Entries

CB750FOURにCR-M31を装着セッティング&予想外のトラブルシュート


昨年の春、東京都豊島区在住のAさん所有のZ2にCR-M31TPS仕様を装着セッティングさせていただきました。
その時の模様は、こちらの記事にありますのでご覧になってください。

Z2にCR-M31のTPS仕様を装着&セッティング


その後も、今日に至るまでの間、実に快調に走っておられるご様子でしたが、このAさんから、再度のオーダーをいただくに至りました。

「もう1台のCB750FOURにも、Zに装着してもらったのと同じCR-M31TPS仕様を装着して欲しい・・・もう、CR-Mのパフオーマンスとフィーリングを知ってしまったら、我慢できないんです。」

お一人で2機目のCR-M投入、もう何人目でしょうか。決して安価なものではないにもかかわらず、多くの方々が、我慢できずにもう1機・・・それは、CR-Mキャブレターの完成度、そして満足度を如実に表している事実です。
そして、見た目外見は普通のCRキャブレターにしか見えないからでしょうか、CR-Mキャブレターについて、懐疑的な印象をお持ちになるのも無理はありませんが、それは、実際に体験してみればわかりますよ。
それは、貴方の予想レベルをはるかに凌駕するものなのです。

さて、先日の土曜日にAさんによって持ち込まれてきたマシンです。
往路と帰路では、全く別物に仕上げてやりましょう。

PC103679.jpg






作業前に、エンジンを始動させて各部のチェックを行いました。
ノーマルキャブレターの状態そのものはまずまずと思われたのですが、どうもキャブレター以外にも問題がありそうな様子でした。
時折、3気筒になってしまうのです。1番が失火気味です。
点火系には、すでにウオタニSP-2が装着されているのですが、何らかのトラブルが生じているようでした。
プラグをシリンダーヘッドから取り外し、プラグコードに刺した状態でスパークテストをしてみても、1~4番まで、SP-2らしい強力なスパークが確認されるのですが、エンジンをかけてみると3気筒になってしまいます。

原因はこれでした。
見た目雰囲気重視で選択した、当時モノ風のプラグキャップからスパークリークしています。
矢印で示したところが、丸く焼け焦げているのがわかりますが、ここでスパークしてしまっていたのです。

ノーマル点火系のスパークエネルギーではリークしなかったとしても、SP-2の強力なスパークエネルギーではこういうことになるのです。
つまり、仮にそれまでのプラグコードに問題がなかったとしても、SP-2を装着するにあたっては、プラグコードを高品質な新品に交換すべきということです。
つまらないところにケチッてはなりません。

PC103681.jpg

PC103682.jpg






これはもう、プラグコード&キャップを交換するしかありませんが、Aさんのたってのご希望によって、NGKパワーケーブルではなく、同じくNGK製ではあるものの、ちょっとレトロ&スタンダードなタイプを選択しました。
見た目雰囲気を好みにするというのも大切ですが、それは、必要な機能を充足していることが前提です。
そして、こういうトラブルシューティングを迅速的確に行うことができるのも、豊富な経験値の為せる技です。

PC103683.jpg






さあ、パーツ用品店までプラグコードの買い出しに行ったりしてバタバタしましたが、下ごしらえが出来てしまえば、CR-M31の装着作業はスムーズに進行します。
もう、CB-FOURにも相当数を装着セッティングしてきましたので、データはたくさんありますから、プリセット音出しから実走セッティングまでも素早く完了です。

PC103680.jpg






プリセットもこのレベルになっていれば、実走セッティングでの微調整も、ニュアンスフィーリングを行う程度で完了することができます。
マシンを見たことも触ったこともないのに、なぜここまで予想プリセットができるのかなどと聞かれることも少なくありませんが、それが経験値とデータの為せる技ということです。
それができるからこそ、通販でCR-Mキャブレターをご購入くださった方も、高い満足度が得られているのです。
ほとんどの方は、私の予想プリセットのまま走っておられるようですし、リセッティングを試みた方々も、結局最初のプリセット値に戻ってしまったというケースが少なくありません。
まあ、ユーザーレベルはもとより、通常のショップレベルであっても、私の予想プリセット以上の完成度を得るのは容易なことではありませんよ。
ショップに幾度もセッティングを依頼し、そのたびに工賃を支払いつつも、長い間悩み続けることを考えたなら、私にCR-Mキャブレターを注文する方が、結果としてははるかに安価に早く済むというのもひとつの事実です。
私は、それほどの自信を持ってCR-Mキャブレターを組み上げているということです。









ファクトリーまめしばでは、これだけの作業を日帰りで行うことができます。
ちなみに、概算のコストは下記の程度となりますので、参考にしてください。

※CRキャブレター関係
・Mノズル 4個 16,000円
・PEEK製リンクロッド 4個 8,000円
・低レートサブリターンスプリング 1本 1,000円
・ジェット代 適宜
・上記組み付け&セッティング工賃 30,000~40,000円
注:スロットルホルダー、スロットルパイプ、スロットルワイヤー等については、私の基準とする操作性や作動性を確保するため、交換させていただくことがあります。

※SP-2関係
・Z用SP-2(Ver.FM) 1セット 79,000円
・NGKパワーケーブル 4本 11,200円
・点火プラグ 4本 1,840円 (イリジウムプラグも選択可)
・上記装着セッティング工賃 15,000~25,000円

作業のご予約については、随時受け付けをしておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
3位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ