Entries

Z750FX-1のエンジンオーバーホール~3番シリンダー圧縮ゼロ


神奈川県相模原市にお住いのKさんから、CR-M33の製作と装着セッティングのご依頼をいただきました。
マシンは、Z1000MK2クランクとCP製70mmピストンによってボアアップされた、Z750FX1です。実はこのマシン、友人である前オーナー様が5年ほど前にショップにてこのエンジンチューニングを行ったのですが、組み上がってからはほとんど乗ることもなく、Kさんが譲り受けたとのことです。
まだ走行もほとんど進んでいない状態でしたので、Kさんによってならし運転が行われたのですが、つい先日、「パシュン」という異音とともに、3気筒になってしまったとのことです。
エンジンチューニングを行った際、そのショップからは、「キャブもそろそろ終わりかけているから、いずれ近いうちに・・・」などというアドバイスがあったこともあって、てっきりその原因はキャブレターにあるものと思い込み・・・結果、CR-M33のご注文をくださったというのが真相なのです。

P1143845.jpg





CR-M33の組み上げを完了しましたので、マシンを持ち込んでいただき、さて、装着を・・・
トランポに積載された状態で持ち込まれましたので、まずは現状確認のためにエンジン始動を試みました。なかなか始動に手こずりましたが、やっとかかったかと思いきや、完全に3気筒の状態です。3番シリンダーに火が入りません。
まずは点火系からチェックをしましたが、装着されているウオタニSP-2には全く問題はなく、火花も勢いよく飛んでいます。

さて、次はエンジンコンプレッションの計測です。
1番、2番、4番はいずれも10キロ以上をマークしましたが、3番のみ、ゲージの指針がピクリともしません。
そう、完全に圧縮ゼロの状態です。

もう、こうなれば、エンジンを開けるしかありません。

シリンダーヘッドを外してみたところ、3番ピストンは、まるで新品かと思うほどにまっさらの状態でした。
おそらく、1,000kmに満たない走行ではカーボンの付着も僅少であったところ、完全に圧縮ゼロになったことで全く燃焼することができなくなり、吸入した混合気にカーボンがきれいに洗い流されてしまったのでしょう。

P1143846.jpg






シリンダーヘッド側はこのような状態です。
3番は多少のカーボン残留があるものの、他の気筒と比べると、その違いは明らかです。

P1143847.jpg






3番の燃焼室側から明かりを照らしてポート側から覗いてみたところ、バッチリと明かりが見える状態、そう、3番インテークバルブが閉じていないのです。
これが、圧縮ゼロの原因です。

P1143848.jpg






バルブをヘッドから取り外してみたところ、目視でも曲がっているのがはっきりとわかります。

P1143849.jpg






さて、圧縮ゼロの原因ははっきりとしましたが、なぜバルブが曲がったのでしょう。
その原因を突き止めないことには、この素性がわからないエンジンをリペアすることができません。
バルブが曲がる原因についてはいくつかあるところですが、主には下記のようなものとなります。

1.ピストンとバルブの接触
2.インテークバルブとエキゾーストバルブの接触
3.異物の噛み込み
4.組み付けミス

「1」 や「2」に至る原因としては、ピストンとバルブのクリアランス不足、バルブステムとバルブガイドのスティック、バルブサージングなどが代表的ですが、ピストンにもバルブにも接触痕は見当たらず、バルブステムにもカジッたり焼き付いたりした痕跡はありません。
「4」についても、ならし運転時には問題なくエンジンは回っていたとのことですので、これも考え難いところです。

3番の燃焼室はこのような感じです。
インテーク側にデトネーションによる泡吹き(軽溶解)の痕跡がありますが、これは相当に以前のものでしょう。
吸排気ポートは、きれいに研磨されていますし、バルブシートの当たり面にも荒れやヘタリは見られず、チューニング後にさほど走っていないことが頷ける状態です。

P1163857.jpg






吸気側のバルブガイドは、縁にクラックが入っています。
これは、バルブステムが曲がった時に押されて割れたものでしょう。

P1163858.jpg






さて、吸気側バルブシートに、何か異物を挟んだと思われる痕跡を発見しました。
この幅を見れば、相当に大きな異物を噛み込んだのではないかと思われます。
そして、その異物は、固い石のようなものではなく、もう少し柔らかいものではないかと思います。バルブフェイスとバルブシートに挟まれたことで粉砕されて、そのまま排気バルブから排出されたのでしょう。

P1163856.jpg






このマシンはファンネル状態で走っていたのですが、そうは言っても、バルブが曲がるほどの異物を吸い込んで噛み込むという事態は、そうそう起こるものではないでしょう。
何万キロもファンネルで走っても、そういうことが起こらないことの方が多いでしょう。しかしそうは言っても、こういうことが絶対に起こらないという保証はないということも事実です。
現にこうやって起きたのですから・・・

私自身も、ファンネルでの走行について、それを好むという向きにはさほど否定的な意見をしてきていませんでしたが、こういう現実を目の当たりにすると、それも改めなくてはならないのかも知れないと思っています。

このエンジンについては、吸排気バルブを全て新品に交換し、バルブガイドも全数入れ替えをすることとしました。
本来であれば、3番インテークバルブ周りのみをリペアすれば良いのですが、実は、全てのバルブステムは相当に摩耗が進み、バルブフェイスも陥没が進んだ状態でした。
おそらく、チューニング時に中古のバルブを使い回したのではないかと思われますが、それは予算の都合だったのかも知れません。以降走っていないとはいえ、いずれにせよ5年前におけるショップと前オーナーの合意のもとで行われたことです。
でも、ポート研磨やハイカムの組み付けなども行われていますので、優先順位としてはちょっとどうなんだろうかと思わされてしまいますね。まあ、過ぎたことをあれこれと詮索しても意味はありませんので、これを機に、きちんとリペアしてやり、快調に気持ち良く走れるマシンに仕上げてやりましょう。
ハイコンプピストンにハイカムを組み付けた1015ccにふさわしいパフォーマンスを発揮させることができれば、それは素晴らしいマシンになることでしょう。











ファクトリーまめしばでは、これだけの作業を日帰りで行うことができます。
ちなみに、概算のコストは下記の程度となりますので、参考にしてください。

※CRキャブレター関係
・Mノズル 4個 16,000円
・PEEK製リンクロッド 4個 8,000円
・低レートサブリターンスプリング 1本 1,000円
・ジェット代 適宜
・上記組み付け&セッティング工賃 30,000~40,000円
注:スロットルホルダー、スロットルパイプ、スロットルワイヤー等については、私の基準とする操作性や作動性を確保するため、交換させていただくことがあります。

※SP-2関係
・Z用SP-2(Ver.FM) 1セット 79,000円
・NGKパワーケーブル 4本 11,200円
・点火プラグ 4本 1,840円 (イリジウムプラグも選択可)
・上記装着セッティング工賃 15,000~25,000円

作業のご予約については、随時受け付けをしておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
2位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ