあえず、マニュアルどおりにカム周りを組んだ状態でバルブタイミングを計測してみましょう。

P7214285.jpg

P7214286.jpg





GS750のマニュアルデータは下記のとおりです。
IN:LC110°
EX:LC110°

実測値は下記のとおりです。
IN:LC120°
EX:LC:103.25°

吸気は10度遅れ、排気は7°遅れています。
これは、各部品の公差とカムチェーンの伸びなどによるものですが、この程度のずれは珍しくありません。
エンジンオーバーホールの際、カムを組み付けるにあたって、貴方はこのズレをよしとしますか。
オーバーホールするだけでも結構なお金がかかりますが、そのコストをかけたにもかかわらず、これで良いと思いますか。
私なら絶対にイヤです。

ですので、カムを含めてフルノーマルエンジンであったとしても、規定値になるようにバルブタイミング調整を行います。

画像でおわかりのとおり、バルブタイミングを規定値にするためには、これくらいずらしてやることとなります。

P7214288.jpg






カムスプロケットを固定するボルトは、必ず高力ボルトを使い、万が一にも緩まないようにねじロック剤を塗布して固定します。

P7214289.jpg






これで完了、バルブタイミングは、規定値、つまり設計値である吸排気ともに110°です。

P7214291.jpg






これが作業時に記載したメモです。

P7214292.jpg






さあ、これでSP-2とCR-M31の本来パフォーマンスが発揮されることとなります。

P7124259.jpg

P7124261.jpg






見た目は何も変わりませんが、これで完成です。

P7244315.jpg






エンジンを始動させてチェック走行を行いましたが、エンジンフィーリング&パフォーマンスについては、私の納得行くものとなりました。
ただ、このマフラーはどうにも・・・
とりあえず、ノーマルマフラーに戻すことを強くお勧めします。







しかしこのマシン、他にも多くの問題を抱えています。
ステムベアリング、フロントフォーク、前後ブレーキ、ハブダンパー、チェーン&スプロケット・・・
そう、基本整備を尽くす必要があるということです。




話題沸騰中のブリスクLGSプラグ、現時点では、DOR14LGSのみ在庫を確保しておりますが、残りは僅少となります。
お入り用の方はお早目の確保をお願いいたします。


このブリスクLGSプラグの検証については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。

ブリスクプラグ


注目すべきインプレ集はこちらです。

ブリスクLGSプラグのインプレ集













CR-Mキャブレターの製作や装着セッティングについては、詳細なお見積りをお作りするご用意がありますので、関心をお持ちの方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。


〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com








ファクトリーまめしばでは、これだけの作業を日帰りで行うことができます。
ちなみに、概算のコストは下記の程度となりますので、参考にしてください。

※CRキャブレター関係
・Mノズル 4個 16,000円
・PEEK製リンクロッド 4個 8,000円
・低レートサブリターンスプリング 1本 1,000円
・ジェット代 適宜
・上記組み付け&セッティング工賃 30,000~40,000円
注:スロットルホルダー、スロットルパイプ、スロットルワイヤー等については、私の基準とする操作性や作動性を確保するため、交換させていただくことがあります。

※SP-2関係
・Z用SP-2(Ver.FM) 1セット 79,000円
・NGKパワーケーブル 4本 11,200円
・点火プラグ 4本 1,840円 (イリジウムプラグも選択可)
・上記装着セッティング工賃 15,000~25,000円

作業のご予約については、随時受け付けをしておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト



ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ