Entries

CB750Kにファクトリーまめしばオリジナルのフルメニューチューニングを施す~その1 CR-M31TPS仕様の製作


静岡県焼津市にお住いのKさんは、10数年ぶりに復活したリターンライダーさんなのです。
若いころは、ロードからモトクロスに至るまで、ドップリとバイクライフを堪能しておられたそうなのですが、お子様の誕生を機に、いったんはバイクを降りることとなりました。
そして、つい最近になって、念願の、いや、予定通りのリターンを果たし、フルレストアフルノーマルのCB750Kをご購入されたとのことです。
その仕上がりやコンディションには十分に満足されていたとのことで、そのままフルノーマルで乗り続けるつもりだったのですが、私のブログ記事を発見してしまったことから、悪い虫がうずいてしまいました。

つい先日のこと、メールにてご相談をいただきました。
ご希望は、CR-M31の装着を始めとして、それこそ装着できるものは全てやりたいなどという過激な内容だったのですが、この手のことは、ある程度の余地を残しつつ長く楽しむというのが得策ですので、そんなお話などもさせていただきながら、しかしKさんのご要望も盛り込みつつ、スタートメニューを策定したのです。
内容は、下記のとおりです。

・CR-M31TPS仕様
・ウオタニSP-2フルパワーキット3次元マップ仕様
・V-UP16&MSA装着
・NGCエキゾースト製作

もう、これだけでも全くの別物になるに相違ありません。

メニューが決まった翌日には、我慢し切れないKさんがマシンをお持ち込みくださいました。

P1293946.jpg






作業前の確認試乗を行ったのですが、これが実に良い状態なのです。
世界中のオートバイシーンの常識を根底から覆し、ジャパニーズスタンダードの礎となった名車、CB750Kの新車当時のパフォーマンスやフィーリングはこういうものだったんだろうと推察されるレベルです。
フルノーマル純正至上主義の方にとっては、これで完成品、これ以上のCB750Kはないであろうというレベルです。
当然、乗っていても楽しい・・・

しかし、しかしですよ、この素晴らしい素性を持つ名車は、的確なチューニングモディファイを施すことによって、一切のネガを生むことなく、ワンランクもツーランクも、いや、スリーランク以上の完成度まで高めることができます。
古き良きマシンの味わいはそのままに、現代的なドライバビリティーや安定性、そして絶対パフォーマンスを与える、それは、私の最も得意とするところです。

まずは、このマシン専用のCR-M31TPS仕様を製作しましょう。
このような全分解状態から、ひとつひとつの構成部品を緻密に組み立てていきます。
箱から出した状態そのままで装着してしまうなどというものとは、本質的なレベルが異なります。
CRに限らず、レーシングキャブレターというものは、新品から全分解し、手組みで仕上げることによって、その本来パフォーマンスを発揮することができるのです。市販レーサーをそのままシェイクダウンしたりしないのと同じですよ。
そんなことは必要ないなどという向きもおいでかもしれませんが、そういうことをのたまうということは、所詮はそういうレベルに過ぎないということです。
100円回転寿司やスーパーのパック寿司しか知らないお子様は、本当の寿司の味を想像することすらできないでしょ。そういうことです。

P1293947.jpg






CB-K用のピッチに組まれたCRキャブレターにTPSを装着するためには、スロットルシャフトを加工する必要があります。
万が一の加工ミスも許されませんので、ちょっと緊張します。

P1293948.jpg






4番ボディーサイドの切削量も、CB-K専用の数値データが必要になります。

P1293949.jpg






TPS装着プレートを固定するためのネジ下穴を加工し、タップでネジ切り加工を行います。

P1293950.jpg

P1293951.jpg






CB-Kのピッチにボディー連結を組み立てますが、この時にも、4つのボディーが正確に整列することに細心の注意を払わなくてはなりません。
新品CRは、ここが相当に甘いものですので、それを正確に修正するためにも、全分解組み立ては有為となります。
そして、追加加工によって設けたパイロットアウトレット部分にスクリューを挿入していきます。
この光景、スタンダードのCRでは絶対にありえないこと・・・
CRキャブレターにパイロットスクリューを追加加工装備したらどうなるのか、はるか以前から、そういうことを夢想したマニアは多数存在しますが、それを豊富なデータに裏付けしつつも具現化したのは私です。

P1293952.jpg

P1293955.jpg






基本中の基本ですが、油面も正確に合わせます。新品レーシングキャブレター、意外とこれも合っていない・・・

P1293953.jpg






TPS装着用のアダプターをスロットルシャフトに固定しますが、このスラスト位置を正確に割り出すことも重要です。

P1303956.jpg

P1303957.jpg






さて、CB750K用CR-M31TPS仕様の組み立てを完了しました。

P1303958.jpg







スピゴットも、私のオリジナルな設定で製作したものです。
エンジン本体やコックとの干渉をクリアしつつ、最もエンジンに近づけることで吸入抵抗低減及びレスポンスアップを獲得します。

P1303962.jpg






高い霧化性能によってより良い燃焼を実現するとともに、燃料供給レスポンスを向上させることで、スロットルに対してリニアなトルク特性を得ることができる、それがMノズルのパフォーマンスです。
もちろん、Mノズルの特性に合わせたセッティングは必要ですが、それも膨大なデータノウハウがあります。

P1303959.jpg






このTPS(スロットルポジションセンサー)によって、スロットル開度情報をイグナイタユニットに読ませることによって、SP-2フルパワーキットにインストール済のスペシャル3次元マップによる緻密な点火時期コントロールが実現します。
それは、このエンジンが設計された時代には、夢想こそすれど、メーカーですら実現し得なかった夢物語なのです。
設計当時の想定をはるかに超えたエンジンマネジメントを得たCB750Kは、どのようなパフォーマンスを獲得するのか、それは、このシステムを導入したオーナーしか味わうことはできません。

P1303960.jpg






そして、パイロットスクリューで流量制御されたパイロットアウトレットを装備したCR-M31は、もはやCRキャブレターではありません。
そしてこれも、CRキャブレター設計時には想定すらしていなかった、新たなCRパフォーマンスを獲得するのです。

P1303961.jpg






完全なコンディションのフルノーマルCB750K、きちんとセッティング&セットアップされたCRキャブレター、そのいずれも、十分な機能を果たすものであるのは事実です。
きっとそれは、「これで十分に満足、最高だ」と多くの人々が評価するに相違ありません。
しかしそれは、100円回転寿司の味に過ぎないのかも知れない、貴方が知らないだけなのかも知れないのです。
私は、完全オリジナルコンディションを最上のものとする価値観を否定しようとしているわけではありません。きちんとセッティング&セットアップされたCRキャブレターがどのようなものなのか、私はそれも十分に知っています。
しかし、それは旧車というカテゴリー内の評価軸に過ぎません。
私は、それを素材として、どうすれば更なる飛躍を得られるのかという視点に立っている・・・、既存の旧車概念に立ち、その範疇で良しとする向きと私の本質的な違いはそこにあるということです。

さあ、引き続き頑張って仕上げましょう。






ファクトリーまめしばでは、これだけの作業を日帰りで行うことができます。
ちなみに、概算のコストは下記の程度となりますので、参考にしてください。

※CRキャブレター関係
・Mノズル 4個 16,000円
・PEEK製リンクロッド 4個 8,000円
・低レートサブリターンスプリング 1本 1,000円
・ジェット代 適宜
・上記組み付け&セッティング工賃 30,000~40,000円
注:スロットルホルダー、スロットルパイプ、スロットルワイヤー等については、私の基準とする操作性や作動性を確保するため、交換させていただくことがあります。

※SP-2関係
・Z用SP-2(Ver.FM) 1セット 79,000円
・NGKパワーケーブル 4本 11,200円
・点火プラグ 4本 1,840円 (イリジウムプラグも選択可)
・上記装着セッティング工賃 15,000~25,000円

作業のご予約については、随時受け付けをしておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
3位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ