Entries

発電・充電系のトラブル


先日、CR-Mキャブレターの装着セッティングをさせていただいたSさんから、バッテリー上がりに悩まされているというご相談をいただきました。
ここ数年の間、すでに3個のバッテリーを交換してきたとのことです。そして、つい先日にも、またバッテリーを新品に交換、さらにはレギュレターも交換したそうなのですが、それでも一向に解決できないとのことです。
色々とお話をお聞きしつつ、ご本人に、エンジンがかかっている際のバッテリー端子間電圧を計測していただいたところ、
・始動前 13V
・始動後 12V以下
ということでした。
つまり、全く充電できていないということです。
ご本人による作業は限界のようでしたので、先日、バッテリー上がりによって自走不能になっているマシンを引き上げて参りました。

もう、チェックすべき部分はわかりきっています。
ステーターコイルとレギュレター、そしてこれらを接続する配線の状態ですね。

早速、バッテリーを充電したのちにエンジンを始動させ、端子間電圧を計測してみたところ、やはり全く電圧が上がりませんね。

スプロケットカバーを外してみたところ、原因を発見しました。
ステーターコイルとレギュレターを接続する部分のギボシ端子は真っ黒に焼け焦げ、1本は焼損断裂している状態です。
これでは充電できるはずはありません。
ちなみに、断裂しているところはもちろんのこと、かろうじてつながっている2本についても、導通はありません。

PC193733.jpg






焼け焦げた端子を切り取って、エンジンを始動させ、3相のそれぞれの線からの出力電圧を計測してみたところ、2,000rpmほど回したところで、各相からはAC25V程度が出力されていることを確認しましたので、コイル自体は生きているようです。
となれば、配線をやり直せば良いということですね。
被覆をむいてみたところ、芯線も酸化が進んでいましたので、確実な接続のためにフラップホイールを使って磨いてやります。

PC193734.jpg






ギボシ端子よりも接触抵抗が少ない250平型端子を使いましょう。そして、かしめ部分はハンダ付けをしましょう。

PC193735.jpg






充電系トラブルの原因として良くあるのが、レギュレターのアース不良ですので、それも抜かりなく確認・・・
レギュレターのアース線はバッテリーケースに落とされていたのですが、こことバッテリーマイナス端子間には導通がありませんでした。
Sさんにお話をお聞きしたところ、この場所は、数年前にショップにてレギュレターを装着してもらった時に落とされていた場所だそうです。Sさんは、今回、ご自身でレギュレターを交換するにあたって、特に疑問を持つことなくここにアースを落としたということです。
つまり、Sさんは、この数年前のレギュレター交換時から、全くレギュレターが機能していない状態、つまり充電ゼロ状態で走り続けていたということになります。
キャブレターの調子も最悪でしたので、近所のチョイ乗り程度の走行しかしていなかったそうですが、おそらく、走るたびにバッテリー充電をしていたのでしょうね。

PC193737.jpg

PC193736.jpg






ステータコイルからはきちんと出力してはいますが、とりあえず、3相の各線間の抵抗値が規定範囲にあるかどうか、そして、各線がアースとショートしていないかどうかを確認します。
これは、3相のステーターコイルであれば、どれも共通のチェック要領ですから、覚えておくと良いですよ。
だいたい、3相の各線間の抵抗値は1Ω前後、各線とアース間には導通がないことが必要です。

PC193738.jpg






全ての作業が完了後、エンジンを始動させてバッテリー端子間電圧を計測します。
アイドリングでも14.5V前後、ヘッドライトを点灯させると、14.8V程度まで上がることを確認しましたので、これでOKということです。

PC193740.jpg






配線の補修と修正作業のみで解決できましたので、さほどコストもかからずに直すことができて良かったですね。
これで、安心してロングツーリングに行くことができます。

ほとんど全ての電装品にはアースが必要です。
アース線は、どこにつないでもいいというものではありません。
アースポイントは、バッテリーマイナス端子と確実な導通がなければなりませんので、どこにアースを落とすかを選定するときには、そこがバッテリーマイナス端子と導通しているかどうかを確認しましょう。
また、イグナイタユニットやレギュレターのように、それなりに大きな電流が流れるアースの場合は、アースを落とそうとする場所とバッテリーマイナス端子との間の抵抗値ができるだけ少なくなるように工夫することも重要です。













ファクトリーまめしばでは、これだけの作業を日帰りで行うことができます。
ちなみに、概算のコストは下記の程度となりますので、参考にしてください。

※CRキャブレター関係
・Mノズル 4個 16,000円
・PEEK製リンクロッド 4個 8,000円
・低レートサブリターンスプリング 1本 1,000円
・ジェット代 適宜
・上記組み付け&セッティング工賃 30,000~40,000円
注:スロットルホルダー、スロットルパイプ、スロットルワイヤー等については、私の基準とする操作性や作動性を確保するため、交換させていただくことがあります。

※SP-2関係
・Z用SP-2(Ver.FM) 1セット 79,000円
・NGKパワーケーブル 4本 11,200円
・点火プラグ 4本 1,840円 (イリジウムプラグも選択可)
・上記装着セッティング工賃 15,000~25,000円

作業のご予約については、随時受け付けをしておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ