Entries

Z1Rの各部問題を解決しつつ、Mノズル&PEEK製リンクロッドを装着セッティング


社外品レーシングキャブレター、スペシャルサスペンションetc・・・
アフターマーケットチューニングパーツは、それぞれ単体ではノーマル部品を凌駕する高いポテンシャルを有するものです。
そういうパーツを投入してやれば、愛車は快調に速く走れるようになると考えるのは、ある意味では至極まっとうなことなのですが、果たして・・・

程よくカスタムされたZ1Rにお乗りのIさんから、重くて渋いスロットル周りについてご相談をいただきました。
持ち込んでいただいたマシンはこのようなものです。
点火系はウオタニSP-2、リアサスペンションにはクアンタム、キャブレターはCR29という、それぞれチューニングパーツが使用されているものです。

P2074087.jpg






Iさんが重くて渋いと言うスロットルの作動状態についてチェックしたところ、これは・・・
もう、重くて渋いなどというレベルではなく、開けたスロットルが完全にひっかかって戻らないという危険レベルだったのです。
この動画をご覧ください。







原因は、スロットルワイヤーの設定と取り回しにありました。
このように、ハンドルをちょっと右に切るだけで、スロットルワイヤーが突っ張って折れ曲がってしまいます。
まさに論外・・・・

P2074091.jpg






また、マシンの押し引きも相当に重い状態でした。
最初はタイヤエアーでも抜けているのかと思いましたが、そうでもない・・・
原因は、パッツンパッツンに張りすぎ状態のドライブチェーンにありました。
それは、遊びがないなどというレベルではなく、まさにパツパツに引っ張った状態・・・
最近、525チェーン&スプロケットにコンバート交換してもらったそうなのですが、その時の作業に問題があったのでしょうか・・・
こんな状態で走り続けていれば、ドライブスプロケット裏のベアリング破損やクランクケース破損に至るおそれがあります。

P2074089.jpg







点火系にはウオタニSP-2が装着されていますが、使用されている点火プラグは抵抗なしのB7ES、それにギャップ拡大調整もなされていません。
これでは、デジタル制御マイクロコンピューターであるSP-2ユニットがノイズ干渉で十分な機能を果たさないおそれがありますし、SP-2の点火能力を十分に発揮させることもできません。

P2074090.jpg

P2074094.jpg






ブリーザーホースは、シート下を通してリアフェンダー横に出されていますが、これも問題があります。
ブローバイガス内には、相当な分量の水蒸気が含まれていますが、このように長く取回されたホース内で冷却されて水になります。
そこで、いったん上方に向いたホースをいったん下げた上で再度上に上がるような取り回しにすると、下がった部分に水がたまってしまいます。そこでホース内が水で満たされてしまえば、もうクランクケース内圧は抜けないということになります。
また、単に長くするだけでも問題があります。
水蒸気から冷却によって水と化したものが、エンジン内に戻ってしまいます。
すると、クランクケース内に水が溜まってしまうという、実に大きな問題につながってしまうのです。
このように、長く取回す場合には、途中にキャッチタンクを設けなくてはなりませんし、タンクを設けないのであれば、ホース取り回しは可能な限り短くしなくてはなりません。

P2074103.jpg






クランクケース内に水が逆流しないように注意しながら排出してみると、長いホース内からは、これだけの水が出てきました。
まさに水没寸前・・・
いや、おそらくですが、クランクケース内にも相当量の水が逆流侵入しているはずです。

P2074104.jpg






オイル量をチェックしてみたところ、点検窓から全く油面が見えない状態でしたので、オイル補充を行いましたが、なんと、1.5Lも入りました。
本来、Zの場合には3.7Lのオイル量ですが、2Lほどしかオイルが入っていなかったということになります。
オイル交換時に油量を間違ったのか、オイル消費が甚だしいのか、これだけでは判然としませんが、Iさんには、オイル消費をチェックするように助言することとしましょう。
また、この短いブレーキペダルによって、リアブレーキが全くと言っていいほどに効きません。単に鈍い効きが好みだとか、そういうレベルではなく、全くリアブレーキが使えず、危険と思われるレベルです。
解決方法は、このペダルの使用をやめてノーマルに戻すか、まともなステップキットに交換するしかありません。

P2074105.jpg






さて、これも基本点検事項ですが、コンプレッション計測を行います。
このエンジンは、各気筒ともに9~10キロをマークしましたので、これはOKですね。

P2074096.jpg






インシュレーターの増し締めを行います。
Z系のインシュレーターは、シリンダーヘッドとの合い面がゴム引きのリップシールですので、新品装着後にはしばらく走行の後に必ず増し締めが必要です。
このマシンも、相当に緩んでいました。

P2074100.jpg






さて、以上は依頼事項以外の基本整備に属することですが、そういうことがきちんと履行されていなければ、快調な状態が作れないばかりか、重大なトラブルにも発展しかねません。
また、具体的に頼まれなくても、必要な個所については適切な対処をし、問題のある個所については必要な指摘をするというのは、ユーザーからの暗黙の付託であると考えています。

さあ、やっとご依頼の作業に取り掛かることができます。
CR29にMノズル&PEEK製リンクロッドを装着しましょう。
ところでいつも危惧するのですが、これらのファクトリーまめしばスペシャルパーツを通信販売でご購入くださった方々や、ショップに装着依頼をした方々は、上記に指摘させていただいたようなことをクリアされているのでしょうか・・・

P2074101.jpg

P2074102.jpg






さあ、ULFスロットルワイヤーを適切な取り回しで装着し、Z1Rノーマルエンジン&CR29のセッティングデータに基づいてプリセットした状態を確認しましょう。

P2074107.jpg









さあ、実走セッティングによる煮詰めを行った後、これで完成となります。
見た目は全く変わっていませんが、1台のオートバイとしては全くの別物になりました。

P2074108.jpg









スペシャルパーツの装着やセッティング、それ以前にはるかに重要なことは、基本整備を確実に行うことです。
そして、パーツの装着にあたっても、オートバイの部品を交換したり装着整備したりする際の基本的な約束事項を確実に履行することです。
ただ装着すればよい、それらしく付いていればよい、それは大きな大きな間違いです。

貴方の愛車は大丈夫ですか。









ファクトリーまめしばでは、これだけの作業を日帰りで行うことができます。
ちなみに、概算のコストは下記の程度となりますので、参考にしてください。

※CRキャブレター関係
・Mノズル 4個 16,000円
・PEEK製リンクロッド 4個 8,000円
・低レートサブリターンスプリング 1本 1,000円
・ジェット代 適宜
・上記組み付け&セッティング工賃 30,000~40,000円
注:スロットルホルダー、スロットルパイプ、スロットルワイヤー等については、私の基準とする操作性や作動性を確保するため、交換させていただくことがあります。

※SP-2関係
・Z用SP-2(Ver.FM) 1セット 79,000円
・NGKパワーケーブル 4本 11,200円
・点火プラグ 4本 1,840円 (イリジウムプラグも選択可)
・上記装着セッティング工賃 15,000~25,000円

作業のご予約については、随時受け付けをしておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ