Entries

ドライブチェーンの遊び調整





ドライブチェーンの遊び調整は、オートバイ整備における基本中の基本です。
当然のごとく、サービスマニュアルやオーナーズマニュアルには定期点検項目として記載されていますし、ビギナー向けの整備書などにも解説されています。
ご自分でやったことがある方も少なくないと思いますし、
「そんなの、チェーンの真ん中付近の遊び幅を規定値に合わせるだけだから簡単だよ。」
などと言われるかも知れませんね。
しかし、ファクトリーまめしばに持ち込まれる車両のうち、相当の比率にて問題があるケースがあるというのが現実ですし、その内容は、ダラダラに緩んでいるものもありますが、その多くは張りすぎの状態です。
また、簡単なようでいて、意外と奥が深くて難しく、誤った状態で走行することによって、重大なトラブルや事故に直結する場合もありますので、なめてかかることはできません。

先日も、キャブセッティングに持ち込まれた車両において、張りすぎの状態になっているものがありましたので、これを再調整するとともに、オーナー様には、基本的な要領について解説をさせていただいたのですが、わかっているようで、実はわかっていないということがわかったと言いましょうか・・・
せっかくですので、基本的なロジックに立ち返って解説してみましょう。

これは、Z1000LTDのリア周りです。
ごく一部の特殊例外を除いて、チェーンドライブのオートバイに共通することがあります。

A:ミッションのドライブシャフト(ドライブスプロケットが装着されているシャフト)
B:スイングアームピボット
C:リアアクスル

0G空車のとき、この、A、B、Cの3軸について、AとCを結んだ線よりも、Bが上にあるというのが通常です。
こういう状態ということです。

P5253971.jpg






こういう位置関係にあることによって、0G状態からスイングアームがストロークすると、AとCの距離が遠くなり、ドライブチェーンは張るということがわかるでしょう。
そう、マニュアルに書いてあるドライブチェーンの遊び量というのは、スイングアームがストロークすることでドライブチェーンが張って行くことを見越した遊びということですし、空車0G状態のときに、パツンパツンに張ってしまっていたら、スイングアームはストロークすることができないということもわかるでしょう。
加えて、張りすぎの状態において走行中のGやギャップに乗った時の大きな荷重がかかれば、ドライブシャフトは思い切り後ろに引っ張られてしまい、それによって、ドライブシャフトを支持しているベアリングを破損したり、エンジンマウントボルトが曲がったり、最悪の場合には、クランクケースが割れてしまうなどのおそれがあるということもわかるでしょう。
そう、重大なトラブルに直結するというのはこういうことなのです。

さて、最も適正な遊び量を確実に得るためには、こういう方法が理想です。
リアサスペンションを取り外し、先の3点が一直線になるところまでスイングアームをストロークさせ、このときに、ほんのわずかな遊びがある状態に合わせるのです。

P5253972.jpg






こんな感じです。
ドライブチェーンの遊びはほんのわずか、このときに、スイングアームがスムーズにストロークし、リアホイールの回りが重くなっていなければOKです。

P5253974.jpg






動画で見てみましょう。








もうひとつ重要なことは、左右のチェーンプラーを調整する作業は、ドライブチェーンの張りを調整するということのほかに、車体フレームに対する前後ホイールの整列アライメントを決めているということです。
左右のチェーンプラーに刻んである合わせマークを基準にするというのは、簡易的な方法に過ぎません。
リアアクスルシャフトが、スイングアームピボットシャフトに対して平行であることが基準です。
その具体的な方法については、今回は割愛しますが、その状態を維持するために、再現性のある方法で管理するためには、チェーンプラーのアジャストボルトの突出し量で管理するというのも良い方法です。

P5253973.jpg






調整が終わったら、最後にリアアクスルを締め付けますが、このときに注意することは、リアアクスルを前方にきっちりと押し付けた状態でリアアクスルを締め付けるということです。
これを怠った場合、駆動力によってリアアクスルが前方に引っ張られてずれてしまいます。
それを防止するためには、ちょっとした工夫が必要です。
まず、リアスプロケットとドライブチェーンに棒状のものを挟んでストッパーを効かせるようにします。

P5253975.jpg






そして、リアホイールを回し、チェーンプラーが前方にしっかりと密着した状態を作り、それを維持したままリアアクスルを締め付けてやります。

P5253976.jpg






さあ、リアサスペンションなどを復元すれば、作業は完了です。

P5253980.jpg






空車0G状態における遊びはこの程度になりましたが、その具体的な数値は、リアスイングアームの垂れ角によって変化します。
たとえば、リアサスペンションの自由長を長くしたことによって垂れ角が大きくなれば、空車0G状態における適正な遊び量が増えることになります。
モトクロッサーなどは、大きなホイールトラベルを得るために、空車0G状態のスイングアーム垂れ角を極めて大きく取っています。それは、ドライブチェーンが外れてしまうほどの大きな遊びを要求することになるのですが、それを防止するために、ドライブチェーンテンショナーが備えられていたりするのです。








ドライブチェーンの遊び、それは、重要なセッティング要素でもあります。
極低速時のギクシャクとしたスナッチ感や、低中回転域におけるシフトタッチ、シフトのつながりフィーリングなど、スムーズネスや上質感を左右したりもします。
一般的には、ストリートマシンにおいては、極低速域走行や低中回転域でのシフトフィーリングが重要になりますので、張りすぎによる問題が起こらない範囲において、可能な限り遊びを詰める方が良いフィーリングが得られます。
反面、大きな加減速や激しい荷重変化を伴うレーシングユースやスポーツ走行などでは、それよりもやや大きめにするのが良いと思います。






ファクトリーまめしばでは、これだけの作業を日帰りで行うことができます。
ちなみに、概算のコストは下記の程度となりますので、参考にしてください。

※CRキャブレター関係
・Mノズル 4個 16,000円
・PEEK製リンクロッド 4個 8,000円
・低レートサブリターンスプリング 1本 1,000円
・ジェット代 適宜
・上記組み付け&セッティング工賃 30,000~40,000円
注:スロットルホルダー、スロットルパイプ、スロットルワイヤー等については、私の基準とする操作性や作動性を確保するため、交換させていただくことがあります。

※SP-2関係
・Z用SP-2(Ver.FM) 1セット 79,000円
・NGKパワーケーブル 4本 11,200円
・点火プラグ 4本 1,840円 (イリジウムプラグも選択可)
・上記装着セッティング工賃 15,000~25,000円

作業のご予約については、随時受け付けをしておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。


ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス




話題沸騰中のブリスクLGSプラグ、その予約については、こちらに詳細がありますので、この記事記載の要領に従ってご予約をお願いいたします。
初回輸入ロット分の500本は、わずか1日で予約完売となりましたので、この次回輸入ロット分についても、予約なくして入手することはできません。
輸入通関した時点では、予約完売になっている可能性が大ということです。

ブリスクLGSプラグのご予約について


このブリスクLGSプラグの検証については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。

ブリスクプラグ


注目すべきインプレ集はこちらです。

ブリスクLGSプラグのインプレ集



CR-Mキャブレターの製作や装着セッティングについては、詳細なお見積りをお作りするご用意がありますので、関心をお持ちの方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。


〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com






大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです

ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
2位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ