Entries

CB750FにCR-M31&ウオタニSP-2を装着セッティング その2~作業は着々と進行中です


本日は、早朝から福島県福島市まで納車に行って参りました。
そして帰途には、茨城県常総市にてZ1の引き上げも・・・
午前5時に出発し、走行距離はちょうど800km、午後6時ころにヘロヘロになりながら帰宅しました。

しかし、まだまだやらなくてはならないことは山ほどありますので、ノンビリしている場合ではありません。

さて、遠く広島県福山市にてCB750Fの仕上がりを心待ちにしておられるWさんへの業務報告です。

今回、Wさんからご依頼をいただいた作業メニューは下記のとおりとなります。
・CR-M31の装着セッティング
・ウオタニSP-2&V-UP16の装着セッティング
・メインハーネス交換

さあ、作業を進めましょうね。
キャブレター及びメインハーネスを含めた電装品を取り外します。
この時に、各部の状態を念入りにチェックするとともに、これから装着しようとする各部品をどのようにフィッティングしていくかをイメージすることが重要です。
ただ装着するのと、きちんとセットアップするのとでは、結果機能に雲泥の差を生じるものです。
ある意味では、このイメージングというか、段取りの段階で仕上がりレベルが決まると言っても過言ではありません。

PB273573.jpg






ノーマルキャブレターの状態でも、相当にスロットル操作に渋さと重さを感じましたので、まずはスロットル周りを分解してみましょう。
はい、これではダメですよね。
潤滑不足はもちろんですが、このような曲がり癖が付いているものは使えません。
こうなってしまう理由は、不適切な装着作業によるものです。
タイコ部分をラジオペンチなどでこじって装着したものですが、本来、スロットルワイヤーはそのようなことをせずとも装着できるはずです。
作業者の意識レベルの低さを物語るところですが、こういう作業者は、先のイメージング以前の問題、きちんと装着しようとする意識すらないということです。

PB273571.jpg






これはホンダ純正のスロットルパイプですが、戻し側ワイヤーのタイコ穴が長穴になっているタイプです。
以前にも記事に書きましたが、こういうタイプは強制開閉式キャブレターには不適切です。
この記事をご覧ください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-2414.html

PB273570.jpg






スロットルパイプはカワサキ純正品を流用使用し、スロットルワイヤーも、先日にリリースしたばかりの、CB-F用ULFスロットルワイヤーに交換しましょう。

PB283577.jpg






クラッチワイヤーも相当に劣化していましたので、これもまたCB-F用ULFクラッチワイヤーに交換です。
このような、直接に手足で操作する部分のスムーズネスは、マシン全体の印象やコントロール性を支配するのです。
そしてそれは、単純に操作力の大小、つまり重いとか軽いなどということではなく、いかにフリクションを少なくスムーズにするかということが重要です。
キャブレターリターンスプリングやクラッチスプリングの反力が、指先にダイレクトに伝わるかどうかが重要ということです。

PB283578.jpg






メインハーネス取り外し作業中に気付きましたが、このマシン、メインフレームの塗装はげや錆が目立ちました。
こういう時に有効な手段は、ワイヤーブラシで錆落としをした上で、鉄用のペンキでハケ塗り補修するというものです。
屋外用のペンキは、対候性や防錆性に優れるばかりか、完全に脱脂せずともハケ塗りできるという点において、極めて有効なものなのです。
本来であれば、完全分解してブラスト処理後に吹き付け&焼き付け塗装するのが理想ですが、それは相当なコストと手間を要します。
ペンキをハケ塗りするなんて、ちょっと抵抗感を覚える向きもあろうかと思いますが、コストパフォーマンスと簡便性においては優れていますし、そこそこの美観と防錆性を得ることもできます。

PB273574.jpg






さあ、メインハーネス交換作業にあたって、ちょっと面倒な問題が生じましたので、それを手当てしなくてはなりませんね。
数か所のハーネスが加工されているので、新しいメインハーネスをそのままカプラーオンすることができないのです。
この手の問題は、処理が難しいというよりも、手間暇と時間がかかるという点においてやっかいです。








ブレンボラグビーの専用サポートが完成しました。
予約注文については、こちらをご覧ください。

ブレンボラグビー専用サポートの予約受付について


ファクトリーまめしばでは、これだけの作業を日帰りで行うことができます。
ちなみに、概算のコストは下記の程度となりますので、参考にしてください。

※CRキャブレター関係
・Mノズル 4個 16,000円
・PEEK製リンクロッド 4個 8,000円
・低レートサブリターンスプリング 1本 1,000円
・ジェット代 適宜
・上記組み付け&セッティング工賃 30,000~40,000円
注:スロットルホルダー、スロットルパイプ、スロットルワイヤー等については、私の基準とする操作性や作動性を確保するため、交換させていただくことがあります。

※SP-2関係
・Z用SP-2(Ver.FM) 1セット 79,000円
・NGKパワーケーブル 4本 11,200円
・点火プラグ 4本 1,840円 (イリジウムプラグも選択可)
・上記装着セッティング工賃 15,000~25,000円

作業のご予約については、随時受け付けをしておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ