Entries

Z650ザッパーにCR-M26を装着セッティング


Z650ザッパー、このマシンは、ある意味ではZを超える名車と言えるのかも知れません。
このエンジンは、その後、GPZ750に至るまでの間、パフォーマンスを向上させつつ進化を遂げたばかりか、ごく近年まで、ゼファー750&ZR-7にまで搭載されましたので、その生産数は相当なものでしょう。
そして、それは、基本設計という点において、いかに優れたものだったかの証でもあるのです。
一時は市場価値を失ったかに思えるZ650ですが、昨今の旧車ブームによるものなのか、車両価格も相応に向上してしまっているようですね。
まあ、人気の有無や市場価値云々という点はさておいても、1台のオートバイとして見た時にも、未だに魅力溢れるというのも事実です。

ただ、古く劣化したキャブレターをリプレイスしようとしたとき、専用のキットが存在しないことから、けっこう苦労させられたりするのも事実のようで、これまでにも、相当数のZ650用CR-Mキャブレターを製作させていただきました。

そこで留意すべきことは、口径の選択です。
たとえば、Z用CR29をベースにすれば、スピゴットを製作するだけで装着すること自体は可能になるのですが、この29mmという口径は、Z650には完全にオーバーボアなものになります。
走れないとは言いませんが、ワイドオープンの加速時とパーシャル走行時のバランス点を見い出すことが困難になってしまいます。
もう、この口径選択で誤ってしまうと、いくらセッティングに時間とコストを投じても、どうにもならないということになってしまいますので、要注意です。

断言します。Z650における口径選択は、絶対的にCR-M26です。
これまでに数台のZ650にてセッティング試行錯誤を重ねた結果の結論ですので、間違いはありません。

私は、400ccクラス用CR26をベースにし、ピッチ変更や連結ステー交換、そしてスピゴット製作などによってZ650用CR-M26を製作していますが、細かいフィッティングなどを含めて、各種のデータは揃っています。

今回も、埼玉県にお住まいのAさんからCR-M26の製作及び装着セッティングのご依頼をいただきました。
なんでも、バイク仲間の方からファクトリーまめしばを勧められたことがきっかけということですので、いつものことながらも有難いことと感謝することしきりです。

PA161345.jpg






まず、このマシンのエンジンについて、Aさんも履歴を把握できていないということでしたので、まずはコンプレッション計測を行いました。
ここがきちんとしていなければ、いくらキャブレターを交換しても意味はありません。
結果は、9.5~11キロと、やや気筒間のばらつきはあるものの、絶対値としては十分に合格点ということが判明しました。

cats_20161017204348407.jpg






これまでに実に多くのマシンについてキャブレターや点火系の作業をさせていただいてきましたが、オーバーホール済ということで入手して間がないマシンであっても、コンプレッションが上がらないというものが存在するという現実がありますので、古いマシンに乗っているのであれば、一度は計測してみることをお勧めいたします。
もちろん、ファクトリーまめしばにマシンを持ち込んでいただければ、計測のみでも行いますので、不安に感じているのであればご相談ください。
キャブレターセッティングや点火系装着とともにという場合は計測自体は無料ですし、計測のみという場合でも、3,000~5,000円にて測定させていただきます。

さて、作業を続けましょう。
社外品キャブレターを装着するにあたって注意するべきことは、スロットルワイヤーの設定や取り回しについて十分に検討するということです。
純正キャブレターと、これから装着しようとするキャブレターでは、スロットルワイヤーブラケットの形状や取り出し方向などが異なるのが通常ですので、それに伴って、取り回しの再検討が必要になるのです。
それは、スロットルワイヤーをどこに通すのかということも含みます。
純正の状態にとらわれることなく、全く白紙の状態から、最もスムーズで曲がりの少ない形を作るにはどうすべきなのかを考えなくてはなりません。
具体的にはケースバイケースですので、個々の作業においては、作業者の経験値や引き出しの数がモノを言うことになります。
まあ、私に任せていただければ完璧な状態をお作りして差し上げましょう。
もちろん、使用するのは、ファクトリーまめしば謹製のULFスロットルワイヤーであるのは言うまでもありません。

PA161346.jpg






装着から音出し、実走セッティングまでを完了しました。
所要時間は4時間ほどでした。もちろん、日帰り作業となります。







またまた余計なお世話・・・
実走セッティング時に、前後サスペンションやハンドルポジションの設定について疑問点がいくつかありましたので、それもAさんにご説明した上で修正リセッティングさせていただきました。
アイドリングからレブリミットまで、まるで別物のような吹け上がりをするようになったエンジンフィーリングと相まって、トータル結果としては見違えるようなマシンに仕上げることができましたよ。
この、「余計なお世話」を積極的に推進するのが私のスタンスですので、場合によっては、オーナーが漠然と気に入っていると思っている部品についてもダメ出しさせていただくかも知れません。ただ、それを受け入れるかどうかは、オーナーが決めることですので、選択はご自由に・・・
その目的は、オーナーが気持ち良く楽しく乗れるマシンにすることです。







ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
2位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ